カップ麺

日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ!和歌山ならではの特濃豚骨スープを再現

日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ

日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ」を食べてみました。(2019年8月26日発売・日清食品)

この商品は、“日本の麺を楽しもう。”をテーマに各地の麺文化を全国に発信する“麺NIPPON(ニッポン)”シリーズの新商品ということで、2000年の発売からこれまで大変好評だった“行列のできる店のラーメン 和歌山”を改めて“日清麺NIPPON”シリーズとして登場となった濃厚な一杯です!

それも…和歌山市のご当地ラーメン“和歌山ラーメン”の味わいを再現した濃厚な醤油ベースのスープには、醤油ならではのキレとコク、そしてしっかりと炊き出したことによる凝縮されたまろやかな豚骨の旨味が溶け込み、和歌山市観光協会も推薦!と地元も認めたお墨付き・ご当地の味わいの再現にこだわった一杯、“日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通り、パッケージには“和歌山特濃豚骨しょうゆ”といった商品名に加え、今までお馴染みだったシリーズ名の一部“行列のできる店の”といった文言が表記されていますね!

また、背景には濃厚な豚骨醤油といった和歌山ラーメン特有の仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…チャーシュー・魚肉練り製品・味付メンマ・ねぎが使用されているようです!

日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ パッケージ

一方こちらには“和歌山市観光協会 推薦”と記載されていて、“和歌山ラーメン”を提供する店舗をイメージさせるイラストなんかもあしらわれていますね!また、和歌山ラーメンと言えば…以前ご紹介した“井出商店 和歌山濃厚豚骨醤油”なんかも発売されていたため、ご当地ラーメンとしてご存知の方も多いかもしれません!

このように和歌山ラーメンは地元で“中華そば”と呼称されるのが一般的のようで、イメージの暖簾にもしっかりと“和歌山 中華そば”と記載されています!

…というか、“行列のできる店のラーメン 和歌山”を食べたことがある方ならわかると思いますが、これかなり美味しいんですよね!“くどさ”のない濃厚な豚骨の旨味が醤油スープと絶妙にマッチした仕上がりは私も含め幅広い層からの支持を得ていたのではないでしょうか?

そんな一杯が同じく日清食品の人気シリーズ“麺NIPPON”へと移行となったわけですから…ある意味リニューアル商品とも言え、恐らく美味しさにも磨きをかけての登場と思われるため、今回の仕上がりにはかなり期待したいところ!!

ちなみにこのシリーズは、2018年3月19日に以下6種類の発売を機に“麺ニッポン”から“麺NIPPON”というシリーズ名に刷新し、パッケージなども新たにリニューアルされています!

ご覧の通り、今となっては“麺NIPPON”といったシリーズ名やロゴなんかもだいぶお馴染みとなりましたね!

このように今回の一杯は、とことん和歌山ラーメンらしい特濃豚骨醤油スープにこだわっているようで、炊き出した豚骨の旨味がクオリティ高く再現され、醤油ならではのキレとコクと合わさったことによる濃厚でありながらも深みのある飽きの来ない絶妙なバランスとなり、最後までじっくりと和歌山ラーメンの美味しさが楽しめるというわけですね!

他にも特徴として…麺には中細仕様のノンフライストレート麺が採用されており、濃厚スープが絡むすすり心地抜群な相性によって一口ずつに濃厚な旨味が風味豊かに広がっていき、ノンフライ麺ならではの強いコシが中細ながらも表現され、地元も認めただけあって非常にクオリティの高い和歌山ラーメンに仕上がっているようです!

