カップ麺

サッポロ一番 みそラーメン 濃厚札幌焦がし!馴染み深い味わいに香ばしさを加えた濃厚な一杯

サッポロ一番 みそラーメン 濃厚札幌焦がし

サッポロ一番 みそラーメン 濃厚札幌焦がし」を食べてみました。(2020年10月12日発売・サンヨー食品)

この商品は、お馴染み“サッポロ一番 みそラーメン”の味わいに焦がし味噌の香ばしい風味を加え、ポークエキスをベースに王道とも言える濃厚な味噌スープに仕上げ、札幌ラーメンらしい“ちぢれ”を付けた太麺がしっかりと絡む食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…袋麺“サッポロ一番 みそラーメン”の味わいを元に焦がし味噌風味をプラスし、それをタテ型ビッグのカップ麺に再現、ポークの旨味をベースに数種類の味噌を合わせ、“にんにく”や生姜など香味野菜の旨味を利かせた濃厚かつ焦がし風味がクセになる一杯、“サッポロ一番 みそラーメン 濃厚札幌焦がし”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通りパッケージには袋麺でお馴染みのオレンジを基調に濃厚な味噌スープにたっぷりと具材が盛り付けられたシズル感のあるイメージ写真なんかも掲載され、8種もの味噌をバランス良くブレンドした袋麺の味わいをカップ麺に再現し、さらにそのテイストに焦がし風味を加えた一杯ということで、旨味・風味がバランス良くマッチした安定感のある仕上がりに期待したいところ。。

サッポロ一番 みそラーメン 濃厚札幌焦がし パッケージ

また、こちら容器側面には…今回最大の特徴である“焦がし”といった文字が大きく記載されており、相当風味に拘った一品であることが伝わってきますね!そもそも濃厚な味噌スープに焦がし・香ばしさといった風味は合わないはずがありませんから…旨味を引き立てるには申し分なく、これまでの“サッポロ一番 みそラーメン”とはひと味違った味わいが楽しめそうです!

しかも今回の商品名はそもそも“濃厚札幌焦がし”ですから…札幌でもラードを一度焼いて使用している名店もありますので、恐らくそういったテイストに寄せているものと思われます!

一方こちらには、ポークエキスの旨味をベースに“にんにく”や生姜といった香味野菜を加え、さらに焦がし風味を加えた濃厚な味噌スープといった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・味付豚肉加工品・ねぎ・ピーマンが使用されているようです!

ただ、味噌スープの色合い・状態からして非常にキレの良いさらっとした仕上がりをイメージさせ、濃厚とは言ってもドロッとした“とろみ”を付けたようなスープとはまた少し違うようにも見えますね!これは最後まで飽きの来ない後味すっきりとしたテイストが表現されているのかもしれません!

他にも特徴として…麺はもっちりとした弾力と噛み応えのある強いコシを兼ね備えた食感を表現し、さらに札幌ラーメンらしく“ちぢれ”を付けることでスープとの絡みも抜群、それによって濃厚な味噌スープとの相性も非常に良く、焦がし風味が心地良い最後まで飽きることのない味わいがボリューム感たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークの旨味をベースにしているとは言っても決して脂っこい仕上がりというわけではなく、味噌ならではのキレとコクをしっかりと下支えし、相性抜群な“にんにく”や生姜といった香味野菜の旨味が加わったことで、サラッとした味噌スープの割に物足りなさといった感じも一切なく、噛み応えのある“ちぢれ”を付けた太麺とともにがっつりと食欲を満たしてくれる焦がし風味が印象的な一杯となっていました!
これは特に、“サッポロ一番 みそラーメン”らしい昔ながらのあっさりとしたテイストが好みの方がもちろん、焦がし風味を加えた食欲そそる札幌風ラーメンの味わいをカップ麺として気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は袋麺でお馴染み“サッポロ一番 みそラーメン”の味わいを元に焦がし風味を加えた濃厚な味噌スープをカップ麺として再現し、噛み応えのある“ちぢれ”を付けた太麺が絶妙にマッチしたボリューム感のある風味豊かな一杯、「サッポロ一番 みそラーメン 濃厚札幌焦がし」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

サッポロ一番 みそラーメン 濃厚札幌焦がし

今回ご紹介するカップ麺は、袋麺でお馴染み“サッポロ一番 みそラーメン”の味わいをカップ麺に再現し、札幌ラーメンらしく焦がし風味を加え、さらに食べ応え抜群な“ちぢれ”を付けた太麺を使用したことによって、風味豊かな味わいがカップ麺として気軽に楽しめる一杯、“サッポロ一番 みそラーメン 濃厚札幌焦がし”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらにも容器側面と同じくオレンジを基調に“サッポロ一番”といったお馴染みのロゴや、今回の特徴である“濃厚札幌焦がし”といった文言が記載されており、特に“焦がし”が印象的な体裁で、やはり焦がし風味が最大の特徴であることがわかりますね!

