カップ麺

「信玄」のカップ麺!札幌らーめん信玄 コクみそ味 食べてみました!コク深い名店の味を再現

「信玄」のカップ麺!札幌らーめん信玄 コクみそ味 食べてみました!コク深い名店の味を再現

札幌らーめん信玄 コクみそ味」を食べてみました。(2019年2月11日発売・明星食品)

この商品は、北海道石狩市に本店を置く超人気ラーメン店「らーめん信玄(しんげん)」の看板メニューとも言える“信州”と称される“コク味噌”の味わいを再現したもので、豚骨を利かせたまろやかな旨味が甘みのある味噌スープに溶け込み、その名の通りコク深い味わいが表現された“札幌らーめん信玄 コクみそ味”となっております。(税抜き205円)

ちなみにこの“信玄”、花川の本店以外にも南6条店があり、こちらは札幌の繁華街“すすきの”から少し外れた所に位置しているんですが、深夜にもかかわらず行列ができていることも珍しくない…こってり味噌好きご用達・飲んだ後にも人気の札幌ラーメン店です!

そして、ご覧の通りパッケージには“ラーメン激戦区 北海道・札幌の行列店の中でも なまらまろやかな味噌スープ”と記載されているように、“信玄”は本店・南6条店ともに場所が良いとは決して言えないものの連日行列を作る人気店なんですよね!

ちなみに“信玄”では味噌といったテイストが非常に人気で、特徴としては決して脂っこくない豚骨の旨味がまろやかでありながらもコク深い味噌スープが印象的です!そんな“信玄”の味わいがどこまで再現されているのか気になるところ。。

また、こちらには厚みのあるまろやかなスープの仕上がりイメージなんかも記載されているように、“信玄”の特徴のひとつにコク深いスープにもかかわらず全く“くどさ”を感じることがないわけですが、そんな…ついスープが止まらなくなるような納得の味わいが表現されているようです!

そして、“札幌っ子も観光客も認めた!”とあるように、確かにここ“信玄”は地元の方にも非常に人気でリピーターも多く、札幌で美味いラーメン店は?と聞かれるといくつか挙げるラーメン店の中に含まれていることも多いのではないでしょうか?個人的にも札幌のおすすめラーメン店で厳選した中に間違いなく含めます!

他にも特徴として、小林製麺のプリッとした弾力のあるちぢれ・玉子麺を中太麺として再現し、豚骨だけでなく野菜の旨味などを利かせた濃厚・まろやかなスープとともに札幌ラーメン特有の食べ応えのある味わいが楽しめるようです!

実際に食べてみて…

豚骨をベースにコク深いまろやかな味わいを表現したスープには、ガーリックなどの風味が香ることで、まろやかさの中にもすっきりとした後味が心地よく、最後まで飽きの来ない旨味広がるスープとなっていました!
これは特に、札幌ラーメンならではの豚骨ベースのこってり感のあるコク深い味わいを手軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの石狩に本店を置き、南6条店とともに連日行列を作る人気ラーメン店“信玄”の味わいを再現した「札幌らーめん信玄 コクみそ味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

札幌らーめん信玄 コクみそ味

今回ご紹介するカップ麺は、石狩市花川に本店を置くコク深い味噌が人気のラーメン店“信玄”の味わいを再現したもので、豚骨や野菜をしっかりと利かせたことによって、その名の通りコク深いまろやかなスープに仕上がった一杯、“札幌らーめん信玄 コクみそ味”となっています。

ご覧の通り、パッケージには“信玄”の簡単な紹介が記載されていますね!
こちらによると…豚骨と野菜をじっくりと炊き上げたことで表現されるコク深いスープが人気とのこと!

ちなみに、ここに掲載されている実店舗写真は南6条店となっていて、花川の本店は車じゃないとちょっと訪れるのが難しいかと思いますので、観光客の方は南6条店が本店と思っているのかもしれないですね!こちらは飲んだ後のシメに訪れる方が多くて、深夜にもかかわらず並んでいることもあるんです。。

また、“信玄”本店での“信州(コク味噌)”のレビューはぜひこちらもご覧ください!

