カップ麺

「くじら食堂」カップ麺 “大蒜(にんにく)油そば” 食欲そそる焦がしにんにく風味がクセになる一杯

くじら食堂 大蒜油そば

くじら食堂 大蒜油そば」を食べてみました。(2022年2月21日発売・寿がきや食品)

この商品は、東京・東小金井の名店“くじら食堂”の人気メニュー“大蒜(にんにく)油そば”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、動物系の旨味をベースに旨味の強い生醤油を合わせ、さらに食欲そそる“にんにく”の風味とマー油の香ばしさを加えたやみつき感のある濃厚な醤油ダレが手揉み風の“ちぢれ”を付けた食感もっちり・幅広な全粒粉入りの太麺に絡む食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…“油そば”らしく動物系のこってりとした油分を含む旨味がキレの良い生醤油とバランス良く馴染み、さらに手揉み風の“ちぢれ”を付けた幅広・もっちりとした太麺には全粒粉が配合されており、それによって噛むほどに小麦の風味なんかも楽しむことができ、なんと言っても“にんにく”の香りとマー油の香ばしさが食欲そそる一杯、“くじら食堂 大蒜油そば”となっております。(税抜き250円)

ご覧の通り、パッケージには“大蒜油そば”と記載されているように、今回再現されているのは東京・東小金井の名店“くじら食堂”の看板メニュー“油そば”の2種類から選べる“大蒜油そば”を再現しており(もう一方は“葱油そば”)、以前ご紹介した“くじら食堂 油そば(2021年2月22日発売)”に“にんにく”の風味やマー油の香ばしさを加えたことで臨場感の高い味わいが楽しめるようですね!これは“油そば”としての特徴であるこってり感と醤油感の強いキレの良さ、そして食欲そそる風味にはかなり期待できそうです!

一方こちらには、動物系の旨味・脂がこってり感を引き立てる生醤油を使用した拘りの醤油ダレが“ちぢれ”を付けた噛み応えのある幅広な極太麺にしっかりと絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…玉ねぎ・ねぎ・唐辛子が使用されているようです!(この辺りは前作と仕様は同じです。)

また、“油そば”と言えば…容器底に溜まった濃厚な醤油ダレはもちろん、ラー油やお酢、お好みの具材を追加トッピングして思い切り混ぜて味わう重層的な旨味が醍醐味のひとつでもありますから…チャーシューや温泉卵などを予め用意しておいても良いかもしれません!

また、こちらには今回“油そば”ということもあって湯切り口が搭載されており、“東京 東小金井の名店”と記載されているようにここ“くじら食堂”は、創業からわずか1年で“ラーメンWalkerランキング2014”の“全国新人賞部門”で第1位を獲得、現在では殿堂入りを果たす人気・実力を兼ね備えた名店であり、“油そば”以外にもスープタイプの“特製正油/塩/味噌”なんかも大変人気のようですので今後の商品展開にも期待したいところ!

他にも特徴として…麺は上記の通り全粒粉が練り込まれ、手もみ風の“ちぢれ”を付けたノンフライ極太麺が採用されており、それによって噛むほどに小麦の風味が感じられ、さらに動物系の旨味をベースに生醤油や食欲そそる“にんにく”の風味やマー油の香ばしさをバランス良く融合させた濃厚な醤油ダレがよく絡み、キレの良さや濃厚な旨味、そして風味豊かな香りが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークと思われる動物系の旨味をベースにこってりとした油分が濃厚な醤油ダレにバランス良く馴染み、それによって良い意味で“油そば”らしい脂っこさを臨場感高く再現、そこに醤油感の強いキレの良さが全体をうまく調和し、“にんにく”の風味やマー油(焦がしにんにく)の香ばしさが食欲を掻き立て、全粒粉を練り込んだもっちりとした食感の手揉み風縮れ麺が食欲をガツンと満たしてくれるインパクト抜群な一杯となっていました!
これは特に、東小金井の名店“くじら食堂”ファンはもちろん、動物系の旨味をベースに生醤油やこってり感を際立たせる油分をバランス良く合わせた濃厚な醤油ダレに食欲そそる“にんにく”の風味やマー油の香ばしさを加えたことでひと味違った“油そば”を噛み応え抜群な手揉み風縮れ麺とともにがっつりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東京・東小金井の名店“くじら食堂”の人気メニュー“大蒜油そば”の味わいをカップ麺に臨場感高く再現、動物系の旨味や生醤油によるキレとコク、そして食欲を掻き立てる“にんにく”の風味やマー油を利かせた食べ応え抜群な一杯、「くじら食堂 大蒜油そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

