ペヤング

ペヤング 超大盛もつキムやきそば!じっくり煮込んだ“もつ煮”の味付けにキムチ風味が香るコク深い一杯

ペヤング 超大盛もつキム やきそば

ペヤング 超大盛もつキム やきそば」を食べてみました。(2022年3月21日ファミリーマート先行販売/2022年4月11日一般販売・まるか食品)

この商品は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、今回はじっくりと煮込まれた“もつ煮”の味わいにキムチの旨味が加わったことで今までにない美味しさを表現、ポークをベースに味噌や魚介の旨味、コチュジャンや練り胡麻などをバランス良く合わせたことでコク深く濃厚ながらも香辛料によってメリハリが際立ち、まさにひと味違った“もつ煮”が“超大盛”シリーズとしてボリューム感たっぷりと楽しめる一杯、“ペヤング 超大盛もつキム やきそば”となっております。(税抜き300円)

ご覧の通り、パッケージには“もつ煮込みの味付けにキムチ風味を足した旨さ”と記載され、商品名が“もつキム”でしたので思わずキムチテイストに具材として“もつ”が使用されたフレーバーかと思いましたが…実際には“もつ煮”をイメージした味わいにキムチ風味を付与したコク深い一杯で、ポークの旨味をはじめ…味噌や魚介の旨味、コチュジャンや練り胡麻など実に様々な材料が使用されたことでメリハリのある風味豊かな味わいを表現しているようで、そもそも“超大盛”シリーズとして登場したということは恐らく“まるか食品”としても自信作だと思われますので期待できそうです!

また、2022年3月7日には…“ペヤング 獄激辛やきそばFinal(ファイナル)”いったインパクト抜群な商品が発売されたばかりなんですが…さすが“ペヤング”シリーズ、今年で発売47周年ということもあってまだまだ新フレーバーのラッシュは止まりませんね!しかも今回は久しぶりに全く別のフレーバー“ペヤング にんにく明太子味やきそば”がレギュラーサイズとして同時発売されています!

ちなみに今回の“ペヤング 超大盛もつキムやきそば”には仕上がりイメージが掲載されていないんですが、原材料を見る限り具材には…豚モツ・白菜・ごぼう・“ねぎ”が使用されているようです!(“ごぼう”を使用している辺りが“もつ煮”をイメージさせますね。)

そして、“もつ煮”をイメージしたフレーバーということで具材にも実際に“豚もつ”が使用されており、この“豚もつ”を使用した一杯と言えば…これまでも“ペヤング ホルモン入りやきそば 甘辛味噌味(2019年3月18日発売)”や“ペヤング 辛口ホルモンねぎ やきそば(2021年2月8日発売)”、“ペヤング ホルモン焼き風味噌仕立て やきそば(2021年12月27日発売)”といったテイストが発売されています!
※それぞれ同じく“豚もつ”が使用されています。

他にも特徴として…麺は“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたフライ麺が今回も同じく採用されていて、それによってラードの旨味・香ばしさが“もつ煮”をイメージしたソースに滲み出し、具材に使用された“豚もつ”が本格感のある美味しさを引き立て、コチュジャンや香辛料、キムチのピリッとしたアクセントやコクが絶妙にマッチしたことで最後まで飽きることなく“超大盛”らしいボリュームとして楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“もつ煮”をイメージした味わいにキムチ風味を加えたフレーバーということでポークをベースに味噌や魚介の旨味、さらにコチュジャンや練り胡麻、香辛料など実に様々な材料がバランス良く合わさったことによってコクのあるソースに仕上がり、濃いめのテイストながらもキムチ風味やキリッとした口当たりが絶妙にマッチした旨味溢れる味わいを表現、塩加減といいほんのり香るキムチ風味といい…全体のバランスは思っていたよりも非常に良く、さらに具材に使用された“豚もつ”がソースの美味しさをより一層引き立て、後引く旨味・アクセントがうまく調和されたことで“もつキム”といった今までにないフレーバーが最後までたっぷりと楽しめる“超大盛”シリーズらしい食べ応えのある一杯となっていました!
これは特に、“もつ煮”が好みの方はもちろん、ポークをベースに味噌や練り胡麻、香辛料やキムチ風味を加えたことでこれまでにない“もつ煮”の味わいを表現、そこにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさと絶妙にマッチした味わいを“超大盛”らしくボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”シリーズの新フレーバーとして登場したもので、“もつ煮”の美味しさにキムチ風味を利かせたソースに“豚もつ”や“ごぼう”などを豊富に使用したことでやみつき感のある美味しさを表現した“超大盛”仕様の旨味溢れる一杯、「ペヤング 超大盛もつキムやきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 超大盛もつキム やきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、全国それぞれの味付けで親しまれている“もつ煮”の味わいをイメージし、そこにキムチ風味を加えたことでこれまでにない味わいを表現、ポークをベースに味噌や魚介の旨味、コチュジャンや練り胡麻、香辛料やキムチ風味などをバランス良く合わせたことでコク深く風味豊かな味わいに仕立て上げ、シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や風味が相性良くマッチした自信作の一杯、“ペヤング 超大盛もつキム やきそば”となっています。

