ペヤング

ペヤング 九州豚骨やきそば!熱湯1分で仕上がるバリカタ細麺と本格的な味が楽しめるコク深い一杯

ペヤング 九州豚骨やきそば

ペヤング 九州豚骨やきそば」を食べてみました。(2022年3月14日発売・まるか食品)

この商品は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、今回は九州名物“豚骨ラーメン”の味わいを“ペヤング”流にアレンジ・再現、豚骨の旨味にキレの良いタレをバランス良く合わせたコク深いスープをうまく焼そばソースとして仕立て上げ、さらに熱湯1分で仕上げることで本格豚骨ラーメンにぴったりなシリーズ初の細麺によるバリカタな食感が楽しめる臨場感の高い一杯、“ペヤング 九州豚骨やきそば”となっております。(税抜き205円)

ご覧の通り、パッケージには九州の地図を背景に“九州豚骨”といった今回の商品名が大きく掲載されており、豚骨ベースの焼そばソースに香味油によって風味豊かな香りが際立ち、さらにラードを加えたことでちょうど良い濃厚感やこってり感を表現、そんな想像以上に本格感のあるテイストにキリッとした醤油ダレを合わせたことによって本格感のある豚骨ラーメンを味わっているかのようなクオリティの高い美味しさに際立ち、濃厚ながらもキリッとしたシャープな口当たりと食欲そそる風味がたっぷりと楽しめそうです!

一方こちらには“細麺”、“熱湯1分”と記載されているように、今回のフレーバーはなんとシリーズ初となる細麺とのことで、調理時間1分・角刃仕様によって歯切れの良い強いコシが加わり、それによってより本格的な豚骨ラーメンを再現しているようですね!レギュラーサイズの“ペヤング”と言えばお決まりのラードを使用した油で揚げた麺が採用されているんですが、今回の“九州豚骨やきそば”にはバリカタ食感が楽しめる初の試みとなっています!

ちなみに今回はパッケージに仕上がりイメージなどは掲載されていないんですが、原材料を見る限り具材には…豚肉・味付け高菜・紅生姜・“輪ねぎ”が使用されているようです!
この辺りも豚骨ラーメンにぴったりな具材が各種取り揃えられているようで、本格感のある豚骨ラーメンならではの味わいが楽しめるのではないでしょうか?

また、このシリーズとしては以前ご紹介した大変話題となった“ペヤング 獄激辛やきそばFinal(2022年3月7日発売)”に続くフレーバーとなっており、今年はシリーズ発売47周年を迎えますから今後の商品展開にも期待したいところ!
※“ペヤング ソースやきそば”は1975年(昭和50年)3月に発売されました。

他にも特徴として…麺は上記の通り“ペヤング”シリーズ初となる細麺となっており、お馴染みのラードを使用した油で揚げたフライ麺という点では同じく、角刃らしい歯切れの良い強いコシが表現され、それによって豚骨の旨味に醤油ダレを合わせたかのようなメリハリのある九州豚骨ラーメンを再現した本格感のあるソースによく絡み、具材に使用された味付け高菜や紅生姜がちょうど良いアクセントとなった旨味溢れる味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

豚骨の旨味はポークエキスやポークパウダー、さらにラードによって臨場感の高い濃厚感・こってり感が絶妙に再現されており、そこに醤油感の強いキリッとした口当たりがバランス良く馴染んだことでメリハリのあるソースに仕立て上げ、より本格的な豚骨ラーメンを再現するべく使用されたシリーズ初の細麺が1分で仕上がることでバリカタ食感や小麦の風味が際立って感じられ、まさに豚骨ラーメンを味わっているかのような臨場感の高いテイストを表現し、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな全体のバランスが非常に良い風味豊かなフレーバーとなっていました!
これは特に、九州名物“豚骨ラーメン”が好みの方はもちろん、クセのない豚骨の旨味を凝縮したコク深く濃厚なソースに醤油感の強いキレがバランス良く合わさった本格的な豚骨ラーメンを“焼そば”として気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”の新フレーバーとして九州名物“豚骨ラーメン”の味わいをシリーズらしく“カップ焼そば”に再現、豚骨の旨味にラードや醤油ダレをバランス良く合わせたことで濃厚な味わいに際立ち、そこにシリーズ初となる細麺が採用され、1分の調理時間によってバリカタ食感が楽しめる風味豊かな一杯、「ペヤング 九州豚骨やきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 九州豚骨やきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”の新商品ということで、九州名物“豚骨ラーメン”の味わいをシリーズらしく再現、臭みのない豚骨の旨味にラードがちょうど良い濃厚感・こってり感を際立たせ、さらに醤油ダレのようなキレの良さや具材に使用された味付け高菜や紅生姜がアクセントとして相性良くマッチ、そこに1分で仕上がるバリカタ食感の細麺が本格的な豚骨ラーメンに感じさせ、濃厚ながらもメリハリのある味わいが楽しめる最後まで飽きの来ない一杯、“ペヤング 九州豚骨やきそば”となっています。

