日清食品

牛角監修 キムチビビンバ!焼肉店の人気メニューをカップメシに再現した香ばしく旨辛な一杯

牛角監修 キムチビビンバ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

牛角監修 キムチビビンバ」を食べてみました。(2024年5月13日発売・日清食品

この商品は、焼き肉チェーン店でお馴染み“牛角(ぎゅうかく)”監修によって人気メニュー“ビビンバ”をカップメシにアレンジしたもので、クセのない牛肉の旨味にピリ辛なキムチと甘辛いコチュジャンを加え、ガーリックでパンチのある味わいをプラス、さらに石焼風の香ばしさを利かせた別添パック“特製スタミナ旨辛たれ”を加えることによってがっつりとした味わいが楽しめる旨辛な一杯、“牛角監修 キムチビビンバ”となっております。(値段:税別305円)

ご覧の通り、パッケージには“牛角 Gyu-Kaku”、“キムチビビンバ”といった店舗ロゴや今回の商品名が記載され、牛肉の旨味にキムチを合わせた香ばしくもピリ辛な味わいが“日清のカップメシ”シリーズらしくお湯かけ5分の簡単調理で気軽に楽しめそうです!

牛角監修 キムチビビンバ パッケージ

また、容器側面には“石焼風の香ばしさと旨辛コチュジャン”と記載され、その背景には…牛肉の旨味をベースにキムチやコチュジャンの旨辛・甘辛な味わいを合わせ、別添されている“特製スタミナ旨辛たれ”を加えることによって石焼き風の香ばしさが際立った仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…フライドガーリック・味付肉そぼろ・白菜キムチ・チンゲン菜・人参が使用されているようです!

他にも特徴として…“ご飯”は表面ふっくら・芯のある食感が特徴的な湯戻りの良い仕様となっていて、牛肉の旨味にキムチやコチュジャンを合わせた旨辛・甘辛な味わいはもちろん、別添されている“特製スタミナ旨辛たれ”を加えることによって香ばしさが際立ち、最後まで飽きの来ない“ビビンバ”ならではの美味しさが気軽に楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

キムチやコチュジャンの旨味を利かせた若干甘みのある旨辛なタレに仕上がり、ほどよいガーリックがパンチのある味わいをプラスし、別添されている“特製スタミナ旨辛たれ”を加えることによって“牛角”らしい濃い目のがっつりとした味わいが際立ち、特に石焼き風の香ばしさが食欲そそる“キムチビビンバ”が気軽に堪能できる満足度の高い一杯となっていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回は2024年5月13日に日清食品株式会社から発売された「牛角監修 キムチビビンバ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

牛角監修 キムチビビンバ

今回ご紹介するカップメシは、リーズナブルに本格焼肉や一品料理が楽しめる全国展開の人気チェーン店“牛角”監修によって“ビビンバ”をアレンジしたもので、牛肉の旨味をベースにキムチやコチュジャンを合わせ、別添されている“特製スタミナ旨辛たれ”を加えることによって調理感のある香ばしさが際立ち、そこにふっくらとした“ご飯”が食欲をガツンと満たす風味豊かな一杯、“牛角監修 キムチビビンバ”となっています。
※売っている場所:今回はヨドバシの通販で購入

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらにもパッケージ側面と同じく店舗ロゴや商品名、仕上がりイメージなどが掲載されていて、旨辛・甘辛な“キムチビビンバ”が楽しめるクセになりそうな一杯のようで、量的にはお馴染み“カレーメシ”や“日清ウマーメシ”と同等のサイズ感です!

ちなみにこの“牛角”の味わいを再現したカップ麺としては…2005年に“牛角 芳醇豚カルビ味”といった商品名でスープタイプが発売され、2019年8月26日には“カップ焼そば”として“牛角監修 牛カルビ味焼そば”が登場、そして“ご飯”ものとして再現したフレーバーは今回が初と思われます!

また、その“牛角”自体も実に店舗数No.1(530店舗・2024年3月31日時点)を誇る大手焼肉チェーン店で、さらには海外にも出店していて、テーブルに備え付けられた七輪によって香ばしく焼き上がったカルビなど美味しいお肉や一品料理などをリーズナブルに楽しめることから幅広い層に親しまれているようです!

