サンヨー食品

【ローソン】マヌルパン風カップ麺 “ガーリックチーズ味塩ラーメン” テスト販売による風味豊かな一杯

マヌルパン風 ガーリックチーズ味塩ラーメン
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

マヌルパン風 ガーリックチーズ味塩ラーメン」を食べてみました。(2022年10月25日発売・サンヨー食品/ローソン限定)

この商品は、“ローソンテスト品総選挙キャンペーン”としてメーカー7社による“ありそうであまりなかった商品”をテスト販売し、10月25日~11月7日までの期間中に投票数上位1~3位の商品が後日さらにブラッシュアップした後、正式発売(2023年6月頃を予定)されるという面白い企画から登場したカップ麺で、韓国グルメで人気の“マヌルパン”をカップ麺に再現、マヌル(韓国語で“にんにく”)にバターやクリームを加えた韓国風ガーリックトーストといったひと味違った一杯が登場です!

それも…塩テイストらしく透明感の高いスープにチキンの旨味を利かせ、さらに食欲そそるガーリックやバター風味をバランス良く合わせたことで、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせないコク深くまろやかな塩スープに仕立て上げ、そこにチーズ加工品などの具材を豊富に使用した韓国の“マヌルパン”を彷彿とさせるボリューム感のある一杯、“マヌルパン風 ガーリックチーズ味塩ラーメン”となっております。(値段:税込238円)

ご覧の通り、パッケージには“マヌルパン風”を強調した“ガーリックチーズ味塩ラーメン”といった商品名が記載され、テスト販売としてのキャンペーン品らしく白を基調に品名だけの敢えてシンプルなデザインがあしらわれ、韓国で人気の“マヌルパン”をカップ麺に再現したという…ありそうでなかったテイストとなっており、食欲そそるガーリックにバターの風味やチキンの旨味をバランス良く合わせた一杯がどういった味わいに仕上がっているのか?気になるところ。。

マヌルパン風 ガーリックチーズ味塩ラーメン パッケージ

そして今回の一杯は、上記の通り韓国グルメで人気の“マヌルパン”をカップ麺にアレンジ・再現したもので、本来“マヌルパン”とは…ガーリックバターを染み込ませ、クリームチーズをパンの中にたっぷりと詰めるという割とこってりとしたテイストをイメージさせる韓国風のガーリックバタートーストとなっており、そういった味わいをカップ麺にアレンジするといったありそうでなかった一杯に間違いなく、パッケージには特に仕上がりイメージは掲載されていないんですが、原材料を見る限り具材には…チーズ加工品・キャベツ・フライドガーリック・赤ピーマンが使用されているようです!

また、こちらには“テスト販売中”と手書き風で記載され、まさしく今回のキャンペーンに相応しい取りあえず販売して反響を見た上で本格的に商品を作り込むかどうかをテストしている様子が見て取れ、ガーリックを利かせた塩スープにチキンの旨味や甘みのあるバターの風味をバランス良く合わせたことで韓国の人気グルメ“マヌルパン”ならではの美味しさを再現、素材の旨味をストレートに伝えるためにぴったりな塩ベースのラーメンに仕立て上げ、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせないコク深い旨味が凝縮され、サラッとした口当たりとは裏腹にガーリックトーストならではのクセになる味わいがボリューム感たっぷりと楽しめるものと思われます!

他にも麺は、サンヨー食品らしい丸刃の中太麺(フライ麺)となっていて、すすり心地の良さはもちろん、もっちりとした弾力と歯切れの良いコシが心地良く、ガーリックをしっかりと利かせた塩スープにふんわりと香り立つバター風味やチキンのコクがバランス良く融合したことによって韓国の人気グルメ“マヌルパン”をカップ麺にアレンジしたやみつき感のある味わいボリューム感たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

