カップ麺

濃い味好きのための 濃厚チーズカレー味ラーメン!固形ルゥと“おいチーソース”による重厚な一杯

濃い味好きのための 濃厚チーズカレー味ラーメン

濃い味好きのための 濃厚チーズカレー味ラーメン」を食べてみました。(2022年3月28日発売・エースコック)

この商品は、濃い味に目がないユーザーに向けた“チーズカレー”をテーマにしたカップ麺で、ビーフをベースにガーリックやオニオンなど香味野菜の旨味をバランス良く合わせ、さらに複数種の本格スパイスを配合したことで濃厚なスープに仕上げ、ほどよく味付けを施した角刃の太麺だけでなく、残ったスープに追い飯で〆たくなる重厚な一杯が登場です!!

それも…ビーフの旨味に香味野菜を加え、別添されている“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパック仕様によって濃厚なテイストを表現、固形ルゥによる本格的なカレー特有の“とろみ”とまろやかなチーズ風味が合わさったことで濃い味好きにぴったりなチーズカレーラーメンがたっぷりと楽しめる一杯、“濃い味好きのための 濃厚チーズカレー味ラーメン”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通り、パッケージには…“濃い味好きのための”、“濃厚チーズカレー味ラーメン”といった商品名や特徴が記載され、“チーズカレー”を彷彿とさせる黄色を基調にWパック仕様による濃厚なカレースープといったイメージ写真が食欲を掻き立てるわけですが…特に何らかのシリーズというわけではないようですね!ただ、濃厚かつまろやかなカレースープということもあって“ご飯”との相性は間違いないはずですので、残ったスープに追い飯する場合は予め少量でも用意しておくと良いでしょう!

濃い味好きのための 濃厚チーズカレー味ラーメン パッケージ

そして、こちら容器側面にはビーフをベースに食欲そそる香味野菜を利かせ、別添されている“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパック仕様によって“とろみ”を付けたコク深くまろやかなカレースープに各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…鶏・豚味付肉そぼろ、玉ねぎ、ねぎ、唐辛子が使用されているようです!

一方こちらには…“Wパックだから濃い”、“カレールゥ&チーズ風おいチーソース”と記載されているように、今回の“濃い味好きのための 濃厚チーズカレー味ラーメン”はとにかく濃厚なテイストに拘ったカレーラーメンのようで、残ったスープに追い飯することで相性抜群な味わいがシメとして楽しむことができ、トロッとした濃厚感によって麺にも馴染みやすく、最後までたっぷりとチーズカレーならではのまろやかな美味しさに期待したいところ!

ただ、個人的には以前ご紹介した“罪な味 濃厚カルボナーラ風ラーメン(2022年1月17日発売)”と同じく“罪な味”シリーズとして発売した方がインパクトあったように感じられます。。(“濃い味好きのための”シリーズとも考えにくいですし…ここ数年を見てもエースコックから同等の商品名は登場していません。)

他にも特徴として…麺は食塩や醤油によってほどよく味付けが施され、歯切れの良い角刃の太麺が採用されており、それによってビーフベースにガーリックやオニオン、さらに別添されている“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパック仕様による濃厚感を際立たせ、まろやかなチーズ風味が最後までじっくりと楽しむことができ、さらに残ったスープに追い飯することで合わないはずがない追い飯までもが味わえるというわけです!

実際に食べてみて…

Wパック仕様による濃厚なチーズカレースープとのことでしたが…パッケージのインパクトから期待していたほどではなく、濃厚は濃厚でもコク深くまろやかで臭みのないビーフに香味野菜を合わせ、とろける旨味の“固形カレールゥ”とチーズ風味の“おいチーソース”を加えることによって物足りなさといった感じが一切ない王道とも言えるカレースープに仕上がり、ほどよいスパイシーな風味が食欲そそるコクのテイストが印象的で舌触りも非常に良く、味付けが施された角刃の太麺が絡むことによって食欲もガツンと満たされる…そんな安定感のある一杯となっていました!
これは特に、まろやかなチーズカレーが好みの方はもちろん、“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパック仕様によって風味豊かなコクが表現された濃厚なカレースープに角刃の太麺がよく絡み、最後の残ったスープに追い飯で〆たくなる味わいをたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は臭みのないビーフの旨味をベースに相性抜群な香味野菜をバランス良く合わせ、さらに別添された“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパックを加えることによってやみつき感のある濃厚チーズカレースープに仕上げ、食べ応えのある角刃の太麺はもちろん、残ったスープに追い飯することで最後までまろやかな味わいが楽しめる濃い味好きのための一杯、「濃い味好きのための 濃厚チーズカレー味ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

