スーパーカップ

スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮監修 辛ダレ豚骨ラーメン!国内外に人気の味わいをカップ麺に再現

スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮監修 辛ダレ豚骨ラーメン

スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮(だんぼ)監修 辛ダレ豚骨ラーメン」を食べてみました。(2020年7月20日発売・エースコック)

この商品は、福岡・筑紫野市(ちくしのし)の人気店“ラーメン暖暮”の看板メニューを同店監修によって食べ応え抜群なシリーズでお馴染み“スーパーカップ”で再現したもので、コク深くまろやかな豚骨スープにピリッとした辛みを加えた食欲そそる一杯が登場です!

それも…複数種もの厳選したポークエキスをしっかりと利かせ、そこに相性抜群な“にんにく”や生姜など香味野菜を合わせたことによってコク深く繊細な豚骨スープに仕上げ、別添されている特製ペーストを加えることによって、ピリッとした辛みのアクセントがプラスされ、メリハリ付いた飽きの来ない一杯“スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮監修 辛ダレ豚骨ラーメン”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージには“辛ダレ豚骨ラーメン”といった商品名が記載され、その背景には“暖暮”で実際に使用されている“どんぶり”に盛り付けられた乳化感のあるコク深くまろやかで臭みのない豚骨スープ、そしてピリッとした辛みがクセになる辛ダレが添えられた今回の一杯と思われる仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…ごま・焼豚・ねぎ・キクラゲが使用されているようです!
※実店舗ではこの“辛味だれ”の量を調整することも可。

一方こちらには、福岡県筑紫野市に本店を構える“暖暮”実店舗写真なんかも掲載されていて、2002年に「九州ラーメン総選挙」で1位を獲得したこもあるということで、看板には“ラーメン総選挙 第一位 受賞”といった文言が添えられています!このようにここ“暖暮”は、”九州でも特に人気の高いラーメン店のひとつのようですね!
※あの有名な“一蘭”とも深い関わりがあるんだとか?

また、今回の一杯には、ご覧の通り“暖暮”実店舗で利用できる“替え玉1杯無料券”なんかも付いていて、有効期限は2021年7月19日までと…まだまだ期間はありますので、これを機に実店舗と味を比べてみるのも面白いかもしれませんね!

カップ麺はこういった全国にその名を広める良いチャンスでもありますし、集客にも効果的と言えますので実に面白い企画だと思います!(とは言え…すでに“暖暮”は福岡・静岡・東京・神奈川・鹿児島・大分・宮崎・沖縄にまで店舗展開し、さらに海外にまで出店する大規模なラーメンチェーン店です!)

他にも特徴として…麺はエースコックらしい丸刃・フライ麺仕様となっていて、ツルッと滑な食感に仕上がり、それによって臭みのない豚骨の旨味が凝縮されたコク深くまろやかな豚骨スープに食欲そそるピリッとした辛みを加えたやみつき感のある味わいが“スーパーカップ”シリーズらしいボリューム感抜群な一杯として最後まで思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

まるでクセ・臭みのない丁寧な豚骨の旨味がしっかりとスープに溶け込み、それによってコク深くまろやかで喉越しの良い厚みもあり、そこにピリッとした“辛ダレ”が加わったことによって割と単調になりがちな豚骨ラーメンにちょうど良いアクセントとなり、メリハリの付いたテイストが非常にバランス良く仕上がっていて、シリーズらしい大盛り仕様の麺とともにボリューム感たっぷりと堪能できる一杯となっていました!
これは特に、“暖暮”ファンはもちろん、品のある豚骨スープに“辛ダレ”を加えたことによるクセになる味わいをたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は福岡・筑紫野市の人気店“ラーメン暖暮”の味わいを食べ応えのあるシリーズで定評のある“スーパーカップ”に再現した一杯、「スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮監修 辛ダレ豚骨ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮監修 辛ダレ豚骨ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、福岡・筑紫野市に本店を構える人気ラーメン店“暖暮(だんぼ)”の味わいを同店監修によって食べ応えのあるシリーズ“スーパーカップ”に再現したもので、コク深くまろやかな豚骨スープにちょうど良いアクセントとなる“辛ダレ”を加え、豚骨の旨味を引き立てるバランスの良さとボリュームたっぷりと楽しめるシリーズらしい大盛り仕様一杯、“スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮監修 辛ダレ豚骨ラーメン”となっています。

この“バケツ型”の大判カップ麺でお馴染み“スーパーカップ”シリーズが特定の店舗の味わいを再現する一杯というのは意外と珍しく、かなり久しぶりのコラボ商品ということもあって割と真新しさを感じられるのではないでしょうか?

また、ご覧の通り容器側面にもフタに記載さえていた“替え玉1杯無料券付き”と記載され、対象となる店舗がずらりと並んでおり、恐らく全店共通かと思いますが…ご利用の際は念の為確認してみてください!

ちなみに、今回カップ麺として商品化された「暖暮」は、福岡県筑紫野市に本店を置き、上記でもご説明した通り全国に20店舗以上も店舗展開を行い、さらには海外にまだ展開している人気ラーメン店です!

