カップ麺

お取り寄せNIPPON 京都産京鴨だしうどん!合鴨ブランド“京鴨”の出汁を活かした染み渡る一杯

お取り寄せNIPPON 京都産京鴨だしうどん

お取り寄せNIPPON 京都産京鴨だしうどん」を食べてみました。(2023年1月2日発売・エースコック

この商品は、“お家で簡単、お取り寄せ気分!”をコンセプトにご当地素材の旨味を追求した本格的な味わいをカップ麺に再現するエースコックの新ブランド“お取り寄せNIPPON”シリーズ第4弾として登場したもので、今回は京都産の合鴨ブランド“京鴨”に着目し、京鴨出汁をはじめ…風味豊かな鰹粉や昆布、椎茸の旨味を利かせ、鶏油のコクを加えた上品な一杯が登場です!

それも…上記の通り京都産京鴨の出汁に鰹粉や昆布の旨味をバランス良く合わせた後味の良い“和風つゆ”に仕上げ、シンプルながらも“京鴨”特有の旨味が心地良く…まさにシリーズらしい素材本来の美味しさを存分に活かした旨味溢れる一杯、“お取り寄せNIPPON 京都産京鴨だしうどん”となっております。(値段:税別214円)

ご覧の通り、パッケージには余白を大きくとったことで品の良さをアピールし、新たに登場した“お取り寄せNIPPPON”シリーズのロゴや、“京都産京鴨だしうどん”といった商品名などがバランス良く掲載されており、贅沢に“京都産京鴨”の出汁を使用したという…染み渡る旨味や食欲そそる風味を存分に活かしたフレーバーにはかなり期待したいところ!(エースコックにはご当地の味わいを活かした“飲み干す一杯”の“ご当地シリーズ”なんかもありますから、個人的に密かな期待を寄せていた一杯です。)

お取り寄せNIPPON 京都産京鴨だしうどん パッケージ

そしてこちらが新たに誕生した“お取り寄せNIPPON”のロゴとなっていて、ご当地素材の旨味・全国各地の拘り素材を追求したスープがテーマ・コンセプトで、第1弾としては愛媛宇和海産の“真鯛”をメインにホタテや鰹など数種類もの魚介出汁をバランス良く加えた“愛媛宇和海産真鯛だし使用 塩ラーメン”と北海道産の花咲ガニ出汁にカニエキスやカニミソエキス、カニミソオイルを加えた“北海道産花咲ガニだし使用 醤油ラーメン”が2021年6月28日に同時発売され、第2弾としては名古屋コーチンの旨味を活かした“愛知県特産名古屋コーチンだし使用 醤油ラーメン”が2022年1月4日発売されています!

さらに第3弾には…富山県の白エビパウダーを使用した“富山県産白エビだし使用 塩ラーメン”と第1第に登場した“北海道産花咲ガニだし使用 醤油ラーメン”の再登場、さらに新たなフレーバー“宮崎県産霧島黒豚だし使用 豚骨ラーメン”といった計3種が2022年7月25日に同時発売され、第4弾としては今回ご紹介する“京都産京鴨だしうどん”と“駿河湾産桜えび”の出汁にチキンや蝦醤(シャージャン)を利かせた“静岡駿河湾産桜えびだし塩ラーメン”、第1第に登場した“北海道産花咲ガニだし使用 醤油ラーメン”の再登場による3種同時発売されています!…というかこれは今後の商品展開にも期待したいところではないでしょうか?(流通がかなり限られているので微妙ではありますが…)

そして今回の“お取り寄せNIPPON 京都産京鴨だしうどん”の気になる特徴としては…上記の通り京都の合鴨ブランドでもある“京鴨”をメインに鰹粉や昆布、椎茸の旨味などをバランス良く合わせた風味豊かな“和風つゆ”とのことで、丁寧に利かせた合鴨の出汁がコク深く引き立て、あっさりとしていながらも物足りなさを感じさせない味わいを表現、それによって納得の美味しさが最後まで飽きることなく楽しめる…シリーズらしい品のある“つゆ”に仕上がっているようですね!
※この水墨画テイストで描かれた京都産京鴨のイラストが雰囲気ある味わいをイメージさせます。

また、そもそも“お取り寄せNIPPON”シリーズはシンプルながらも染み渡るようなコクのある味わいと1食当たりの量が若干少なめということもあって小腹を満たしたい時なんかにちょうど良いサイズ感と納得の旨味があり、別添されている液体スープを加えることによる美味しさは意外と侮れなく、“飲み干す一杯”の“ご当地シリーズ”と同じく素材を活かした拘りのあるブランドとなっています!