くじら食堂 大蒜(にんにく)油そば

今回ご紹介するカップ麺は、東京・東小金井の名店“くじら食堂”の人気メニュー“大蒜油そば”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、“油そば”らしく動物系の旨味をベースにこってりとした醤油ダレに仕上げ、キリッとしたシャープな口当たりや香ばしく風味豊かな“にんにく”やマー油が食欲を掻き立てる食べ応え抜群な一杯、“くじら食堂 大蒜油そば”となっています。

ご覧の通りパッケージには実店舗と同じく濃いめの紺色を背景に白文字で“くじら食堂”といった店舗名・ロゴが記載されており、濃厚かつ香ばしい風味が食欲そそる醤油ダレが自家製の“手揉み風ちぢれ麺”を再現した極太麺に絡む仕上がりイメージがインパクトありますね!個人的にも“油そば”は好みのジャンルのひとつですので、この見るからに濃厚な仕上がりは期待したいところ!

くじら食堂 大蒜油そば パッケージ

しかも今回はこちらに“焦がしにんにく油”、“クセになる味わい”と記載されているように、“にんにく”の風味やマー油の香ばしさを加えたやみつき感のある味わいに際立ったフレーバーですから、恐らく濃厚ながらも…キレ・パンチのあるテイストに仕上がっているものと思われ、間違いない美味しさがじっくりと楽しめることに間違いなさそうです!

ちなみにここ“くじら食堂”の創業は2013年9月、元々営業マンとして勤務していたという店主“下村 浩介(しもむら こうすけ)”氏が脱サラ後に東京都中央区八丁堀の名店“麺や 七彩(しちさい)”にて約3年間の修行を経た後、JR東小金井駅の目の前にオープンさせたのがはじまり。
※ちなみに店舗名は店主のお子さんが“くじら”が良いと言ったことが由来しているとのこと。

そして…煮干しや鯖節など様々な魚介系の材料をじっくり炊き込んで作られるというスープは、味をブレさせないことを理由に1日40ℓ以上作らないといった強い拘りによって“ラーメンWalkerグランプリ2014”の“全国新人賞部門”で第1位、“全国総合ランキング”にも第3位を獲得し、現在では殿堂入りを果たす人気店へと成長を遂げています!

また、2017年5月からは午前の部(11:30〜14:00)限定で“まるえ食堂”として二毛作営業を開始するも…2018年9月には同じく東京都小金井市梶野町にある“nonowa東小金井”へ移転し、“くじら食堂 nonowa 東小金井店”としてリニューアルオープン、2020年2月には東京都武蔵野市西久保に2号店として“くじら食堂bazar(バザール)三鷹店”がオープンしています!

それでは、今回の“くじら食堂 大蒜油そば”がどれほど動物系の旨味を凝縮させた濃厚な醤油ダレに仕上がっているのか?こってり感をうまく調和させるかのような生醤油のキレの良さや“にんにく”の風味やマー油の香ばしさを利かせた食欲そそる香りとのとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても全粒粉を練り込み、もっちりとした弾力と噛み応え抜群な強いコシを兼ね備え、さらに手揉み風の“ちぢれ”を付けた極太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り446kcalとなっております。(塩分は3.9g)

カロリーは、汁なしカップ麺の割にそこまで高い数値というわけではなく、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり110g、麺の量は75gとのこと。

また、このカロリーや塩分の数値からすると…濃厚は濃厚でも脂っこい“くどさ”というわけではなく、動物系の旨味をコク深く下支えしたことでほどよいこってり感を再現、あくまで素材の旨味を活かした風味豊かな一杯であることがイメージできます!

