謹製

謹製 山椒香る塩焼そば!極細麺に華やかな山椒の香りがクセになる風味豊かな一杯

謹製 山椒香る塩焼そば

謹製 山椒香る塩焼そば」を食べてみました。(2019年10月7日発売・東洋水産)

この商品は、スープの美味しさにこだわったマルちゃんの“謹製(きんせい)”シリーズの新商品ということで、今回は“あっさり・すっきり”といったクセになる味わいをコンセプトにした“和”山椒の風味が香る上品な一杯が登場です!

それも…チキンの旨味をベースにあっさりとした中にもコクのある塩ソースに仕上げ、商品名通り和山椒の風味を利かせたことで華やかさを感じさせる香り高い味わいを表現し、コシの強い極細麺と相性良くマッチした一杯“謹製 山椒香る塩焼そば”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージには“山椒香る塩焼そば”といった商品名が大きく記載され、“謹製”といったシリーズ名らしい手の込んだ丁寧な仕上がりを思わせるシンプルながらも上品さが伝わってくる白を基調としたデザインがあしらわれていますね!これは…あっさり系を好む女性層などにぴったりな一品と言えるのではないでしょうか?

謹製 山椒香る塩焼そば パッケージ

一方こちらには“湯戻し1分の極細麺”と記載され、細いながらもしっかりとしたコシと弾力のある細麺といった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付豚肉・ねぎが使用されているようです!

この細さからすると…すすり心地なんかもかなり良さそうですからね!華やかな風味を演出する山椒の香りなんかも引き立つ爽やかな一杯にも感じられます!

ただ、山椒は爽やかな風味だけでなくほどよい痺れも特徴のひとつでもあり、さらに粗挽き唐辛子を使用しているとのことで、あっさりとした中にもチキンの旨味、そしてピリッとしたアクセントが利いたメリハリのある飽きの来ない味わいを想像させますね!

また、今回の“謹製 山椒香る塩焼そば”には、ご覧の通り“特製カップスープ付き”とのことで、予め別のカップに別添されている粉末スープを入れておき、湯切りする際のお湯(150ml)を注ぐことによって“ホッと”感じさせる特製チキンスープ(ねぎ入り)なんかも楽しめるようですね!(この辺りは“やきそば弁当”でお馴染みの東洋水産らしいところでもあります!)

この仕上がりイメージを見る限り…あっさりとした塩焼そばとは対称的に多少味の濃いチキンスープを想像させますね!これを交互に楽しむことによって絶妙な味わいが楽しめるのでしょう!

さらに、こちらには今回の特徴である“旨味の中に華やかな山椒の風味が利いた塩焼そば”と記載され、あっさりとした塩ベースのソースにはチキンの旨味によってコクのある味わいを表現し、そこに山椒を合わせたことによって華やかであり爽やかな風味が香る上品な塩焼そばをイメージさせます!

他にも特徴として…麺には先ほどもお伝えした通り湯戻り1分で出来上がる極細麺が採用されているんですが、こちらラードを使用した油揚げ麺となっていて、香ばしさや旨味が滲み出ることで塩味のソースに含まれるチキンのコク深い旨味と相性の良い麺に仕上がり、それによってあっさりとした塩味のソースがより美味しく引き立ち、華やかな山椒の風味、そして食べ進めて行くに連れて徐々に心地良い痺れが楽しめるあっさりとした中にも旨味・風味がマッチした一杯というわけです!

実際に食べてみて…

非常にあっさりとした塩味のソースとなっているんですが、しっかりとチキンの旨味がコク深く利いているため、思ったよりも物足りなさといった感じは一切なく、そこに華やかさを感じさせる山椒の香りが上品に香り立ち、“謹製”の文字通り丁寧な作りを思わせる心地良い痺れが印象的な仕上がりとなっていました!
これは特に、あっさりとした塩ソースの中にもしっかりとチキンの旨味を楽しめる山椒香る上品な焼そばを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこのチキンの旨味を利かせたあっさりとした塩ベースの焼そばに華やかな山椒が香る特製カップスープ付きの上品な一杯「謹製 山椒香る塩焼そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

謹製 山椒香る塩焼そば

今回ご紹介するカップ麺は、美味しさにこだわったマルちゃんの“謹製(きんせい)”シリーズの新商品ということで、コクのあるチキンの旨味を利かせたあっさりとした塩ソースに仕上がり、食べ進めて行くに連れて少しずつほんのりとした痺れが楽しめる「和」山椒の風味がアクセントとなった一杯、“謹製 山椒香る塩焼そば”となっています。

ちなみにこの“謹製”シリーズとは、今までも“謹製 鶏白湯ラーメン(2014年5月5日発売)”や“謹製 辛ダレ 鶏しお(2015年5月4日発売)”なんかが発売されていたようで、最近で言うと…“謹製 山椒香る塩そば(2019年4月15日発売)”といったあっさりとした淡麗系に山椒香る上品な一杯が登場していたのが記憶に新しいかと思われます!

