カップ麺

日本唐揚協会認定 からあげラーメン ジンジャーしお!チキンを利かせた後味の良い一杯

日本唐揚協会認定 からあげラーメン ジンジャーしお

日本唐揚協会認定 からあげラーメン ジンジャーしお」を食べてみました。(2020年4月13日発売・サンヨー食品)

この商品は、唐揚げをこよなく愛し、数多くのイベントを開催したり、唐揚げについての見識深い“カラアゲニスト”の育成などに力を注ぐ…まさに唐揚げのスペシャリスト“日本唐揚協会”が認定した唐揚げの旨味をカップ麺に活かした一杯が登場です!

それも…キレの良い後味すっきりとした塩味をベースに具材として使用した鶏唐揚げから旨味が滲み出し、赤唐辛子の辛みやガーリック、ブラックペッパーを加えたことでキリッとした口当たりを表現、さらにジンジャーの風味が食欲そそるジャンク感溢れる一杯、“日本唐揚協会認定 からあげラーメン ジンジャーしお”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通りパッケージには“からあげ”の文字が大きく記載され、“日本唐揚協会認定”といった文字が興味を引きますね!それでなくとも唐揚げは間違いない美味しさがありますから…カップ麺らしい香ばしさやジャンク感とうまく融合したことによって…まさに塩味の唐揚げをイメージさせる“つまみ”にもなりそうなクセになるテイストに仕上がっていることに間違いなさそうです!

日本唐揚協会認定 からあげラーメン ジンジャーしお パッケージ

その“日本唐揚協会認定”と記載された横には、“Japan Karaage Association”…略して“JKA”といったロゴが記載され、その背景には“カラアゲニスト協会章”である唐揚げのイラストイメージなんかも掲載されているのが確認できます!
※“唐揚検定|日本唐揚協会”にて“カラアゲニスト”になるための認定試験も公開されています。

一方こちらには、“日本唐揚協会”公式キャラクターである“ピヨからくん”のイラストとともに“鶏からあげ入り”と記載され、その背景には豊富に使用された具だくさんな仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…鶏唐揚げ・キャベツ・味付揚げ玉が使用されているようです!唐揚げ・チキンの旨味を利かせた“ジンジャーしお”ともあって食欲そそります。。

また、こちら容器側面には…“背景の唐揚の写真はイメージです。”と記載されているものの、ジューシーな唐揚げの調理風景なんかも掲載されていて、こちらもまた見るからに食欲をかき立てられますね!

そもそも唐揚げはほぼ嫌いな人いませんから…チキンの旨味やジンジャーの風味、赤唐辛子やブラックペッパーが相性良く溶け込んだスープは、ほどよい香ばしさやB級グルメ的なやみつき感に際立っていることでしょう!これは先日ご紹介した“ガーリックしょうゆ”と同じく想像以上に期待できるのではないでしょうか?

他にも特徴として…麺は中太・丸刃仕様となっていて、つるっと滑らかな食感と歯切れの良いほどよいコシがあり、具材に使用した唐揚げから滲み出すチキンの旨味と相性良く馴染んだ後味の良さを引き立てるジンジャーを利かせた塩スープとともに最後まで飽きることなく鶏唐揚げの味わいを楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ジューシーなチキンの旨味にジンジャーの風味が絶妙にマッチしたキレの良い塩スープには、同じく相性の良い赤唐辛子やブラックペッパーがたっぷりと利かせたことによって後味さっぱりとした塩味の唐揚げらしい香ばしさと旨味がうまく融合し、カップ麺らしいジャンク感溢れる一杯となっていました!
これは特に、ジンジャー香る塩テイストの唐揚げらしい味わいをカップ麺として気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