それでは、今回の“牛角監修 キムチビビンバ”がどれほど牛肉の旨味にキムチやコチュジャンを利かせた旨辛・甘辛な仕上がりとなっているのか?具材に使用された白菜キムチやパンチのあるガーリックの兼ね合いはもちろん、何と言っても食感の良い“ご飯”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り394kcalとなっております。(塩分は2.9g)

カロリーは焼肉店の人気メニュー“キムチビビンバ”の濃厚で旨辛な味わいをアレンジしたという割に思ったより低めな数値のようで、塩分も同じく低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり98g、ライスの量は公式ページによると75gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

味付けの素には、豚脂や植物油脂をはじめ…

  • 食塩
  • 粉末しょうゆ
  • 香辛料
  • 粉末みそ
  • ビーフ調味料
  • コチュジャン
  • はくさい調味料

といった、牛肉の旨味にピリ辛なキムチや甘辛いコチュジャンを合わせ、さらに別添されている“特製スタミナ旨辛たれ”を加えることによって石焼き風の香ばしさが際立ち、焼肉店の人気メニュー“キムチビビンバ”らしさをカップメシに再現、決して“くどさ”のない本格的な味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:日清食品株式会社 静岡工場(静岡県)

JANコード4902105948385
原材料名

ライス(米(国産)、乳化油脂、食塩)、味付けの素(豚脂、砂糖、植物油脂、小麦粉、でん粉、食塩、粉末しょうゆ、香辛料、麦芽糖、粉末みそ、ビーフ調味料、コチュジャン、はくさい調味料、酵母エキス)、フライドガーリック、味付肉そぼろ、はくさいキムチ、チンゲン菜、にんじん/調味料(アミノ酸等)、トレハロース、カラメル色素、乳化剤、香料、リン酸塩(Na)、ベニコウジ色素、セルロース、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、酸味料、炭酸Ca、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、シリコーン、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (98g) 当たり]
熱量394kcal
たんぱく質7.4g
脂質8.3g
炭水化物72.5g
食塩相当量2.9g

引用元:牛角監修 キムチビビンバ | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り味付けの素などがすでに入っていて、フタの上には“特製スタミナ旨辛たれ”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみたところ…石焼き風の香ばしさとコチュジャンの風味を利かせたタレというだけあって非常にサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう。

また、具材には…

  • フライドガーリック
  • 味付肉そぼろ
  • 白菜キムチ
  • チンゲン菜
  • 人参

が入っています。

さらに“ご飯”は…シャカシャカとした心地良い音がする湯戻りの良い仕様となっていて、硬め・柔らかめなど、各種好みの食感に合わせて調理時間を調整してみても良いかもしれません!(個人的には調理時間5分のところ4分程度がおすすめ・好みです。)

調理してみた

では調理する前に念のため調理方法を確認してみると…

  1. フタの上の特製スタミナ旨辛たれを取り、フタを矢印のところまではがす。
  2. 熱湯を内側の線までゆっくりと、まんべんなく注ぐ。
  3. 特製スタミナ旨辛たれをフタの上で温めながら5分待つ。
  4. フタをはがし、特製スタミナ旨辛たれを入れてよくかき混ぜて出来上がり。

と、従来のカップライスと作り方はだいたい同じなんですが…ポイントとしては“ご飯”に熱湯が浸透するまで若干時間がかかりますから注ぐ際はゆっくりと入れ、仕上がりにはしっかりとかき混ぜるという点です!(特にここ重要です。)

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:190ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸ったことで先ほどまでの“ご飯”や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、まだ別添されている“特製スタミナ旨辛たれ”を加える前の状態ではありますが…牛肉の旨味にキムチやコチュジャンの旨味をバランス良く合わせ、ガーリックでパンチのある味わいをプラス、さらに石焼き風の香ばしさが食欲を掻き立てる焼肉店の人気メニュー“キムチビビンバ”をカップメシにアレンジした旨辛・甘辛な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“特製スタミナ旨辛たれ”を加えていきます!
すると…ラー油のようなオレンジ色の透明なタレがサラッとした状態で出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!ちなみにこちらは石焼風の香ばしさとコチュジャンの風味が利いているようで、それによって“牛角”らしいがっつりとした味わいに仕上がるとのことで、食欲そそる風味がふんわりと広がっていきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
このシリーズに関してはよーくぐるぐるとかき混ぜることがひとつのポイントとなりますので、ほんのり“とろみ”が付くくらい全体を馴染ませていきましょう!ただ、今回は“キムチビビンバ”ということもあって熱湯も190mlと少なめなので汁気はありません…

そして味付けの素が全体に馴染むと…やはり“キムチビビンバ”らしく汁気の少ない仕上がりが印象的で、キムチの旨味がしっかりと馴染み、雰囲気ある“キムチビビンバ”らしい牛肉やコチュジャンの旨味、石焼き風の香ばしさなどが絶妙にマッチし、最後まで飽きることなく本格的なカップメシが楽しめることに間違いありません!

また、この時点で別添されていた“特製スタミナ旨辛たれ”による石焼き風の香ばしさやコチュジャンの風味がほんのりと広がっていき、特にクセが強いわけではなく、全体のバランスがしっかりと考慮されているようで、牛肉とキムチの旨味に唐辛子やコチュジャンがどれほど相性良くマッチしているのか?非常に気になるところ!

食べてみた感想

一口食べてみると…牛肉をベースにキムチやコチュジャンの旨味を利かせ、別添されている“特製スタミナ旨辛たれ”を加えることによって石焼き風の香ばしさが加わり、白菜キムチを含む各種具材・“ご飯”が合わさったことで焼肉店の人気メニュー“キムチビビンバ”らしく汁気は少なめに仕上がっているものの…実際にお焦げを付けているわけではありませんので若干べちゃっとした点が気になるかもしれません!