また、こちらには今回のフレーバーに関する簡単な説明文が焦がし風味をプラスした仕上がりイメージとともに記載されていて、これによると…“サッポロ一番みそラーメンの味わいに焦がし味噌の香ばしい風味をきかせた札幌みそラーメンです。”とのことで、今回の香ばしさというのはあくまで“焦がし味噌”によって表現しているようです!

そして、なんと言ってもスープ表面に浮かぶポークエキスの旨味と思われる上質な脂・油分が焦がし風味を利かせた味噌スープを引き立てているようにも感じられ、キレ・後味の良いライトなテイストながらも旨味が凝縮されたことで深みがあり、豊富に使用された具材からも良い旨味が滲み出す満足度の高い一杯といったところでしょうか?

ちなみに、この“サッポロ一番 みそラーメン”をカップ麺として再現・アレンジしたフレーバーは以下の通りこれまでもいくつか発売されていて、袋麺としてはなんと1968年9月から発売されている超ロングセラー商品で、2018年には発売50周年を迎えた記念商品なんかも大変話題を呼びましたね!

さらに公式サイトでも袋麺をアレンジしたレシピが数多く公開されていることから、今後もカップ麺として新たな商品展開なんかも続々と登場するものと思われます!

それでは、今回の“サッポロ一番 みそラーメン 濃厚札幌焦がし”がどれほどポークエキスを凝縮させた濃厚な仕上がりとなっているのか?相性抜群な“にんにく”や生姜といった香味野菜の旨味や焦がし風味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても札幌ラーメンらしく“ちぢれ”を付けたもっちりとした弾力とコシの強い太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り451kcal(めん・かやく342kcal / スープ109kcal)となっております。(塩分は6.1g)

カロリーは、ビッグサイズ・濃厚な仕上がりの割にそこまで高い数値というわけではないようですが、一方で塩分はやや高い数値となっています。
ちなみに1食当たり101g、麺の量は72gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで109kcalとやや高めな数値を占めていることから、サラッとしたキレの良い仕上がりにもかかわらず深みのある濃厚なテイストをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”や豚脂をはじめ…

  • 食塩
  • 植物油脂
  • 香辛料
  • 油脂加工品
  • 野菜粉末
  • 香味油
  • ポークエキス

といった、ポークの旨味をベースに相性抜群な香味野菜を加えたコク深くもキレの良い味噌スープに仕上げ、札幌ラーメン特有の焦がし風味が食欲そそる香り豊かな味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901734040897
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、大豆食物繊維)、スープ(みそ、豚脂、食塩、植物油脂、糖類、香辛料、油脂加工品、野菜粉末、香味油、酵母エキス、ポークエキス)、かやく(キャベツ、味付豚肉加工品、ねぎ、ピーマン)/調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、カラメル色素、炭酸カルシウム、増粘剤(キサンタン)、香料、かんすい、乳化剤、香辛料抽出物、クチナシ色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (101g) 当たり]
熱量451kcal
たんぱく質8.8g
脂質18.9g
炭水化物61.4g
食塩相当量6.1g
めん・かやく: 2.1g
スープ: 4.0g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.59mg
カルシウム243mg

引用元:サッポロ一番 みそラーメン 濃厚札幌焦がし タテビッグ | サンヨー食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“仕上げの小袋”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみたところ非常にサラッとした状態となっていましたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

そして、具材には…

  • キャベツ
  • 味付豚肉加工品
  • ねぎ
  • ピーマン

が入っています。

このように具材に関しては、若干物足りなさを感じさせる量ではありますが、これが湯戻りによってどこまでふっくらとした仕上がりとなるのか気になるところ。。

また、麺はご覧の通りもっちりとした弾力と噛み応えのある強いコシを兼ね備えた太麺・フライ仕様となっていて、札幌ラーメンらしく“ちぢれ”を付けたことによってスープとの絡みも非常に良く、歯応えの良いがっしりとした食感が楽しめそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸い、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはほどよいもっちり感や強いコシが加わったことで、焦がし風味が食欲そそる食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“仕上げの小袋”を加えていきます!
すると…ほぼ無色透明なさらっとした油分となっていて、不思議と焦がし風味が一気に広がっていきます!

そのため、見た目としてはそこまでの違いはありませんが…風味としては非常に香ばしい焦がし風味が漂い、ポークを利かせた深みのある味噌スープに相性良くマッチし、ひと味違ったテイストが楽しめるようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…“濃厚札幌焦がし”という割にサラッとした仕上がりで、表面に浮かぶ上質なポークの旨味と思われる脂・油分が深みを際立たせ、なんと言っても焦がし風味が印象的で、“サッポロ一番 みそラーメン”とはひと味違った美味しさが楽しめる札幌風のテイストを表現しているように感じられます!

