カップ麺

「飯田商店」監修カップ麺 “しょうゆらぁ麺” お店の味に近付けたコク深く洗練された王道の一杯

セブンプレミアム ゴールド 飯田商店 しょうゆらぁ麺

飯田商店 しょうゆらぁ麺」を食べてみました。(2022年5月23日リニューアル発売・東洋水産/セブン-イレブン限定)

この商品は、神奈川県湯河原町の超有名人気ラーメン店“らぁ麺 飯田商店”の看板メニュー“醤油らぁ麺”の味わいを同店監修によって“どんぶり型”のカップ麺に再現したもので、以前よりもさらにお店の味わいに近付けてのリニューアル発売となっており、鶏や豚から取る出汁に数種類もの醤油をブレンドした拘りの“かえし(タレ)”を合わせ、コク深くまろやかでありながらも醤油の旨味やキレがちょうど良いメリハリとなった品のあるスープに仕立て上げ、つるっとした食感と小麦の風味が香り立つ独自製法のノンフライ麺が食欲を満たしてくれるボリューム感のある一杯が登場です!

それも…2021年1月から開発され、満を持してセブン&アイの最上級ブランド“セブンプレミアム ゴールド”からリニューアル発売された一杯は、王道だからこそ再現が難しいとされるフレーバーというだけあって醤油感・バランスを考慮した上で数種類もの醤油を吟味し、キレ・香り、そして醸造感にまで拘り、芳醇な風味が香り立つ上品な醤油スープを再現、そこに実店舗でも使用している自家製麺をイメージした食感や小麦の風味、そして若干平たくすることでスープとの絡みも考慮された特製麺が絶妙にマッチした満足度の高い逸品、“飯田商店 しょうゆらぁ麺”となっております。(値段:税込300円)

ご覧の通りパッケージにはセブン&アイの最上級ブランド“セブンプレミアム ゴールド”のロゴが記載されているように、今回の“飯田商店 しょうゆらぁ麺”はかなり手の込んだ一杯で、これまでも看板メニューである“醤油らぁ麺”は商品化されていたものの…さらにお店の味に近付けるために1年以上もの歳月をかけて東洋水産と試行錯誤を繰り返し、スープだけでなくいつもの“生麺ゆでてうまいまま製法”とは異なるこの商品だけの独自製法のノンフライ麺を開発しているとのことでかなり期待できるのではないでしょうか?

一方こちらには“らぁ麺 飯田商店”の看板メニュー“醤油らぁ麺”をカップ麺にクオリティ高く再現し、鶏や豚から丁寧に抽出した出汁をベースに濃口や淡口などの醤油をブレンドした芳醇なタレが絶妙にマッチした醤油スープに食感滑らかなノンフライ麺や各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…焼豚・メンマ・海苔・“ねぎ”が使用されているようです!…というか実店舗では水にまで拘る名店“飯田商店”ですから、店主“飯田”氏の完全監修による一杯はカップ麺とは言え満足度の高い美味しさがたっぷりと楽しめることに間違いありません!

このように今回の“飯田商店 しょうゆらぁ麺”には…鶏や豚の旨味をバランス良く利かせた深みのある出汁スープに拘り抜いた数種類の醤油をブレンドした“かえし(タレ)”をバランス良く合わせたことでコク深くもまろやかなテイストに際立ち、しっとりとした品のある口当たりとキリッとしたメリハリが心地良く、さり気なくホタテや昆布などの魚介出汁によって繊細な味わいを再現、王道を行く醤油ラーメンでありながらも“また食べたくなる味”に仕立て上げただけあって最後まで飽きることのない贅沢仕様のフレーバーと言えるでしょう!

他にも特徴として…麺は一見丸刃の中太麺にも見えますが、ほんの少し平たくしたことでスープとの絡みも非常に良く、“飯田商店”の自家製麺ならではのつるっとした食感や小麦の風味にも拘り、ほどよい弾力とほどよいコシを兼ね備えた店主も認めるノンフライ麺が採用され、鶏や豚の旨味をベースに複数の醤油をバランス良くブレンドした“かえし(タレ)”を合わせたコク深く優しい味わいが最後まで思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

