カップ麺

サンヨー食品×リケン “うま塩ドレッシング風 塩ラーメン” “にんにく”や胡椒を利かせたコク深い一杯

サンヨー食品×リケン うま塩ドレッシング風 塩ラーメン

サンヨー食品×リケン うま塩ドレッシング風 塩ラーメン」を食べてみました。(2021年8月9日発売・サンヨー食品)

この商品は、ドレッシングでお馴染みリケンとのコラボによって人気商品“リケンのノンオイル くせになるうま塩”の味わいをカップ麺に再現、食欲そそる“にんにく”や胡椒を利かせた塩ベースのスープに粉末酢を合わせたことによってドレッシング特有の酸味が心地良く、ほどよく味付けされた麺が絡む風味豊かな一杯が登場です!

それも…“リケンのノンオイル くせになるうま塩”らしい“にんにく”の旨味にほどよく胡椒を利かせたことでクセになる味わいが想像以上に臨場感高く再現され、そこに粉末酢を合わせたことによってドレッシング特有の酸味が加わり、さらにスープとの相性を考慮し、野菜エキスなどでほどよく味付けが施された麺がよく馴染み、まさに“リケンのノンオイル くせになるうま塩”の旨味やアクセントが最後まで味わえる一杯、“サンヨー食品×リケン うま塩ドレッシング風 塩ラーメン”となっております。(税別193円)

ご覧の通りパッケージは“リケンのノンオイル くせになるうま塩”と同じクリーム色を基調にドレッシングそのものを彷彿とさせるシンプルなデザインにあしらわれ、“にんにく”のコクや胡椒の辛みを利かせた後味さっぱりとした塩スープがすすり心地の良い味付けされた麺に絡む安定感のある美味しさをイメージさせますね!これはドレッシングということもあって飽きの来ない味わいに期待できそうです!

サンヨー食品×リケン うま塩ドレッシング風 塩ラーメン パッケージ

一方こちらには“サンヨー食品”דリケン”といった各社のロゴがコラボらしく並べられ、サラダなど様々な料理に便利な“リケンのノンオイル くせになるうま塩”の旨味やコクを利かせた塩ラーメンといったひと味違った美味しさが楽しめる一杯に仕上がり、最後まで飽きの来ないさっぱりとしたテイストが味付けされた麺とともに楽しめそうです!(レギュラーサイズで麺量50gといった若干少なめなボリューム感もまたちょっと食べたい時にぴったりですね。)

一方こちらには、“塩ラーメン”と記載されていて…その背景には“にんにく”のコクや胡椒のアクセントを利かせたコクのある塩スープに後味さっぱりとしたドレッシングの人気フレーバー“リケンのノンオイル くせになるうま塩”らしい酸味が相性良く馴染み、キリッとしたシャープな飲み口や食欲そそる“にんにく”の旨味がバランス良く調和された仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…リケン「ふえるわかめちゃん」のわかめ・キャベツ・肉そぼろ・“ねぎ”が使用されているようです!

他にも特徴として…麺はやや細めながらも丸刃のもっちりとした弾力が印象的なフライ仕様となっていて、上記の通り野菜エキスや醤油などで味付けが施されたことによってスープとの絡みも非常に良く、それによって“にんにく”のコクや胡椒のアクセントはもちろん、粉末酢をさり気なく加えることでお馴染み“リケンのノンオイル くせになるうま塩”のコク深く酸味のある味わいを再現した塩スープが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ドレッシングでお馴染み“リケンのノンオイル くせになるうま塩”ならではの“にんにく”のコクや胡椒を利かせたメリハリのある塩スープにほどよく粉末酢を加えたことによるドレッシングならではの酸味が意外にも相性良く馴染み、“でん粉”が使用されたことによって食べ進めていくに連れてコクや“とろみ”も引き立ち、塩スープだからといって単純にあっさりとしたテイストというわけでもなく、“にんにく”のコクや胡椒のピリッとしたキレが絶妙にマッチし、そこに具材としてたっぷりと使用された“わかめ”からも磯の風味や素材本来の旨味が滲み出し、味付けされた麺とともに最後まで飽きることのないドレッシング風の後味さっぱりとした一杯となっていました!
これは特に、“リケンのノンオイル くせになるうま塩”のような“にんにく”や胡椒を利かせたテイストが好みの方はもちろん、後味さっぱりとした中にもコクのある塩スープを味付けされた麺とともに気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はドレッシングでお馴染み“リケンのノンオイル くせになるうま塩”の味わいをカップ麺にイメージし、塩ベースに“にんにく”のコクや胡椒、さらに粉末酢による酸味をバランス良く合わせたことで後味さっぱりとしたドレッシングを彷彿とさせる味わいが味付けされた麺にしっかりと絡むあっさりとした中にもコクのある一杯、「サンヨー食品×リケン うま塩ドレッシング風 塩ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

