ペヤング

ペヤング 黒ゴマMAXやきそば!“黒ごま”をたっぷりと使用した香ばしさ際立つ美味い一杯

ペヤング 黒ゴマMAXやきそば

ペヤング 黒ゴマMAXやきそば」を食べてみました。(2020年6月8日発売・まるか食品)

この商品は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、今回はなんと“黒ゴマ”の香ばしい風味や旨味に際立った一杯が登場です!

それも…ポークを利かせた醤油ベースのソースに練り胡麻を相性良く加え、さらに具材にも想像以上の“黒ゴマ”を豊富に使用したことで、ソースと具材ともにたっぷりと“黒ゴマ”特有の香ばしさやコク深い旨味を表現し、ほんのり香辛料を加えたことによって全体のバランスがうまく調和された一杯、“ペヤング 黒ゴマMAXやきそば”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージにはシンプルにもほどがある…まるで“黒ゴマ”で埋め尽くされたかのような真っ黒な色合いを基調に今回の商品名である“黒ゴマMAX”といった文言が記載され、特に仕上がりイメージなんかは掲載されていないんですが、原材料を見る限り具材には…黒ごま・キャベツが使用されているようです!

ただ、見ての通り“MAX”であるものの…“黒ゴマ”をモチーフとした商品名からしてそこまでインパクトのあるフレーバーには感じられないかもしれませんが、この真っ黒なパッケージからして久しぶりにシリーズらしい振り切った味わい・仕上がりを期待させますね!

特徴としては…もはや何も言うことがないほどシンプルに“黒ゴマ”の旨味をソースと具材に使用したことによって臨場感溢れる仕上がりとなっているんですが、練り胡麻を使用しているからと言っても決してねっとりとした濃厚なソースではなく、割とさらっとした状態に練り胡麻ならではのコクがさりげなく利き、さらに唐辛子のようなピリッとした香辛料によるメリハリが最後まで飽きの来ない味わいとして表現、いつもながら単純にモチーフとする具材・味わいを強調しただけではないシリーズらしい意外と手の込んだ一杯となっています!

というのも、“黒ゴマ”と聞くと味というよりも香ばしさといった風味をイメージさせるわけで、そこをうまく醤油ベースのソースに練り胡麻が素材本来の旨味をほどよく表現し、“くどさ”を感じさせることなく具材にたっぷりと“黒ごま”を使用したことで濃厚感を払拭するかのように香ばしい風味が食欲そそり、“黒ごま”の美味しさを余すことなく表現しているようですね!

他にも特徴として…麺には、ラードを使用した油で揚げたことによってペヤングらしいラードの旨味・香ばしさが滲み出る仕様となっていて、今回の“黒ごま”の香ばしい旨味をより一層引き立てる相性抜群な仕上がりとなり、ポークやガラスープ、練り胡麻や香辛料などがバランス良くマッチした後味の良い“黒ゴマMAX”な味わいを思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークや練り胡麻はあくまでほどよくといった利かせ具合で、基本はやはりキリッとした後味の良い醤油ソースに仕上げ、そこにパッケージ同様びっしりと具材の“黒ごま”が敷き詰められたことで香ばしい風味が広がり、ピリッとした香辛料をアクセントに旨味を際立たせる絶妙なバランスの一杯となっていました!
これは特に、“黒ごま”が持つ本来の旨味を香ばしい風味とともにたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

「ペヤング 黒ゴマMAX」を検索

ゆうき
ゆうき
では、今回は久しぶりにインパクトのあるパッケージで、見た目通り“黒ごま”の旨味・風味をふんだんに利かせた香ばしい一杯、「ペヤング 黒ゴマMAXやきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 黒ゴマMAXやきそば

