どん兵衛 どリッチ 全部のせそば 食べてみました!
カップ麺

じわとろ じゃが塩バター味ラーメン 食べてみました!とろけるバターのコクと風味が美味しく仕上がったクリーミーな一杯!

じわとろ じゃが塩バター味ラーメン 食べてみました!とろけるバターのコクと風味が美味しく仕上がったクリーミーな一杯!

2018年9月24日にエースコックから発売された「じわとろ じゃが塩バター味ラーメン」を食べてみました。

この商品は、バターならではの風味とコクが特徴的な“じわとろ”シリーズ第5弾として登場したもので、すっきりとした塩ベース・スープに豚の旨味やバターによるクリーミーな口当たりが表現され、そのまろやかな味わいにぴったりな“じゃがいも”を具材に合わせた“じわとろ じゃが塩バター塩ラーメン”となっております!

ご覧の通り、パッケージには今回の特徴である“じんわりとろけて広がる美味しさ”と記載されているように、じわっととろけるバターの旨味が塩スープと合わさったことで、すっきりさとまろやかなコクがバランス良く仕上がった味わいを想像させますね!

また、他にも特徴として、塩ラーメンならではのすっきりとした後味に加え、黒胡椒によって味に締まりがプラスされたことで、バターのまろやかさによる“くどさ”などは一切なく、バターとポテトの良い旨味がストレートに楽しめる一杯のようです!

実際に食べてみて…塩スープのライトな口当たりがバターのまろやかなコクと絶妙なバランスに仕上がったことでクリーミーさが際立ち、さらにバターとの相性抜群なポテトが何とも美味しく表現されていました!

ちなみに、この商品はセブンイレブンなどで取り扱いされているようです。
では、今回はこの「じわとろ じゃが塩バター味ラーメン」についてレビューしてみたいと思います。

じわとろ じゃが塩バター味ラーメンについて

今回ご紹介するカップ麺は、じんわりととろける風味とコクが特徴的な“じわとろ”シリーズの新商品ということで、“バター状ブロック”によるとろけるバターならではのコクと旨味が風味良く香り立つことで、相性抜群なポテトとともに美味しく仕上がった“じわとろ じゃが塩バター味ラーメン”となっています。

ご覧の通り、パッケージには特許製法だという“バター状ブロック”によって“じんわりとろける風味とコク”が表現された一杯であることが確認できますね!

このように、今回の一杯には、ポークをベースにした塩スープ、そして野菜の旨味、さらにバターによるまろやかな旨味がプラスされたということで、少し想像しただけでもポテトとの相性抜群な仕上がりであることがわかります!

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り411kcalとなっております。(塩分は4.8g)

素材の旨味を活かしているかのように、カロリー・塩分ともにやや低めにも感じられる数値ですね!
ちなみに1食89g、麺の量は70gとのこと!

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や乳化油脂をはじめ…

  • 油脂調味料
  • ポークエキス
  • 香辛料
  • 乳等を主要原料とする食品
  • 香味調味料
  • ホタテエキス
  • 野菜エキス

といった、ポーク・ベースのすっきりとした塩スープに、じんわりととろけるバターのまろやかさが利いたことで、キレとコクがバランス良く仕上がった後味の良い一杯を想像させる材料が並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、“バター状ブロック”と記載されたバターがひとつ入っています。

そして、具材には…

  • ポテト
  • 人参
  • コーン
  • ねぎ

が入っています。

また、ご覧の通り麺はやや細めにも見える仕様となっていて、こちらもまた塩スープにぴったりなすすり心地の良さを想像させる麺のようです!

ちなみに調味料と言えば、ついフタの上で温めておきたくなりますが…今回のバター状ブロックは溶けてしまうため、調理中に温めないようにしましょう。

調理してみた

では、熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

バターのコクにぴったりと思われるポテトがふっくらと仕上がり、塩スープならではのすっきりとした風味が香ることで、この時点ではかなりあっさりとした印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして、最後にバター状ブロックを入れて完成です!

ここで、バターならではのコクを感じさせる風味がまろやかに香り、ポークを利かせた塩スープとバランス良く溶け込んでいきます!

ご覧のように、すっきりとした塩スープにバターのほどよい油分が溶け込み、クリーミーな仕上がりへと変化していきます!

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークを利かせたキレのある塩スープに、バターならではのコクがプラスされたことで、まさに後味抜群な飽きの来ないクリーミーな味わいが表現されています!

そして、このバターのコク・風味は全くくどさは感じませんね!
むしろ塩スープと相性良く合わさったことで、ポテトといった素材の味も活きてきますね!シンプルながらもクリーミーなコクはゴクゴクいけちゃいます!

麺について

麺は、ご覧の通りやや細めの仕様ということで、非常にすすり心地も良く、塩味のすっきりさと、バターのコクによってクリーミーな仕上がりとなったスープがよく絡み、一口ずつに飽きの来ないまろやかな味わいが口に広がり、バターならではの風味が美味しく抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、何と言ってもこちらのポテトが入っていて、ほどよく食感を残したふっくらとした仕上がりは食べ応えもあり、さらに量も多く、バターならではのコク・風味にも相性抜群な味わいを楽しむことができます!

さらに、こちらのコーンは、じっくりと味わってみると…しっかりと素材本来の美味しさが表現されていて、クリーミーな一杯にぴったりなほんのりとした甘みをプラスしているように感じられます!

そして、こちらの人参もまた、野菜の旨味を利かせたスープに自然に溶け込み、ポテトやコーンとともに彩りも良く添えられています!

スープについて

スープは、ポークを利かせたことで、塩味ならではのすっきりとした味わいにほどよい旨味がプラスされ、キレのある口当たりが最後まで飽きの来ない後味抜群な仕上がりです!

さらに、バターによるまろやかなコクと風味がプラスされたことによって、すっきりとした塩スープはクリーミーな味わいが表現され、ポテトといった具材とも相性抜群な美味しさとなって素材の味を楽しむことができますね!

まとめ

今回「じわとろ じゃが塩バター味ラーメン」を食べてみて、塩バターといったキレとコクが美味しく表現されたスープには、ポークの旨味によって物足りなさを感じさせない仕上がりとなり、さらにポテトをストレートに美味しく楽しむことができる一杯となっていました!

そもそもバターが入っているため、こってりとした仕上がりかと思っていましたが、非常に後味すっきりとした口当たり、そしてほどよくクリーミーな舌ざわりがたまらない…そんな美味しさが楽しめる仕上がりではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です