カップ麺

福福彩菜 四川風旨辛麻婆春雨!3種の醤や五香粉を使用した本格中華が味わえるヘルシーな一杯

福福彩菜 四川風旨辛麻婆春雨
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

福福彩菜(ふくふくさいさい)四川風旨辛麻婆春雨」を食べてみました。(2024年2月5日発売・エースコック

この商品は、しっかり濃い味で“ご飯”に合う春雨料理を堪能できる新ブランド“福福彩菜”第1弾として登場したもので、チキンをベースに豆板醤・甜面醤・豆鼓醤を利かせた醤油スープに仕上げ、本格中華の味わいなのに1食当たりのカロリーが約1/2、脂質も約1/10とカロリーパフォーマンスの高い一杯、“福福彩菜 四川風旨辛麻婆春雨”となっております。(値段:税別221円)
※2022年9月発売の“飲み干す一杯 担担麺”1食(76g)当たりとの比較。

ご覧の通りパッケージには、シリーズ名“福福彩菜”、“四川風旨辛麻婆春雨”といったブランドロゴや商品名が掲載されています!これは…ヘルシーながらも中国山椒や五香粉などの香辛料を使用した本格中華が楽しめるとあって夜食はもちろん、健康志向の高い方やダイエット中にも良いかもしれません!
※“福”の字が逆さまになっているのは倒福(ダオフー)と呼び、“福がやってくる”という意味を持ちます。

福福彩菜 四川風旨辛麻婆春雨 パッケージ

一方こちらには…“1食当たり130kcal 脂質1.1g”と記載されているように、このシリーズは麺ではなく春雨を使用したことによってカロリー・脂質がかなり抑えられ、一方で“ご飯”とも合うパンチの強いフレーバーでもあり、ヘルシーながらもしっかりとした味わいが堪能できる新・本格中華のカップ麺と言えるでしょう!

また、こちら容器側面には、“ちゅるん”とした春雨ならではの食感滑らかな仕上がりに本格中華の醤油スープが絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…チンゲン菜・大豆そぼろ・ねぎ・唐辛子が使用されているようです!

他にも特徴として…やはり麺ではなく滑らかで“ちゅるん”とした食感の“春雨”が使用され、それによって130kcal・脂質1.1gといった低カロリー・低脂質を実現、チキンをベースに3種の醤(豆板醤・甜面醤・豆鼓醤)、中国山椒や五香粉などの香辛料を利かせたことによって物足りなさを感じさせない本格中華の味わいがじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

1食当たり130kcalということもあって、非常に軽やかな仕上がりかと思いきや…チキンの旨味がしっかりとしたコクを下支えし、そこに3種の醤や中国山椒・五香粉などの香辛料を利かせたことで、決して物足りなさを感じさせない本格中華の醤油スープを表現、さらに唐辛子ならではの辛みが汗を誘うようなやみつき感をプラスし、麺ではなく春雨を使用したことでヘルシーでありながらも満足度の高い味わいが最後までじっくりと楽しめる一杯となっていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回は2024年2月5日にエースコック株式会社から発売された「福福彩菜 四川風旨辛麻婆春雨」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

福福彩菜 四川風旨辛麻婆春雨

今回ご紹介するカップ麺は、130kcalにも関わらず旨味や各種香辛料・調味料を活かした本格中華の醤油スープを表現し、麺の代わりに春雨を使用したことによって健康志向の高い方にもおすすめのヘルシーな一杯、“福福彩菜 四川風旨辛麻婆春雨”となっています。
※売っている場所:今回はセイコーマートで購入

ご覧の通り、今回のフレーバーに関しては…いかにも味が濃くて本格的な仕上がりをイメージさせるデザインがあしらわれ、“ご飯”にも合うガツンとしたテイストながらも、麺ではなく春雨が使用されていますから…その辺りで全体のカロリーをぐっと抑えているのでしょう!

一方、今回の新ブランド“福福彩菜”という名前は以下の通り“福”を重ね、彩りを添える“おかず”的な料理“菜”を意味した造語とのこと!

「福福彩菜」というブランド名は、エースコックのスローガンである“Cook happiness”から「おいしい幸せ」を多く届けられるよう幸福の「福」を重ね、食シーンに彩りを添えられるおかず的な料理としての「菜」という意味の造語で、エースコックの熱い想いを込めています。
引用元:四川風旨辛麻婆春雨/広東風濃い旨五目春雨 2024/2/5 新発売 | エースコック株式会社

また、こちらには今回の“福福彩菜”についての簡単な説明書きが記載されていて、これによると…“「福福彩菜」は、しっかり濃い味でご飯に合う春雨料理を堪能できるブランドです。”とのことで、やはりスープの味わいはしっかりと旨味を利かせたことで満足度が高く、そして春雨を使用したことによってボリューム感も出しつつもヘルシーな一杯に仕上げているようです!