実際に食べてみて…

厚みのあるコク深い豚骨の旨味がしっかりと利いた特濃豚骨醤油スープには、醤油ならではのキレとコクが非常に美味しく引き立ち、豚骨の脂と醤油ダレが絶妙なバランスとなってクオリティの高い味わいとなり、カップ麺とは思えないほどの仕上がりとなっていました!
これは特に、“和歌山ラーメン”特有の炊き出し感のある豚骨のまろやかな旨味を利かせた濃厚な豚骨醤油スープを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの和歌山市のご当地ラーメン“和歌山ラーメン”の味わいを再現した濃厚でありながらも飽きの来ない旨味が凝縮された一杯、「日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“麺NIPPON”シリーズの新商品ということで、以前から発売されていた非常に好評の一杯“行列のできる店のラーメン 和歌山”を新たに“麺NIPPON”シリーズとして変更し、濃厚な豚骨の旨味を利かせた和歌山ラーメンらしい豚骨醤油スープが地元も認めるほどの再現性の高さとして登場した“日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ”となっています。

ちなみにこの“日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ”は、“和歌山の特濃豚骨しょうゆ”と表現されるほど濃厚な仕上がりで、コクもあり豚骨による味わい深くまろやかな旨味がたまらなく…個人的に以前発売されていた“行列のできる店のラーメン 和歌山”も実食レビュー済みだったんですが、その際もカップ麺とは思えないほどの濃厚感や旨味に驚いた記憶があります!

さらに…フタの裏麺には、ご覧の通り“和歌山市ご当地グルメ「和歌山 中華そば」とは”として“和歌山ラーメン”について簡単な説明が記載されています!

これによると…飽きの来ないどこか懐かしい味わいの豚骨醤油味のスープが最大の特徴とのことで、細麺ストレートといった特徴なんかもあるようですね!

また、これまで発売されていた“行列のできる店のラーメン 和歌山”について詳しくは、ぜひこちらの記事もご覧ください!
※この商品は、個人的に“行列のできる店のラーメン”シリーズの看板メニューといった名作とも言える一杯だったので、多少複雑な気分ではあります。。

行列のできる店のラーメン 和歌山 食べてみました!コク深い旨み特濃豚骨しょうゆスープ!
行列のできる店のラーメン 和歌山 食べてみました!コク深い旨み特濃豚骨しょうゆスープ!日清食品から発売されている「行列のできる店のラーメン 和歌山」を食べてみました。 この商品は、“行列のできる店のラーメン”シリーズ...

それでは、今回の“日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ”がどれほど豚骨の旨味が利いた濃厚な仕上がりとなっているのか?以前発売されていた“行列のできる店のラーメン 和歌山”との原材料などの違い、炊き出し感のある旨味とキレ・コクのある醤油との兼ね合い、そしてなんと言ってもノンフライ仕様の中細麺とのバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り440kcal(めん・かやく285kcal / スープ155kcal)となっております。(塩分は7.6g)

カロリーは、濃厚な豚骨醤油スープの割にそこまで高い数値ではないようですが、一方で塩分はかなり高い数値のようです!
ちなみに1食当たり124g、麺の量は70gとのこと。

また、以前発売されていた“行列のできる店のラーメン 和歌山”と比較してみると…カロリー塩分ともに抑えられている印象となっていますが、カロリーの内訳を見てみるとやはりスープだけで155kcalと濃厚感は健在のようで、コク深くまろやかな旨味には今回も期待できそうです!

日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ
行列のできる店のラーメン 和歌山
f:id:yuki53:20180501090407j:plain

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや動物油脂(豚、鶏)をはじめ…

  • しょうゆ
  • チキンエキス
  • ポーク調味料
  • 香辛料
  • チキン調味料
  • ポーク調味油
  • 植物油脂

といった、じっくりと炊き出した豚骨の濃厚な旨味が醤油ダレにコク深い味わいを表現し、和歌山ラーメンらしいこってり感と後味の良さを兼ね備えた飽きの来ない仕上がりを想像させる材料が並びます。

こちらも以前発売されていたものと比較してみると…ほぼ使用されている材料は同じようですが、特にポーク調味料が前回よりも先に記載されていることから、豚骨の旨味が以前よりも前面に表現されたコク深くまろやかな味わいに際立っているものと思われます!