原材料について

では原材料も見てみます。

タレには、香味油や醤油をはじめ…

  • 動物油脂
  • 植物油脂
  • かつお節エキス

といった、動物系の旨味をベースに隠し味として鰹節の旨味を利かせ、さらにこってりとした中にもキリッとしたシャープな口当たりや食欲そそる“にんにく”の風味やマー油の香ばしさが絶妙にマッチしたクセになるテイストで、最後まで飽きの来ないメリハリのある味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…小麦全粒粉といった材料が確認でき、もっちりとした極太麺には全粒粉が練り込まれたことで小麦の風味が香り、噛めば噛むほど旨味が増す仕様であることが予想されます!

ちなみに以前発売されていた“油そば”と比較してみると…原材料は完全に一致していることから、味のベースはそのままに“にんにく”の風味やマー油を加えた人気メニューを再現しているようです!

他にも以前は製造を“加ト吉水産株式会社”に委託していたんですが、2020年6月末に群馬工場を“寿がきや食品株式会社”に譲渡したことによって製造者・製造所ともに“寿がきや食品”と記載されています!

くじら食堂 大蒜油そば
くじら食堂 油そば
JANコード4901677190307
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、小麦全粒粉、食塩、小麦たん白、植物油脂、大豆食物繊維、たん白加水分解物)、スープ(香味油、醤油、動物油脂、植物油脂、かつお節エキス)、かやく(玉ねぎ、ねぎ、唐辛子)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸カルシウム、乳化剤、カラメル色素、酸化防止剤(V.E、V.C)、香辛料抽出物、(一部に小麦・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (110g) 当たり]
熱量446kcal
たんぱく質7.9g
脂質20.0g
炭水化物58.3g
食塩相当量3.9g
カルシウム103mg

引用元:くじら食堂 大蒜油そば:商品情報:寿がきや株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体スープ、“かやく”といった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に液体スープは触ってみた感じからすると…そこまでドロッとした状態ではありませんでしたが、動物系の旨味を利かせた濃厚な醤油ダレということもあって調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り厚みもあり幅広で、手揉み風の“ちぢれ”を付けた極太麺が採用されており、全粒粉は目視できないほど細かい仕様となっていて、ノンフライ製法によるもっちりとした弾力と強いコシを併せ持ち、噛むほどに旨味が増して感じられる小麦の香りなんかも楽しめそうです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

そして、かやくには…

  • 玉ねぎ
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています。

使用されている種類は少ないものの…ご覧の通り物足りなさを感じさせないほどたっぷりと入っていて、濃厚な醤油ダレをうまく引き立て調和させる“ねぎ”なんかは豊富に使用されていることがわかりますね!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの極太麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に極太麺に関してはもっちりとした弾力が加わり、ノンフライ麺ならではの強いコシを兼ね備えた小麦の風味が香り立つ“油そば”ならではの食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

では先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…まずはじめに動物油脂といったこってり感を演出するほぼ無色透明な油分を含む割とサラッとした生醤油使用の醤油ダレがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

そして、この液体スープは量も多く、思ったよりもサラッとした状態となっていたため、すぐに容器底へと沈んでいき、この時点ですでに“にんにく”の風味やマー油の香ばしさが広がっていき、なんとも食欲を掻き立てられますね。。

しかも“油そば”ならではの良い意味での脂っこさをイメージさせるツヤのある油分が確認でき、濃厚・こってりとした醤油ダレにキレの良さがバランス良くマッチした仕上がりであることをイメージさせます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り“油そば”らしく油分はたっぷりと使用されており、生醤油を使用したことでメリハリのあるガツンとした味わいを再現したキレ・コクのある濃厚な仕上がりのようで、今回はさらに人気メニュー“大蒜油そば”とのことで“にんにく”の風味やマー油の香ばしさが食欲をそそり…食べ応え抜群な極太麺だけでなく、そもそも濃厚なタレの旨味や香りに関しても申し分なさそうです!