塩スープらしくあっさりとしたキレのある口当たりには、物足りなさを感じさせないチキンの旨味やバターのまろやかな風味、そして食欲そそるガーリックがバランス良く馴染み、キリッとしていながらも良い意味での脂・油分がスープ表面に広がり、そもそもガーリックやバター風味など何かひとつに突出しているわけではなく、思ったより全体のバランスが非常に良く、まさにガーリックトーストのようなテイストがうまくカップ麺に再現され、丸刃の中太麺が絶妙にマッチした風味豊かな一杯となっていました!
これは特に、“マヌルパン”ならではの味わいが好みの方はもちろん、ガーリックを利かせた塩ベースのスープにふんわりと香るバターの風味やチキンのコクなどをバランス良く合わせたことで韓国風ガーリックトーストの味わいをボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はローソンの“テスト品総選挙キャンペーン”といった企画から登場した韓国の人気グルメ“マヌルパン”の味わいをカップ麺に再現し、食欲そそるガーリックを利かせた塩ベースのスープに風味豊かなバターの香りやチキンのコク、具材にもチーズ加工品を使用したことであっさりとした中にも深みがあり、旨味溢れるテイストがもっちりとした中太麺と絶妙にマッチした食べ応えのある一杯、「マヌルパン風 ガーリックチーズ味塩ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

マヌルパン風 ガーリックチーズ味塩ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、“ローソンテスト品総選挙キャンペーン”としてメーカー7社による“ありそうであまりなかった商品”をテスト販売し、期間中(10月25日~11月7日)に投票を行い、上位3商品が後日さらにブラッシュアップして販売されるというもので、唯一カップ麺として登場した一品は韓国の人気グルメ“マヌルパン”の味わいを再現、ガーリックを利かせた塩ベースのスープにバター風味やクリームチーズなどをバランス良く合わせたことによってあっさりとした中にもコクのある味わいが楽しめる縦型ビッグサイズの一杯、“マヌルパン風 ガーリックチーズ味塩ラーメン”となっています。

ご覧の通り、フタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらにも容器側面と同じく白を基調に商品名や今回のキャンペーンらしい“テスト販売中”といった文言がシンプルに掲載されており、韓国のガーリックトーストと呼ばれる“マヌルパン”ならではの味わいをカップ麺に再現するという…まさにありそうでなかった味わいに仕上がり、パンとはまたひと味違ったテイストがボリューム感たっぷりと楽しめそうです!

ちなみに今回の“ローソンテスト品総選挙キャンペーン”では…以下の通りお菓子・カップ麺が3種類、チルド飲料が1種類、お酒が3種類同時発売されており、この中から投票を行い上位3商品が後日改良を加えて正式に販売されるということになっています!(個人的に今回のカップ麺は上位3位に入るような気がします。)

  • カルビー ポテトチップス ガーリックマヨネーズ味(税込184円)
  • カンロ 味のしない?飴(税込189円)
  • サンヨー食品 マヌルパン風 ガーリックチーズ味塩ラーメン(税込238円)
  • トーヨービバレッジ あたためておいしいカフェラテ(税込178円)
  • 北海道麦酒 プロテinチューハイ(税込198円)
  • ヘリオス くらレモン(税込218円)
  • Jリカー スポーツドリンクテイストサワー(税込178円)

また、こちら容器側面には…今回カップ麺にアレンジ・再現された韓国の人気グルメ“マヌルパン”についての簡単な説明書きがパンのイラストイメージとともに記載されており、これによると…“にんにくをたっぷり使った韓国風ガーリックトーストで、切り込みを入れたパンに甘いクリームチーズを詰めて、ガーリックバターを染み込ませるのが特徴。韓国では屋台グルメとして大人気です。”とのことで、“マヌルパン”そのものが使用されているわけでないことはもちろん、ガーリックトーストのようなイメージで、さらにクリームチーズやバターが加わっている点が大きく異なるようです!…というか実際のサイズはわかりませんが、罪悪感のある一品ですね。。

それでは、今回の“マヌルパン風 ガーリックチーズ味塩ラーメン”がどれほどガーリックをしっかりと利かせた食欲そそる塩味のスープに仕上がっているのか?あっさりとした中にも物足りなさを感じさせないチキンの旨味やクリームチーズのコク、ふんわりと香り立つバター風味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってももっちりとした弾力とほどよいコシを併せ持つ丸刃の中太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り418kcal(めん・かやく333kcal / スープ85kcal)となっております。(塩分は6.3g)