らーめん信玄に行ってきました!豚骨の旨味がたまらないコク味噌ラーメン!
らーめん信玄に行ってきました!豚骨の旨味がたまらないコク味噌ラーメン!札幌の人気ラーメン店のひとつ「らーめん信玄」に行ってきました! ここは石狩花川に本店を置くラーメン店で、“すすきの”の少し外れた場...

それでは、今回の“コク味噌味”がどれほどコク深くまろやかな味わいが表現されているのか?実店舗の再現性などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り471kcal(めん・かやく391kcal / スープ80kcal)となっております。(塩分は4.6g)

カロリーは、しっかりとした食べ応えを思わせるやや高めな数値のようで、塩分の方は意外にもかなり低めとなっています!
ちなみに1食104g、麺の量は80gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”やポークエキスをはじめ…

  • 豚脂
  • 香味調味料
  • 食塩
  • 香辛料
  • 香味油

といった、豚骨や野菜の旨味を利かせた濃厚まろやかな味噌スープが表現され、香味油による香り付けによって、“信玄”らしいコク深い仕上がりを想像させる材料がシンプルに並びます。

原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、酵母エキス)、スープ(みそ、ポークエキス、豚脂、デキストリン、糖類、香味調味料、食塩、香辛料、香味油、酵母粉末)、かやく(キャベツ、チャーシュー、もやし、ねぎ)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、香料、かんすい、カラメル色素、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・牛肉・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
引用元:明星 札幌らーめん信玄 コクみそ味: 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープや具材などがすでに入っていて、フタの上には“調味油”と記載された調味料が別添されていました。

そして、具材には…

  • キャベツ
  • チャーシュー
  • もやし
  • ねぎ

が入っています。

実際の“コク味噌”にはキャベツが入っていないんですが…今回はカップ麺ということもあって、こういった具材の組み合わせによって、野菜の旨味も引き立ち、ちょうど良い食感としてのアクセントをプラスしているものと思われます!

そして、麺はご覧の通り中太といった仕様となっていて、“信玄”らしいちぢれを付け、さらにもちっとした弾力とコシを併せ持つ麺が採用されているようです!

調理してみた

では、熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸っていることから濃厚さを伺い知ることができ、さらに麺が先ほどよりもふっくらと仕上がり、札幌ラーメンらしい濃いめ・まろやかな一杯…といった印象の出来上がりです。

そして、ここに先ほどの調味油を注いでいきます!
こちらは、ガーリックやもやしの香りを加えているとのことで、コクのある味噌スープに深みが増して感じられますね!

これは…香ばしさというんでしょうか?まろやかさと相性抜群な後味の良い風味が調味油によって演出されているように感じられます!

ちなみに、この調味油は透明なさらっとしたものでしたので、スープ自体に臨場感を表現するにはぴったりな香り付けといった意味での油のようです!

また、これによってコク深さも増すとのことでしたので、しっかりと絞りきって入れましょう!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして、スープが全体に馴染むと…コク深い仕上がりらしくほんのりと厚みを感じる仕上がりとなり、特にどろっとした“とろみ”ではなく、札幌ラーメン特有の旨味が凝縮されたことによる濃厚感が表現されています!

ちなみにスープ表面にはうっすらと油分が浮き、この見た目からも伝わってくるように厚みのあるコク深い仕上がりではありますが、ギトギトとしたスープではなく、豚骨と野菜の旨味が閉じ込められたまろやかなコクが印象的な一杯となっています!

食べてみた感想

一口食べてみると…臭みのない豚骨の旨味が野菜の旨味とともにまろやかな味噌スープを表現しています!また、追加した調味油によるガーリックの風味がけっこう利いていますね!