濃い味好きのための 濃厚チーズカレー味ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、濃い味に目がないユーザーに向けたフレーバーで、ビーフの旨味をベースに相性抜群な香味野菜を合わせ、さらに別添されている“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパックを加えることによって…とろける旨味とまろやかなチーズ風味を融合させたチーズカレーといった濃厚なスープが角刃の太麺に絡む食べ応え抜群な一杯に仕上げ、さらに残ったスープに追い飯することで最後まで濃い味が堪能できる一杯、“濃い味好きのための 濃厚チーズカレー味ラーメン”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…“Wパックだから濃い”、“濃い味好きのための濃厚チーズカレー味ラーメン”といった今回の商品名や特徴などが大きく記載されたシンプルなデザインがあしらわれ、特に“濃厚”といった文字が大きく記載されている辺りが今回のテーマにぴったりなチーズカレースープに仕上がっていることが予想されます!

そして今回の一杯には基本的にビーフベースのスープにガーリックやオニオンなど香味野菜がバランス良く利かせたチーズカレー風スープとなっているんですが、さらに別添されている“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパックを加えることで、とろける旨味とまろやかなチーズ風味が喉越しの良い濃厚感を表現、コシの強い角刃の太麺をしっかりと馴染ませることによってコク深く濃い味がたっぷりと楽しむことができ、残ったスープに“ご飯”を追加することで〆までもが堪能できる満足感の高い仕上がりとなっているようですね!(もちろん“ご飯”は別添されていませんので、お好みに合わせて予め用意しておくと良いでしょう。)

ちなみに、この濃厚なチーズカレーの味わいを再現したフレーバーはエースコックのカップ麺としてはコラボ商品など数多く発売されており、若干今更感はあるものの…恐らく安定感のある濃厚なチーズカレースープに仕上がっていることに間違いなく、まずは食べ応えのある角刃の太麺で楽しみ、残ったスープに追い飯することによって〆たくなる幅広い層に好まれそうなテイストに期待できそうです!(むしろこちらがメインのような気もします。。)

それでは、今回の“濃い味好きのための 濃厚チーズカレー味ラーメン”がどれほど濃厚でまろやかなチーズカレーの味わいが表現されているのか?別添されている“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパックを加えることによる旨味・チーズ風味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても味付けが施された噛み応えのある角刃の太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り409kcal(めん・かやく299kcal / スープ110kcal)となっております。(塩分は6.6g)

カロリーは、濃厚なチーズカレーラーメン・縦型ビッグサイズにも関わらず割と低めな数値のようですが、一方で塩分はやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり96g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと110kcalとやはり濃厚なチーズカレーラーメンというだけあって高めな数値を占めており、臭みのないビーフをベースに“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパックを加えることによってとろける旨味とまろやかなチーズ風味が表現され、スパイシーかつまろやかな香りがクセになる後味すっきりとした仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、カレールゥや乳化油脂をはじめ…

  • 食塩
  • ポーク調味料
  • 香味調味料
  • ポークエキス
  • カレー粉
  • ガーリックパウダー
  • ビーフ調味料
  • ビーフエキス
  • オニオンパウダー
  • 魚介エキス
  • チーズフード
  • 乳等を主要原料とする食品

といった、臭みのないビーフをベースに食欲そそる香味野菜を利かせ、さらに別添されている“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパックを加えることによって、とろける旨味とまろやかなチーズ風味が相性良く融合し、カレー独特のスパイシーな風味がちょうど良いアクセントとなったことによって濃厚ながらも最後まで飽きの来ない濃い味好きにおすすめのチーズカレースープがたっぷりと楽しめる満足度の高い味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目にはしっかりと食塩や“しょうゆ”といった材料が確認でき、ほどよい味付けが施された油揚げ麺が採用されているようです!

JANコード4901071247584
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(カレールゥ、乳化油脂、糖類、食塩、ポーク調味料、香味調味料、ポークエキス、カレー粉、ガーリックパウダー、ビーフ調味料、ビーフエキス、オニオンパウダー、魚介エキス、酵母エキス、チーズフード、乳等を主要原料とする食品、全卵粉)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、玉ねぎ、ねぎ、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸Ca、カラメル色素、香料、重曹、かんすい、酸味料、カロチノイド色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・オレンジ・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (96g) 当たり]
熱量409kcal
たんぱく質7.8g
脂質15.0g
炭水化物60.8g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
6.6g
(1.9g/4.7g)
ビタミンB10.53mg
ビタミンB20.45mg
カルシウム292mg

引用元:濃い味好きのための 濃厚チーズカレー味ラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“先入れカレールゥブロック”が入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“おいチーソース”と記載された調味料が別添されています。

また、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に“おいチーソース”にはチーズ風味を利かせたペースト状のドロッとした状態となっていたため、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

そして、具材には…

  • 鶏・豚味付肉そぼろ
  • 玉ねぎ
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています!