カロリーは、塩ベースということもあって縦型ビッグサイズにも関わらずそこまで高い数値ではありませんが、一方で塩分はこのボリュームを考慮するとやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり93g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと85kcalといった高すぎず低すぎずといった数値で、ガーリックを利かせた塩ベースのスープにクリームチーズやふんわり香るバターの香りを利かせたことによって、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせないコク深くまろやかな美味しさが感じられるメリハリの付いた仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、糖類や食塩をはじめ…

  • 植物油脂
  • 香辛料
  • 乳等を主要原料とする食品
  • チキン調味料
  • チーズパウダー
  • 香味油

といった、ガーリックを利かせた塩ベースのスープにクリームチーズやチキンの旨味、ふんわりと香るバターの風味がバランス良く融合され、キリッとしたシャープな口当たりと絶妙にマッチしたことで最後まで飽きの来ないやみつき感のある味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901734047575
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、粉末卵)、スープ(糖類、食塩、植物油脂、香辛料、乳等を主要原料とする食品、チキン調味料、チーズパウダー、たん白加水分解物、酵母エキス、パセリ、香味油)、かやく(チーズ加工品、キャベツ、フライドガーリック、赤ピーマン)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、カラメル色素、トレハロース、増粘剤(キサンタン)、乳化剤、かんすい、甘味料(カンゾウ)、微粒二酸化ケイ素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、アナトー色素、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチン色素、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (93g) 当たり]
熱量418kcal
たんぱく質8.4g
脂質17.2g
炭水化物57.3g
食塩相当量6.3g
めん・かやく: 2.2g
スープ: 4.1g
ビタミンB10.28mg
ビタミンB20.29mg
カルシウム201mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“仕上げの小袋”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみた感じだと…チキン調味料や香味油などを含むかなりサラッとした油分のようでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、かやくには…

  • チーズ加工品
  • キャベツ
  • フライドガーリック
  • 赤ピーマン

が入っています。

このように今回の一杯には、ガーリックを利かせた塩ベースのスープに韓国の人気グルメ“マヌルパン”を彷彿とさせるチーズ加工品などが使用され、ふんわりと香るバター風味などを引き立てる相性抜群な具材が各種取り揃えられているようです!

さらに、麺はご覧の通りサンヨー食品らしい丸刃の中太麺となっていて、もっちりとした弾力とほどよいコシを併せ持つ食感滑らかな仕上がりを予想させ、“にんにく”×バター×クリームチーズ×ラーメンといったありそうでなかった塩スープと絶妙にマッチし、食欲をしっかりと満たしてくれそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:420ml)
そしてしっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺は丸刃仕様らしいもっちりとした弾力が加わり、ガーリックを利かせた塩ベースのスープにクリームチーズやふんわり香るバター風味が相性良く融合したことによって、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせないコク深くまろやかでありながらもキリッとした口当たりが絶妙にマッチしたメリハリのある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“仕上げの小袋”を加えていきます!
すると…チキン調味料や香味油などを含む無色透明な油分となっていて、“マヌルパン”の特徴のひとつガーリックの風味に関してはそこまで強くはないようで、同じくバター風味もそこまで主張は強くありません!

そのため、この調味料を加えても見た目としての変化は一切なく、風味としてもそこまで特徴がありませんから、やはりチキン調味料といった旨味やコクを引き立てる脂・油分となっているのかもしれません!…ただ、個人的にはバターやガーリックの風味が強烈ではない点がむしろ好印象といったところで、ほんのり香る辺りが全体のバランスの良さを思わせ、今回は“テスト販売”だからといって手を抜いているわけではなく、思いのほか本格感のある塩スープに仕上がっているようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…ガーリックを利かせた後味の良い塩ベースのスープには、チキンや香味油などの上質な脂・油分が広がり、上記の通りガーリックやバターの風味はほんのり香る程度でバランスが良く、クリームチーズというよりはチーズの旨味・風味がスープに溶け込み、キリッとしたテイストながらもコクのある仕上がりが印象的。

さらに、チキンの旨味などをうまく利かせたことで、あっさりとしたキレの良い塩スープながらもまろやかさがプラスされ、ガーリック・チーズ・バターといった“マヌルパン”特有の旨味・風味が融合し、なんと言ってもスープ表面に浮かぶ上質な油分が本格的な味わいをイメージさせます!