今回ご紹介するカップ麺は、2020年3月13日で発売から45周年を迎えたお馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、“黒ゴマ”の旨味をたっぷりと凝縮した味わいをソース・具材によって表現し、ソースには練り胡麻が“黒ごま”の旨味を際立たせ、さらに具材にたっぷりと使用した“黒ごま”によって風味豊かな香ばしさがシリーズらしいラードの旨味・香ばしさが滲み出る麺と絶妙にマッチ、最後までじっくりと“黒ゴマ”の旨味を堪能できる一杯、“ペヤング 黒ゴマMAXやきそば”となっています。

ご覧の通りパッケージはどこを見ても黒・黒・黒!!ということで、今回は“黒ゴマMAX”といった商品名の文字通り“黒ゴマ”の旨味を際立たせたシリーズらしい久しぶりに振り切ったフレーバーが登場したというわけですね!これはパッケージの見栄えからしてなかかな注目度の高い一杯!!

ペヤング 黒ゴマMAX パッケージ

ちなみにこの“ペヤング”は、昨年2019年は毎週のように頻繁に新商品を発売してきたんですが、最近としては…“ペヤング 豚脂(2020年5月18日発売)”に続く新商品ということで昨年と比べて少々落ち着いた雰囲気となっています。。

とは言え、2020年で“ペヤング”発売45周年を迎えるとのことで、個人的にはまだまだこれから大々的なキャンペーンや面白いフレーバーなどがどしどし登場すると思っているので、今後の商品展開に期待したところではあります!

それでは、今回の“ペヤング 黒ゴマMAXやきそば”がどれほど“黒ごま”の旨味を際立たせた仕上がりとなっているのか?ポークを利かせた練り胡麻の旨味やたっぷりと使用された具材の“黒ごま”との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味・風味との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り638kcalとなっております。(塩分は2.8g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)なだけあってかなり高めな数値のようですが、一方で塩分はかなり低めな数値となっています。
※参考までに通常の“ペヤング ソースやきそば”は544kcal・塩分3.6g

ちなみに1食当たり125g、麺の量は90gとのこと。
また、具材にたっぷりと“黒ごま”が使用されているせいか…5gだけレギュラー商品よりも1食当たりの重量が多いようです!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、植物油脂や“しょうゆ”をはじめ…

  • ねりごま
  • 食塩
  • ガラスープ
  • ポークエキス
  • 香辛料

といった、ポークや練り胡麻を利かせた後味すっきりとした醤油ベースのソースにほんのりと香辛料を加えたことによって“黒ごま”の旨味を最大限に活かしつつ、飽きの来ないメリハリの付いた味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

また、麺の項目を見てみると…今回もいつも通りラードといった材料が確認でき、麺から滲み出る旨味や香ばしい風味がより一層“黒ごま”の美味しさを引き立てる相性の良いフレーバーのようです!

JANコード49 02885 00622 0
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(植物油脂、しょうゆ、糖類、ねりごま、食塩、ガラスープ、ポークエキス、香辛料)、かやく(黒ごま、キャベツ)/調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、増粘多糖類、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB₂、(一部に小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (125g) 当たり]
熱量638kcal
たん白質10.9g
脂質39.6g
炭水化物59.5g
食塩相当量2.8g

引用元:ペヤング 黒ゴマMAXやきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“後入れかやく”、“かやく”、やきそばソースといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に“後入れかやく”に含まれる“黒ごま”の量は非常に多く、さらに“やきそばソース”もこれまでのパックよりも大きいサイズとなっているようですね!

ただ、この“やきそばソース”は割とさらっとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、麺はご覧の通りシリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げた麺が採用されており、この中太麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが各種フレーバーの味わいをさりげなく後押ししているんですよね!しかも今回は“黒ゴマ”ですから…より一層香ばしさに際立った風味豊かな仕上がりをイメージさせます!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。
かやくには、シンプルにキャベツのみが入っています。この辺りは従来と同じ仕様のようですね!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

湯切りしている最中からすでにラードの香ばしい風味が食欲そそるんですが…それがまた“黒ゴマ”の香ばしさを相性良くマッチした風味豊かな一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“やきそばソース”を加えていきます!
すると…ポークと思われる油分のすぐ後からは、練り胡麻の旨味をバランス良く利かせた醤油ベースのソースがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んでいきましょう!