このように、これまで“謹製”シリーズからはタテ型のスープタイプとしての商品が登場してきたわけで、もしかすると“焼そば”としてはシリーズ初かもしれませんね!

それでは、今回の“謹製 山椒香る塩焼そば”がどれほどあっさりとした味わいに仕上がっているのか?あっさりとした中にもコク深いチキンの旨味や華やかな山椒の香り、食べ進めて行くに連れて感じられる痺れや、別添されている特製カップスープの仕上がり具合、そして何と言っても1分で仕上がる極細麺との相性などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り745kcalとなっております。塩分は6.8g(スープ1.7g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ということもあってかなり高めな数値のようで、塩分も同じくスープ合わせてかなり高めな数値のようです!

ちなみに1食当たり153g、麺の量は130gと割とボリュームのある仕様となっています!若干容器のサイズが大きく感じたのはこのせいかもしれません!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、植物油や粉末野菜をはじめ…

  • チキンエキス
  • 鶏脂
  • 香辛料(山椒、ガーリックパウダー、こしょう、唐辛子)
  • しょうゆ
  • 食塩
  • こんぶエキス
  • チキン風味パウダー

といった、塩ベースのあっさりとしたソースですが、チキンの旨味がコク深く利き、さらに香辛料をうまく活かしたことで、旨味を引き立てる華やかな風味や痺れといったアクセントが利いた上品な味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目にはしっかりと“精製ラード”といった材料が確認できますね!これによって旨味・風味がさらに引き立ち、あっさりとした中にもしっかりとした旨味が楽しめる一杯に仕上がっているようです!

JANコード4901990364256
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、食塩、しょうゆ、卵白)、ソース(植物油、粉末野菜、チキンエキス、鶏脂、砂糖、香辛料(山椒、ガーリックパウダー、こしょう、唐辛子)、しょうゆ、食塩、こんぶエキス、チキン風味パウダー)、かやく(味付豚肉、ねぎ)、スープ(食塩、チキンエキス、魚介エキス、しょうゆ、砂糖、野菜エキス、たん白加水分解物、ねぎ、植物油、香辛料(こしょう))/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、カラメル色素、香料、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (153g) 当たり]
熱量745kcal
たん白質16.2g
脂質38.6g
炭水化物83.2g
食塩相当量6.8g(スープ1.7g)
ビタミンB10.57mg
ビタミンB20.57mg
カルシウム260mg

引用元:謹製 山椒香る塩焼そば | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、粉末ソース、特製油、特製カップスープといった4つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの4パックとなっていて、ソースは液体・粉末の2パック仕様、そして特製カップスープは別のマグカップに予め入れておきましょう!

また、麺はご覧の通り1分で仕上がり極細仕様の油揚げ麺となっていて、軽くウェーブを付けたすすり心地の良さをイメージさせる130gの割とボリューミーな一杯となっています!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 味付豚肉
  • ねぎ

が入っています。

では続いて熱湯を注ぎ1分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

今回の“謹製 山椒香る塩焼そば”の調理時間は1分ではありますが、先ほどまでの極細麺にしっかりとしたコシや弾力が加わり、さらに味付豚肉がふっくらとした仕上がりとなり、思ったより食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです。

そしてもちろん、湯切りする際のお湯はこちらのマグカップに注いでおくことを忘れずに!(麺には精製ラードなんかも含まれていますから、恐らくチキンを利かせた特製カップスープにも香ばしさや旨味が増して楽しめるものと思われます!※若干濃い目に作るのがおすすめ!)

ちなみにこちらの仕上がりはというと…麺からラードの旨味が滲み出たチキンベースのシンプルな味わいとなっていて、焼そば自体が塩ベースのあっさり目の仕上がりということもあり、割と濃い目の味付けとなっているようです!

そしてここに先ほどの特製油を注いでいきます!
すると…こちらは透明な油となっていて、特に何かの風味がするというわけではなく、あくまでチキンの旨味をコク深く引き立てるため、そして麺をほぐしやすくするためのものと思われます!

続いて先ほどの粉末ソースを加えていきます!
こちらは様々な香辛料やガーリックなんかも含まれているため、チキンを利かせたあっさりめの塩ソースとは言え、食欲そそる香りが一気に広がっていきます!

ご覧の通り、粉末スープの方はやや量が多めとなっていて、唐辛子などの赤い粒子なんかも確認できますね!ここに華やかな風味を表現した山椒なんかも含まれているものと思われます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
粉末スープが多く使用されているため、若干混ぜにくさは感じられますが。。調理時間1分の麺ですからね!せっかくなので急いで麺に絡めていきいましょう!