こうして液体スープが全体に馴染むと…先ほどまでの脂っこさをイメージさせる油分は全体にコーティングされることによってそこまで気にするほどではなく、むしろ動物系の旨味を活かしたコク深くキレの良い口当たりと絶妙にマッチしたことでガツンとしたテイストを表現、王道とも言える“油そば”に食べ応え抜群な手揉み風の極太ちぢれ麺が相性良く馴染んだボリューム感のある一杯となっていましたので、お好みで追加トッピングしたい具材などがあればここで混ぜ合わせていきましょう!(特に“油そば”はラー油やお酢が合いますからね!途中で味変を楽しむために予め用意しておいても良いかもしれません。)

また、具材には肉類が一切使用されていないんですが、今回の濃厚な醤油ダレはそもそも濃厚でほどよい動物系の旨味エキスや脂・油分、にんにくオイルがすでに凝縮されていますから、恐らく物足りなさといった感じは一切ないものと思われます!

ちなみに…お好みの具材や香辛料・調味料を加えて思い切り混ぜて味わうのが“油そば”の醍醐味なので、チャーシューやメンマ、温泉卵なんかを加えても楽しめそうです!デフォルトでも十分満足できるかと思いますが…

食べてみた感想

一口食べてみると…“油そば”らしく濃厚こってりとした醤油ダレなんですが、見た目以上に塩気の強いキリッとしたシャープな口当たりが印象的で、動物系の上質な脂っこさと絶妙なバランスとしてパンチの強い味わいを表現し、今回はさらに“にんにく”の風味やマー油の香ばしさが加わっていますから、思ったより“くどさ”といった感じはなく、むしろやみつき感のある美味しさがじっくりと楽しめるかと思われます!

これこそ自分好みの追加トッピングや香辛料・調味料などを加えていただくと…ちょっとした“つまみ”にもなりそうなジャンクなテイストとして楽しむことができ、最後まで麺がパサつくことのないオイリーなこってり感がたまりません!そして“油そば”と言えば…お酢とラー油を加えるのが定番なんですが、“にんにく”の旨味がガツンと利いたことでデフォルトでも十分ですね!

また、原材料に記載されていた“かつお節エキス”は、やはり隠し味程度に利かせたことで繊細な味わいをプラスし、キリッとした醤油感の強い口当たりを際立たせ、濃厚ながらも後味すっきりとしたテイストが心地良く、なんと言ってもメリハリが利いたことで最後まで全く飽きが来ません!

そして、容器底にはまだたっぷりと醤油ダレが溜まっていますから…しっかりと混ぜながら食べ進めていくと“くじら食堂”の人気メニュー“大蒜油そば”の味わいが臨場感高く楽しめるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広な手揉み風の“ちぢれ”を付けたノンフライ仕様で、もっちりとした弾力はもちろん、しっかりとした噛み応えのあるコシを兼ね備え、全粒粉を練り込んだことによって噛むほどに旨味が増していく…そんな旨味・風味ともに手の込んだピロピロ極太麺に仕上がっています!

そんな麺には、動物系の旨味をベースに生醤油をバランス良く合わせたメリハリのある飽きの来ない濃厚な味わいに“にんにく”の風味やマー油の香ばしさ、さらに隠し味として鰹節エキスを利かせた濃厚ながらも繊細な醤油ダレがよく絡み、一口ずつにコク深くガツンとした旨味やこってり感を調和させる醤油感のあるキレの良さなどが口いっぱいに広がっていき、食欲そそる“にんにく”の香ばしい風味が後味良く抜けていきます!…というか今回の一杯は王道ながらも非常に臨場感が高く、残ったタレに追い飯しても良いかもしれません!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“玉ねぎ”が入っていて、割と大きめにカットされたことによってシャキシャキとした食感が心地良く、じっくりと味わってみると…素材本来の旨味・甘味なんかも感じ入られる相性抜群な具材となっています!これによって脂っこさもうまく調和されているような気もしますね!しかも使用されている数も申し分ありません!

また、こちらの長細い“糸唐辛子”が使用されており、じっくりと味わってみるとそれなりにピリッとした辛みは感じられるものの…若干辛さとしては弱いものでしたので、お好みによっては別途唐辛子を追加して刺激的な辛さを際立たせてみても良いでしょう!

