謹製

謹製 豚そば!豚骨の旨味を利かせたコク深く後味すっきりとした淡麗豚骨ラーメン

謹製 豚そば

謹製(きんせい)豚そば」を食べてみました。(2019年12月9日発売・東洋水産)

この商品は、スープの美味しさにこだわったマルちゃんの“謹製”シリーズの新商品ということで、今回は“豚清湯(ぶたちんたん)をフィーチャーした淡麗豚骨ラーメン”をコンセプトに透明感のあるスープが表現され、さらに品のある臭みのない豚の旨味が楽しめる一杯が登場です!

それも…ポークの旨味をベースに醤油や野菜の旨味を合わせ、“豚そば”といった商品名のイメージとは少し異なる澄んだ淡麗系スープが美しい後味すっきりとした豚骨スープに仕上がったコク深く上品な一杯、“謹製 豚そば”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージには黒を基調に“謹製”シリーズらしい和風感・落ち着いた上品さを感じさせる文字で“豚そば”といった今回の商品名が配置され、“豚骨なのにスッキリ!”といった文字通り豚骨の旨味をうまく活かしているのにもかかわらず透明感に際立った意外性のある一杯であることが伝わってきますね!

…というか、黒を基調にしているせいか透明感がさらに強調されているようにも見えます!

謹製 豚そば パッケージ

また、こちらパッケージ側面には“コクのある淡麗豚骨ラーメン!”と記載されているように、今回の一杯にはあっさりとした豚骨スープの中にも物足りなさを感じさせないコクのある旨味が際立って感じられる味わいが特徴的とも伺い知ることができます!

そしてその気になる特徴としては…上記のように豚骨を使用しているのにもかかわらず淡麗系のスープ“豚清湯”といった透明感のある仕上がりが印象的で、“謹製”シリーズらしい品のあるあっさり感と豚骨ならではのコク深さといった両極端とも言える見た目とは裏腹にしっかりと深みのある味わいが表現されているようです!

このように今回の“謹製”は、“豚そば”といったイメージとは全く異なる美しい仕上がりと飽きの来ない美味しさが特徴的なようですね!

一方こちらには、豚清湯といった透明度の高い美しいスープといった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付豚肉・メンマ・ねぎ・きくらげが使用されているようです!

このように今回の“謹製”は豚骨の旨味を澄んだ清湯スープに仕上げ、見た目からも透明感のある上品さが伝わって来るものの…さりげなくコク深い豚骨の旨味が楽しめる逸品に仕上がっていることが予想されます!

他にも特徴として…麺には角麺仕様による歯切れの良い強いコシが表現された想像以上に食べ応えのある食感に仕上がり、透明度の高い豚骨スープと絶妙にマッチしたことによって、軽やかな澄んだスープの中にもしっかりと豚の旨味がコク深く感じられ、後味の良い味わいがしっかりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“豚清湯(ぶたちんたん)”といった見た目通りあっさりとしたキレのある口当たりには、意外にもしっかりと豚骨のコク深い旨味が利いていて、割と獣系の風味なんかも感じるものの、決して臭みのあるスープではなく品格を感じさせるシリーズらしい丁寧な旨味がしっかりと楽しめる最後まで飽きの来ない一杯となっていました!
これは特に、あっさりとした中にもしっかりと旨味を楽しみたいという女性層はもちろん、コク深い豚骨の旨味を品のある淡麗系スープとしてじっくりと味わいたい時にぴったりなにおすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はスープの美味しさにこだわった“謹製”シリーズの新商品であり、豚骨の旨味を利かせた透明感のある清湯スープといった見た目も美しいコク深い上品な味わいが楽しめる一杯、「謹製 豚そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

謹製 豚そば

今回ご紹介するカップ麺は、スープの美味しさにこだわった“謹製”シリーズの新商品ということで、なんと豚骨なのに淡麗系の澄んだスープに仕上がった“豚清湯”といったコク深く美しいスープに仕上げ、シリーズらしい臭みのない上品な味わいが最後までじっくりと堪能できる一杯、“謹製 豚そば”となっています。

ご覧の通り、フタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらにも黒を基調に対称的な透明感に際立っているスープといった意外性を強調した落ち着いたデザインがあしらわれ、“謹製”シリーズらしい丁寧に抽出した臭みのない豚骨の旨味・コクがあっさりとしたスープの中にもしっかりと楽しめる風味豊かな味わいに期待できそうです!

ちなみにこの“謹製”シリーズ、今までも“鶏白湯ラーメン(2014年5月5日発売)”や“辛ダレ 鶏しお(2015年5月4日発売)”なんかが発売されていたようですが、今年に入って活発的に発売されるシリーズとなっていて、“謹製”といったイメージにふさわしい上品な仕上がりが特徴であり、今回もまた“豚清湯”といった澄んだスープに際立った品のある一杯が登場となっています!