日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ
行列のできる店のラーメン 和歌山
f:id:yuki53:20180501090406j:plain
JANコード4902105256404
原材料名

めん(小麦粉、食塩、植物油脂、チキンエキス、しょうゆ、卵粉、大豆食物繊維)、スープ(ポークエキス、動物油脂(豚、鶏)、しょうゆ、チキンエキス、ポーク調味料、糖類、小麦粉、たん白加水分解物、香辛料、チキン調味料、ポーク調味油、食塩、酵母エキス、植物油脂)、かやく(チャーシュー、魚肉練り製品、味付メンマ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、かんすい、香料、カラメル色素、炭酸Ca、pH調整剤、ソルビトール、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、グリセリン、香辛料抽出物、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (124g) 当たり]
熱量440kcal
めん・かやく: 285kcal
スープ: 155kcal
たんぱく質13.1g
脂質16.5g
炭水化物59.8g
食塩相当量7.6g
めん・かやく: 1.9g
スープ: 5.7g
ビタミンB10.20mg
ビタミンB20.29mg
カルシウム452mg

引用元:日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体スープ、かやく、粉末スープといった3つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に液体スープは濃厚感を思わせる量と、触った感じややどろっとした感じでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

…というか後ほど詳しくご説明しますが、残念ながらチャーシューはかなりチープな仕様に変更されているようです。。

また、麺はご覧の通り中細仕様のノンフライ麺ということで、細いながらもしっかりとしたコシが楽しめるストレート麺が採用され、この“和歌山ラーメン”特有の濃厚なスープがしっかりと絡むことによって、すすり心地の良さとともに旨味がガツンと楽しめる相性の良さなんかもイメージさせますね!

調理してみた

ではまず、かやくと粉末スープを入れてみます。

かやくには、

  • チャーシュー
  • 魚肉練り製品
  • 味付メンマ
  • ねぎ

が入っています。

また、この時点ではまだそこまで豚骨らしい風味は感じられないようです!

続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

まだ濃厚な液体スープを入れる前ということもあって、どこまで特濃な旨味が表現されているのか?伺い知ることもできないものの、すすり心地の良さとノンフライ麺ならではの弾力が加わった中細麺の食感なんかも楽しめそうな一杯…といった印象の出来上がりです。

続いて先ほどの液体スープを注いでいきます!
すると…良い意味での豚骨の臭みが余計に食欲そそる風味豊かな香りが一気に広がっていき、ほどよい油分が醤油ダレにちょうど良いコク深さを表現しているようにも見えますね!

そして、ずしっと重量感のあるスープは容器底へと沈んでいき、上質な豚骨の旨味と思われる脂がスープ表面に広がっていきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
するとパッケージほどの濃いめな仕上がりではありませんが…混ぜた感じコク深さを思わせる若干の“とろみ”がすでに付いていて、和歌山ラーメン特有の濃厚な味わいが表現されていることがよーく伝わって来ます!

また、このスープ表面に浮かぶ油分と乳化感のある醤油ダレが利いた若干白濁したスープとの相性・バランスが良いですね!濃厚過ぎずキレの良い醤油の味わい、そして後味の良さが引き立ち、非常にメリハリ効いた飽きの来ない風味豊かな一杯といったところでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…はい美味いっ!!以前までの味わいがしっかりと踏襲されているようで、コク深くまろやかな豚骨の旨味が醤油ダレと絶妙にマッチし、ガツンとした濃厚感のあるキレと深みのある味わいが非常にバランス良く表現されています!

