グルメ

【ローソン】らーめん信玄監修 越後(辛味噌)食べてみました!ピリ辛な味わいがクセになるレンジ麺

【ローソン】らーめん信玄監修 越後辛味噌ラーメン

ローソン限定で取り扱いされている“らーめん信玄”監修のレンジ麺「らーめん信玄監修 越後辛味噌ラーメン」を食べてみました。(2021年1月5日発売・ローソン限定)

この商品は、札幌市近郊の石狩に本店を置く超人気ラーメン店「らーめん信玄(しんげん)」の人気メニュー“越後(辛味噌)”の味わいをレンジ麺としてクオリティ高く再現したもので、豚骨ベースに甘味のある白味噌を合わせたスープにピリ辛なアクセントを加えたことで、最後まで飽きの来ないメリハリのある味わいを同店監修によって電子レンジだけの簡単調理で再現、まさに本格感のある仕上がりが自宅でゆっくりと楽しめるチルドタイプのレンジ麺、“らーめん信玄監修 越後辛味噌ラーメン”となっております。(税込530円)

そしてパッケージには、今回電子レンジ専用ということで、“保存方法10℃以下”といった記載があり、容器外側から見る限り具材には…焼豚・もやし・玉ねぎ・味付メンマ・ねぎ・“ごま”が使用されているようです!特に焼豚の仕様はチルド麺らしく非常に質が高く、厚み・サイズともに申し分のない仕様で2枚も入っていて、見るからに物足りなさを一切感じさせません!

ちなみにここ“らーめん信玄”とは…1998年8月創業の超人気ラーメン店で、札幌近郊の石狩に本店を置き、2号店として営業中の“すすきの”の外れに位置する南6条店は2000年2月にオープン、立地的に飲んだシメに立ち寄る方が大変多く、深夜にもかかわらず行列ができていることも珍しくない…こってり味噌好きご用達の人気店で、地元だけでなく道外の方からも高い支持を得ています!

また、ここ“信玄”では一番人気の“信州(コク味噌)”や同じく人気の“越後(辛味噌)”など…店名や運営会社名(有限会社センゴク)からも想像できるように創業者が戦国時代を好んでいたことを理由に当時の地名がメニューの名前としてずらっと並び、やはり札幌ラーメンということもあって味噌テイストが好評のようですが、中でもチャーハンが密かな人気を博し、多くの方が注文しているんだとか?

f:id:yuki53:20170730150005j:plain信玄本店のお品書き

他にも特徴として…麺はレンジ麺らしく若干頼りない食感が印象的で実店舗のプリッとした食感が特徴的な玉子麺と比べてどうしてもコシが物足りなく、角刃仕様にも関わらずもっちりとした弾力が際立った仕上がりとなっており、じっくりと煮込んだ臭みのない豚骨の旨味をしっかりと利かせたコク深く甘味のある味噌スープがよく絡み、ピリッとした辛みが加わった“越後(辛味噌)”らしいメリハリのある豚骨清湯のコク深い味噌スープといったまろやかな旨味の中にもアクセントとなる辛さが最後まで飽きることなく楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

臭みのない豚骨の旨味を丁寧に利かせたコク深くまろやかな味噌スープには白味噌らしい甘味が感じられるんですが、そこにピリッとした辛みが加わったことでスープ全体としては非常にバランスが良く、最後まで全く飽きさせないメリハリの付いたクオリティの高い味わいを再現、そこに若干物足りなさを感じるものの…もっちりとした弾力のある太麺がしっかりと食欲を満たしてくれる…そんなレンジ麺ならではの食べ応え抜群な一杯となっていました!
これは特に、“らーめん信玄”ファンはもちろん、豚骨清湯のまろやかなスープに辛みを合わせたメリハリのある飽きの来ない味わいをレンジ麺らしくボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“味噌ラーメン”の名店“らーめん信玄”のお店さながらの味わいをレンジ麺らしく臨場感高く再現したローソン限定の一杯、「らーめん信玄監修 越後辛味噌ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

らーめん信玄監修 越後辛味噌ラーメン

今回ご紹介するレンジ麺は、札幌市近郊の石狩に本店を置く超人気ラーメン店「らーめん信玄」監修によって豚骨の旨味をしっかりと利かせた味噌スープにアクセントとなる辛みを合わせ、コク深くも後味すっきりとした安定感のある味わいをレンジ麺らしく臨場感高く再現したもので、チャーシューも数・サイズともに申し分なく、“信玄”らしい白味噌の甘味がピリッとした辛みによって最後まで全く飽きの来ない味わいに仕立て上げたローソン限定で取り扱いされている一杯、“らーめん信玄監修 越後辛味噌ラーメン”となっています。

【ローソン】らーめん信玄監修 越後辛味噌ラーメン パッケージ

ちなみにこの商品は全国各地の有名ラーメン店監修によってレンジ麺にその味わいを再現・商品展開している「ラーメン横丁(RAMEN YOKOCHO)」シリーズのひとつで、各地域のローソンによっても取り扱いされている商品が異なり、これまでも以下のような商品をご紹介してきました!