サンヨー食品×リケン うま塩ドレッシング風 塩ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、ドレッシングなどでお馴染み“リケン”とのコラボによって人気商品“リケンのノンオイル くせになるうま塩”の味わいをカップ麺に再現、塩ベースに“にんにく”のコクや胡椒を合わせ、粉末酢によるドレッシング風の酸味をバランス良く利かせた後味の良いスープに仕上げ、そこに野菜エキスや醤油などで味付けされた麺が相性良く馴染んだことで最後まで飽きることなくさっぱり感とコクのある味わいが楽しめる軽やかな一杯、“サンヨー食品×リケン うま塩ドレッシング風 塩ラーメン”となっています。

ご覧の通り、フタにも容器側面と同じく“サンヨー食品”דリケン”といったコラボらしいロゴが配置され、クリーム色を基調に“うま塩ドレッシング風 塩ラーメン”といった商品名などがシンプルにあしらわれ、見るからに後味さっぱりとしたテイストが伝わってきますね!(ドレッシング風ということもあって冷たいテイストも味わってみたいところ。。)

一方こちらには今回の特徴が端的に記載されており、これによると…“「リケンのノンオイル くせになるうま塩」の味わいをイメージした塩ラーメンです。くせになるようなニンニクのうまみをお楽しみください。”とのことで、サラダにもぴったりな後味の良い風味豊かな味わいがどのように塩スープとうまく融合しているのか?気になるところ。。

ちなみにこの“リケン”とのコラボ商品としては、これまでも“サッポロ一番×リケン わかめスープ味”が2018年6月18日に発売されており、今回は久しぶりのコラボ商品ということで他にも“リケンのノンオイル 青じそ”の味わいをイメージした一杯、“サンヨー食品×リケン 青じそドレッシング風 わかめそば”も同時発売されています!

それでは、今回の“サンヨー食品×リケン うま塩ドレッシング風 塩ラーメン”がどれほど“にんにく”の旨味・コク、そしてピリッとしたアクセントとなる胡椒を利かせた仕上がりとなっているのか?ドレッシングでお馴染み“リケンのノンオイル くせになるうま塩”らしい後味さっぱりとした酸味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもほどよく味付けを施した中細・丸刃のフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り273kcal(スープ・かやく:225kcal・スープ:48kcal)となっております。(塩分は4.2g)

カロリーは、若干少なめなレギュラーサイズ・素材の旨味を活かした後味の良いフレーバーということもあってかなり低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。ちなみに1食当たり65g、麺の量は50gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと48kcalとやはりかなり低めな数値を占めており、“にんにく”の旨味やコクを活かした塩スープに“リケンのノンオイル くせになるうま塩”ならではの後味すっきりとした酸味がクセになるライトな仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や香辛料をはじめ…

  • チキンエキス
  • でん粉
  • すりごま
  • 粉末酢
  • にんにく調味料
  • トマトエキス

といった、塩味をベースに“にんにく”のコクやピリとした刺激的な胡椒をアクセントに加え、“リケンのノンオイル くせになるうま塩”らしいドレッシング風の酸味をバランス良く合わせたことによって、爽やかな風味がクセになるあっさりとした中にもコクのある“塩ラーメン”に仕上がり、最後まで飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目には植物油脂や食塩、さらに野菜エキスや“しょうゆ”といった材料が確認でき、ほどよく味付けが施されていることが伝わってきますね!

JANコード4901734043423
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、野菜エキス、しょうゆ)、スープ(糖類、食塩、香辛料、デキストリン、たん白加水分解物、酵母エキス、チキンエキス、でん粉、すりごま、粉末酢、にんにく調味料、トマトエキス)、かやく(キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、わかめ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、酸味料、カラメル色素、クチナシ色素、かんすい、香料、レシチン、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (65g) 当たり]
熱量273kcal
たんぱく質7.0g
脂質8.6g
炭水化物41.9g
食塩相当量4.2g
めん・かやく:1.6g
スープ:2.6g
カルシウム238mg

引用元:サンヨー食品×リケン うま塩ドレッシング風 塩ラーメン | サンヨー食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りすでに粉末スープなどが入っていて、具材としては…

  • リケン「ふえるわかめちゃん」のわかめ
  • キャベツ
  • 肉そぼろ
  • ねぎ

が使用されています。

特に今回は“塩ラーメン”というだけあって“わかめ”など素材の旨味がストレートに楽しめるテイストのようで、磯の風味を引き立てる相性抜群な具材はもちろん、他にも大きくカットされた“ねぎ”がちょうど良い食感や薬味となったことで後味さっぱりとした美味しさに期待できそうです!