中でもこの“鶏・豚味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出し、濃厚なチーズカレースープの美味しさをより一層際立たせているようで、チーズカレーならではのスパイシーかつまろやかな風味によって最後まで飽きの来ない旨味溢れるテイストが楽しめそうです!

また、麺はご覧の通り角刃の太麺仕様によって濃厚なチーズカレースープにも負けじとしっかりとした食べ応えを表現、それによってガツンと食欲を満たしてくれるボリューム感のある仕上がりに期待できそうです!(追い飯で〆も楽しむとしたら麺量70gはちょっと多いような気もします。。)

調理してみた

ではまず先ほどの“固形カレールゥ”を容器に入れます!
こちらは粉末スープではなく固形仕様ということもあって“とろみ”のある本格的な濃厚カレースープに期待できそうです!(割と大きめなのでカレールゥを溶かすように熱湯を注ぎましょう。)

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:450ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの太麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に噛み応えのある太麺にはほどよい弾力と強いコシが加わり、まだ“おいチーソース”を入れる前の状態ではありますが…先ほどの“固形カレールゥ”がまだ溶けきっていない状態からして、かなり濃厚なチーズカレースープに仕上がり、存在感のある太麺だけでなく追い飯で〆たくなる濃い味好きにおすすめの一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに、先ほどの“おいチーソース”を加えていきます!
すると…文字通りまろやかなチーズのソースがペースト状として出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!ただ…チーズ特有の風味というよりもまろやかな旨味として今回のカレースープをコク深く引き立てているようです!

ご覧の通り“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパックともなると見るからに濃厚感が伝わってきますね!これがどれほど本格感のある仕上がりとなっているのか定かではありませんが、今回のチーズカレースープの旨味やまろやかさを引き立てるには十分なWパックとなっていて、本格香辛料も使用されたことで最後まで飽きの来ない安定感のある味わいが存分に楽しむことができ、ビーフの旨味がベースということもあって甘み控え目のテイストとなっています!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして全体が馴染むと…濃い味好きに捧げる濃厚なチーズカレーラーメンという割に思ったよりも“とろみ”は控え目で、ドロッとしたスープというよりも味そのものが濃い目に仕上がった喉越しの良いスープのようで、スパイシーな香りやまろやかなチーズの風味が食欲そそる安定感のある一杯のようですね!

また、チーズの風味はそこまで強くはなく、具材に使用された“鶏・豚味付肉そぼろ”から良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて濃厚感やコク深さが増していき、濃厚でありながらもスパイスによるメリハリが付いたことで最後まで飽きの来ない安定感のあるチーズカレースープといった万人受けするかのようなテイストが表現されているようですね!(濃い味好きのための…といった文言は少し言い過ぎかもしれません。。)

食べてみた感想

一口食べてみると…“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパックによる濃厚な味わいとして確かに濃い味好きのための一杯ではありますが、正直肩透かしを食らうほど濃厚感・ドロッとした感じもなく、濃厚は濃厚でも旨味としては濃い目のチーズカレースープが表現され…それでもパッケージや商品名ほどのインパクトは誇張し過ぎな気がしますね。。それよりも全体のバランスが非常に良く、普通に美味しいカレーラーメンが楽しめる仕上がりで、ほんのり“とろみ”を付けたことで角刃の太麺にもよく絡み、食欲をガツンと満たしてくれます!

また、ベースがビーフということもあって変な甘みもなく、辛さ控え目・スパイスも利いたことで割と幅広い層に好まれる仕上がりと言え、とろける旨味とまろやかなチーズ風味が絶妙にマッチした組み合わせによって味付けが施された麺との相性も良いですね!実際に食べてみて“濃い味好きのための”といったコピーに若干の疑問はありましたが…ベーシックなチーズ風味のカレースープとなっていて、濃厚というよりも安定化のある一杯といったところではないでしょうか?

そして、ビーフの旨味に関しても変なクセや臭みもなく、“くどさ”といった感じも一切なく、ほどよいスパイス感のある風味によって後味の良さが際立ち、濃厚というよりは丁寧に仕上げられたチーズカレースープとなっていたため、男女問わず幅広い層に好まれる一杯と言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り角刃の太麺(フライ麺)が採用されていて、ほどよい弾力と歯切れの良いコシを併せ持った密度感のあるずしっとした仕上がりとなっています!