また、具材に使用されたチーズ加工品はスープに溶けるタイプではないようで、まろやか過ぎないという点もまた良いですね!(この具材の仕上がりは別として…)他にもパセリがさり気なく雰囲気ある風味や彩りの良さを引き立て、想像以上に“マヌルパン”ならではの美味しさをカップ麺にアレンジ・再現しているようにも感じられ、サラッとした塩スープの中には非常に丁寧に抽出された旨味が凝縮されていることが予想されます!

食べてみた感想

一口食べてみると…ガーリックならではのクセになる旨味が感じられるものの、強烈というわけではなく、ふんわりと香るバター風味やチーズのコクなどがバランス良く融合したことで、あっさりとした塩スープには物足りなさを感じさせない旨味・風味が凝縮され、まさにガーリックトーストのようなクセになる味わいが後味良く仕上がり、香辛料も利いたことで最後まで飽きることもありません!

そしてほんのり感じられるバターならではの甘みのある旨味や風味によってガーリックバターの味わいを絶妙に引き立て、変に甘ったるいわけでもなく、クリームチーズに関してはけっこう調整されているようにも感じられますね!特にクリーム感といった印象もありませんし、チーズの旨味・風味がほんのり利いたことで全体のバランスを考慮し、食欲そそるガーリックバターの旨味をうまく引き立てています!

ただ…このフレーバーだと縦型ビッグサイズは量が多いかもしれませんね!コク深くもまろやかでガーリックバターの旨味・風味が際立ち、塩味ならではのキリッとした口当たりも絶妙にマッチしているんですが、どうしても甘みのあるテイストですから、レギュラーサイズでも良かったような気もします。。とは言え、恐らく“マヌルパン”自体はたっぷりとクリームチーズを詰め込んだパンなので女性層を中心に好まれると思いますので、これはこれで良いのかな?とも思いますし、それなら余計にレギュラーサイズの方が良いかもといった感じもします!

そのため、満足度もそれなりに高く、特に脂っこさや変な“くどさ”もないんですが…個人的には“マヌルパン”をカップ麺に再現した一杯ですから、もう少しクリーム感があるとなお良かった気がしますね!そうなるとクリームスープのようになるわけですが…実際“マヌルパン”にもクリームチーズが詰め込まれていますから、今回のキャンペーンで上位3品の中に選ばれたとしたら、このクリーム感をブラッシュアップするのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り丸刃の中太麺が採用されていて、もっちりとした弾力とほどよいコシを併せ持ち、思ったよりずしっとした密度感もあって食欲もしっかりと満たしてくれます!

そんな麺には、ガーリックやチーズ、ふんわり香るバター風味などをバランス良く合わせたキレの良い塩スープがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡るかのようなガーリックバターの旨味、ほんのり感じられるチーズやチキンのコクなどが口いっぱいに広がっていき、食欲そそる“にんにく”やフライ麺ならではの香ばしさが後味良く抜けていきます!…というかこのスープは基本的にガーリックバターならではの味わいを中心にチーズやチキンの旨味がコクを引き立て、塩味によるメリハリを付けたことで最後まで飽きさせない工夫が感じられて個人的には“テスト販売”の割にずいぶん手の込んだテイストといった印象!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“チーズ加工品”が入っていて、よく見かけるとろける仕様ではなく、じっくりと味わってみると…チーズをそのまま食べているかのような食感で、ちょっとこの仕上がり具合は再考の必要があるかもしれませんね!これなら入れない、もしくはとろける仕様にしてコク深さやまろやかさを引き立てた方が良さそうです!