とは言っても、ふっくらとした食感の“ご飯”が相性良くマッチしたことで旨辛・甘辛な“キムチビビンバ”がじっくりと楽しめる間違いない美味しさと言え、辛さに関しても5段階中「2」ということもあってそこまで強くはなく、ピリッとした辛さがちょうど良いアクセントとなったことで幅広い層に好まれるテイストと言えるでしょう!ただ、若干の甘みが気になるところ…

また、牛肉の旨味に関しても特に気になるほどのクセや脂っこさはなく、あくまで“キムチビビンバ”の美味しさを引き立てるかのようにバランス良く馴染み、ガーリックはそこまでガツンと利いているわけではありませんが…ほんのり香るコチュジャンの風味が加わることで雰囲気のあるテイストに仕上がっているようです!正直、“日清ウマーメシ 石焼風キムチビビンバ(2022年7月25日発売)”や“日清炎メシ キムチビビンバ(2024年2月5日発売)”と被ってますが…

“ご飯”について

“ご飯”は、ご覧の通り表面ふっくらとしており、芯のある食感によって本格的な仕上がりとなっていて、食べ進めていっても変に柔らかくなることもありません!

そんな“ご飯”には…牛肉にキムチやコチュジャンの旨味を合わせ、食欲そそる石焼き風の香ばしさを付与した旨辛・甘辛なタレがよく絡み、牛肉やキムチの旨味などが口いっぱいに広がっていき、調理感のある石焼き風の香ばしさが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“味付肉そぼろ”が入っていて、若干小ぶりではありますが…使用されている数には全く申し分なく、じっくりと味わってみると…ほどよく味付けされた肉の旨味が滲み出す仕上がりでしたので、まずは全体をよく馴染ませながら食べ進め、後ほどふっくらとした“ご飯”と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの白菜キムチは、シャキシャキとした食感が心地良く、キムチ特有の酸味が若干感じられる点が個人的に気になるところですが、今回の一杯に旨味や食感だけでなく彩りとしてのアクセントをプラスしているようです!

また、こちらのフライドガーリックも今回の“キムチビビンバ”の美味しさを引き立て、“にんにく”ならではの食欲そそる美味しさが香ばしく、そのままでも十分美味しいんですが…こちらも上記の“味付け肉そぼろ”と同じく“ご飯”と一緒に絡めて食べてみると、より一層香ばしさや旨味が楽しめる相性抜群な具材となっています!

さらにこちらのチンゲン菜が入っていて、茎と葉それぞれの部位が使用されているんですが、細かくカットされたせいかシャキシャキ感がなく、変に甘い味付けが施されているようでしたのでしっかりと全体を混ぜながらいただいた方が良さそうです!

他にもこちらの人参が使用されていて、かなり小さめにカットされているため、素材本来の味はそこまで感じられませんが、“ビビンバ”自体にぴったりな具材のひとつとして彩り良く添えられています!

スープについて

スープは、牛肉にキムチやコチュジャンの旨味や辛さを合わせ、別添されている“特製スタミナ旨辛たれ”によって調理感のある石焼き風の香ばしさをプラスし、なんと言っても臭みのない牛肉の旨味がコク深く引き立てる臨場感の高い味付けといったところ!

また、今回は“キムチビビンバ”ということで汁気がない点に関してはしょうがないんですが、石焼き風の香ばしさがお焦げを彷彿とさせ、しかも後引く辛さが心地良く、幅広い層に好まれる安定感のある味わいと言え、5段階中「2」のピリ辛なのでそこまでの強さではありません。(本来なら実際に鍋で焼いて仕上げたいところ…)

ちなみに牛肉ならではのクセや脂っこさは全くありませんでしたので、“ご飯”にスープがよく馴染むことで申し分のない旨味と後引く辛さが広がっていき、香ばしさによって食欲も掻き立てられ、焼肉店で人気の“ビビンバ”らしい雰囲気のある味わいが気軽に楽しめることでしょう!

まとめ

今回「牛角監修 キムチビビンバ」を食べてみて、大手焼肉チェーン店“牛角”監修によって人気メニュー“ビビンバ”をカップメシにアレンジした一杯には…牛肉をベースにピリ辛なキムチや甘辛なコチュジャンをバランス良く利かせ、食欲そそるガーリックは若干控えめだったものの…別添されている“特製スタミナ旨辛たれ”を加えることによって調理感のある石焼き風の香ばしさが際立ち、そこにふっくらとした食感の“ご飯”が相性良くマッチした旨辛・甘辛な仕上がりとなっていました!

ただ、容器側面に“フライドガーリックでガツンと旨い!”と記載されていたにも関わらず割と“にんにく”が控えめだった点や変な甘みが個人的には気になるところでしたので、悪くはないんですが…若干賛否分かれる一品と言えるのではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です