また、麺はご覧の通り若干細め・丸刃仕様のフライ麺が採用されており、原材料にも記載されていた通りほどよく味付けが施され、もっちりとした弾力や噛むほどに旨味が増したことでスープとの馴染みも非常に良く、決して“リケンのノンオイル くせになるうま塩”の味や風味だけを際立たせた一杯ではないことがよーく伝わってきますね!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:310ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に味付けが施された麺が見えないほどたっぷりと“わかめ”が使用されているものの…ほどよい弾力やコシが加わっており、まだ全体を混ぜて馴染ませる前ではありますが、“にんにく”のコクと胡椒を利かせたメリハリのある塩スープに“リケンのノンオイル くせになるうま塩”をイメージさせる後味さっぱりとしたとした酸味がバランス良く合わさり、やや少なめなボリューム感や低めのカロリーからして時間を気にすることなく食べられる軽やかな一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…キリッとした塩味をベースに食欲そそる“にんにく”の旨味やコクをバランス良く合わせ、さらに胡椒のアクセントや粉末酢によるドレッシング風の酸味が後味の良さを際立たせるさっぱりとした塩スープに仕上がり、そこに味付けされた麺が相性良くマッチしたさっぱりとした一杯となっています!

ちなみに“リケンのノンオイル くせになるうま塩”の味わいを再現した一杯とのことでしたが、“にんにく”の風味は思ったよりも控え目で、コクのある旨味としてスープに溶け込み、それよりも粉末酢による酸味やキリッとしたシャープな飲み口を引き立てる胡椒がバランス良く馴染んでいるようで、個人的に“塩スープ”と“ドレッシング”の組み合わせはどうなんだろう…と若干不安ではありましたが、思いのほかバランスは非常に良く、後味さっぱりとしていながらもコクのある塩スープが好みの方ならハマるテイストと言えるのではないでしょうか?

また、上記の通り今回の一杯には“わかめ”が豊富に使用されており、じんわりと染み渡る魚介の旨味も今回の塩スープの美味しさをさらに引き立て、他にも“にんにく”や胡椒、そしてドレッシング風の酸味といった新定番とも言えるフレーバーが後味さっぱりと楽しめるため、思いのほか今後も再発売されるかもしれません!

さらに風味としては、まさに“リケンのノンオイル くせになるうま塩”らしいほんのり酸味の利いたさっぱりとした香りが印象的で、塩味をベースに“にんにく”のコクを合わせた深みのある味わいと相性良くマッチしたことで最後まで飽きの来ないテイストとなっていたため、物足りなければもう少し胡椒を足してみても良いでしょう!

食べてみた感想

一口食べてみると…これは予想以上に相性良いですね!塩味のすっきりとしたスープに“リケンのノンオイル くせになるうま塩”を再現したという“にんにく”のコクや胡椒によるアクセントが粉末酢による酸味とともに後味さっぱりとしたテイストに仕上がり、どうしてもドレッシング風ということもあって賛否あるかもしれませんが、これはこれで濃厚感・こってり感とは無縁ですから…朝はもちろん、ボリューム感やカロリーを考慮すると夜食にもぴったりな一杯かと思われます!

そのため、塩スープにドレッシングを合わせた単純な味ではなく、チキンの旨味を利かせた塩スープに“にんにく”や胡椒を加えた後味すっきりとしたシンプルながらも飽きの来ないテイストに仕上がり、そこにドレッシング風をイメージさせる粉末酢による酸味が後味の良さを引き立てたことでそこまで奇抜な味わいというわけでもなく、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせない旨味や酸味はちょうど良いメリハリがあって、ついつい止まらなくなります。。

ただ、塩味ならではのキレの良さとチキンや“にんにく”のコク、そして酸味のある風味は全体的にも意外とバランスが良く、旨味と風味がすすり心地の良い中細麺と一緒に楽しめる飽きの来ないさっぱりとした仕上がりはドレッシング風というだけありますね!ほどよい酸味との組み合わせが何より絶妙なポイントと言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通りやや細め・丸刃仕様のフライ麺となっていて、ほどよく味付けされたことによって後味すっきりとした塩スープとの相性も非常に良く、もっちりとした弾力やコシを併せ持った拘りの仕上がりとなっています!