そして、なにより“信玄”ならではの甘めな味噌といった、白味噌のようなマイルドな口当たりがしっかりと感じられます!

ただ、実店舗の再現となると…やはりカップ麺ですからね!それなりではありますが、味の方向性としては合っているのではないでしょうか?

実店舗での“信玄”では、もっと豚骨の旨味が利いていてコク深く、さらに味そのものも濃かったと思いますので、若干お湯を少なめでも良いかな?と思いますね!

麺について

麺は、ご覧の通り太麺にも見えるもちっとした弾力と、噛み応え抜群なコシが感じられる仕上がりとなっていて、若干ちぢれを付けたことで“信玄”らしい食べ応えのある麺を表現しています!

そんな麺には、今回豚骨の旨味をコク深く“信玄”の味わいを再現したスープがよく絡み、一口ずつにまろやかな豚骨と野菜の旨味が口に広がっていき、ガーリックなど香り立つ風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの細切れとなったチャーシューが入っていて、こちらにも若干甘めな味付けをしているようで、こういった具材からも今回の“信玄”らしい甘みを旨味として滲み出しているものと思われます!

そして、実際噛んでじっくりと味を確かめてみると…甘めの味付け以外にもしっかりと肉の旨味が感じられたため、豚骨を利かせたコク深いスープにもぴったりな具材のようです!

また、こちらの“もやし”は、シャキシャキとした食感が非常に心地よく、特にスープの味を損なうような変な臭みなども全くないため、これによって今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようですね!

さらに、こちらのキャベツはシャキシャキとまではいきませんでしたが、ほどよい食感を残した仕上がりとなり、先ほどの“もやし”とともにコク深いスープに食感がプラスされたことで、メリハリの効いた一杯に感じられます!

スープについて

スープは、“信玄”の人気メニューのひとつ“信州(コク味噌)”を再現しただけあって、豚骨ベースに野菜の旨味もプラスされ、まろやかでありながらも味噌ならではのキレもあり、ガーリックをはじめ香味野菜の香りが甘みのある味噌スープに相性良くマッチしています!

ただ、コク深いとは言ってもカップ麺ということもあって、それなりのコクではありますが、濃厚さやまろやかさといった“信玄”らしいスープに近づけた感は伝わってくる一杯…といったところ!

そのため、まろやかな豚骨の旨味を利かせたコク深い味噌といったテイストがお好みの方には間違いない一杯に感じられるかと思われます!

そして、豚骨の旨味をしっかりと利かせたせいか、厚みのある味噌スープが表現されてはいるものの、このスープの見た目からも伝わってくるように、決して脂っこいスープではないため、全く“くどさ”といった感じもなく、ついスープが止まらなくなるクセになりそうな味わいが楽しめます!

また、食べ進めていくうちに、実際の“信玄”にも久しぶりに訪問したくなってきますね。。“信玄”のリピーターにとっては物足りなく感じるかもしれませんが、コク深く甘みのある味噌スープであることは確かなので、手軽に“信玄”の味わいを楽しむには申し分ない一杯と言えるでしょう!

“信玄”の特徴でもある甘みのあるスープに仕上がっているため、お好みで“にんにく”や一味などの香辛料を追加トッピングしてアレンジしてみても良いかもしれませんね!

まとめ

今回「札幌らーめん信玄 コクみそ味」を食べてみて、豚骨と野菜の旨味をしっかりと利かせたことで、コク・風味が美味しく際立ち、“信玄”らしい甘みのある味噌といった味わいがカップ麺に表現されていました!

そして、どろっとした“とろみ”自体はなく、旨味が凝縮されたかのような厚みのある仕上がりとなっていたため、“信玄”らしさも感じられるのではないでしょうか?

また、この“信玄”の“信州(コク味噌)”は、お土産用にも発売されているので、実店舗に訪れる機会がなかなかない…という方は取り寄せてみても良いかもしれません!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!