ご覧の通りパッケージ側面には、スープの美味しさにこだわったシリーズ“謹製”のロゴがしっかりと配置されているのが確認できますね!このシリーズ、素材の旨味を活かした味わいが上品に表現されていて、意外と侮れないんです。。なので今回の仕上がりはもちろん、今後の商品展開など目が離せないシリーズとなっています!

それでは、今回の“謹製 豚そば”がどれほど旨味が凝縮された仕上がりとなっているのか?“豚清湯”といった淡麗系の澄んだスープの見た目としての美しさ、“謹製”シリーズらしいあっさり感もありつつ品のある“豚そば”らしい旨味の利かせ具合、そしてなんと言っても角刃仕様の歯切れの良いコシのある麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り404kcal(めん・かやく323kcal / スープ81kcal)となっております。(塩分は5.5g)

カロリーは、“豚清湯”といった透明感のあるあっさりとした仕上がり通りやや低めにも感じられる数値のようで、塩分は平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり97g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで81kcalありますから、見た目通りあっさりとしたスープのイメージからは想像も付かないほどしっかりと豚骨の旨味・コクが染み渡る“謹製”シリーズらしい品のある味わいに仕上がっているものと思われます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや“しょうゆ”をはじめ…

  • 豚脂
  • 植物油
  • 食塩
  • 野菜エキス
  • チキンエキス
  • ミート風味パウダー
  • こんぶエキス
  • 香辛料

といった、豚骨の旨味だけでなく、野菜やチキン、魚介系の旨味などがバランス良く味わいを引き立て、透明感のある澄んだスープとは対称的にしっかりとしたコクのある旨味が楽しめる仕上がりを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…植物油脂や“しょうゆ”などの材料が確認でき、こちらにもほんのりと味付けが施されていることが伝わってきますね!この辺りからも“謹製”シリーズらしい手の込んだ仕上がりをイメージさせます!

JANコード4901990364966
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、卵白)、添付調味料(ポークエキス、しょうゆ、豚脂、植物油、食塩、野菜エキス、酵母エキス、チキンエキス、ミート風味パウダー、こんぶエキス、たん白加水分解物、香辛料)、かやく(味付豚肉、メンマ、きくらげ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、増粘多糖類、酒精、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、クチナシ色素、pH調整剤、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香料、(一部に小麦・卵・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (93g) 当たり]
熱量403kcal
めん・かやく: 323kcal
スープ: 81kcal
たん白質11.0g
脂質18.1g
炭水化物49.2g
食塩相当量5.5g
めん・かやく: 1.8g
スープ: 3.7g
ビタミンB12.02mg
ビタミンB20.34mg
カルシウム186mg

引用元:謹製 豚そば | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“特製スープ”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触った感じだとそこまでドロッとした状態ではなさそうでしたが、恐らく豚骨の旨味が凝縮されているものと思われるため、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、具材には…

  • 味付豚肉
  • メンマ
  • きくらげ
  • ねぎ

が入っています。

澄んだ淡麗系スープとは言え今回は“豚そば”ですからね!しっかりと豚骨の旨味を引き立てる豚肉といった味付けが施された具材が使用されているようです!

それ以外にも、メンマやキクラゲといった食感としてのアクセントを加える具材なんかも使用されているようで、メリハリのある食感からも最後まで飽きの来ない一杯であることが伝わってきます!

さらに、麺はご覧の通り若干細めにも見える中太仕様でしょうか?角刃仕様の歯切れの良い心地良いコシが楽しめるすすり心地なんかも抜群な麺が採用されているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:460ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸い、先ほどまでの角刃仕様の麺にしっかりとしたコシが加えられ、すすり心地の良さと歯切れの良いコシが透明感のある豚骨の旨味を利かせたスープに絡む品のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“特製スープ”を注いでいきます!
すると…フタの上でしっかりと温めておいたおかげで、割とさらっとした状態ではありますが、豚骨の旨味を思わせる濃い目のスープとなっていて、豚骨ならではの臭みは全くありませんね!シリーズらしい上品そのものといったスープのようです!

そして、こちらのスープは非常に馴染みやすく、すぐに溶けて見えなくなっていき、豚骨の旨味がコク深く利いているとは思えない…さらっとした状態となっています!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…パッケージにも記載されていたように“豚骨なのにスッキリ!”といったイメージ通り透明感のある淡麗系とも言える澄んだスープが印象的で、ここに豚骨の旨味が利いているとはまるで思えない仕上がりのようですね!