そして、ソースが全体に馴染むと…
あっさりとした塩ベースの焼そばということで、見た目からもそういった雰囲気・味わいが伝わって来るようですが、華やかな山椒の風味がほんのりと香り、さらにわずかながら食欲そそるガーリックの風味なんかも感じられますね!

そのため、非常に品のある仕上がりにも感じられるものの…コク深いチキンの旨味や後ほど利いてくる山椒の心地良い痺れが相性良くマッチした満足度の高い仕上がりとも言えるでしょう!

また、使用されている味付豚肉はやや量も多めに使用されているようで、味付け具合にもよりますが…こちらもまたあっさりとした塩焼そばにちょうど良いアクセントとなりそうですね!とりかく素材の旨味を活かした一杯といったところで、塩ならではの軽やかであり、“謹製”シリーズらしい風味豊かな品の良さが伝わってきます!

食べてみた感想

一口食べてみると…非常にあっさりとした口当たりではありますが、そのすぐ後からはコクのあるチキンやガーリックといった旨味がストレートに素材の旨味として感じられ、ほのかに香る山椒の風味が心地良く利いてきます!

これは若干物足りなさを感じる方もいるかもしれませんが、じっくりと味わってみると…チキンの旨味はもちろん、香辛料が良い感じで利いているのがわかります!

特に華やかに香る山椒なんかは、食べ進めて行くに連れて心地良い痺れとなって感じられ(あくまでほんのりとした程度)、さらにガーリックの旨味がクセになりますね!そして何よりもこの山椒の利かせ具合などは“謹製”シリーズらしい控え目にも感じられる絶妙なバランスとなっていて、それがまたパッケージのイメージ通りの上品な味わいを表現しているように感じられます!

麺について

麺は、ご覧の通り若干“ちぢれ”が付いた極細仕様ということで、1分の調理時間で仕上がるコシの強さが印象的な麺となっていて、すすり心地なんかももちろん抜群です!

そんな極細麺には、コクのあるチキンの旨味を利かせたあっさりとした塩ソースがよく絡み、一口ずつにチキンの旨味にガーリック、胡椒や唐辛子といった香辛料によるメリハリある味わいが口いっぱいに広がっていき、爽やかな山椒の香りが後味良く抜けていきます!

ここに先ほどの特製カップスープを交互に味わってみると、ちょうど良い濃い味によってチキンの美味しさがよりリアルに楽しめるでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、やはりソースがあっさり目ということもあって、割と濃い目の味付けが施され、じっくりと味わってみると…噛み応えもありしっかりと豚肉ならではの旨味なんかも感じられる美味しい具材となっています!

そのため、あっさり目に仕上がった極細麺と一緒に絡めて食べてみると非常にちょうど良いアクセントにもなって、またひと味違った美味しさが楽しめるのではないでしょうか?

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りあっさり目な塩ベースの味わいが表現されているんですが、単純に薄い味わいというわけではなく、コクのあるチキンの旨味やガーリック、そして各種香辛料が利いたことで、上品な美味しさを引き立てて楽しむことができます!

さらに…今回の“山椒香る塩焼そば”は、塩味のソースに華やかな山椒が香り、食べ進めて行くに連れてほどよい痺れなんかも楽しめますから、この辺りの絶妙なバランスはあっさりとした味わいが好みの方におすすめの一杯と言えるでしょう!

そしてなんと言ってもこの極細麺ならではのすすり心地の良さによって、山椒の風味が一緒に感じられ、ふんわりと爽やかな香りが塩味のあっさり目に仕上がったソースにもぴったりです!

このように、今回の“謹製 山椒香る塩焼そば”は、塩ベースのあっさり目に仕上がったソースにチキンの旨味を利かせ、さらにアクセントとしてガーリックや唐辛子を加え、なんと言っても華やかな山椒の風味がクセになる落ち着いた雰囲気の上品な一杯となっていたため、お好みによっては香辛料などを少し追加してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「謹製 山椒香る塩焼そば」を食べてみて、チキンの旨味をベースにガーリックや唐辛子などの香辛料を利かせ、さらに今回の特徴でもある華やかな山椒の風味が上品に香り、非常にあっさりとした塩味ソースに仕上がったことによって、1分で仕上がる極細麺のすすり心地の良さとともに香る山椒の爽やかな風味がクセになる…あっさりとした中にもしっかりとした旨味が特製カップスープと楽しめる一杯となっていました!

このあっさり感と後味の良さ、そして思ったよりもチキンのコク深い旨味や香辛料が利いたことで、物足りなさを感じさせない風味豊かな仕上がりとなり、上品な焼そばを楽しみたい方には好評の味わいと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!