ペヤング 九州豚骨やきそば パッケージ

上記の通り今回のフレーバーは豚骨ラーメンの味わいを“カップ焼そば”に再現したもので、より本格的な豚骨ラーメンを再現するべくシリーズとしては初となる細麺が採用されている点が非常に大きなポイントで、1分で仕上げることによって豚骨スープと相性抜群な粉っぽさを残したバリカタ食感が楽しめるという…個人的にはかなり衝撃的な一杯で、ソースもポークの旨味にラードを合わせたことで濃厚感やちょうど良い脂っこさを表現し、特に奇抜なテイストではありませんが…豚骨好きにはたまらない安定感のあるフレーバーであり、まさに最後まで全く飽きの来ないテイストが楽しめそうです!

このように“ペヤング”シリーズにはレギュラーサイズとして激辛なテイストから突拍子もない企業・メーカーとのコラボだったりと様々なフレーバーが発売されており、他にもボリューム感のある“超大盛”シリーズや“GIGAMAX”・“ペタマックス”シリーズなど…その種類は非常に多岐に渡り、2021年も実に様々な商品が発売されましたから…2022年も期待したいところ!(今回の細麺仕様によって新たな展開もあるのかもしれません。)

他にも、ここ数年の“ペヤング”シリーズ一覧は下記の記事にもまとめてありますので、ぜひご覧ください!やはり“ペヤング”は改めて見ると多種多様なフレーバーが数多く登場していて面白いですね!

「ペヤング」シリーズ一覧
「ペヤング」シリーズ一覧!歴代フレーバーを一挙ご紹介します!【随時更新】このブログでは、これまで実に様々な“ペヤング”のフレーバーをご紹介してきましたが、今回は実際に味わってみた一杯を全てご紹介したいと思いま...

それでは、今回の“九州豚骨やきそば”がどれほどポークやラードを利かせた濃厚な豚骨ラーメンを再現しているのか?醤油ダレのようなキレの良い口当たりや具材に使用された味付け高菜や紅生姜との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズ初となる調理時間1分で仕上げることでバリカタ食感が楽しめる細麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り668kcalとなっております。(塩分は3.3g)

カロリーは、割とこってりとした濃厚な豚骨ラーメンを再現し、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ということもあってレギュラーサイズとしてはかなり高めな数値のようですが、一方で塩分はかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり121g、麺の量は90gとのこと。

また、このカロリーと塩分を見ると…豚骨ラーメンの中でもこってり系のテイストを再現しているようにも感じられ、ポークの旨味やラードをうまく活かしたことによって臨場感の高い味わいに仕立て上げ、キレの良い醤油ダレと相性良く馴染んだことで本格感のある仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、調製ラードや食用ごま油をはじめ…

  • 香味油
  • ポークエキス
  • ポークパウダー
  • しょうゆ
  • 食塩
  • 香辛料

といった、ポークの旨味にラードをうまく合わせたことで濃厚な豚骨ラーメンを再現、そこにキリッとした醤油ダレや具材に使用した味付け高菜や紅生姜がちょうど良いアクセントになったことで、九州名物“豚骨ラーメン”を食べているかのようなコク深いテイストに仕上げ、まさに素材の旨味を存分に活かした風味豊かな味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…シリーズらしい“ラード”といった材料がしっかりと記載されていることが確認できます!これによってラードの旨味・香ばしさが滲み出し、ソースの旨味も増すんですよね!ただ、今回は初の細麺仕様ということで仕上がりの方もかなり期待したいところ!

JANコード49 02885 00790 6
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(調製ラード、食用ごま油、香味油、ポークエキス、ポークパウダー、しょうゆ、食塩、糖類、香辛料)、かやく(豚肉、味付け高菜、紅生姜、輪ネギ)/調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、酒精、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、加工デンプン、香料、リン酸塩(Na)、カラメル色素、酸味料、ビタミンB2、赤ダイコン色素、(一部に小麦・ごま・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (121g) 当たり]
熱量668kcal
たん白質9.1g
脂質47.9g
炭水化物50.2g
食塩相当量3.3g

引用元:ペヤング 九州豚骨やきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、やきそばソースといった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に“やきそばソース”に関しては豚骨の旨味やラードなどがたっぷりと含まれた若干トロッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、麺はご覧の通り“ペヤング”としては初となる細麺仕様ということで角刃の細フライ麺が採用されており、これによって今回の“九州豚骨やきそば”といった九州名物“豚骨ラーメン”の味わいを臨場感高く再現し、ラードの香ばしさなんかも加わることで今回のテイストと相性抜群な麺となっているようですね!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには…

  • 豚肉
  • 味付け高菜
  • 紅生姜
  • 輪ねぎ

が入っています。

特に豚骨ラーメンと相性の良い味付け高菜や紅生姜がちょうど良いアクセントとなり、他にも“ねぎ”によって後味さっぱりと感じさせるちょうど良い薬味に期待したいところで、麺・具材ともに拘ったことで臨場感の高い豚骨ラーメンがシリーズらしく再現されているようです!