また、今回ご紹介する“らーめん信玄”とは…札幌市近郊の石狩に本店を置き、支店として札幌の繁華街“すすきの”の少し外れに位置する南6条店が営業しており、こちらでは飲んだシメに立ち寄る方が大変多く、日中はもちろん深夜にも行列のできる人気ラーメン店であり、その知名度ももはや全国区と言って良いほどの有名ラーメンで、本店での様子はぜひこちらの記事もご覧ください!

らーめん信玄に行ってきました!豚骨の旨味がたまらないコク味噌ラーメン!
らーめん信玄に行ってきました!豚骨の旨味がたまらないコク味噌ラーメン!札幌の人気ラーメン店のひとつ「らーめん信玄」に行ってきました! ここは石狩花川に本店を置くラーメン店で、“すすきの”の少し外れた場...

さらににここ“信玄”ではこれまでも以下の通りカップ麺としても商品展開されており、割とコンビニでも並ぶ機会も多いため、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

それでは、今回の“らーめん信玄監修 越後辛味噌ラーメン”がどれほどレンジ麺らしく旨味溢れる本格的な仕上がりとなっているのか?“信玄”らしいじっくりと煮込まれた豚骨の旨味や白味噌ならではの甘味、そしてピリッとした辛みとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても実店舗でも使用されている“小林製麺”ならではのプリシコな玉子麺とまではいかないものの…しっかりと食欲を満たしてくれる食べ応えのある太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り491kcalとなっております。(塩分は6.53g)

カロリーは、ボリュームのあるレンジ麺の割にかなり低めな数値のようですが、一方で塩分はそれなりに高めな数値となっています。
ちなみに1食当たりのg数や麺量は特に記載されていませんが、持った感じだとかなりずしっとした重量感があり、調理前からすでにしっかりとした食べ応えが表現されていることが伺い知ることがでるでしょう!

また、調理方法はレンジ麺ということで当然電子レンジを使用するわけですが、目安としては…

  • 1500W 1分40秒
  • 500W 5分

となっており、特に別添されている調味料などはありませんので、そのままレンチンするだけの簡単調理で本格的な“ピリ辛味噌ラーメン”が楽しめちゃうというわけですね!
※こちらにも最近リニューアルされた“L marche(マルシェ)”のロゴが記載されています。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、辛味噌ラーメンスープゼラチンとしてまとめられており、他にもラー油や香味オイルといった材料が並び、札幌の人気ラーメン店“信玄”らしい長時間じっくりと煮込んだ臭みのない豚骨の旨味をベースに甘味のある白味噌を合わせ、ピリッとした辛みがやみつき感を再現した豚骨清湯スープといった…コク深くまろやかな味わいを想像させます。

JANコード2300681323176
原材料名

味噌ラーメンスープゼラチン、茹中華麺、焼豚、もやし玉ねぎ炒め、味付メンマ、ネギ、香味オイル、ラー油、ごま/加工澱粉、かんすい、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、グリシン、酢酸Ca、酸化防止剤(V. E)、増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、香辛料、カラメル色素、クチナシ色素、カカオ色素、パプリカ色素、酵素、キシロース、V. B1、V. C、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・豚肉・ゼラチンごまを含む)

栄養成分表示 [1包装当たり]
熱量491kcal
蛋白質27.2g
脂質16.5g
炭水化物60.4g
糖質:56.5g
食物繊維:3.9g
食塩相当量6.53g

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りプラスチックのシートなども一切なく、電子レンジで温めるだけで名店“信玄”の人気メニュー“越後(辛味噌)”が出来上がるように各種具材などがすでに入っています。

そして、具材には…

  • 焼豚
  • もやし
  • 玉ねぎ
  • 味付メンマ
  • ねぎ
  • ごま

といった具材が使用されているようですが、見てわかるように焼豚の厚み・サイズ感がかなり本格的で、他にもシャキシャキとした“もやし”などの野菜が豊富に使用されていることから物足りなさといった印象は全くありませんね!

また、この時点ではまだ電子レンジで調理する前の段階なんですが、すでにこのジューシーな肉汁溢れる焼豚が食欲を掻き立てるかのように盛り付けられており、札幌ラーメンならではの“ちぢれ”が付いた太麺による弾力と黄色みがかった仕様が印象的といったところ!

他にも思ったよりたっぷりと“ごま”が使用されており、それによって食欲そそる相性抜群な香ばしさが加わり、臨場感溢れるテイストに期待できそうです!

