カップ麺

日清麺職人 ふぐだし 食べてみました!高級食材ふぐの旨みを存分に楽しめる香り立つ一杯!

日清麺職人 ふぐだし 食べてみました!高級食材ふぐの旨みを存分に楽しめる香り立つ一杯!

2018年12月10日に日清食品から発売された「日清麺職人 ふぐだし」を食べてみました。

この商品は、“まるで、生めん。”でお馴染み“麺職人”の新商品ということで、今回は年末年始といった時期にふさわしい“高級食材”をテーマにした“ふぐだし”が登場です!

それも…“ふぐ”の旨みをふんだんに利かせたことで、飲み心地すっきりとしたスープにじんわりと染み渡るような上品・上質な味わいが表現され、香ばしい“ふぐだし”ならではの風味・旨みが存分に楽しめるように、あっさりとした塩スープに仕上がった“日清麺職人 ふぐだし”となっております。(税抜き180円)

ご覧の通りパッケージには、この時期にぴったりな高級食材のひとつ“ふぐ”をテーマにした一杯ということで、後味すっきりとした透明度の高い塩スープに上質な“ふぐだし”の旨みを引き立てる脂がうっすらと浮き、“麺職人”ならではの細麺ながらもコシのある歯切れの良い全粒粉入りノンフライ麺にスープが絡む仕上がりイメージなんかも確認できますね!

また、可愛らしい“ふぐ”の和風なパッケージからも、すでに香ばしい“ふぐ”の風味が伝わってくるようです!

他にも特徴としては、“ふぐだし”の旨みを引き立てるかのように、ヒレを炙った香ばしさが非常にうまく再現されたことで、まさに“ふぐ”の美味しさを旨み、そして香りからも存分に楽しめる一杯のようです!

実際に食べてみて…

あっさりとした塩スープだからこそ“ふぐだし”の旨みをストレートに味わうことができる仕上がりは、まさしく“ふぐ”の美味しさが霞むことなく染み渡るような旨みとして表現され、小麦の風味をアップさせた“麺職人”ならではの全粒粉入りノンフライ麺とともに香り立つ一杯となっていました!
これは特に、風味の良い“ふぐだし”の旨みを手軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの高級食材をテーマにした“ふぐだし”の香り立つ仕上がりとなった「日清麺職人 ふぐだし」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清麺職人 ふぐだしについて

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“麺職人”の新商品ということで、時期的にもぴったりな高級食材をテーマに、あっさりとした塩スープによって旨みそのものを余すことなく楽しめる“日清麺職人 ふぐだし”となっています。

そして、ご覧の通りパッケージには“小麦の風味がクセになる”と記載されているように、今回もまた“麺職人”ならではの全粒粉が練り込まれたことで、しっかりとした食感のコシ、そして小麦の風味がアップした麺が採用されているようですね!

しかも今回は、ベースとなっているのが塩スープのようなので、こういった素材の旨み・風味を表現した一杯には全粒粉の風味もまた引き立つものと思われます!

ちなみに…なぜ今回、“ふぐだし”といった商品が発売になったのかというと…“笑うカモ(門)にはフグ(福)来たる”的な語呂合わせによる2つの食材がテーマとなっているようで、“麺職人 鴨だし”も同時発売されているようです!

そういえば、去年も“麺職人 鯛だし”と“麺職人 海老みそ”といった年末にぴったりな商品が発売されていたように、今年もこの時期にぴったりな食材をテーマにした一杯が登場したというわけですね!ではでは、今回の“麺職人”も仕上がりの方をじっくりとチェックしていきたいと思います!

カロリーについて

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り259kcalとなっております。(塩分は5.7g)

“麺職人”は麺が特徴的なイメージではあるんですが、実は総じてカロリーもかなり低いんですよね!ということで、今回もまたカロリーはかなり低めな数値のようです!

しかし若干、塩分は高めとなっているようですね!
ただ、カロリーの内訳を見てみると…スープは驚きの8kcalとなっています!!一瞬、間違っているのかと勘違いするほど、スープのカロリーは低い数値のようです!

これは、“ふぐ”の旨みをふんだんに利かせたことによっての結果なのでしょうか?
どちらにしても高級食材“ふぐ”を使用した一杯は、かなりヘルシーな仕上がりのようにも感じられますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や植物油脂をはじめ…

  • ふぐエキス
  • 魚介調味油

といった、香ばしい風味が表現された“ふぐ”ならではの旨みをストレートに楽しめる仕上がりを想像させる材料がシンプルに並びます!

めん(小麦粉、小麦全粒粉、食塩、植物油脂、卵粉、しょうゆ、チキンエキス、大豆食物繊維)、スープ(しょうゆ、植物油脂、食塩、ふぐエキス、魚介調味油)、かやく(卵、魚肉練り製品、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、香料、酸味料、増粘多糖類、マリーゴールド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、クチナシ色素、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチン色素、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉を含む)
引用元:日清麺職人 ふぐだし | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、“ふぐだし後入れ液体スープ”といった2つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り“麺職人”ならではの細麺ながらもしっかりとしたコシを思わせるノンフライ麺となっています!