ちなみに今回は、“福福彩菜”第1弾として…チキンをベースに魚介の旨味をしっかり利かせ、ごま油の風味にXO醤とオイスターソースを合わせた一杯、“福福彩菜 広東風濃い旨五目春雨”も同時発売されています!(CMはもちろん、イメージキャラクターに鈴木福さんを起用したり、コンビニでも割と見かけるのでエースコックでもかなり推しているシリーズだと思われます。)

それでは、今回の“福福彩菜 四川風旨辛麻婆春雨”がどれほどチキンをベースに3種の醤(豆板醤・甜面醤・豆鼓醤)を利かせた濃い目の醤油スープに仕上がっているのか?中国山椒や五香粉などの香辛料との兼ね合いはもちろん、なんと言っても“ちゅるん”とした食感が特徴的な春雨との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り130kcal(めん・かやく106kcal / スープ24kcal)となっております。(塩分は3.2g)

カロリーは、春雨を使用したことによってかなり抑えられ、さらに塩分も同じくかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり41g、春雨の量は特に記載されていません。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと24kcalとかなり低く、やはり食べた最後に“あぁおいしかったな”と幸福感を味わえる一杯を目指した新ブランドというだけあってチキンをベースに各種香辛料や調味料などを活かしたコク深くも後味の良い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や“しょうゆ”をはじめ…

  • チキンエキス
  • 植物油脂
  • ガーリックペースト
  • ポーク調味料
  • 甜麺醤
  • 中国しょうゆ
  • 豆鼓醤
  • 豆板醤
  • 豚脂
  • みそ
  • オニオンエキス
  • 中国山椒
  • ジンジャーペースト
  • 五香粉

といった、チキンの旨味をベースに3種の醤(豆板醤・甜面醤・豆鼓醤)をはじめ…中国山椒や五香粉などの香辛料・調味料を利かせた本格中華ならではの旨辛な味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:エースコック株式会社 関西滝野工場(兵庫県)

JANコード4901071403492
原材料名

春雨(でん粉、醸造酢)(中国製造)、食塩、しょうゆ、チキンエキス、糖類、乾燥チンゲン菜、植物油脂、ガーリックペースト、ポーク調味料、大豆加工品、甜麺醤、中国しょうゆ、豆鼓醤、豆板醤、豚脂、乾燥ねぎ、唐辛子、胡椒、みそ、でん粉、オニオンエキス、中国山椒、ジンジャーペースト、たん白加水分解物、五香粉、全卵粉/増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、重曹、酒精、香料、カラメル色素、カロチノイド色素、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (41g) 当たり]
熱量130kcal
たん白質1.8g
脂質1.1g
炭水化物
(糖質/食物繊維)
28.8g
(糖質27.6g/食物繊維1.2g)
食塩相当量
(春雨・かやく/スープ)
3.2g
(春雨・かやく1.6g/スープ1.6g)

引用元:福福彩菜 四川風旨辛麻婆春雨 | エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り春雨などがすでに入っていて、他に粉末スープ、液体スープといった調味料などの2パックが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に液体スープは3種の醤による若干トロッとした状態のようでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!(粉末スープは先入れタイプで、春雨の湯戻りを考慮して溶かすように熱湯を注いでください。)

また、かやくには…

  • チンゲン菜
  • 大豆そぼろ
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています。

さらに、麺はご覧の通りヘルシーな春雨が使用されており、見るからにつるっと滑らかな食感をイメージさせるかなり細めの仕様で、スープを吸うことなく伸びにくいといった特徴も嬉しいところ!

調理してみた

ではまず、先ほどの“粉末スープ”を入れてみます。
すると…量は割と多いものの、そこまで特徴的な風味というわけではありません!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:290ml)
そして出来上がりがこちら!

春雨はしっかりとした食感が表現されているようで、ずしっとした重みによって容器底に沈んだ状態となっており、まだ別添されている液体スープを加える前の状態ではありますが、チキンをベースに3種の醤や中国山椒・五香粉などの本格香辛料・調味料などを利かせた後味の良い醤油スープがしっかりと楽しめるヘルシーな一杯…といった印象の出来上がりです。

続いて液体スープを加えていきます!
こちらには動物系の旨味や3種の醤などが凝縮されているようで、中国山椒や五香粉などの香りに関してはやや控えめでバランス良く馴染み、本格中華らしい麻婆春雨をイメージさせます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…本格中華の醤油スープの割にサラッとした仕上がりではありますが、チキンや味噌、3種の醤などがほどよいコクを引き立て、香辛料も利いたことで後引く辛さがクセになる味わいを表現、ヘルシーながらもシリーズらしい“WILD系春雨”といった仕上がりとなっています!

また、春雨は仕上がりと同じく容器底に沈んだ状態となっていて、割と豊富に使用された具材が印象的で、見るからにヘルシーさが伝わってきます!これなら健康志向の強い方や夜食なんかにもちょうど良さそうです!(ただ、味も濃い目なので“ご飯”が欲しくなりますが…)

食べてみた感想

一口食べてみると…“四川風旨辛麻婆春雨”ということで、本格中華ならではのピリッとした唐辛子の辛みがしっかりと利き、さらに3種の醤からはコク深くも若干甘みもあり、中国山椒や五香粉などの香辛料なんかも使用されているため、香り高く雰囲気ある風味が印象的で、スープとしては全く物足りなさを感じさせない味わいとなっています!