臭みのない鶏や豚の旨味をしっかりと利かせた深みのあるスープには、醤油に拘ったというだけあって複雑で繊細な味わいが絶妙にマッチし、サラッとしているにも関わらず上質な動物系の旨味エキス・脂によって物足りなさを一切感じさせないコクがあり、ホタテや昆布の旨味が隠し味のように後押ししたことで品のある醤油スープに仕上がり、具材として使用された焼豚からも旨味が滲み出し、名店ならではの“醤油らぁ麺”といった王道を行く味わいがじっくりと楽しめる満足度・クオリティの高い一杯となっていました!
これは特に、名店“らぁ麺 飯田商店”ファンはもちろん、鶏や豚の旨味を丁寧に利かせたコク深い出汁に複数の醤油をブレンドした芳醇な風味が香る“かえし(タレ)”をバランス良く合わせた上質でメリハリのある醤油スープをつるっとした食感の麺とともにたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は神奈川県湯河原町に店を構えるラーメン界のレジェンとして知られる名店中の名店“らぁ麺 飯田商店”の看板メニュー“醤油らぁ麺”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現、鶏や豚の旨味を丁寧に抽出した出汁に濃口醤油や淡口醤油など厳選された醤油をブレンドした“かえし(タレ)”が絶妙にマッチしたコク深い味わいが気軽に楽しめる品格ある一杯、「飯田商店 しょうゆらぁ麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

飯田商店 しょうゆらぁ麺

今回ご紹介するカップ麺は、神奈川県湯河原町の名店“らぁ麺 飯田商店”の看板メニュー“しょうゆらぁ麺”の味わいを再現したもので、これまでも発売されていたフレーバーを1年以上もの月日をかけて店主“飯田”氏監修によって東洋水産とともにブラッシュアップし、鶏や豚の旨味を丁寧に利かせた出汁に芳醇な香りの醤油を複数組み合わせ、ホタテや昆布といった魚介出汁が隠し味のように旨味を際立たせた深みのある醤油スープに仕上げ、そこにつるっとした食感や小麦の風味に拘って新開発されたノンフライ麺が絶妙にマッチした一杯、“飯田商店 しょうゆらぁ麺”となっています。
※売っている場所:今回はセブン-イレブンで購入

また、この“飯田商店”の味わいを再現したカップ麺はこれまでも“飯田商店 醤油ラーメン(2018年4月23日発売)”や“セブンプレミアム 飯田商店 醤油拉麺(2018年12月11日発売/2019年11月25日リニューアル発売)”、さらに“飯田商店 秘密のまぜそば(2021年11月30日発売)”が登場しており、看板メニューである“しょうゆらぁ麺”を年々リニューアルさせ、今回はセブン&アイの最上級ブランド“セブンプレミアム ゴールド”からの登場ということで実店舗の味に近付けた本格感のある味わいを再現、王道なテイストながらも素材の旨味を存分に活かした何度も食べたくなる美味しさやボリューム感が楽しめそうです!

セブンプレミアム ゴールド 飯田商店 しょうゆらぁ麺 パッケージ

ちなみにここ“飯田商店”の創業は2010年3月、和食を志していた当時25歳の“飯田 将太(いいだ しょうた)”氏が実家が営む水産加工会社…その名も“飯田商店”の借金が理由で湯河原に戻らざるをえなくなり、その時に叔父がFC展開していたラーメン店“ガキ大将ラーメン湯河原店”で8年間もオーナーとして腕を振るい、今は亡き“ラーメンの鬼”こと“佐野 実”氏が手がける“支那そばや”の味わいに衝撃を受け、2009年5月に“つけ麺 醤太”をオープンし、その後、実家の水産加工会社を改装して“らぁ麺 飯田商店”を2010年3月にオープン、さらに本店裏に支店用のセントラルキッチンを増設し、2019​年10月には“湯河原 飯田商店 ららぽーと沼津店”がオープンしています!
※“つけ麺 醤太”は現在閉店しています。

また、当初は鶏100%の鶏清湯の名店として多くの支持を獲得していたようですが、2019年5月に一旦休業し、同年6月にはメニューや使用する素材などを大きく刷新、豚をメインに豚×鶏のWスープで勝負…にも関わらず“TRYラーメン大賞”4連覇(2017〜20)を果たし、丸鶏や地鶏、豚骨などをじっくり炊き出した濃厚でコク深いスープながらも無化調に拘った後味の良い一杯が好評で、水は全て逆浸透膜システムの純水を使用するといった素材にとことん拘った名店であり、無化調とは思えないほど素材の旨味を存分に活かした味わいが大変人気を博しています。

さらにここ“らぁ麺 飯田商店”は営業時間が11:00~15:00までの僅か4時間ということもあって連日早い時間から長蛇の列を作る話題の人気店で、朝7時から配られる130枚の整理券が最後の配布前にすでに終了となることも珍しくなく、現在は行列を回避するためにも完全予約制となっているようです。(火曜日正午から1週間分の予約を受付)