そして、やはりソース自体の量も非常に多く、すぐに容器底へと沈み溜まっている状態で、ポークの脂・油分が思いの他たっぷりと含まれているのが確認できますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
原材料には練り胡麻といった材料が記載されていましたが、ソース自体は醤油ベースでさらっとしていて、なんと言ってもこのこってり感を思わせるポークの油分が印象的で、やはりねっとりとした練り胡麻特有の濃厚な…ドロッとした感じではないようですね!個人的にはこれがむしろ好印象といったところ!

そのため、この油分が余計に麺と馴染みやすさを助長し、すんなりとラードが香り立つ麺にコーティングされていきます!

そしてソースが全体に馴染んだら…最後に“後入れかやく”としてたっぷりと使用された“黒ごま”をふりかけて完成となります!ただ…この“黒ごま”かなり量が多いです!!

こうして完成となるわけですが…まさにパッケージの真っ黒な色合いは強ち間違いではなく、これでもかというほど“黒ごま”が敷き詰められたことによってキャベツを除いてほぼ真っ黒な仕上がりとなっています!笑

個人的にもここまで“黒ごま”が使用されているとは予想していなかっただけあって、改めてペヤングシリーズらしさを感じられるのではないでしょうか?

また、ソースに利かせた練り胡麻のバランスといい、このたっぷりと使用した“黒ごま”の量といい、まさに“黒ごま”の旨味・香ばしい風味を際立たせた一杯のようで、単純に振り切った仕上がりではなくしっかりと手の込んだ仕様は関心しますね。

このように、なんと言っても“黒ごま”の旨味・風味を際立たせる醤油ベースにポークを利かせた後味すっきりとした味わいが今回のフレーバーを引き立て、見た目も凄いことになっています。。この辺りに関してはさすが“黒ゴマMAX”といった商品名ならでは!

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークの旨味を利かせたキリッとした醤油ベースのソースには、ほどよい香辛料が利いたことで非常に口当たりの良い仕上がりとなっていて、練り胡麻特有のコク深さというよりも“黒ゴマ”の香ばしさを引き立てるための味わいと言うんでしょうか?“黒ごま”の旨味・風味はほぼ大量に使用された具材によって際立っているようです!

そのため、ソース自体に練り胡麻を利かせているものの…“黒ゴマ”らしさはそこまで感じることもなく、思っていたよりも醤油ならではのキレの良さが香辛料によって引き立てられ、全体のバランスは非常に良いですね!

さらに先ほどポークの脂っこさを思わせる油分がたっぷりと確認できましたが、こちらもまた豊富に使用された“黒ごま”によってうまく調和されており、見た目ほどの“くどさ”などは一切なく、絶妙なバランスによって“黒ごま”の美味しさも楽しむこともでき、香辛料の利いた醤油ベースの旨味溢れる味わいも同時に堪能できるとあって、これはこれでかなり好評なフレーバーかもしれません!ただし実際食べてみなければ、どんな味なのか想像も付かないという。。笑

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしいラードを使用した油で揚げた中太麺となっていて、今回もまたすすり心地の良い風味豊かな仕上がりとなっています!

そんな麺には、ポークを利かせた醤油ベースに練り胡麻や香辛料をバランス良く加えたキレの良い焼そばソースがよく絡み、一口ずつにポークやほどよい“黒ごま”の旨味が口いっぱいに広がっていき、たっぷりと使用された“黒ごま”の香ばしい風味が後味良く抜けていきます!これ…もしかして“後入れかやく”を入れずに味わってみても十分美味しいかもしれません!