そんな麺には、塩味をベースに“にんにく”のコクや胡椒によるアクセント、さらに“リケンのノンオイル くせになるうま塩”を彷彿とさせる酸味がバランス良く馴染んだ塩スープがよく絡み、一口ずつにさっぱりとした中にもチキンや“にんにく”のコクやピリッとした胡椒のアクセントなどが口いっぱいに広がっていき、ドレッシングでお馴染み“リケンのノンオイル くせになるうま塩”ならではのさっぱりとした風味が後味良く抜けていきます!…というかこの意外性のある一杯は想像以上に相性良く馴染んでいて最後まで飽きが来ませんね!

トッピングについて

トッピングにはまずこちらのリケン「ふえるわかめちゃん」の“わかめ”がたっぷりと入っていて、使用されている数・サイズに関しては全く申し分なく、こちらからも良い旨味や磯の風味が滲み出し、食べ進めていくに連れて旨味も増していき、さらにじっくりと味わってみると…素材本来の美味しさなんかもしっかりと感じられたため、まずは塩スープと馴染ませながらいただくと良いでしょう!

また、こちらの“肉そぼろ”は思っていたよりも大きめなサイズで、じっくりと味わってみると…ほどよく味付けされた肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる仕上がりとなっていたため、単品で味わうというよりもスープとしっかりと馴染ませながら食べ進め、後ほど味付けされた麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

さらにこちらのキャベツは、やや小さめにカットされ、シャキシャキとまではいかないものの…ほどよい食感を残したことで今回の一杯に対してちょうど良いアクセントをプラスしているように感じられます!

他にもこちらの“ねぎ”は、大きめにカットされたことによってシャキシャキとした食感が心地良く、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の塩スープの美味しさをより一層引き立て、後味さっぱりとした感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り塩味をベースにチキンや“にんにく”のコク、そしてピリッとしたメリハリを際立たせる胡椒を合わせ、さらに今回コラボとなったリケンの人気商品“リケンのノンオイル くせになるうま塩”の味わいを再現したという粉末酢による酸味が心地良くマッチし、澄んだ見た目よりも意外とコクがあり(気になるほどの“にんにく”臭はほぼありません。)、後味さっぱりとした爽やかな風味が意外なほど相性良く馴染んだことで最後まで飽きの来ない仕上がりとなっています!

そしてなんと言ってもちょい足しするだけで料理が美味しくなるという天才調味料“リケンのノンオイル くせになるうま塩”の味わいを再現したというだけあって臨場感は非常に高く、後味さっぱりとしたテイストはまさに“にんにく”のコクやほどよい酸味が心地良く、特に今回の一杯には胡椒を合わせた塩ベースのスープと相性良く馴染んでいますから…最後まで飽きることなくメリハリのある美味しさが堪能できることと思われます!ちなみに胡椒もデフォルトで利いているんですが、お好みによってはもう少し加えても良さそうです!

また、スープには原材料にも記載されていた通り“でん粉”が使用されたことによって食べ進めていくに連れてコク・“とろみ”が増していき、それと同時に満足度も増していく…そんな味の変化なんかも楽しめる飽きの来ないテイストが良いですね!それによって最後まで飽きることなくドレッシング風の味わいが堪能できるため、後味さっぱりとした塩スープが好みの方にはかなりハマるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

このように、今回の“サンヨー食品×リケン うま塩ドレッシング風 塩ラーメン”は、ドレッシングなどでお馴染み“リケン(理研ビタミン株式会社)”とのコラボによってお馴染み“リケンのノンオイル くせになるうま塩”ならではの“にんにく”のコクや胡椒のアクセント、さらに後味の良い爽やかな酸味をカップ麺に再現、塩ベースにドレッシング風の旨味やコクを合わせたキレの良いスープとの相性も非常に良く、ほどよく味付けされた麺も楽しめる最後まで飽きの来ない味わいに仕上がっていたため、お好みによってはもう少し胡椒を足してみても良いでしょう!

まとめ

今回「サンヨー食品×リケン うま塩ドレッシング風 塩ラーメン」を食べてみて、サラダやその他料理にもぴったりな“リケンのノンオイル くせになるうま塩”の味わいをカップ麺に再現した一杯には…“にんにく”のコクや胡椒を利かせたキレの良い塩スープに粉末酢による酸味が想像以上に相性良く馴染み、ほどよく味付けされた中細麺とも絶妙にマッチした後味の良い深みのある一杯となっていました!

やはり“リケンのノンオイル くせになるうま塩”の味わいは“にんにく”などの食欲そそるコクだけでなく酸味の利いた後味の良さが際立ちますね!そもそもすっきりとした塩スープということもあって非常にさっぱりとしているんですが、旨味・風味ともに楽しめる仕上がりは、胡椒をもう少し足してみると、より一層キレの良さが際立ち、最後までさっぱりとした味わいが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!