ちなみに包装を剥がす際はこちらに“切り口”がありますので簡単に開きます。
それにしても“らーめん信玄”の看板と同じく黄色を基調にした店舗名は、見ただけで食欲を掻き立てられますね。。しかも今回は一番人気の“信州(コク味噌)”と並ぶほどの人気を誇る“越後(辛味噌)”ですから、恐らく後引く旨味・辛みがクセになること間違いありません!

調理してみた

では続いて再度フタを閉めて500W・5分で加熱し、軽く混ぜてみたところがこちら!
見た目としては先ほどまで容器底に固まっていた辛味噌ラーメンスープゼラチンがしっかりと溶け出したことによって豚骨の旨味をしっかりと利かせた味噌スープには厚みのある味わいに感じられ、“信玄”らしく見た目よりも濃厚というわけではなく、ほどよいコク深さとまろやかな旨味がバランス良く仕上がり、さすがレンジ麺というだけあって、かなりクオリティの高い一杯…といった印象の出来上がりです。

さらに、先ほどまでの麺も一回り太さを増しているようにも感じられ、見るからにもっちりとした弾力なんかもよーく伝わってきますね!そして何と言ってもスープ表面に浮かぶ豚骨やラードによる上質な脂・油分が臨場感の高さを物語っているように感じられます!

また、もっちりとした太麺からは柔らかな食感が箸先から伝わり、スープは濃いめな色合いではありますが…実は清湯スープということもあって後味すっきりとした仕上がりで、この上質な焼豚からも肉の旨味が滲み出ているように感じられますね!!これはかなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

他にもスープ表面には豚骨やラードなどの旨味成分となる油分や脂などが浮き、白味噌ならではの甘味とキリッとした口当たりがこの豚骨の旨味によってコク深く引き立ち、喉越しの良い辛味噌スープがシャキシャキ野菜やジューシーな焼豚とともにたっぷりと楽しめそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…コク深くまろやかな印象ではありますが、“信玄”の人気メニュー“越後(辛味噌)”らしくピリッとした辛みがちょうど良いメリハリとなって豚骨の旨味を引き立たせ、濃厚でありながらも後味すっきりとした飽きの来ない味わいに仕上がっています!これは良いですね!脂っこさもなく素材の旨味を活かした味噌スープは非常に丁寧な作り込みで好印象といったところ!

また、味噌ならではのキレとコクを豚骨の旨味が際立たせ、特に白味噌のまろやかさが突出しているものの、このピリッとした辛みによって全体のバランスが非常に良く、基本は豚骨ベースの濃厚な味噌スープなので、お好みによっては“おろしにんにく”をちょい足ししてみても良いでしょう!

ちなみにこの辛さの強さについてですが…辛さを直接感じさせるほどのものではなく、あくまで白味噌にちょうど良いメリハリを加える程度の…ラー油のようなほんのピリ辛なアクセントとなっているため、辛さが苦手という方でも全く問題なく名店の味わいが楽しめるかと思われます!

麺について

麺は、ご覧の通り太麺・角刃仕様となっていて、つるっと滑らかな食感や弾力のあるもっちり感は非常に良く表現されているんですが、どうしてもコシの強さに欠ける点が惜しいですね。。そのため、この麺がさらに改良されるとかなり再現性も高まると思われるので、今後のリニューアル展開などに期待したいところ。。とは言え…レンジ麺らしく想像以上にボリューム感はありますね!

そんならーめん信玄監修による太麺にはじっくりと煮込んだ臭みのない豚骨の旨味をベースにしたコク深くまろやかな味噌スープがよく絡み、一口ずつにピリッとした辛みや旨味溢れる味わいが口いっぱいに広がっていき、ふんわりと漂う風味豊かな“ごま”の香りが後味良く抜けていきます!今回はこのスープの仕上がりが秀逸なので、その辺りを考慮すると納得のいく一杯と言えるでしょう。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの厚みがありサイズも非常に大きな焼豚が2枚も使用されており、じっくりと味わってみると…ほどよい噛み応えのある仕上がり具合となっていて、旨味がしっかりと閉じ込められた焼豚からはじゅわっと肉の旨味が滲み出てくる美味しい具材となっていたため、食べはじめは濃厚な味噌スープにしっかりと馴染ませておき、後半からいただくとピリ辛豚骨味噌スープもほどよく染み込み、より一層美味しくいただけるのではないでしょうか?

また、こちらのメンマは数的に若干少ないんですが、サイズ感に関しては全く申し分なく、コリコリというよりも…しっかりと味付けが施された食感柔らかな仕上がりとなっていて、素材本来の味わいが感じられ、今回のピリッとした辛みが利いた豚骨味噌スープとも相性抜群な具材となっています!