そして、こちら“黒ごま”を多めに絡めて食べてみると…より一層香ばしい風味や“ごま”特有の食感なんかも加わり、まさに“黒ごま”の美味しさをしっかりと堪能できるでしょう!

ただ、上記のように元々のソースが想像以上に美味しく仕上がっていたようでしたので、お好みによってはまず“黒ごま”を入れずに味わってみて、その後徐々に足してみても良いかもしれませんね!そうすることで“黒ごま”を加える前後で味の違いなんかも楽しむこともできるかと思われます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが使用されていて、ほどよいシャキシャキ感を残した仕上がり具合といったところで、もはやお馴染みの具材として彩りも良く、ちょうど良いアクセントをプラスしているようです!

また、すでにおわかりの通り今回の一杯には、たっぷりと“黒ごま”が使用されており、“ごま”の中でも特に香ばしさといった風味が強い“黒ごま”が採用されていますから…ラードを使用した油で揚げた麺から香るラードの香ばしさも後押しして風味豊かな仕上がりをうまく演出しているように感じられます!

そして、これら具材をたっぷりと絡めていただいてみると…“黒ごま”とキャベツの食感や旨味が加わり、素材本来の旨味はもちろん、香ばしい風味に際立った味わいがより一層満足度高く楽しめるでしょう!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りポークをベースに練り胡麻の旨味をほどよく利かせ、ピリッとした唐辛子のような香辛料が加わったことで、旨味・風味ともに申し分のない仕上がりとなっています!

そのため、まさに“後入れかやく”を加えなくとも醤油のキレとポークや練り胡麻の旨味による組み合わせによって十分な美味しさがすでに表現されており、さらにたっぷりと“黒ごま”を加えることによって香ばしさが増し、まさに“黒ゴマMAX”な味わいが十二分に堪能できるでしょう!

当初、“黒ゴマMAX”?と聞いても味にピンと来ませんでしたが、まさに“黒ごま”の旨味・風味を引き立てるかのようなポークを利かせた醤油ベースの焼そばソースとなっていて、特筆すべきはやはりこの練り胡麻の利かせ具合かと思われます!

決してねっとりとした濃厚感がない点が個人的には非常に好印象で、後味すっきりとした味わいにもかかわらず旨味がしっかりと利き、そこにたっぷりと“黒ごま”を使用したことによって香ばしさ際立つ風味豊かな一杯に仕上げられているわけですね!

このように、今回の“ペヤング 黒ゴマMAXやきそば”は、ポークやガラスープなどを利かせた醤油ベースの焼そばソースに絶妙なバランスで練り胡麻の旨味が加わり、ほどよい香辛料がキリッとしたシャープな口当たりを演出、それだけでも十分な美味しさが表現されていて、そこにたっぷりと具材の“黒ごま”を使用したことで素材本来の香ばしい旨味を引き立て、全体のバランスが綿密に考慮された仕上がりとなっていたため、お好みによっては“後入れかやく”を少しずつ足してみたり、唐辛子などの香辛料をちょい足ししてみてメリハリのある味わいをより際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング 黒ゴマMAXやきそば」を食べてみて、商品名の文字通り“黒ごま”の香ばしい旨味をうまく引き立てるかのような醤油ベースのソースには、ポークや練り胡麻の旨味をバランス良く利かせ、さらに後味の良さを引き立てるかのようにピリッとした香辛料が加えられたメリハリのあるテイストに仕上がり、そこに別添された大量の“黒ごま”を加えることによって香ばしい旨味が強烈に感じられるシリーズらしい振り切った一杯となっていました!

やはり“ペヤング”シリーズは、じっくりと味わってみると各種フレーバー毎にしっかりと考え抜かれた味わいを表現していることが伝わってきますね!今回の一杯も単純に“黒ごま”の旨味だけをストレートに使用するわけではなく、バランス良く素材の旨味を引き立てる仕上がり具合は思ったよりも美味しく楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

「ペヤング 黒ゴマMAX」を検索

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!