「日本唐揚協会認定 からあげラーメン ジンジャーしお」を検索

ゆうき
ゆうき
では、今回は唐揚げのスペシャリスト“日本唐揚協会”も認める香ばしいチキンの旨味を利かせた塩スープに鶏唐揚げを具材に使用し、最後まで飽きの来ないジンジャーの風味が心地良い後味すっきりとした一杯、「日本唐揚協会認定 からあげラーメン ジンジャーしお」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日本唐揚協会認定 からあげラーメン ジンジャーしお

今回ご紹介するカップ麺は、唐揚げに強い拘りを持ち、唐揚げに関する様々なイベント・プロジェクト・キャンペーンに携わる“一般社団法人日本唐揚協会”認定の一杯で、シャープな飲み口が印象的なチキンの旨味が利いた塩味のスープに具材として使用された唐揚げからも良い旨味が滲み出し、ジンジャー香る風味豊かな一杯、“日本唐揚協会認定 からあげラーメン ガーリックしょうゆ”となっています。

ご覧の通りフタの方には、塩テイストをイメージさせる青を基調に容器側面と同じく“からあげ”といった文字が大きく記載され、同じく“日本唐揚協会認定”といった文言やロゴが掲載されているのが確認できます!

そして、こちらには…“一般社団法人日本唐揚協会”についての簡単な説明書きが掲載されていて、これによると…“「からあげグランプリ」をはじめとする唐揚に関するイベントを主催、研究、情報発信などを行う唐揚のスペシャリスト団体です。”とのことで、唐揚げに関する催し事に関して必ずと言って良いほど関わりを持っていると思われ…国内の唐揚げに関する情報を網羅した唐揚げのスペシャリストにふさわしい団体のようですね!

さすがにこういった唐揚げに関する協会が存在するとは個人的にも思ってもいませんでしたから…全国に広く認知させるには良いきっかけにもなるのではないでしょうか?

ちなみに今回は、チキンの旨味に食欲そそるガーリックの風味を利かせた“日本唐揚協会認定 からあげラーメン ガーリックしょうゆ”も同時発売されています!

それでは、今回の“日本唐揚協会認定 からあげラーメン ジンジャーしお”がどれほどチキンの旨味や香ばしい唐揚げならではの旨味が凝縮された仕上がりとなっているのか?ガーリックのコクや赤唐辛子やブラックペッパーなどの香辛料との兼ね合いはもちろん、なんと言っても中太・丸刃仕様によるつるっと滑らかな麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り288kcal(めん・かやく239kcal / スープ49kcal)となっております。(塩分は5.0g)

カロリーは、チキンの旨味を活かした塩味のスープ・レギュラーサイズということもあってかなり低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり67g、麺の量は50gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみるとスープは49kcalと塩ベースの割にそこまで低い数値ではないことから、しっかりとチキンの旨味を利かせたコクのあるスープに唐揚げの香ばしさ、スパイス感際立つ赤唐辛子やブラックペッパーによってやみつきになる仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や香辛料をはじめ…

  • チキンエキス
  • 発酵調味料
  • 酵母エキス
  • 香味油

といった、チキンの旨味をしっかりと利かせたキレの良い塩スープに具材として唐揚げを使用したことで、赤唐辛子やブラックペッパーなどの香辛料と相性良くマッチし、食欲そそるジンジャーの風味が香り立つ臨場感溢れる唐揚げの味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901734039877
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、粉末卵)、スープ(食塩、糖類、香辛料、チキンエキス、発酵調味料、酵母エキス、香味油)、かやく(鶏からあげ、キャベツ、味付揚げ玉)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、トレハロース、かんすい、レシチン、香料、微粒二酸化ケイ素、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、パプリカ色素、ビタミンB2、ベニコウジ色素、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (67g) 当たり]
熱量288kcal
たんぱく質6.4g
脂質11.2g
炭水化物40.5g
食塩相当量5.0g
めん・かやく: 1.5g
スープ: 3.5g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.58mg
カルシウム192mg

引用元:日本唐揚協会認定 からあげラーメン ジンジャーしお | サンヨー食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りすでに粉末スープなどが入っていて、具材には…

  • 鶏唐揚げ
  • キャベツ
  • 味付揚げ玉

が入っています。

具材として使用されている唐揚げには、すでにスパイス感を思わせる香辛料がたっぷりとまぶしてあるのが確認できますね!他にも味付揚げ玉が使用されていることから、香ばしさやほどよい油分なんかも塩スープに滲み出ることで、旨味も一層引き立って楽しめそうです!