ペヤング 超大盛もつキム やきそば パッケージ

上記の通り今回のフレーバーはじっくりと煮込んだ“もつ煮”の味わいをイメージしたテイストにキムチの風味を利かせたという…ひと味違った美味しさを表現し、“超大盛”からの登場ということで恐らく“まるか食品”の自信作であり、ポークや味噌など様々な材料をうまく掛け合わせたことで奥深い味わいに仕上げ、そこにふんわりと香るキムチの風味がクセになる最後まで飽きの来ない“つまみ”にもなりそうな旨味が際立ち、麺から香る風味豊かな香ばしさとともにボリューム感たっぷりと楽しめそうです!

このように“ペヤング”シリーズにはレギュラーサイズとして激辛なテイストから突拍子もない企業・メーカーとのコラボだったりと様々なフレーバーが発売されており、他にもボリューム感のある“超大盛”シリーズや“GIGAMAX”・“ペタマックス”シリーズなど…その種類は非常に多岐に渡り、2021年も実に様々な商品が発売されましたから…2022年も期待したいところ!

他にも、ここ数年の“ペヤング”シリーズ一覧は下記の記事にもまとめてありますので、ぜひご覧ください!やはり“ペヤング”は改めて見ると多種多様なフレーバーが数多く登場していて面白いですね!

「ペヤング」シリーズ一覧
「ペヤング」シリーズ一覧!歴代フレーバーを一挙ご紹介します!【随時更新】このブログでは、これまで実に様々な“ペヤング”のフレーバーをご紹介してきましたが、今回は実際に味わってみた一杯を全てご紹介したいと思いま...

それでは、今回の“ペヤング 超大盛もつキムやきそば”がどれほどじっくりと煮込んだ“もつ煮”の味わいを表現しているのか?これまでにない味わいとして加えたキムチ風味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が香り立つすすり心地抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り1252kcalとなっております。(塩分は6.6g)

カロリーは、“超大盛”仕様・汁なしカップ麺(カップ焼そば)ということもあって、じっくりと煮込んだ“もつ煮”らしいコク深いフレーバーらしくかなり高い数値のようですが、一方で塩分はこのボリュームを考慮すると平均的な数値となっています。
ちなみに1食当たり238g、麺の量は180gとのこと。(レギュラーサイズのちょうど倍)

また、このカロリーと塩分を見ると…やはり“もつ煮”をイメージした味わいにキムチ風味を付与したことでこれまでにない味わいを表現し、ポークをはじめ味噌や魚介の旨味など様々な旨味によってコク深さ・繊細さを引き立て、安定感のあるボリューム感抜群な仕上がりをイメージさせます!