というのも…しっかりと炊き出したような豚骨の旨味は良い意味でのこってり感や脂っこさ、そして豚骨臭さが表現されていて、そこに濃い目の醤油ダレが加わったことで全てがうまく調和され、濃厚な割に不思議と“くどさ”といった感じもなく、ただただ旨味溢れる濃厚な味わいが押し寄せてきます!これはついつい止まらなくなるやつ。。

麺について

麺は、ご覧の通り中細仕様のノンフライ麺ということで、よーく見てみると角刃仕様でしょうか?細麺ながらもしっかりとした歯切れの良さ、そして強いコシなんかも楽しめるすすり心地抜群な麺に仕上がっています!

そんな中細麺には、和歌山ラーメンの濃厚な味わいをリアルに再現した特濃豚骨醤油スープがよく絡み、一口ずつに醤油のキレとコク、そして豚骨の旨味溢れる味わいが口一杯に広がっていき、食欲そそる豚骨の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューが入っていて、これはちょっと前回のものと比べてみると…カップ麺でよく見かけるチープな仕上がりと言わざるを得ないですね。。

この辺りは、公式ページによると…“よりお求めやすい価格を実現しました。”とのことでしたので、具材にもかなり影響しているように感じられます!

日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ
行列のできる店のラーメン 和歌山
f:id:yuki53:20180501090418j:plain

そのため、このチャーシューは単体で楽しむというよりも、歯切れの良い麺とともに濃厚な豚骨醤油スープをくぐらせて食べてみると…より一層豚骨の旨味も引き立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのメンマは非常にコリコリとした食感が印象的な仕上がりとなっていて、こちらは醤油ベースの濃厚な一杯にもぴったりですね!サイズ感も申し分なく美味しいです!

さらに、こちらの大きい花形の“ナルト”は、味付け自体ないものの…和歌山ラーメンらしさを彩り良く演出する具材としてさりげなく添えられています!この辺りは前回も同じですね!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りキレとコクのある醤油ダレにしっかりと炊き出したかのような豚骨の旨味が加わり、特濃といったフレーズがぴったりなほど濃厚な豚骨醤油スープに仕上がっています!

とは言っても、この濃厚な豚骨の旨味と醤油ならではの後味すっきりとしたキレのある口当たりが絶妙なバランスとなって表現されているため、こってり感はあるものの…全く“くどさ”といった印象もなく、ただただ旨味が押し寄せてくることで食べ進めていくに連れて満足感もどんどん増していきますね!

また、原材料にも“香辛料”と記載されていましたから、味にほどよい締まりがプラスされ、濃厚感がうまく調和・整えられているため、最後まで飽きることなく濃厚な豚骨醤油スープを楽しむことができるでしょう!

…というかこのスープ表面に浮く脂が良い濃厚感や味に深みを加えているようで、カップ麺の中でもかなりクオリティは高い方だと思われます!(この辺りは以前から大きく変更されていないようで、ある意味安心はしましたね!)

そして、食べ進めていくうちに上質な豚骨がゼラチン質となってコク深い“とろみ”を増していき、濃厚な旨味を表現するには欠かせないこだわりの豚骨が使用されているということに改めて気付かされます!

このように、今回の“日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ”は、以前発売されていた“行列のできる店のラーメン 和歌山”の味わいを踏襲しつつ、旨味溢れる濃厚な豚骨の旨味が濃い目に表現された醤油ダレと絶妙にマッチしたことで、まろやかでありながらも後味すっきりとした口当たりの良い“和歌山ラーメン”を再現していたため、お好みによっては若干“おろしにんにく”なんかを追加してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ」を食べてみて、キレのある口当たりが表現された醤油ダレと濃厚な豚骨の旨味がバランス良くスープに溶け込み、コク深くガツンとした力強い味わいにもかかわらず決して“くどさ”を感じさせない後味すっきりとした飲み応えのある仕上がりとなり、和歌山市観光協会や地元も認めたというだけあって非常にクオリティの高い一杯となっていました!

やはり豚骨の旨味を利かせた濃厚な一杯は美味しいですね!臭みもなくこってり感・濃厚感がうまく調和された味わいはかなり評価も高いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!