そんな太麺には…ビーフをベースに食欲そそる香味野菜を合わせ、さらに別添されている“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパックを加えることによってコク深くもとろける旨味とまろやかなチーズの風味が融合した濃い目のチーズカレースープがよく絡み、一口ずつに濃厚ながらも素材の旨味を活かしたコク深くキリッとした味わいなどが口いっぱいに広がっていき、カレーならではのスパイシーな風味やまろやかなチーズの香りが後味良く抜けていきます!…というかこの仕上がりは濃厚というよりも定番の味といったところで、塩気が強いわけでもなくドロッとしているわけでもなく、チーズカレーをラーメンにアレンジした風味豊かなコク深いスープに仕上がっているようです!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“鶏・豚味付肉そぼろ”が入っていて、“肉そぼろ”という割に意外とサイズは大きめで、じっくりと味わってみるとほどよく味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出す仕上がり具合となっていたため、スープとしっかりと馴染ませながら食べ進め、後ほど太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの“玉ねぎ”は割と小さくカットされたことでなかなか確認しにくいんですが…思いのほかシャキシャキ感があり、素材本来の旨味・甘みなんかもしっかりと伝わり、ちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、やや小さめにカットされたことでシャキシャキとした食感とまではいかないものの…ちょうど良い薬味として今回のチキンカレースープの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りビーフをベースに食欲そそる香味野菜を合わせ、別添されている“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパックを加えることによって、とろける旨味とまろやかなチーズ風味がバランス良く融合した濃い目のテイストに仕立て上げ、カレーならではの香辛料によってスパイシーな後味が心地良く、ほんのり“とろみ”を付けたことで太麺とも非常によく絡み、食べ進めるに連れて満足度も増していく…そんな食欲をガツンと満たしてくれる安定した仕上がりとなっています!

そして、商品名の文字通り濃厚なテイストではありますが、決してドロッとした濃厚感や塩気が強いわけではなく、旨味が凝縮されたコク深いカレースープであり、そこにチーズ風味香るまろやかさが際立ったことで濃い味が好きな方へ…というよりも王道を行く味わいとなっていて、濃い目ながらも最後まで飽きの来ない後味すっきりとした印象で、残ったスープで追い飯を楽しみたいなら若干注意です…(ついついスープが進みますから。。)

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された“鶏・豚味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出し、肉の旨味や濃厚感が際立っていくことでビーフをベースにしたカレースープの美味しさが引き立てられ、縦型ビッグサイズらしいボリューム感でありながらも最後まで飽きの来ない濃厚なチーズカレースープが楽しめるかと思われます!

ただ、濃い味に目がないユーザーに向けた一杯にしてはやや落ち着いた雰囲気で、個人的にも相当濃厚なテイストかと思っていただいてみると…あれ?と思うほど控え目な仕上がりでしたので、本当に濃い目・濃厚なテイストが好みなら調理時の熱湯をかなり少なめにして味わってみても良いかもしれません!(しっかりと容器底から混ぜても変わりませんでした…)

このように、今回の“濃い味好きのための 濃厚チーズカレー味ラーメン”は、臭みのないビーフの旨味をベースにガーリックやオニオンなど香味野菜を合わせ、さらに別添されている“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパックを加えることによって、とろける旨味とまろやかなチーズ風味がコク深く引き立てられた濃厚なチーズカレースープに仕上がり、そこに食べ応え抜群な角刃の太麺が絶妙にマッチしたことで食べ応えのあるボリューム感はもちろん、最後に残ったスープに追い飯して〆たくなるほどの味わいをカップ麺として臨場感高く表現していましたので、お好みによっては少量でも追い飯用の白飯を予め用意しておくと良いでしょう!

まとめ

今回「濃い味好きのための 濃厚チーズカレー味ラーメン」を食べてみて、濃い味に目がないユーザー向けに捧げるフレーバーとして登場した一杯には…ビーフの旨味をベースにガーリックやオニオンなどの香味野菜をバランス良く合わせ、さらに別添されている“固形カレールゥ”と“おいチーソース”のWパックを加えることによって、とろける旨味とまろやかなチーズ風味が相性良く馴染んだ濃厚なチーズカレースープに仕上がり、そこに角刃の太麺が絶妙にマッチしたことで残ったスープに追い飯して〆たくなるほど最後まで楽しめるテイストとなっていました!

ただ、イメージしていた濃厚感とは若干異なり、ドロッとしたスープや塩気が強いテイストというわけではなく、素材の旨味を存分に活かしたコク深くまろやかな濃厚感が表現され、噛み応えのある角刃の太麺とも相性良く馴染み、決して脂っこさといった“くどさ”はなく、全体的に安定感のある仕上がりでしたので、王道を行く濃厚なチーズカレーラーメンと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!