…というか、フタを開けた途端すでにスパイシーな風味が食欲そそります。。

また、麺はご覧の通り中太・丸刃仕様となっていて、滑らかな食感やほどよいコシを兼ね備えたサンヨー食品らしいすすり心地の良い麺を採用、香ばしくスパイシーな唐揚げの旨味が滲み出た塩味のスープにもぴったりです!

調理してみた

では念のため調理方法を確認してみると…

  1. まず、フタを開けて左右にフリフリ!具材を広げます。
  2. 内側の線まで熱湯を注いでフタをします。
  3. 3分後よくまぜて完成

とのことで、特に注意点などはないようですが、具材に使用されている唐揚げの湯戻りを考慮して具材を広げて熱湯を注ぐと良いようですね!

ということで熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:330ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸い、先ほどまでの麺が隠れて確認できないほど各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、香辛料を利かせた唐揚げならではのスパイシー感や食欲そそるジンジャーの風味が香り立つやみつきになる一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…チキンの旨味を利かせた塩スープということもあって、“ガーリックしょうゆ”と同じく割とさらっとした仕上がりとなり、ジンジャー…というよりもブラックペッパーの風味が際立ったことで、唐揚げの旨味引き立つジャンク感のある香ばしい味わいが表現されているようですね!

また、具材に使用された味付揚げ玉なんかも香ばしいジンジャーの風味を後押しし、もちろん鶏唐揚げからもチキンの旨味を際立たせ、これはもはや…良い“つまみ”ですね!笑

…というくらい食欲そそるガーリックやスパイシーな香りが漂い、まさに塩テイストの唐揚げならではの美味しさを全面に押し出し、“日本唐揚協会”が認めた一杯というのも納得の一杯です!

そしてスープ表面にはチキンの旨味・脂を思わせる油分が唐揚げの美味しさを最大限に引き出し、赤唐辛子やブラックペッパーを合わせたことによってキリッとした口当たりやピリ辛な唐揚げをイメージさせる味わいに仕上がっています!!

食べてみた感想

一口食べてみると…しょっぱいくらいにキレの良い塩スープには、チキンの旨味がしっかりと利いたことで思っていたよりもコクがあり、さらに赤唐辛子やブラックペッパーを使用した唐揚げの味わいにぴったりなスパイス感が心地良く、辛み自体はごくわずか…といったところで、ペッパー系の香辛料が旨味を引き立てる…そんなメリハリの利いた香ばしい味わいが表現されています!

そのため、イメージさせる味わいはまさに物足りなさを一切感じさせない塩味のさっぱりとした唐揚げそのもの!そして食べ進めていくに連れて具材に使用された鶏唐揚げからも良い旨味が滲み出し、レギュラーサイズということもあって量もちょうど良いんですが…想像以上に塩気・香辛料が強く感じられるため、調理時の熱湯の量で調整するか、麺・具材だけを楽しむものと考えた方が良いかもしれませんね!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様ということで、ほどよく滑らかな食感や、もっちりとした弾力が表現され、フライ麺特有の香ばしさがガーリックのコクと相性良く馴染み、すすった際に感じられるペッパー感がたまらない…すすり心地の良い仕上がりとなっています!