他にも今回は超大盛り仕様とのことですので、ご覧の通り必要なお湯の目安量としては820mlも必要となるため、若干注意が必要ですね!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、動物油脂や味噌をはじめ…

  • ポークエキス
  • 魚醤(魚介系)
  • コチュジャン
  • 食塩
  • 香辛料
  • ねりごま
  • おきあみエキス
  • 野菜エキス

といった、ポークをベースに味噌や魚介の旨味、練り胡麻などをバランス良く合わせたことでじっくりと煮込んだ“もつ煮”の味わいを再現、そこにコチュジャンや香辛料、キムチの風味を加えたことによってこれまでにないテイストに仕立て上げ、さらに麺から滲み出るラードの旨味や香ばしさがコク深いソースに加わったことによって“もつ煮”の美味しさを臨場感高く楽しめる贅沢な味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…シリーズらしい“ラード”といった材料がしっかりと記載されていることが確認できます!これによってラードの旨味・香ばしさが滲み出し、ソースの旨味も増すんですよね!

JANコード49 02885 00796 8
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(動物油脂、味噌、ポークエキス、魚醤(魚介類)、糖類、コチュジャン、食塩、香辛料、ねりごま、おきあみエキス、野菜エキス)、かやく(豚モツ、白菜、ごぼう、ねぎ)/調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、増粘剤(グァーガム)、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ビタミンB2、ベニコウジ色素、(一部に小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・魚醤(魚介類)を含む)

栄養成分表示 [1食 (238g) 当たり]
熱量1252kcal
たん白質19.3g
脂質85.0g
炭水化物102.5g
食塩相当量6.6g

引用元:ペヤング 超大盛もつキムやきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると…ご覧の通り“かやく”、やきそばソースといった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に“やきそばソース”に関しては原材料にも記載されていた通りポークの旨味エキス・脂やトロッとした味噌がたっぷりと使用されているようでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたやや細めな仕様となっていて、これによってラードの旨味と香ばしさが広がり、ソースの旨味をさり気なく際立たせているんですよね!これは今回の“もつ煮”にキムチ風味を加えたフレーバーとの相性なんかも良さそうです!

さらに、今回は“超大盛”ということで麺量はレギュラーサイズのちょうど2倍となっており、お馴染みの麺がふたつ並んで梱包されています。(2つ分なのでボリューム感はありますが、“GIGAMAX”シリーズや“ペタマックス”シリーズと比べると全く問題なく食べきれる量となっています。)

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

そして、かやくには…

  • 豚もつ
  • 白菜
  • ごぼう
  • ねぎ

が入っています。

特に“豚もつ”は使用されている数・サイズともに申し分なく、“もつ煮”ならではのじっくりと煮込んだ味噌テイストのコク深い味わいとの相性はもちろん、他にも“ごぼう”など“もつ煮”によく使用されているという各種具材が取り揃えられているようです!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:820ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺からは食欲そそるラードの香ばしさが香り立ち、具材に使用された“豚もつ”もちょうど良い柔らかさに湯戻りされ、まだ別添されている“やきそばソース”を加える前の状態ではありますが、ポークをベースに味噌や魚介の旨味、コチュジャンや練り胡麻、香辛料やキムチの風味を加えたことで、イメージしている“もつ煮”とはひと味違ったこれまでにない味わいが楽しめるボリューム感抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“やきそばソース”を加えていきます!
すると…ご覧の通りポークを利かせた濃厚とも言える味噌がトロッとした状態となっており、魚介の旨味やコチュジャン、香辛料やキムチ風味を利かせたソースがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!ただ、特別こってり感・脂っこさがあるというわけではありません。

そのため、このソースは量が多く若干“とろみ”もあることから、表面にも留まりつつも…すぐに容器底へと沈んでいき、見た目としては非常にコク深い味噌テイストを思わせ、実に様々な材料が使用されたことで繊細かつ複雑な美味しさがバランス良く表現され、じっくりと煮込んだ“もつ煮”ならではの美味しさが臨場感高く仕上がっているようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りコク深い味噌にポークのエキス・脂が加わったことで若干ドロッとした濃厚なソースに仕上がっているんですが、決して粘度はありませんので、すんなりと風味豊かな麺に馴染んでいきます!