一方こちら容器側面には、“鴨の旨みが利いた和風つゆ”と記載され、その背景には…京都産の合鴨ブランド“京鴨”の出汁をはじめ鰹粉や昆布、椎茸の旨味をバランス良く合わせた透明度の高い“和風つゆ”に食欲そそるコク深い鶏油が加わり、シンプルながらも上品な味わいが弾力のある“うどん”に絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…かまぼこ・油揚げ・卵・“ねぎ”が使用されているようです!

他にも特徴として…麺は厚みもあり若干幅広なフライ仕様の“うどん”が採用されており、ほどよい弾力とコシを併せ持ったすすり心地の良い仕上がりで、京都産の合鴨ブランド“京鴨”の出汁をはじめ鰹粉や昆布、椎茸の旨味をバランス良く利かせ、鶏油でコクを引き立てた“和風つゆ”とともに最後まで飽きることなく旨味溢れる鴨出汁が楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

別添されている液体スープをしっかりと馴染ませると…“和風つゆ”らしく非常にサラッとしていて、京都産の合鴨ブランド“京鴨”の出汁や鰹粉、昆布や椎茸の旨味がバランス良く溶け込んだ美味しさが印象的で、思ったより鴨出汁の旨味は強く、他にも鰹粉や昆布などが使用されたことによって繊細で深みのある味わいに際立ち、シリーズらしい素材の旨味に拘った“和風つゆ”が弾力のある太い“うどん”とともに最後までじっくりと楽しめる上品な一杯となっていました!
これは特に、贅沢にも京都産の合鴨ブランドである“京鴨”の出汁をはじめ…鰹粉や昆布、椎茸や鶏油をバランス良く合わせたじんわりと染み渡る“和風つゆ”をカップ麺としてじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はエースコックの新ブランド“お取り寄せNIPPON”シリーズ第4弾として登場した全国各地の拘り素材に着目した中でも“鴨出汁”をテーマに京都産の“京鴨”の出汁をはじめ鰹粉や昆布、椎茸の旨味を利かせ、コク深い鶏油を合わせた味わいがバランス良くマッチした最後まで飽きの来ない品のある一杯、「お取り寄せNIPPON 京都産京鴨だしうどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

お取り寄せNIPPON 京都産京鴨だしうどん

今回ご紹介するカップ麺は、ご当地の素材をとことん追求したスープが特徴的な新ブランド“お取り寄せNIPPON”シリーズ第4弾として登場したもので、京都産の合鴨ブランド“京鴨”を中心に鰹粉や昆布、椎茸の旨味をバランス良く合わせ、“和風つゆ”らしくじんわりと染み渡るテイストにも関わらず鶏油がコクを引き立てた品のある一杯、“お取り寄せNIPPON 京都産京鴨だしうどん”となっています。
※売っている場所:今回はヨドバシの通販で購入

ご覧の通りこちら容器側面には…“京都産京鴨を京都府外で合鴨調味料に加工しています。”と記載されているように、今回のフレーバーは“京鴨”の旨味を中心に鰹粉や昆布、椎茸の旨味をバランス良く合わせ、特に“京鴨”の割合などは記載されていませんが、京都産の合鴨ブランド“京鴨”を贅沢に使用しているとのこと。

やはり鴨出汁の旨味ともなるとじんわりと染み渡る“和風つゆ”との相性も良いですから、そこに鰹粉や昆布、椎茸の旨味を使用することで味に深みが増すんでしょうね!これまでも鴨出汁をテーマにしたカップ麺もいくつか登場してきましたが、やはりどれもコク深く独特の旨味が表現されていましたので、今回の一杯に関してもストレートに素材の旨味が楽しめるものと思われます!…というかパッケージデザインやシリーズ名からしてかなり期待できそうなのは間違いありません!