他にもこちらの“ねぎ”が豊富に使用されており、こちらは小さくカットされたことでシャキシャキとまではいかないものの…ちょうど良い薬味にもなったことで今回の濃厚な醤油ダレの旨味をさらに引き立たせ、後味すっきりと感じさせる相性の良い具材として彩り良く添えられています!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通り動物系の旨味をベースに生醤油を合わせた濃厚な醤油ダレに仕上げ、そこに鰹節エキスによって繊細な旨味をプラス、さらに“にんにく”やマー油の香ばしさ合わせたことで調理感・臨場感のある食欲そそる風味を演出、それらが絶妙なバランスとして合わさったことでコク深くもメリハリのある美味しさがたまらない…旨味溢れる味わいとなっています!

そして、ぱっと見は脂っこさのあるツヤがこってりとした印象に感じられるかもしれませんが…実際には醤油感の強いキレの良さによって変な“くどさ”や脂っこさは全くなく、“油そば”で超有名なカップ麺にも全く引けを取らないガツンとした口当たりと、それに伴った旨味がしっかりと詰め込まれ、以前の記事にも「定期的にブラッシュアップして再発売・リニューアルすると面白いことになりそうです!」と書いた通り定番化するかもしれませんね!ただ…販路だけは考慮する必要があります。。

また、濃厚は濃厚なんですが、絶妙な濃厚感で、油分もたっぷりでこってりなんですが、決して胃もたれするような脂ギッシュな仕上がりというわけではなく、醤油や動物系の旨味を丁寧に活かしたことで最後まで飽きることもなく、メリハリの利いた王道な“油そば”に“にんにく”やマー油を利かせたジャンク感のある味わいが存分に楽しめるかと思われます!(そのため、チャーシューや温泉卵、ラー油やお酢といったお好みの追加トッピングや香辛料・調味料を予め用意しておくと、より一層満足度も満たされるのではないでしょうか?)

このように、今回の“くじら食堂 大蒜油そば”は、“油そば”らしく動物系の旨味をベースに醤油感の強いキリッとしたシャープな口当たりによってこってり感・濃厚感をうまく調和させ、同店の人気メニューである“大蒜(にんにく)油そば”を臨場感高くカップ麺に再現し、実店舗で使用されている手揉み感のある幅広で“ちぢれ”を付けたもっちりとした食感が再現された噛み応えのある極太麺が絶妙にマッチした満足度の高い一杯となっていたため、お好みによっては“油そば”にぴったりな“お酢”やラー油、さらにお好みの具材を各種加えてしっかりと混ぜ合わせていただくとより一層旨味が際立つのはもちろん、残りわずかに残ったタレに追い飯してみても良いでしょう!(そもそも味が濃いめなのでぴったりです。)

まとめ

今回「くじら食堂 大蒜油そば」を食べてみて、東京・東小金井の名店“くじら食堂”の人気メニュー“大蒜油そば”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現した一杯には、臭みのない動物系の旨味・脂っこさをキリッとした生醤油を使用したメリハリのある濃厚な醤油ダレに仕上げ、そこに食欲そそる“にんにく”の風味やマー油の香ばしさが加わったことでやみつき感のある美味しさに際立ち、濃厚ながらも醤油感の強いキレの良さが最後まで飽きさせることもなく、全粒粉を練り込んだ幅広で手揉み風の縮れ麺を再現したもっちりとした弾力やコシの強い食感を兼ね備えた食べ応え抜群なノンフライ麺が絶妙にマッチした満足度の高い一杯となっていました!

そしてなんと言っても“油そば”は、お好みの追加トッピングや香辛料・調味料を加えることで満足度の幅が無限に広がりますので、ぜひベースとなる味わいをじっくりと楽しみつつも“お酢”やラー油、チャーシューやメンマなど…様々な具材を追加して最後までたっぷりと旨味溢れるテイストを味わってみると良いでしょう!追い飯もおすすめなのでぜひ試してみて下さい!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!