さらにこちらの“もやし”は、レンジ麺らしく強火でさっと水気を飛ばしたかのようなシャキシャキとした食感が心地良く、こちらもまた上記のメンマと同じく実店舗で食べているかのような臨場感を高める具材として思ったよりも豊富に使用されています!

そして、こちらの“玉ねぎ”は、シャキシャキとした食感はもちろん、素材本来の旨味・甘味がしっかりと感じられるリアルな具材として今回のスープの美味しさを引き立て、こちらもまた相性抜群な具材となっているようです!

他にも、こちらの“ねぎ”が入っていて、新鮮さを感じさせるかのような…見るからにシャキシャキとした食感が表現され、ちょうど良い薬味にもなったことで後味の良さを引き立てるのはもちろん、コク深い豚骨味噌スープの美味しさを際立たせる具材として彩り良く添えられています!(レンジで調理したのにも関わらずしっかりとした食感が感じられるのは不思議ですね…)

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り、名店“信玄”と同じくじっくりと煮込んだ臭みのない豚骨の旨味を利かせた清湯系の味噌スープに仕立て上げ、見た目としてはまろやかな濃厚感があるんですが…思ったよりも後味すっきりとした印象で、辛みを加えたキリッとした口当たりとコクのある旨味がバランス良く融合したことによってメリハリのあるスープを表現、それによって喉越しの良い味わいが飽きることなく存分に楽しめることと思われます!

そして、辛みもピリッとしたラー油程度のアクセントとなっているため、白味噌の甘味とバランス良く調和されたことによって非常に喉越し良く…人気メニューの“越後(辛味噌)”らしい辛みが心地良く感じられ、ストレートに美味いと思わせるコク深いスープといったところで、特別脂っこさといった印象もないため、“信玄”ファンでも納得の一杯と言えるでしょう!

また、ご覧の通りスープ表面には特に脂っこい油分は一切なく、ほどよいラー油のようなピリ辛なキレがバランス良く調和し、それによって白味噌の甘味と美味く調和し、物足りなさを感じさせない美味しさを引き立てているようです!

さらにたっぷりと“ごま”が使用されており、さり気なく風味豊かな香ばしさを引き立て、濃厚感と香り高い“信玄”らしさをうまく強調しているように感じられます!

他にも…食べ進めていくに連れて上質な焼豚からも良い旨味・脂が滲み出し、コク深さがどんどん引き立っていくわけですが、決して脂っこいテイストというわけではなく、白味噌の甘味をシャープな飲み口によってバランス良く調和し、本店・支店ともに行列を作る名店の味わいをクオリティ高く再現したテイストは最後まで飽きさせません!

…というか、こういった濃厚ながらも飽きの来ない味わいが人気の秘訣であって、決して脂っこさのない抜けの良いスープが非常に好印象で、豚骨自体もじっくりと煮込まれた臭みのないテイストだからこそ物足りなさを感じさせない喉越しの良いスープに仕上がり、今回使用されている太麺とも相性良くマッチしたことで食欲もしっかりと満たされる…そんな満足度の高い一杯が楽しめるかと思われます!

ただ…やはり個人的にはもう少し麺に強いコシがあっても良かったような気もしましたが、レンジ麺としては難しいのでしょうか?この辺りに関しては今後の改良に期待したいところ。。

このように、今回のローソン限定で取り扱いされている“らーめん信玄監修 越後辛味噌ラーメン”は、石狩本店と支店の南6条店で愛される続けている濃厚ながらも素材の旨味を活かした白味噌の甘味とピリッとした辛みが絶妙にマッチした人気メニュー“越後(辛味噌)”の味わいを再現したレンジ麺というだけあって、じっくりと煮込まれた豚骨の旨味がしっかりと溶け込み、最後まで飽きの来ないピリッとした辛みが絶妙にマッチしたボリューム感のある仕上がりとなっていましたので、お好みによってはもう少し唐辛子を加えて辛さを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回ローソン限定の「らーめん信玄監修 越後辛味噌ラーメン」を食べてみて、レンジ麺ならではの仕上がりは豚骨の利かせ具合が非常に秀逸で、コク深くまろやかでありながらも後味すっきりとした味噌スープに仕上がり、脂っこさや“くどさ”のないコク深い味わいが最後までじっくりと楽しめる味わいを臨場感高く再現、そこに弾力のある太麺が絶妙にマッチし、ピリッとした辛みがクセになる…本格志向の方におすすめの一杯となっていました!

やはり“らーめん信玄”の味わいをレンジ麺で再現した一杯はひと味違ってクオリティ高く仕上がり、白味噌の甘味とピリッとした辛みが絶妙にマッチしたことで最後まで飽きの来ない旨味溢れる美味しさが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!