それでは、今回の“お取り寄せNIPPON 京都産京鴨だしうどん”がどれほど京都産の合鴨ブランド“京鴨”の出汁を中心に鰹粉や昆布、椎茸の旨味を利かせた後味の良い仕上がりとなっているのか?コクを引き立てる鶏油との兼ね合いはもちろん、なんと言っても厚みもあり若干幅広な太い“うどん”の食感滑らかなフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り271kcal(めん・かやく217kcal / スープ54kcal)となっております。(塩分は3.6g)

カロリーは、シリーズらしく若干少なめということもあってかなり低めな数値のようで、塩分も同じく低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり61g、麺の量は50gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと54kcalと鴨出汁を利かせたコク深い“和風つゆ”らしくやや低めではありますが、極端に低いわけではなく、京鴨の出汁と醤油感のキレがちょうど良いメリハリとなったシンプルながらも味わい深い風味豊かな仕上がりをイメージさせます!

他にも1食当たり61g、カロリー271kcalといった数値からも…夜食や飲んだシメなんかにもぴったりなサイズ感とも言えるでしょう!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や植物油脂をはじめ…

  • 合鴨調味料
  • チキンエキス
  • しょうゆ
  • 豚脂
  • コンブエキス
  • 香味油
  • カツオエキス
  • カツオブシパウダー
  • 鶏油
  • 魚介調味料
  • 粉末しょうゆ
  • シイタケエキス

といった、京都産の合鴨ブランド“京鴨”を含む鰹粉や昆布、椎茸の旨味をふんだんに使用し、さらにコクを引き立てる鶏油を加え、他にもさり気なく魚介出汁なんかも隠し味程度に利かせたことで深みのある“和風つゆ”に仕上げ、あっさりとしていながらも深みのある上品な味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071247973
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、チキンエキス)、スープ(食塩、糖類、植物油脂、合鴨調味料、チキンエキス、しょうゆ、豚脂、たん白加水分解物、コンブエキス、酵母エキス、香味油、カツオエキス、カツオブシパウダー、鶏油、魚介調味料、粉末しょうゆ、シイタケエキス、全卵粉)、かやく(かまぼこ、油揚げ、卵、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸Ca、リン酸Na、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、ベニコウジ色素、(一部に小麦・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (61g) 当たり]
熱量271kcal
たん白質4.7g
脂質11.7g
炭水化物36.7g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
3.6g
(めん・かやく1.0g/スープ2.6g)
ビタミンB10.20mg
ビタミンB20.20mg
カルシウム119mg

引用元:お取り寄せNIPPON 京都産京鴨だしうどん | エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、他には“液体スープ”と記載された調味料がひとつ入っています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触った感じだと醤油ベースに京都産京鴨出汁を含む鰹粉や昆布、椎茸の旨味などが凝縮されているものの、非常にサラッとした印象でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、具材には…

  • かまぼこ
  • 油揚げ
  • ねぎ

が入っています。

ご覧の通り肉類の具材は使用されていないものの…今回は京都産の合鴨ブランド“京鴨”の出汁を活かした“和風つゆ”にぴったりな“ねぎ”や“油揚げ”といった具材が取り揃えられているようです!

さらに、麺はご覧の通り厚みもあり若干幅広な太い“うどん”が採用され、もっちりとした弾力と歯切れの良いコシを兼ね備えた食感滑らかなフライ麺となっているようで、麺量50gながらもしっかりとした満足感が得られそうなエースコックらしい仕様です!
※“飲み干す一杯”シリーズはだいたい麺量55gです。

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:290ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの“うどん”や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力やほどよいコシが加わり、京都産の合鴨ブランド“京鴨”をはじめ鰹粉や昆布、蝦醤などをバランス良く合わせた深みのある“和風つゆ”が染み渡る…そんなあっさりとした中にもコク深い素材の旨味が楽しめる上品な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに、先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…若干“とろみ”が付いた状態で当然濃厚といった感じではありませんが、鴨出汁に加え鶏油ならではの風味がほんのりと広がり、まさに今回の一杯は京鴨の旨味を存分に活かしたフレーバだということがよーく伝わってきます!(やはり“和風つゆ”には鴨出汁も合いますね!ただ…そこまで風味は強くはないので、どれほど旨味として利いているのか?その辺りの仕上がり具合が気になります。。)

すると…この液体スープは若干“とろみ”が付いたことで表面に留まり、京都産の合鴨ブランド“京鴨”の旨味を活かした後味の良い“和風つゆ”にコク深い鶏油が絶妙にマッチし、この時点ではシンプルながらも素材本来の旨味が存分に味わえる飽きの来ない上品な一杯といったところ!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…京都産の京鴨など鰹粉や昆布、椎茸の旨味が溶け込んだ後味すっきりとした“和風つゆ”ということもあって割と透明感もあり非常にサラッとした仕上がりが印象的で、ここに鶏油がバランス良く馴染み、ほどよいコクとじんわりと染み渡る贅沢な出汁によって深みのある旨味が引き立てられているようですね!