それでは、今回改めてセブン&アイの最上級ブランド“セブンプレミアム ゴールド”からリニューアル発売された“飯田商店 しょうゆらぁ麺”がどれほど鶏や豚の旨味をしっかりと利かせた深みのある仕上がりとなっているのか?厳選して配合された醤油ダレ、ホタテや昆布といったさり気なく使用された魚介出汁との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもつるっとした食感や小麦の風味に拘り、ほんの僅かに平たくしたことでスープとの馴染みまで考慮して新開発されたノンフライ麺によるもっちりとした弾力や強いコシを併せ持つ中太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り437kcal(めん・かやく332kcal / スープ105kcal)となっております。(塩分は6.6g)

カロリーは、“どんぶり型”・豚や鶏の旨味を凝縮させたコク深い仕様でありながらも後味すっきりとした王道のテイストということもあって割と低めな数値のようですが、一方で塩分はやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり129g、麺の量は75gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで105kcalもの数値を占めていることから、コク深くも後味すっきりとした醤油スープではありますが、鶏や豚の旨味エキスをしっかりと溶け込ませたことで物足りなさといった感じは一切なく、醤油に拘ったことでメリハリのある何度も食べたくなる…そんな名店“らぁ麺 飯田商店”らしい素材の旨味を存分に活かした仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”やチキンエキスをはじめ…

  • 植物油
  • ラード
  • ポークエキス
  • 鶏脂
  • 醸造酢
  • 食塩
  • ほたてエキス
  • こんぶエキス
  • 香味油脂

といった、鶏や豚の旨味を丁寧に凝縮させた出汁に厳選した複数の醤油をブレンドした“かえし(タレ)”を合わせ、さらにホタテや昆布といった魚介出汁をさり気なく使用したことで繊細な味わいを再現、非常にサラッとした醤油スープながらも奥行きがあり、醤油の角が取れた優しく飽きの来ない美味しさが最後までたっぷりと楽しめる王道の味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901990371650
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩、植物性たん白、こんにゃく、大豆植物繊維、植物油脂、乳糖)、添付調味料(しょうゆ、チキンエキス、植物油、ラード、ポークエキス、鶏脂、醸造酢、食塩、ほたてエキス、こんぶエキス、香味油脂)、かやく(焼豚、メンマ、のり、ねぎ)/加工でん粉、酒精、かんすい、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、レシチン、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE)、増粘多糖類、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (129g) 当たり]
熱量437kcal
たん白質15.4g
脂質13.8g
炭水化物64.5g
糖質:61.3g
食物繊維:3.2g
食塩相当量6.6g
めん・かやく:2.5g
スープ:4.1g
ビタミンB10.31g
ビタミンB20.45g
カルシウム129mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体スープ、特製油、かやく、“焼のり”といった4つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの4パックとなっていて、特に液体スープは鶏や豚の旨味を凝縮させているんですが、割とサラッとした状態でしたので調理中は特製油とともにフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通りお店さながらのつるっとした食感や小麦が香る仕上がりを目指したとのことで、東洋水産の独自製法による新開発のノンフライ中太麺が採用されており、若干平たくしたことでスープとの絡みも非常に良く、湯戻りする以前からすでにもっちりとした弾力や噛み応えのある強いコシをイメージさせます!

では、先ほどの“かやく”を入れてみます。

そして、かやくには…

  • 焼豚
  • メンマ
  • ねぎ

がすでに入っています。

このように今回使用されている具材は醤油スープと相性抜群な必要最低限の種類となっているんですが、焼豚に関してはサイズも大きく割と厚みもあり、見るからにチープな仕様というわけでは決してなく、肉質のある食感やジューシーな肉の旨味がしっかりと再現され、こちらからも良い旨味が滲み出すことで王道な醤油スープにぴったりです!

調理してみた

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺には弾力のあるもっちりとした弾力や強いコシが加わり、ここに液体スープ・特製油を加えることによって鶏と豚の旨味を丁寧に抽出した上質な出汁に濃口や淡口など拘りの醤油をブレンドした“かえし(タレ)”が絶妙にマッチし、シンプルで王道なテイストではありますが、また食べたくなるような…しっかりとした味わいがカップ麺として気軽に楽しめる味わい深い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…醤油に拘ったというだけあってブレンドされた醤油の風味が一気に広がっていき、鶏や豚の旨味エキス・脂などは特製油の方に含まれているのでしょうか?特に脂・油分といった感じはなく、非常にサラッとしたスープがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

続いて特製油を加えていきます!
こちらは無色透明な油分となっていて、特に変わった風味などはありませんが、非常に上質な脂・油分がスープ表面に広がっていき、味に深み・コクを際立たせる本格感のあるスープへと引き立てていることがよーく伝わってきます!