では、熱湯を注ぎ1分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺からは食欲そそるラードの香ばしさが漂い、まだ別添されている“やきそばソース”を加える前の状態ではありますが、コク深く濃厚な豚骨ラーメンを“カップ焼そば”に再現、ポークやラードをうまく合わせ、さらに醤油ダレによるキレの良さがバランス良くマッチした臨場感の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“やきそばソース”を加えていきます!
ちなみにこのソースは、ポークエキスやラードなどを多く含んでいるため、若干トロッとした状態ではありますが、決して粘度のある感じでもありませんので、今回初登場した細麺との馴染みも良さそうです!

そしてこの“やきそばソース”は量も多めということもあってすぐに容器底へと沈んでいき、この時点では豚骨ラーメンらしいクセのある風味は特になく、割と濃厚でコク深いテイストながらもラードの旨味や香ばしさが加わることによってペヤングらしさも感じられ、後味の良さを際立たせるキレの良い醤油ダレなんかも加わったことでメリハリのある豚骨スープを再現、まさに安定感のある味わいに間違いなさそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りソースはトロッとした状態ながらもポークの脂やラードの油分によって割とすんなりと麺に馴染んでいきます!ただ、今回は細麺仕様となっているため、若干の混ぜにくさはありますね。。

そしてソースが全体に馴染むと…ラードでしょうか?本格感のあるオイリーな油分がしっかりと細麺にコーティングされ、その細麺も調理時間1分で仕上げることでバリカタ食感が楽しむことができ、想像以上に臨場感の高い豚骨ラーメンの味わいを再現、さらに具材として使用された味付け高菜や紅生姜がちょうど良いアクセントとなったことで九州名物“豚骨ラーメン”の美味しさがより一層引き立ち、まさに“ペヤング”らしくアレンジ・再現された風味豊かなフレーバーとなっています!

また、今回使用されている具材は他にも豚肉や“輪ねぎ”といった豚骨ラーメンの旨味を引き立てるものが多く、中でも味付け高菜や紅生姜は今回のテイストと相性抜群ですからね!全体をしっかりと混ぜ合わせることで様々なアクセントが濃厚なフレーバーを引き立て、他にもペヤング初となる細麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが加わった香り高い味わいがしっかりと楽しめそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…コク深く濃厚な豚骨ラーメンならではの味わいがしっかりと再現され、やはりあっさり系ではなく比較的濃厚なテイストとなっており、ポークやラードをうまく活かしたことで良い意味での脂っこさをプラス、そこに醤油ダレのようなキレの良い口当たりがバランス良くマッチしたことで最後まで飽きることのない美味しさがたまらなく、具材に使用された味付け高菜や紅生姜がちょうど良いアクセントとなったことで臨場感の高い豚骨ラーメンを“ペヤング”らしく再現し、なんと言ってもこのメリハリのあるキレとコクが最後まで飽きることなく楽しめるかと思われます!

また、豚骨ラーメンと言えば…乳化感のある白濁としたコク深いテイストをイメージさせるんですが、そういった味わい深い濃厚なスープをうまく“焼そばソース”として再現し、醤油感の強いキレや具材に使用された味付け高菜や紅生姜が濃厚感のある味わいにメリハリを付け、それによって臨場感の高いフレーバーに際立たせているようですね!そのため、決して奇抜なフレーバーではありませんが…濃淡を付けた後味の良いこの美味しさは幅広い層に好まれることに間違いなく、キレ・後味の良い醤油味と丁寧に利かせた豚骨の旨味によって箸が止まりません。。

ただ、ソースが割と濃厚で脂っこく麺が細い仕様のため、全体的に麺がダマになりがちですね。。これがもう少しサラッとしたテイストだと良かったのかもしれません!もしくは無理に細麺にしない方が良いのかも?とも感じられましたね!(せっかくの細麺仕様なので“焼きラーメン”を再現するべきだったのかもしれません。)とは言え…この濃厚な豚骨スープを彷彿とさせる仕上がり、ちょうど良い塩気・風味は個人的に好印象といったところ!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズ初となる細いフライ仕様となっていて、1分で仕上げることで豚骨ラーメンと相性の良いバリカタ食感を楽しむことができ、ラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が調理感や臨場感を高め、今回の“九州豚骨やきそば”といったフレーバーにもぴったりな仕上がりとなっています!