また、こちらのフライドガーリックは、使用されている数は若干少なめではありますが、食感柔らかな仕上がりと“にんにく”の旨味がしっかりと感じられ、今回の“マヌルパン風 ガーリックチーズ味塩ラーメン”の美味しさを引き立てていたため、具材として味わうのではなく、スープにしっかりと馴染ませていただくと、より一層“にんにく”の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

さらにこちらのキャベツは、若干小さめにカットされているものの…シャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの赤ピーマンが使用されていて、かなり小ぶりではありますが…じっくりと味わってみると、素材本来の旨味や苦味がしっかりと感じられ、今回のスープを損なうことなく彩り良く添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り、ガーリックを利かせた塩ベースのスープにチーズやふんわり香るバター風味などをバランス良く合わせ、チキンがコクをプラス、さらに塩スープならではのキリッとした口当たりが絶妙にマッチしたことで、韓国の人気グルメ“マヌルパン”ならではの味わいをカップ麺にアレンジ、まさに韓国風ガーリックトーストといった印象のテイストをうまく再現したことによって塩味ならではのあっさりとした中にもコクのある後味すっきりとした味わいに仕上げ、女性層に好まれそうなクセになるテイストに際立っています!

また、バターの風味やクリームチーズに関しては全体のバランスを考慮してかなり控え目となっていて、この仕上がり具合が絶妙ですね!この辺りが際立っていればかなり“くどさ”を感じる仕上がりだったと思いますし、個人的にはガーリックバターの味わいをさり気なく引き立てた塩スープが好印象といったところ!それによって最後まで飽きることもなく、ガツンと食欲も満たされる…これまでにないひと味違ったテイストがボリューム感たっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

そして、容器底にも粉末スープが溜まっていたので、3分の調理後はしっかりと底から混ぜ合わせることによって食べはじめからしっかりとした味わいが楽しめる仕上がり具合となっており、食べ進めていくに連れて具材に使用されたチーズ加工品やフライドガーリックからも良い旨味が滲み出していき、同時に満足度も増していくため、しっかりと混ぜながらいただくと良いでしょう!

ただ…この辺りに関しては、実際の“マヌルパン”を実食したことがないため、再現性としては定かではありませんが、カップ麺にアレンジした一杯としてはかなり良い雰囲気はでているかと思われ、ガーリックバターの旨味や風味も感じられますし、チーズの旨味・コクもさり気なく全体の旨味を後押しし、“にんにく”×バター×クリームチーズ×ラーメンのコラボは想像以上に美味しさが際立ち、韓国発・背徳感のあるパンというのも納得です!

このように、今回の“マヌルパン風 ガーリックチーズ味塩ラーメン”は、韓国で人気の“マヌルパン”の味わいをカップ麺にアレンジし、ガーリックを利かせた塩ベースのスープにチーズやチキンのコク、さらにふんわりと香るバター風味が臨場感の高いテイストを再現、まさに韓国風のガーリックトーストを味わっているかのようなクオリティの高い仕上がりで、もっちりとした丸刃の中太麺と絶妙にマッチしたことで食欲もしっかりと満たされる風味豊かなありそうでなかった一杯となっていたため、お好みによってはガーリックバターを利かせた塩スープと相性の良いペッパー系の香辛料などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「マヌルパン風 ガーリックチーズ味塩ラーメン」を食べてみて、ローソンの“テスト品総選挙キャンペーン”として“ありそうであまりなかった商品”を実際にテスト販売し、実施期間中に投票数上位3品が後日さらにブラッシュアップして登場するという面白い企画から発売された一杯には、韓国で人気の“マヌルパン”をカップ麺にアレンジし、ガーリックを利かせた塩ベースのスープにチーズやチキンのコク、さらにふんわりと香るバター風味をバランス良く利かせたことでクセになる韓国風のガーリックトーストといった味わいに仕上げ、キリッとした口当たりが絶妙にマッチした風味豊かな一杯となっていました!

また、今回はカップ麺を含め7品同時発売されていますから、上位3品に選ばれるかどうかわかりませんが、意外と好評なフレーバーとも言える手の込んだ仕上がりでしたので、個人的にはまたブラッシュアップして登場するような気もします!とは言え、選ばれたとしても正式発売が2023年6月頃を予定しているとのことでしたので、まずはキャンペーンの結果に期待したいところではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です