とは言え、“豚そば”といったイメージらしくスープ表面にはしっかりとした旨味をイメージ付けるほどよい豚骨の旨味と思われる脂が浮き、これによってあっさりとした味わいの中にも物足りなさを感じさせない上品な豚骨の旨味が楽しめると思われ、これはあっさりとした味わいが好みの方におすすめの一杯と言えるのではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…これは良いですね!口当たりあっさりとしたキレのある味わいには、物足りなさを感じさせないしっかりとした豚骨の旨味が表現されていて、“謹製”シリーズらしい非常に丁寧な豚骨の旨味と言うんでしょうか?全く臭みはありませんが、良い意味でのクセのない獣臭なんかもほんのりと香り立ち、これがまた箸が止まらなくなりますね。。

そして、確かにスープは透明感のあるすっきり感やあっさり感に際立っているんですが、豚骨の旨味が上品にしっかりと利いているため、濃厚な味わいが好みの方でも十分満足のいく仕上がりとも言え、ついつい何度もその味わいを確かめたくなります!

このキレの良い口当たりと、コクのある豚骨の旨味といった組み合わせがうまくマッチしているからこそ抜けの良い後味や、あっさりとした中にもしっかりと旨味が楽しめるものと思われ、改めて“謹製”シリーズの美味しさに脱帽しますね。。

麺について

麺は、ご覧の通りやや細めにも見える若干幅広な麺となっていて、見るからにすすり心地も良く、この角刃仕様によって歯切れの良さやしっかりとしたコシが表現され、すすった際に感じられる上品な豚骨の香りがたまりません!

そんな麺には、“豚清湯”をフィーチャーした淡麗豚骨ラーメンをコンセプトに透明感に際立ったスープがよく絡み、一口ずつにキレの良いあっさりとした中にもしっかりと豚骨の旨味が利いた味わいが口いっぱいに広がっていき、臭みのない上品な豚骨の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“味付豚肉”が入っていて、若干小ぶりではありますが、じっくりと味わってみると…噛み応えのある肉質はもちろん、想像以上にしっかりとした甘みのある味付けが施されています!

そして肉の旨味とともにじゅわっと滲み出る美味しい具材となっていたため、麺とスープを一緒に絡めて食べてみると、より一層豚骨の旨味が引き立って楽しめると思われます!

ただ、食べはじめはまだ若干湯戻しが完全ではなかったようでしたので、まずはスープ底に沈めておき、少しでも肉の旨味を滲み出してもらうと良いでしょう!

また、こちらのメンマは、サイズ感や使用されている数にも申し分なく、コリコリとした食感に仕上がり、これによって今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

さらに、こちらのキクラゲはコリコリというよりも食感柔らかいタイプの仕上がりとなっていて、上記のメンマとはまた若干異なる食感が楽しめる具材として添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り“豚清湯をフィーチャーした淡麗豚骨ラーメン”をコンセプトに透明感のあるスープが表現され、この見た目とは裏腹にしっかりと豚骨の旨味がコク深く溶け込み、全く臭みもありませんから…あっさり系が好みの方にとってはたまらない味わいが楽しめるでしょう!

また、この見た目からは塩ベースにも感じられるかもしれませんが、原材料を見る限り“しょうゆ”といった材料なんかも記載されていましたから、ちょうどその中間のようなキレのある味わいが表現されています!

しかし、それ以外にもスープ表面には豚骨らしいコク深い旨味を思わせる上質な脂が浮いていますから、あっさりとした中にもしっかりと楽しめる“豚そば”は、非常に幅広い層に好まれる旨味溢れる一杯とも言えますね!

そして不思議なのが…しっかりと豚骨の旨味が表現されているにもかかわらず臭みは一切無く、風味としてはどことなく獣臭なんかも感じられるんですが、これがまた嫌味・雑味のない上品な香りとなっていて、今回の澄んだスープにもぴったりです!

さらにほどよい香辛料がキリッとした味に締まりを加えているため、豚骨のまろやかな旨味が利いているとは言ってもキレの良さやあっさり感に際立ち、それによってついついスープが止まらなくなる。。そんなシリーズらしい素材の旨味をしっかりと活かした仕上がりとなっています!

このように、今回の“謹製 豚そば”は、“豚清湯”を思わせる澄んだ美しい淡麗系のスープに仕上がり、見た目からは想像も付かないほどしっかりと豚骨の旨味がコク深く感じさせる上品な一杯となり、ほどよい香辛料がキレの良さを引き立てるあっさりとした後味の良いスープとなっていたため、お好みによっては胡椒辺りの香辛料などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「謹製 豚そば」を食べてみて、“豚清湯をフィーチャーした淡麗豚骨ラーメン”をコンセプトにした透明感のあるスープに仕上がり、見た目からも非常にあっさり感に際立っていることが伝わって来るわけですが、想像以上に豚骨のコク深くまろやかな旨味がしっかりと利き、さらに香辛料が味を引き締めるバランスの良いキレのある口当たりと満足度の高い旨味がうまくマッチした仕上がりとなっていました!

このように今回の“謹製”シリーズもまた、素材の旨味を存分に活かした仕上がりとなり、見た目からも楽しめる透明度の高いスープは、思っていた以上に惹き付けられる味わいとして最後までじっくりと堪能できるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!