そして“やきそばソース”が全体に馴染むと…先ほどまでの濃いめの色味が若干落ち着いた仕上がりとなり、じっくりと煮込んだ“もつ煮”をイメージした味わいにアクセントとしてキムチの風味を加えたこれまでにないテイストとのことでしたが、思っていたよりもキムチらしい風味はかなり弱く、むしろポークをベースにコクのある味噌や魚介の旨味、コチュジャンや練り胡麻など…様々な旨味を利かせたことで風味豊かな香りが漂う臨場感の高い味わいが“カップ焼そば”として再現されているように感じられます!やはりこういった手の込んだ一杯は非常に好印象といったところ!

また、ソースは原材料にも記載されていた通り実に様々な材料が使用されているだけあって、単純にポークと味噌を合わせただけでなく、魚介の旨味やコチュジャンによって繊細な旨味やコク・辛みといったアクセントをプラスした本格的なテイストに仕立て上げ、具材にも“豚もつ”が豊富に使用されていますから…これらをしっかりと混ぜ合わせることによって“もつ煮”の美味しさも際立って楽しめそうです!これは間違いないやつですね。。

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークをベースにコク深い味噌や魚介の旨味、コチュジャンや練り胡麻など様々な材料がバランス良く融合したことで、じっくりと煮込まれた“もつ煮”ならではの味わいにほんのり香るキムチの風味が相性良く馴染み、想像以上にクオリティの高い味わいが表現されているようで、“もつ煮”そのものの味わいが見事に“カップ焼そば”として再現され、特に動物系の旨味に魚介系が加わったことで味に深みをプラス、さらにちょうど良い塩加減とコチュジャンや香辛料による辛みが絶妙なアクセントとなり、豊富に使用された“豚もつ”が今回の“もつキム”をより一層美味しく際立たせているように感じられます!

これは想像以上でしたね!ポークの旨味に味噌を合わせた単純なテイストではなく、ある意味シリーズらしくないかもしれませんが…“もつ煮”ならではのコク深くも繊細な味わいがうまく再現され、さり気なく香るキムチの風味や魚介の旨味・コチュジャンなどを合わせたやみつき感のある味わいは、ついつい箸が止まらなくなってしまい、ボリューム感のある“超大盛”仕様で登場したのも納得です!

さらに具材には“豚もつ”以外にも“ごぼう”や白菜などが豊富に使用されているため、食べはじめはベースの味わいをじっくりと堪能し、徐々に全体を混ぜ合わせていただくと、臨場感の高い“もつ煮”ならではの味わいがたっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしいやや細めの中太・丸刃仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が“もつ煮”の味わいを再現したソースに滲み出し、本格感のある味わいにもぴったりな調理感のある風味を際立たせています!

そんな麺には、ポークをベースにコク深い味噌や魚介の旨味、コチュジャンや練り胡麻など実に様々な旨味がバランス良く融合し、メリハリを付ける香辛料、さらにキムチの風味を利かせた拘りのソースがよく絡み、一口ずつにじっくりと煮込まれた“もつ煮”ならではのコク深い味わい・繊細な旨味などが口いっぱいに広がっていき、ラードの香ばしさに加え、ほんんのり香るキムチの風味が後味良く抜けていきます!…というかこれはソースが絶妙な仕上がりで麺だけでも十分美味しいですね!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちらの“豚もつ”が豊富に入っていて、使用されている数・サイズともに全く申し分なく、じっくりと味わってみると…やや柔らかな食感で、味付けも施されたことで、噛むほどに旨味が滲み出る美味しい仕上がり具合となっているんですが、全体をしっかりと馴染ませながら麺と一緒にいただくと、より一層“もつ煮”を食べているかのような味わいが際立って楽しめるかと思われます!

また、個人的にいつも表示されている調理時間よりも短くしていただいているんですが…それでも今回の“豚もつ”は十分湯戻りされているようでしたので、麺の硬さをお好みの時間で短めに調整してみても問題ありません!

また、こちらの“ごぼう”なんかも使用されていて、今回イメージした“もつ煮”にはよく使用されている定番の具材のようで、じっくりと味わってみると素材本来の味わいがしっかりと感じられ、アク抜きもしっかりと処理されたことで“えぐみ”や変な土臭さもなく、今回のフレーバーと相性抜群な具材となっています!