そういった飽きの来ない一杯は、ちょうど良い食べきりサイズと旨味溢れる“和風つゆ”によって小腹を満たしてくれる時にありがたいボリューム感で、京都産京鴨×魚介出汁による染み渡る後味すっきりとした“つゆ”は思ったより品良くまとまっているんですが、風味がさり気なく香り程度なので、魚介系や鶏油の香りなどがあればなお良かったような気もします。。

また、透明度の高い“和風つゆ”とは言え…鴨出汁や鶏油によるコクが加わっていますから、恐らく“和風つゆ”ならではのキリッとした口当たりと深みのある旨味が絶妙にマッチし、物足りなさを感じさせない鴨出汁の美味しさがストレートに楽しめる上品な味わいに仕上がっているものと思われます!

そして具材には…“京鴨”の出汁を引き立てる“油揚げ”や“ねぎ”が使用されており、他にも“かまぼこ”や卵など彩りの良さなんかも考慮されていて、見た目として華やかさを引き立てる各種具材がリーズナブルながらも豊富に使用されているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…京都産の合鴨ブランド“京鴨”の出汁を使用した後味の良い染み渡る“和風つゆ”ということでシンプルながらも深みのあるテイストとなっていて、落ち着いた雰囲気でありながらも鴨出汁や鶏油のコクがしっかりと利いたことで仕上がりの風味からは想像も付かないほど良い旨味・出汁が凝縮され、鴨出汁好きには間違いない一杯と言え、あっさりとしているんですが、物足りなさといった感じも一切なく、ついついスープが止まらなくなりますね!

しかも鴨出汁を引き立てるかのように鰹粉や昆布、魚介エキスなどの出汁もしっかりと利いていますから、基本は誰もが好む“和風つゆ”で、そこに京都産の合鴨ブランド“京鴨”の出汁が旨味・コクを引き立て、厚みのある美味しさとして品のある味わいを表現、あっさりし過ぎず濃過ぎずといった絶妙なフレーバーということもあって万人受けしそうな一杯と言えるでしょう!

ただ、原材料を見る限り香辛料といった文言が記載されていませんでしたので、お好みによっては“和風つゆ”と相性の良い一味や七味などの香辛料をちょい足ししてみると、より一層メリハリが付いて鴨出汁の旨味が最後までじっくりと楽しめるかと思われます!もちろんデフォルトでも醤油感によるキリッとした口当たりが印象的でしたので、そこまで気になるほどのものではなく、ボリューム感やカロリーを考慮すると…ちょっと小腹を満たしたい時や夜食などにちょうど良いフレーバーに間違いありません!

そのため…高級志向のパッケージデザインや京都産の合鴨ブランド“京鴨”を出汁・調味料に使用したというコンセプトなどを考慮するとイメージ通りの仕上がりで、じんわりと染み渡る“和風つゆ”には鴨出汁や魚介エキス、鶏油などが丁寧に溶け込み、安定感のある味わいが表現されていただけあって、個人的にはもう少し食欲そそる風味を強調させても良かったように感じられます!

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり若干幅広な太い“うどん”が採用されていて、ほどよい弾力と噛み応えのある強いコシを兼ね備え、太いとは言っても“うどん”としては若干細めということもあってすすり心地も非常に良く、思ったよりも密度感の高い仕様によって麺量50gと若干少なめの割にしっかりとした食べ応えなんかも感じられる仕上がりとなっています!

