カップ麺

日清麺職人 鯛だし 食べてみました!鯛だしをふんだんに利かせた“おめでたい”一杯!

日清麺職人 鯛だし 食べてみました!鯛だしをふんだんに利かせた“おめでたい”一杯!

2017年12月18日に日清食品から発売の「日清麺職人 鯛だし」を食べてみました。

この商品は、この時期にぴったりな“おめでたい”麺職人の新商品ということで、「海老みそ」と同時発売の商品です。

特徴としては、商品名にあるように“鯛だし”をふんだんに利かせたスープに加え、鯛を焼いたような香ばしさも感じる上品かつ食欲そそる仕上がりとなっております!

実際に食べてみましたが、鯛の旨味・風味がたまらない一杯に仕上がっており、全粒粉を練り込んだという麺職人ならではの麺との相性も良く、素材の味が楽しめる麺職人となっていました。

では、今回はこの「日清麺職人 鯛だし」についてレビューしてみたいと思います。

日清麺職人 鯛だしについて

生麺のような食感が人気の“麺職人”の新商品は“鯛だし”ということで、鯛の旨味をぞんぶんに味わえる淡麗系の透明なスープが上品にすら感じる仕上がりで、シメに食べたくなるような鯛のだしがたまらない一杯です。

ちなみに以前ご紹介した「生姜醤油」や「黒酢サンラータンメン」もコンビニでは見かけませんでしたので、今回も恐らくイトーヨーカドーなどで取り扱いされるのではないでしょうか?

そして今回も数量限定の発売となっているようなので、ぜひぜひチェックしてみてくださいね!

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り276kcalとなっております。(塩分は5.4g)

麺職人のスープは総じてかなりカロリー低いですからね!今回も21kcalとかなり低い仕様となっているようです。

f:id:yuki53:20171210210027j:plain

では原材料も見てみます。

スープは、鯛エキスやしょうゆ、食塩といった今回の“鯛だし”のベースとなる材料ということが想像できます。

f:id:yuki53:20171210210026j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り鯛だし後入れ液体スープ、かやくといった2つの調味料などが入っています。

f:id:yuki53:20171210210028j:plain

麺はご覧の通り全粒粉が練り込まれていることが見てわかりますね。
そして麺職人お馴染みのノンフライ麺の細いストレート麺です。

f:id:yuki53:20171210210029j:plain

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。
かやくにはチンゲン菜と、魚肉練り製品と記載された鯛をイメージしたと思われる“つみれ”のようなものが入っています。

f:id:yuki53:20171210210030j:plain

熱湯を注ぎ4分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの後入れ液体スープを入れたところがこちら!スープには透明感があり、かなりあっさりとした印象です。

f:id:yuki53:20171210210031j:plain

この油の感じはとても良いですね!
そして鯛の香ばしい香りが広がります。…というかこの時点では少し魚臭さも感じるので、スープの味わいが少し心配になりますね。。

f:id:yuki53:20171210210032j:plain

せっかくなので、スープを混ぜる前に全粒粉入りの麺だけを食べてみます。

すると…噛んだ時の食感はノンフライ麺ならではとも言える生麺のような歯切れの良さがあり、よーく味わってみると確かに小麦の風味をほんのり感じます。

f:id:yuki53:20171210210033j:plain

では、よーくかき混ぜてみましょう。

ちゃんと混ぜることで先ほどの魚臭さはなくなり、鯛の良いだしが出ていることがスープの香りからも感じられます!先ほど入れた後入れ液体スープは単純に旨味がかなり凝縮されたスープだったのかな?

f:id:yuki53:20171210210034j:plain

食べてみた感想

一口食べてみると…意外にもしっかりとキレの強い口当たりがあり、鯛の旨味が非常に出ていますね!じんわりと染みる味わいはまさにシメなんかにもぴったりです!

さらに、鼻から抜ける風味がまた香ばしい鯛の美味しさを感じます。

麺について

麺は先ほどもお伝えした通り、全粒粉を練り込んだノンフライ麺で、細麺にも関わらずしっかりとコシがあるため歯切れも良く、なめらかな仕様なのですすり心地も良いですね!

そんな麺には鯛の旨味を利かせたスープがコーティングされています!

f:id:yuki53:20171210210037j:plain

トッピングについて

トッピングにはまずこちらの魚肉練り製品が入っています。

こちらは鯛だしが利いたスープを吸い、口に入れるとほろほろと崩れていきながら鯛の旨味が広がる美味しい具材となっています。

しかし、ちょっと数が少ないのが気になるところではあります。。

f:id:yuki53:20171210210035j:plain

そしてこちらのチンゲン菜も入っています。
今回の具材はこの2種類だけとかなりシンプルとなっております。

しかし、このシンプルさが余計に鯛の上品さを感じられますね。

f:id:yuki53:20171210210036j:plain

スープについて

今回の“鯛だし”は鯛の旨味と香ばしい風味がスープにうまく表現されていて、非常に美味しくクオリティの高い仕上がりと思われます!

そして、原材料には“しょうゆ”と記載されていましたが、実際に食べてみると醤油というよりも塩がベースとなっているようにも思われましたね。

この淡麗系のスープには、鯛のだしがふんだんに利いているため、味わい深い美味しさを楽しむことができるでしょう。

f:id:yuki53:20171210210038j:plain

まとめ

今回は「日清麺職人 鯛だし」を食べてみましたが、生麺のような食感が売りの“麺職人”のはずがスープもまたとても美味しく仕上がった一杯で、非常に鯛の旨味を感じられるため何度もその味を確かめたくなってしまいました。。

鯛のだしは風味も良く、旨味も出ますからねー!
深い味わいにはキレの強い塩の口当たりがよく合います。

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です