そしてこの液体スープ・特製油は使用されている量も多く、非常にサラッとしているせいか…すぐに容器底へと沈んでいき、もちろん動物系の臭みなどは一切なく、やはり醤油の旨味に重みを置いた王道の醤油スープであることがわかりますね!しかも表面に浮かぶ上質な脂・油分が臨場感を高めているようで非常に印象的!

ではよーく混ぜていきましょう!
今回の麺は特に本格感のある仕様でしたので、もしかしたら液体スープ・特製油を加える前に麺をほぐしておいた方が良かったのかもしれません。。というくらい見た目以上にしっかりとした麺で、まさにお店さながらの食感が楽しめるのはもちろん、小麦の風味が香ることでスープとの相性も非常に良く、カップ麺ながらも拘りの味わいがじっくりと楽しめることに間違いありません!

そして最後に“焼のり(2枚)”を加えて完成となります!
やはり鶏と豚の旨味を丁寧に抽出した出汁に厳選した醤油ダレを合わせたことで王道なテイストではありますが…全体のバランスは申し分なく、濃口や淡口といった様々な醤油を吟味して厳選したというだけあって芳醇な香りが広がっていき、このスープ表面に浮かぶ上質な脂・油分が物足りなさを感じさせないコクを下支えし、ホタテや昆布といった魚介出汁がさり気なく加わったことで繊細な味わいに際立ち、これまで以上にお店の味に近付けた一品というのも納得の仕上がりではないでしょうか?

ちなみに今回は名店“らぁ麺 飯田商店”の店主が毎日打っているという自家製麺のようなつるっとした食感を目指し、若干平たい仕様のノンフライ中太麺が採用されていることもあってスープだけでなく本格感のある食感なんかも楽しむことができ、噛むほどに美味い小麦の風味が香る麺に醤油スープが乗る絶妙なバランスとなっているようで…思っていた以上に前作よりもブラッシュアップされていることが伝わってきます!

というか…改めて見てみるとスープと麺ともに長い月日をかけて試行錯誤したことで王道の醤油ラーメンではありますが、“セブンプレミアム ゴールド”からリニューアル発売されただけあってワンランク上の味わいに期待できそうですね!しかも具材も決してチープな仕様ではありませんし、スープと麺に拘り抜くことで芳醇な醤油スープと食感の良い麺が絶妙にマッチした一杯は税込300円だと逆にリーズナブルに感じられるかもしれません!

食べてみた感想

一口食べてみると…風味としては厳選した拘りの醤油をブレンドした芳醇な香りが品の良さを引き立て、鶏や豚の旨味を凝縮させた深みのあるスープによって醤油そのものの美味しさを追求した繊細な味わいが染み渡り、シンプルで王道だからこそ難しいテイストを醤油の旨味と動物系のコクでうまく再現しているようです!

そして上質な脂・油分によるコク深くまろやかさとキリッとしたシャープな口当たりが絶妙にマッチしたことで最後まで飽きることもなく、想像以上に手の込んだスープはストレートに美味しいですね!他にもさり気なくホタテや昆布など魚介の旨味が後押ししたことで想像以上に奥行きのある上品な仕上がりとなっています!

そのため、特別何かに突出したテイストというわけではありませんが…鶏や豚の旨味が下支えし、店主拘りの厳選したブレンド醤油ダレ、そしてさり気なく使用された魚介系の旨味が全体をうまく調和させ、カップ麺とは思えないほどのクオリティを演出、そこに麺量75gのつるっとした食感のノンフライ麺が食欲をしっかりと満たしてくれる名店ならではの一杯と言えるのではないでしょうか?