そして、このように小麦の風味を引き立てる全粒粉なんかもしっかりと確認できますね!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 花形カマボコ
  • ねぎ

が入っています。

続いて、熱湯を注ぎ4分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

まだ液体スープを入れる前だと、全粒粉入りの麺から香る小麦の風味がかすかに確認できますね!

そのため、この時点で麺を味わってみると…確かに小麦の風味を感じます!

これは液体スープが入ってしまうとなかなか確認できないため、気になる方は麺だけでもぜひ味わってみてください!

ではここに、先ほどの液体スープを入れてみます!
この液体スープは元々さらっとした仕上がりではありましたが、スープを冷まさないためにも、調理中はフタの上で温めておくと良いでしょう!

ご覧の通り、液体スープはやや濁っていることから“ふぐ”の旨みを凝縮したかのようなスープとなっていて、入れた途端すぐに“ふぐヒレ”を炙ったかのような非常に香ばしい食欲そそる旨みを感じさせる風味が香り立ちます!

また、“ふぐだし”の旨みを引き立てるかのように油分が浮き、味わい深くもコクのある仕上がりを思わせます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧のように、スープが全体に馴染むと、割と透明度の高いすっきりとした塩スープに仕上がり、その分“ふぐだし”の旨みがぼやけることなくストレートに味わえる一杯のようです!

また、この具材の華やかさといったイメージは、高級食材“ふぐ”にもぴったりな印象で、シンプルながらもスープの仕上がりを見た目からも引き立てているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…すっきりとした塩スープのはずなんですが、そこは“ふぐ”の旨みが利いているとのことで、深みのある美味しさが表現されていて…このじんわりと染みるような上品な味は美味しいですね!!そして何より風味が良いです!

まさに“ふぐヒレ”を炙ったかのような香ばしい旨みを伴った風味が高級食材“ふぐ”の味わいを存分に楽しむことができます!

やはり年の瀬が迫ってくると、こういった食材が合いますね!
このリアルに再現されたと思われる仕上がりは満足度も高いのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り“麺職人”ならではのすすり心地抜群な細麺となっていて、細麺ながらもノンフライ麺ならではのしっかりとしたコシによって歯切れの良さを感じさせます!

そんな細麺には、“ふぐ”の旨みを利かせたすっきりと香り立つスープがよく絡み、一口ずつに炙ったような香ばしい風味とともに“ふぐ”の旨みが口いっぱいに広がっていきます!

やはりこういったすすり心地の良い麺は、風味もまた引き立つというものです!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの花形カマボコが入っていて、もちろん味付け自体はありませんが…今回の“ふぐだし”といった一杯を見た目からも楽しませるかのような色鮮やかなアクセントとなっているようです!

また、こちらの卵も非常に食感優しく柔らかな仕上がりとなっているものの、味付けというよりも、上記のカマボコとともに華やかな一杯を演出しているようです!

スープについて

スープは、後味すっきりとした塩スープがベースとなり、そこに“ふぐだし”の旨みを風味良く表現したことで、高級食材である旨みを存分に楽しめる仕上がりとなっています!

また、“ふぐヒレ”を炙ったような、ほんのりと苦みを含んだような香ばしい“ふぐ”ならではの風味が非常に良く再現されていて、塩スープといったあっさりとしたテイストにもかかわらず物足りなさといった感じは全くありませんね!むしろ厚みすら感じる深みのある味わいが表現されています!

やはり素材の旨みを楽しむには、塩といったテイストがぴったりですね!当然、“ふぐだし”との相性も非常に良く、“ふぐ”の味わいをストレートに楽しめる今回の仕上がりは、喉ごしも良いということもあってついつい止まらなくなってします。。

この軽やかにも見える塩スープには、想像以上に“ふぐだし”が利いていて、“ふぐヒレ”を炙ったかのような風味との組み合わせは、まさしく“ふぐ”ならではの美味しさを最後まで飽きることなく楽しませてくれるでしょう!

まとめ

今回「日清麺職人 ふぐだし」を食べてみて、カップ麺としては珍しくも感じられる高級食材“ふぐだし”をテーマに、後味すっきりとした塩スープとの相性抜群な仕上がりは、素材そのものを旨み・風味ともにダイレクトに味わうことのできるこの時期ぴったりな上品な仕上がりとなっていました!

そして、何と言ってもこの細麺と高級食材との組み合わせは良いですね!麺と“ふぐだし”ともに香り立つテイストが美味しくマッチしたことで、すすった時に香る炙ったような香ばしい風味はクセになりそうな後味を感じさせてくれるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です