そんな細麺には、ポークやラードをバランス良く合わせ、醤油ダレのようなキリッとした口当たりが絶妙にマッチした臨場感の高い濃厚なソースがよく絡み、一口ずつに物足りなさを感じさせないコク深い味わいや醤油感の強いキレの良さなどが口いっぱいに広がっていき、ラードならではの香ばしさが後味良く抜けていきます!…というかこれは豚骨ラーメンならではのコク深く濃厚な味わいにキレの良い醤油ダレが合わさった点が非常にバランス良く、全体的に安定感もあってかなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、やや小さくカットされた豚肉が入っていて、じっくりと味わってみると…よくカップ麺で見かける若干チープな仕様で、ほどよく味付けされた肉の旨味が感じられる仕上がり具合でしたので、単品で味わうというよりも全体をしっかりと混ぜ合わせ、ラードの香ばしい風味が香る細麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの味付け高菜は、やや小ぶりではありますが…ほどよい食感やしっかりと味付けされた旨味が心地良く、今回の一杯に対してちょうどメリハリを付けるアクセントがプラスされているようです!…というか豚骨スープと高菜は相性良いですからね!追加してみても良いかもしれません!

そして、こちらの紅生姜は、かなり小さめにカットされているものの…使用されている数に関しては申し分なく、時折感じるピリッとした辛みというか紅生姜ならではのアクセントが加わったことで最後まで飽きの来ないメリハリとしてさり気なく添えられています!

他にもこちらの“輪ねぎ”が使用されていて、やや小さめにカットされているせいか…シャキシャキ感こそありませんが、ちょうど良い薬味にもなったことで、今回の“九州豚骨やきそば”を美味しく引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りポークやラードをうまく合わせたことで九州名物“豚骨ラーメン”の味わいを思ったよりも臨場感高く再現、そこに醤油ダレのようなキレの良さ・塩気がバランス良くマッチし、キリッとしたシャープな口当たりと良い意味での脂っこさが心地良く、なかなかオイリーなこってり感があるものの…キレの良さや具材に使用された味付け高菜や紅生姜がちょうど良いアクセントとなったことでメリハリのある豚骨ラーメンが“ペヤング”らしく再現され、安定感のある味わいがじっくりと楽しめるかと思われます!

そして、何と言っても“ペヤング”ならではのラードを使用した油揚げ麺から香る香ばしさが今回の“豚骨ラーメン”を再現したソースをより一層美味しく引き立て、乳化感のあるコク深い味わいながらも最後まで飽きの来ない工夫が印象的で、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

そのため、今回の“九州豚骨やきそば”は“ペヤング”シリーズとしては王道のテイストのひとつで、特に奇抜で話題性のあるフレーバーというわけではありませんが、1分で仕上がるバリカタ食感が楽しめる細麺仕様という点が非常に珍しく、臭みのない豚骨の旨味が凝縮された濃厚な味わいということもあって、ついつい箸が止まらなくなりますね。。

このように、今回の“ペヤング 九州豚骨やきそば”は、ポークやラードをうまく合わせたことで濃厚な豚骨ラーメンをうまく“カップ焼そば”に再現し、そこに醤油ダレのようなキレの良い口当たりや具材に使用された味付け高菜や紅生姜がちょうど良いメリハリとなったことで最後まで全く飽きることなく楽しむことができ、ソースに使用されたラードがこってり感を際立たせていたものの、全体のバランスが非常に良いせいか…パンチのあるテイストでしっかりと旨味も感じられる満足度の高い仕上がりとなっていたため、お好みによっては豚骨ラーメンと相性の良い“おろしにんにく”辺りを加えてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング わさび醤油味やきそば」を食べてみて、九州名物“豚骨ラーメン”の味わいをシリーズらしく再現した一杯は、ポークの旨味をラードとうまく合わせたことで濃厚でこってりとした豚骨ラーメンをイメージさせる臨場感の高い味わいに仕上げ、濃厚ながらも醤油感の強いキレの良さ、そして具材に使用された味付け高菜や紅生姜がちょうど良いアクセントとなったことでメリハリのあるテイストに際立ち、素材の旨味を存分に活かした安定感のある美味しさをクオリティ高く再現、醤油の感じも非常に丁寧でキレとコクもあり、なんと言っても今回シリーズ初となる角刃の細麺仕様によってバリカタ食感が楽しめる満足度の高い一杯となっていました!

また、単純に豚骨ラーメンとは言っても“焼そば”として濃厚な味わいを再現するにはなかなか難しいと思われますので、やはり“ペヤング”シリーズらしい拘りのフレーバーであることに間違いなく、ポークやラードをベースに醤油ダレや具材からも全体のメリハリを考慮し、シリーズらしいラードの旨味や香ばしさとの相性も想像以上に抜群でしたので、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!