そんな“うどん”には…京都の合鴨ブランドでもある“京鴨”の出汁を使用し、鰹粉や昆布、椎茸などの旨味をバランス良く合わせた後味の良い“和風つゆ”がよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡る魚介出汁やコク深い鴨出汁の旨味などが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る鶏油やフライ麺特有の香ばしさが後味良く抜けていきます!…というかこの“和風つゆ”は風味が若干弱いため、仕上がりが気になっていましたが、旨味としてしっかりとコクを引き立てているようですね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“油揚げ”が入っていて、やや小ぶりな仕様ではありますが、じっくりと味わってみると…しっかりと鴨出汁を利かせた“和風つゆ”がじゅわっと滲み出す仕上がり具合でしたので、はじめは“つゆ”と馴染ませながら食べ進め、後ほど“うどん”や他の具材などと一緒に絡めていただくと、より一層旨味が増して楽しめるかと思われます!

また、こちらの卵は…見た通りふんわりと柔らかな食感で、特に味付け自体は感じられないものの…今回の一杯にちょうど良い見た目としての彩りといったアクセントをプラスしているようです!

そして、こちらの“かまぼこ”は…味付けなどは感じられないものの、見た目として華やかな彩りをプラスする具材としてさり気なく添えられ、上記の卵と同じくちょっとしたアクセントとなっています!

他にも、こちらの“ねぎ”は、ほどよいサイズにカットされているため、シャキシャキとした食感が印象的で、ちょうど良い薬味として今回の鴨出汁染みる“和風つゆ”を美味しく引き立て、さらに後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材となっているようです!

“つゆ”について

“つゆ”は、先ほどもお伝えした通り京都産の合鴨ブランド“京鴨”から丁寧に抽出した出汁・調味料をはじめ…鰹粉や昆布、椎茸の旨味をバランス良く合わせたことで、思ったよりも鴨出汁の旨味が強く素材をうまく活かしたコク深い味わいにも感じられ、醤油ならではのキリッとした口当たりによって最後まで飽きの来ない仕上がりとなっています!ただ…風味が弱いのが若干残念なところ。。

そしてこの透明度も高く美しい“和風つゆ”は、鴨出汁をベースにしている上に鶏油も加えたことでコクもあり、全体の仕上がりとしては全く申し分なく、“京都産京鴨”に着目した一杯というだけあって甘みもあってシンプルに美味しい一杯であり、1食当たりのボリュームや、脂っこさのない後味すっきりとした飲みやすい仕上がりでしたので夜食に重宝しそうな一杯と言えるでしょう!

また、メインとなる京都産の合鴨ブランド“京鴨”の旨味に関してはそこまで主張しているわけではなく(クセがなく)、今回の“和風つゆ”を美味しく引き立て、魚介系の旨味も加わったことでじんわりと染み渡る美味しさがたまらなく、ちょうど良いメリハリが付いたことで最後まで飽きることもありませんし、全体としては非常に落ち着いた“和風つゆ”といった上品なフレーバーでしたので…割と万人受けする一杯に間違いありません!

このように、今回の“お取り寄せNIPPON 京都産京鴨だしうどん”は、京都産の合鴨ブランド“京鴨”をはじめ…鰹粉や昆布、椎茸や鶏油などをバランス良く合わせたことで、キリッとしたシャープな口当たりの“和風つゆ”に仕上げ、肝心の鴨出汁に関しても変なクセがあるわけでもなく、丁寧な利かせ具合で深みのある味わいが心地良く、シリーズらしい素材本来の旨味を活かした美味しさを表現、まさにコクのある鴨出汁がストレートに楽しめるフレーバーとなっていたため、お好みによっては上品な“和風つゆ”と相性の良い一味や七味などの香辛料などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「お取り寄せNIPPON 京都産京鴨だしうどん」を食べてみて、エースコックの新ブランド“お取り寄せNIPPON”第4弾として登場した一杯は、京都産の合鴨ブランド“京鴨”に着目し、鰹粉や昆布、椎茸や鶏油などをバランス良く合わせた後味の良い“和風つゆ”に仕立て上げ、そこに厚みもあり若干幅広な太い“うどん”が絶妙にマッチしたことで上質な旨味が食欲を満たしてくれる満足度の高い一杯となっていました!

また、このシリーズはちょっと少なめ・飽きの来ないシンプルに美味い味わいといったサイズ感と旨味が好印象で、今回のフレーバーに関しても飽きる要素が全くなく後味もすっきりとしていたため…ボリューム感なども考慮すると飲んだシメや夜食にも常備したいところではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!