そもそもこのヘルシーさは、ほぼ春雨で実現しているため、スープに関しては物足りなさといった感じは一切なく、本格的な香辛料や調味料などをうまく活かしたことで奥深い醤油スープに仕上げ、味も濃く旨味も強いので“ご飯”が欲しくなりますね!麻婆春雨ということもあって“ご飯”にかけても合いそうです!

また、エースコックの春雨でいうと…“ヌードルはるさめ 1/3日分の野菜 ちゃんぽん味”や“ヌードルはるさめ 1/3日分の野菜 うま辛チゲ”なんかも登場していたんですが、そういったヘルシーなイメージを覆す濃厚かつ満足感のある新ブランドに間違いなく、食べ進めていくに連れて汗を誘うほどの刺激となっており、具材にも“大豆そぼろ”が使用されたことによって想像以上に本格感があります!

春雨について

麺は、ご覧の通り“ちゅるん”とした春雨ならではのつるっと滑らかな食感に仕上がり、恐らく調理時間3分をしっかりと待たないとほどよい弾力や歯切れの良さなんかが楽しめないかと思われますので、じっくりと湯戻りしていきましょう!

そんな春雨には…チキンをベースに3種の醤(豆板醤・甜面醤・豆鼓醤)をはじめ中国山椒や五香粉などの香辛料などをバランス良く利かせた濃い目の醤油スープがよく絡み、ピリッとした辛みや動物系・醤のコクや旨味などが口いっぱいに広がっていき、本格中華ならではの雰囲気ある風味が後味良く抜けてきます!ただ、この春雨は1本が割と長いので火傷に注意です。

トッピングについて

トッピングにはまず、やや小ぶりな“大豆そぼろ”が入っていて、じっくりと味わってみると…ほどよく味付けされた肉の旨味が滲み出す仕上がりでしたので、まずはスープとよく馴染ませながら食べ進め、後ほど本格中華を表現したスープや“ちゅるん”とした春雨と一緒にいただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのチンゲン菜も同じくやや小さめにカットされていて、シャキシャキ感こそありませんが、素材本来の味なんかも感じられ、雰囲気ある今回の中華スープとの相性も抜群です!

他にも、こちらの“ねぎ”が使用されていて、ほどよいサイズ感でシャキシャキとした食感なんかもあり、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の本格中華の醤油スープの味わいをより美味しく引き立て、後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、チキンをベースに3種の醤(豆板醤・甜面醤・豆鼓醤)をはじめ、中国山椒や五香粉などの香辛料をバランス良く合わせたことで本格中華ならではの醤油スープに仕上げ、後引く旨味・辛みがクセになる味わいが際立ち、ヘルシーさ・物足りなさを一切感じさせない深みのあるテイストとなっています!

そして、後味すっきりとしたシャープな飲み口が心地良いサラッとした仕上がりではあるんですが、決して深み・コクがないというわけではなく、素材の旨味を存分に活かしたことでスープは24kcalとかなり低く、麻婆春雨らしい風味豊かな味わいがしっかりと楽しめることと思われます!ただ、個人的には若干の甘みが気になるところ…

ちなみに気になる辛さについては…粗挽き唐辛子や豆板醤などによるピリッとしたアクセント程度となっているため、基本的にそこまで気にするほどのものではなく、むしろ食欲そそる辛みでしたので、場合によっては少量でも“ご飯”と一緒に味わってみても良いかもしれません!(逆に唐辛子で辛さを際立たせてみても良いでしょう。)

また、具材に使用された“大豆そぼろ”からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな本格派も納得の仕上がりでしたので、容器底からしっかりと混ぜながらいただくと良さそうです!そしてチキンをベースにしていますが、もちろん変なクセもないので最後まで飽きることもありません!

まとめ

今回「福福彩菜 四川風旨辛麻婆春雨」を食べてみて、これまでのヘルシーな春雨のイメージを覆す本格中華の新ブランド“福福彩菜(ふくふくさいさい)”第1弾として登場した一杯には…チキンをベースに豆板醤・甜面醤・豆鼓醤を利かせ、中国山椒や五香粉などの香辛料を合わせたことで“ご飯”が欲しくなるほどの濃い目でピリ辛な雰囲気ある醤油スープに仕上げ、そこに“ちゅるん”とした春雨が相性良くマッチし、まさにヘルシーながらも“WILD系春雨”に相応しい満足度の高い一杯となっていました!

やはりスープがしっかりと美味しく仕上がっているだけで十分な満足感が得られますね!もちろん通常の中華麺も良いんですが、こういった春雨を使用したヘルシーなテイストは今回のフレーバーで1食当たり130kcal・脂質1.1gですから、夜食にいただいても罪悪感なく楽しめるのではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です