やはり個人的にもいつも言っているように鶏の旨味に拘った味わいをカップ麺に再現するのは難しいんですよね(クセのない旨味やコクが最大の特徴ですから…)!そのため、今回のように醤油の美味しさに拘る辺りはセンスが良いと思います!これだと動物系×魚介系のWスープにブレンドされた芳醇な醤油によって繊細な旨味やコクが加わることで申し分のない美味しさが楽しめますから、お好みによっては醤油ラーメンと相性の良いペッパー系の香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り丸刃の中太麺にも見えますが…若干平たくしたことでスープとの絡みも非常に良い東洋水産の独自製法によるノンフライ麺が採用されており、もっちりとした弾力としっかりとした噛み応えのある強いコシを兼ね備え、噛むほどに美味しい小麦の風味が香る麺量75gの食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな麺には…鶏や豚の旨味を丁寧に抽出した出汁に何度も試行錯誤した複数の醤油をブレンドした“かえし(タレ)”が絶妙にマッチした王道ながらもコク深い醤油スープがよく絡み、一口ずつにブレンド醤油ならではの繊細な旨味やコクを引き立てる動物系の旨味や魚介出汁などが口いっぱいに広がっていき、芳醇とも言える醤油の風味が後味良く抜けていきます!…というか非常にシンプルで定番の醤油スープなんですが、随所に拘りを感じさせ、また食べたくなる味わいに仕上げたというのも納得です!

そして、海苔をスープにしっかりと浸して麺に絡めて食べてみると…これはこれでまた磯の風味が加わって美味しいですね!(別途ご飯を用意して、そちらに巻いてみても抜群に美味しいと思います。)

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの焼豚が入っていて、湯戻りすることで厚み・サイズも一回り大きく仕上がり、じっくりと味わってみると…しっかりとした肉質を感じさせるジューシーな旨味がじゅわっと滲み出す相性抜群な具材となっていたため、スープと馴染ませながら食べ進め、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が増して楽しめるかと思われます!

また、こちらのメンマは、やや大きめにカットされたことによってコリコリとした食感が心地良く、メンマ特有の味付けや素材本来の味わいがしっかりと感じられる仕上がりとなっていて、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が入っていて、やや大きめにカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の醤油スープを美味しく引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り鶏や豚の旨味を丁寧に抽出した出汁をベースに濃口や淡口など様々な醤油を厳選してブレンドした店主拘りのタレが絶妙にマッチしたことで口当たり優しくもコク深いテイストとなっていて、まろやかでありながらもキリッとした塩気や魚介の旨味によって繊細な味わいを再現、まさに王道を行くメリハリのある醤油スープで、味の濃さもちょうど良く…名店の看板メニューがカップ麺として気軽に楽しめる飽きの来ない仕上がりとなっています!

そしてなんと言ってもスープ表面に浮かぶ動物系の旨味・脂がコクをプラスし、拘りの醤油ダレとバランス良く合わせたことで、ついつい箸が止まらなくなるような深みのある美味しさが心地良く、あっさり感とキレの良さ、そしてコク深さがうまく融合した王道の味わいとなっているため、幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

というか、この醤油スープは非常にシンプルと言えばシンプルなんですが…醤油そのものに拘っていたり、動物系の旨味や魚介出汁をバランス良く合わせたことで物足りなさといった感じは一切なく…ついついスープが止まらなくなり、とにかく拘りの醤油を動物系などの旨味がコク深く引き立てているかのような感じで美味しいですね!(見た目よりも脂っこさはありません。)

このように、今回“セブンプレミアム ゴールド”として大幅リニューアルされた“飯田商店 しょうゆらぁ麺”は、鶏や豚の旨味を丁寧に抽出した出汁に厳選した店主拘りの醤油を複数ブレンドした“かえし(タレ)”を合わせたことで、素材の旨味を存分に活かしたコク深くも繊細な味わいに仕上がり、実店舗でも使用している自家製麺をイメージしたつるっとした食感のノンフライ麺を若干平たくしたことでスープとの絡みも非常に良く、名店らしい王道の醤油スープがじっくりと楽しめる贅沢な仕上がりとなっていたため、お好みによっては醤油スープと相性の良いペッパー系の香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「飯田商店 しょうゆらぁ麺」を食べてみて、神奈川県湯河原町の名店“らぁ麺 飯田商店”の看板メニュー“醤油らぁ麺”を同店監修によってカップ麺に再現した一杯は、これまで以上にお店さながらの味に近付けてリニューアルし、動物系の旨味や魚介出汁、そしてなんと言っても醤油に拘ったことで繊細かつコク深いスープがもっちりとした弾力と強いコシを併せ持つ特製ノンフライ麺とともに楽しめる臨場感の高い一杯となっていました!

やはり“飯田商店”監修の一杯はひと味違いますね!スープ・麺ともに丁寧な仕上がりで、王道の醤油ラーメンでありながらも醤油そのものに拘り、もちろん飽きる要素もありませんから、リピーターはもちろん…かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!