そんな中太麺には、チキンの旨味を利かせたキレの良い塩味をベースにガーリックのコクや赤唐辛子・ブラックペッパーを加えたことによって、ピリッとしたスパイシーな辛みが心地良く、塩味の唐揚げをイメージさせるスープがよく絡み、一口ずつにジャンク感溢れる香ばしくピリ辛な唐揚げならではの味わいが口いっぱいに広がっていき、ペッパー系のスパイシーな風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちらの鶏唐揚げが入っていて、じっくりと噛んで味わってみると…鶏肉ならではの旨味や唐揚げらしい香辛料を含むスパイシーな味わいがじゅわっと滲み出て来る美味しい具材となっていましたので、食べはじめはスープ底に沈めておき、後ほど中太麺と一緒に絡めていただくと…より一層唐揚げ特有の香ばしさや旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらの彩りの良い大きめにカットされたキャベツは、シャキシャキとまではいかないものの…ほどよい食感を残した仕上がりとなっていて、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にも、こちらの味付揚げ玉が使用されていて、味付け自体はそこまで感じられないものの…さりげなく香ばしさや揚げ玉特有の油分が加わり、唐揚げの味わいをより一層引き立てる相性の良い具材として添えられています!

スープについて

スープは、ご覧の通り塩スープらしい透明感のある仕上がりとなっていて、キレの良い口当たりのすぐ後からは、チキンの旨味やジンジャーのコクが広がっていき、赤唐辛子やブラックペッパーによるピリッとした辛みが心地良い後味すっきりとした味わいとなっています!

ちなみに、赤唐辛子を使用しているとのことですが、決して強い辛さが感じられるほどのものではなく、どちらかと言うとブラックペッパーの唐揚げにぴったりなスパイス感溢れる味わいが表現されているようです!

また、食欲そそるジンジャーの風味なんかも旨味を後押ししているように感じられ、塩味の唐揚げをイメージしたスープということもあって…ちょっと塩気の強いテイストではありますが、このジャンク感のあるカップ麺・フライ麺ならではの香ばしさがまたクセになりますね!

他にも、食べ進めていくに連れて具材に使用された鶏唐揚げからも旨味が滲み出し、ほんのりとコク深さが加わっていき、汗を誘うほどのスパイス感とともにチキンの旨味がより際立って感じられるでしょう!

ただ、先ほどもお伝えした通り個人的には香辛料がかなり利いているということもあって、ちょっとしょっぱさが気になるところではありますが…チキン・唐揚げの旨味が食欲そそる仕上がりによって臨場感高く表現された今回の味わい自体は非常にリアルに感じられたため、スープは残すつもりでいただくとちょうど良いかと思われます!けっこう塩辛さが強いですね。。

このように、今回の“日本唐揚協会認定 からあげラーメン ジンジャーしお”は、チキンの旨味を利かせたキレの良い塩スープをベースに赤唐辛子やブラックペッパーを利かせたことによってピリ辛・塩味の唐揚げを思わせる味わいを再現し、香ばしさやジンジャーの風味がまた臨場感を際立たせるやみつきなテイストとなっていたため、お好みによっては…まさに“つまみ”として楽しんでみても良いでしょう!(ちょっとしょっぱいので熱湯は多めにして出来上がりに少しスープを減らすぐらいでもちょうど良いかと思われます。)

まとめ

今回「日本唐揚協会認定 からあげラーメン ジンジャーしお」を食べてみて、唐揚げの味わいを引き立てるにはぴったりなチキンの旨味やジンジャーの風味・赤唐辛子やブラックペッパーといったスパイスを合わせたことで、ピリッとした辛みがやみつきになる後味すっきりとした仕上がりとなっていました!

やはり塩テイストとは言え、唐揚げをモチーフとしたカップ麺は間違いないですね!ブラックペッパーがしっかりと利いたピリ辛・スパイシー感に際立ったことで、若干しょっぱさが気になったところではありましたが…それ以外で言うとかなり臨場感の高い味わいが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

「日本唐揚協会認定 からあげラーメン ジンジャーしお」を検索

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!