さらに、こちらのキャベツなんかも使用されており、やや小ぶりということもあってシャキシャキとまではいかないものの…ほどよい食感を残した仕上がり具合となっていて、今回の一杯にちょうど良い彩りと食感としてのアクセントをプラスしているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、かなり小さくカットされたことで食感こそありませんが、ちょうど良い薬味にもなったことでじっくりと煮込まれた“もつ煮”にアクセントとしてキムチの風味を加えた“もつキム”の美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り、ポークの旨味をベースにコク深い味噌や魚介の旨味、コチュジャンや練り胡麻など様々な材料をバランス良く合わせたことで、じっくりと煮込まれた“もつ煮”をイメージした味付けにアクセントとしてキムチの風味を加えたこれまでにない美味しさを表現、そこに具材として豊富に使用された“豚もつ”とも相性良く馴染み、コク深く繊細な旨味がほどよい香辛料によってメリハリが付き、ついつい箸が止まらなくなるようなクセになる味わいがたっぷりと楽しめることと思われます!

そのため、ベースはじっくりと煮込まれた“もつ煮”ならではの味わいといったポークをベースにコク深い味噌が強調された繊細なテイストとなっていて、コチュジャンや香辛料、さらにほどよく利かせたキムチの風味をバランス良く合わせたことで奥行きのある美味しさに際立ち、“豚もつ”を美味しくいただく味付けとなっていて、コク深くも決してこってりとしているわけではありませんので、“超大盛”仕様のボリューム感のある一杯でも最後まで全く飽きることなく“もつキム”ならではの味わいがたっぷりと堪能できるのではないでしょうか?

やはり“超大盛”仕様の際は自信作というのも納得ですね!想像以上にじっくりと煮込んだ“もつ煮”の味わいがうまく“カップ焼そば”に再現されていて、味噌もまた繊細な旨味に際立ったことで申し分なく、ちょうど良い“つまみ”にもなりそうな味わい深いテイストが好印象といったところ!

このように、今回の“ペヤング 超大盛もつキム やきそば”は、じっくりと煮込んだ“もつ煮”をイメージした味付けにキムチの風味がちょうど良いアクセントとなったことでこれまでにない味わいを表現、ポークをベースにコク深い味噌や魚介の旨味、さらにコチュジャンや練り胡麻などをバランス良く合わせたことによって臨場感の高いテイストに際立ち、キムチの風味もそこまで主張しているわけではなく、全体のバランスが非常に良く、そこに“豚もつ”を豊富に使用したことで本格感のある旨味がボリューム感たっぷりと楽しめる満足度の高い一杯となっていたため、好みによっては唐辛子辺りの香辛料をちょい足しして刺激的なアクセントを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング 超大盛もつキム やきそば」を食べてみて、じっくりと煮込んだ“もつ煮”をイメージした味付けにキムチ風味を加えたこれまでにない味わいを再現した一杯には、ポークをベースに味噌のコクや魚介の旨味、さらに様々な材料が繊細なテイストへと際立たせ、コク深く味も濃いめながらもほどよい香辛料やキムチの風味がちょうど良いアクセント・メリハリとなったことで臨場感の高い“もつ煮”を楽しむことができ、さらに具材にも“豚もつ”を豊富に使用したことで想像以上に臨場感の高い味わいに仕上がり、満足度の高い美味しさが“超大盛”らしくたっぷりと楽しめるボリューム感のある一杯となっていました!

やはり“ペヤング”は意外と手の込んだフレーバーが多く登場しますね!今回の一杯に関して言うと…“もつ煮”の味わいを再現したことでそこまで奇抜なテイストというわけではありませんが、想像以上に繊細な旨味が際立ち、さらに具材に使用された“豚もつ”を引き立てるかのようなキムチ風味を利かせたソースに仕立て上げ、旨味・風味ともに“もつ煮”の味わいが“超大盛”らしくたっぷりと楽しめるテイストとなっていたため、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!