また、具材に使用された味付豚肉加工品からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな風味豊かな味噌ラーメンがカップ麺として気軽に楽しめそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークの旨味が利いてはいるものの、割と後味すっきりとしたテイストで、“濃厚札幌焦がし”と記載されていたように札幌ラーメンをイメージさせる“とろみ”を付けた濃厚な感じは一切なく、むしろサラッとした味噌スープに仕上がり、ほどよく“にんにく”や生姜などの香味野菜を加えた深みのある味わいとなっています!

そして、気になる“焦がし味噌風味”に関しては…確かに焦がし風味は感じられるんですが…香ばしいというよりも単純に焦げた香りに感じられ、若干苦味なんかもある点が残念なところ。。(香ばしいと焦げた香りは別物ですからね…)

そのため、この“焦がし風味”に関しては賛否の分かれるところかと思われ、個人的にはここにラードを足して濃厚感を際立たせてみると全体のバランスがちょうど良いような気もしますね!それくらいスープはサラッとしていて万人受けするテイストとも言えるんですが、どうしても焦がし風味の香りが気になってしまうため、こってり感・濃厚感を加えたくなります。。

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあって若干幅広な“ちぢれ”を付けた太麺となっていて、もっちりとした弾力や思ったよりも強いコシを兼ね備えた食べ応えのある仕上がりとなっています!

そんな太麺には…ポークをベースに数種類の味噌を合わせ、さらに相性抜群な“にんにく”や生姜など香味野菜の旨味を利かせた深みのある味噌スープがよく絡み、一口ずつにポークを利かせた深みのある味わいが口いっぱいに広がっていき、焦がし味噌風味といった香ばしい香りが後味良く抜けていきます!(若干焦がし風味が気になるところではありますが…)

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉加工品が入っていて、じっくりと味わってみると…ほどよい噛み応えとジューシーな肉の旨味が滲み出し、味付けもしっかりと施された美味しい具材となっていたため、単品で味わっても良いくらいですが、焦がし風味を加えたスープと太麺を一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの赤ピーマンは、かなり小さくカットされており、じっくりと味わってみると、それなりに素材本来の良い意味での苦味なんかも感じられるんですが、正直言って札幌味噌とは全く合いませんね。。そのため、恐らく彩りの良さといったアクセントをプラスする具材としてさり気なく添えられているのかもしれません!

さらにこちらのキャベツは、シャキシャキとまではいかないものの…ほどよい食感を残した仕上がり具合となっていて、彩りも非常に良く、今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

スープについて

スープは、袋麺でお馴染み“サッポロ一番 みそラーメン”の味わいをカップ麺に再現し、焦がし味噌風味を加えたことで香ばしい風味が食欲そそるひと味違った大人の味とも言えるテイストに仕上がり、ポークの旨味はもちろん、味噌スープとの相性抜群な“にんにく”や生姜など香味野菜の旨味を利かせたことによって深みのある味わいが表現されています!

ただ、“濃厚札幌焦がし”といった商品名ではありますが、ポークの旨味を利かせたギトギト系の濃厚な仕上がりというよりも物足りなさを感じさせない旨味を下支えしているようにも感じられますね!

そのため、後味すっきりとした赤味噌のようなキレの良さが際立っており、脂っこさや“くどさ”といった印象も全くなく、割とライトな味わいと焦がし味噌風味が楽しめる一杯となっているようです!

また、食べ進めていくに連れて、具材に使用された味付豚肉加工品からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて旨味も増していく…そんなキリッとした口当たりが印象的な仕上がりで、どうしてもこの焦がし風味として付与された単純に焦げたような香りが気になるところではありますが、昔ながらの安定感のある味わいがたっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

このように、今回の“サッポロ一番 みそラーメン 濃厚札幌焦がし”は、ポークの旨味をベースに相性の良い“にんにく”や生姜などの香味野菜を加えたキリッとした口当たりが印象的な安定感のある仕上がりで、特に焦がし味噌風味の香ばしい香りが特徴的なひと味違ったテイストに仕上がっていたものの、濃厚感が若干物足りなく感じられたため、お好みによってはラードなどをちょい足ししてコク・厚みを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「サッポロ一番 みそラーメン 濃厚札幌焦がし」を食べてみて、ポークの旨味が相性の良い“にんにく”や生姜の旨味とバランス良く融合させた深みのある味噌スープに仕上げ、最後まで飽きさせないサラッとした中にも焦がし味噌風味が香り立つ香ばしさが特徴的なひと味違ったテイストを表現し、札幌ラーメンらしく“ちぢれ”を付けた太麺にもよく馴染む食べ応えのある一杯となっていました!

やはりこのシリーズは昔ながらのテイストというんでしょうか?割とあっさりとした旨味が印象的で、脂っこさなどは一切なく、後味すっきりとした味わいが売りなんですが、もう少しコク深い濃厚感を際立たせたいところでしたので、ラードなどをちょい足ししてみると、より一層満足度の高いテイストが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!