そしてこちらには、ご覧の通り“ラーメン暖暮”の実店舗写真や、ちょっとした説明書きが掲載されていてい、これによると…“《みなさんの暮らしに、ホッと一息つける暖かな一杯を》というささやかな思いを胸に福岡を中心に全国で店舗を展開する、豚骨ラーメン店です。じっくり炊き出す全店舗自家炊き豚骨スープは、臭み無くスッキリとした中にもコクのある味わいで国内外問わず多くの方に好評です。”とのことで、店名である“暖暮”とはそういった意味・由来だったわけですね!

それでは、今回の“スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮監修 辛ダレ豚骨ラーメン”がどれほど丁寧な豚骨の旨味を凝縮したコク深い仕上がりとなっているのか?ピリッとした辛みによって食欲を掻き立てる相性抜群な“辛ダレ”との兼ね合いはもちろん、中太・丸刃仕様ならではのつるっと滑らかな食感が印象的なシリーズらしい麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り519kcal(めん・かやく432kcal / スープ87kcal)となっております。(塩分は7.8g)

カロリーは、シリーズらしい大盛り仕様ということもあってやや高めな数値のようですが、一方で塩分はかなり高い数値となっています。
ちなみに1食当たり115g、麺の量は90gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで87kcalと豚骨の旨味をしっかりと利かせたコク深くまろやかなテイストではありますが、そこまで濃厚な一杯というわけではなく、クリーミーな味わいながらも後味すっきりとしたメリハリの付いた仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや乳化油脂をはじめ…

  • 食塩
  • ポーク調味料
  • 香辛料
  • ポークコラーゲン
  • オニオンパウダー
  • 植物油脂
  • 豆板醤
  • みそ
  • 香辛料
  • 動物油脂

といった、臭みもなくクリーミーな豚骨スープに別添されている“特製ペースト(辛ダレ)”を加えることによってピリッとした辛みが心地良いアクセントとなり、キレ・後味の良い最後まで飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071235291
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白)、かやく入りスープ(ポークエキス、乳化油脂、食塩、ポーク調味料、ごま、焼豚、ねぎ、香辛料、キクラゲ、たん白加水分解物、酵母エキス、ポークコラーゲン、オニオンパウダー)、特製ペースト(植物油脂、豆板醤、みそ、還元水飴、香辛料、動物油脂、食塩、ポーク調味料)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、酒精、重曹、かんすい、香料、香辛料抽出物、紅麹色素、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (115g) 当たり]
熱量519kcal
たんぱく質13.9g
脂質24.6g
炭水化物60.4g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
7.8g
(2.3g/5.5g)
ビタミンB10.41mg
ビタミンB20.48mg
カルシウム394mg

引用元:スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮監修 辛ダレ豚骨ラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく入り粉末スープ”、特製ペーストといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に“特製ペースト”は文字通り触ってみた感じからしてドロッとしたペースト状のようでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り中太・丸刃仕様となっていて、豚骨ラーメンと言えばやはり細麺なんですが…今回はエースコックらしい食べ応えのあるもっちり感が表現されたボリューム抜群な麺が採用されているようです!(せっかくなら細麺仕様で粉っぽさを感じさせる硬めの麺で味わってみたかったところ。。)

調理してみた

ではまず、先ほどの“かやく入り粉末スープを入れてみます。

かやくには、

  • ごま
  • 焼豚
  • ねぎ
  • キクラゲ

が入っています。
※“スープに充分熱湯をかけてよく溶かしてください。”と記載されていた通りしっかりと粉末スープを溶かすように熱湯を入れましょう。

粉末スープは大盛り仕様ということもあって割と量も多く、豚骨ラーメンには欠かせない具材が各種取り揃えられているようですが、豚骨臭さはまるでないのが印象的といったところ!あとはお好みで紅生姜なんかを加えて楽しんでみても良いかもしれませんね!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:440ml)
そして出来上がりがこちら!

すると…ほどよくお湯を吸い、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺はもっちりとした弾力が加わり、丁寧に表現された“暖暮”の味わいをボリューム感たっぷりと楽しめる一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“特製ペースト”を加えていきます!
すると…辛みを思わせるラー油のような油分に加え、豆板醤や味噌を含む辛み・旨味を際立たせる“辛ダレ”が加わり、これはこれでちょうど良いアクセントになったことで後味すっきりとした豚骨スープにやみつき感が際立っているようです!

そして、この特製ペーストは量こそそこまで多くはないんですが…割と旨味・コクが凝縮されているようにも見え、ピリッとした辛さだけでなく、豚骨スープに深みを引き立てるアクセントにもなっているようですね!これはなかなか楽しみな一杯!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…白濁とした豚骨ラーメンらしい乳化感のあるスープには、ピリッとした辛みをプラスする“辛ダレ”による赤みを帯びた仕上がりとなり、もしかするとお好みによっては“赤ダレ”は最初から全て混ぜるのではなく、少しずつ馴染ませて味の違いなんかも楽しんでみても良いかもしれません!

また、スープ自体はそこまで“とろみ”などはなく、むしろ後味すっきりとしたシャープな飲み口を思わせ、豚骨の旨味・コク深さなどが全体的にバランス良く仕上がっているとも言えるでしょう!

食べてみた感想

一口食べてみると…全く豚骨臭さがない割に素材の旨味をしっかりと利かせたことによって、非常に品の良い味わいを表現し、さらっとしている割に豚骨ラーメンらしいクリーミーでまろやかな仕上がりで、別添されている“辛ダレ”を加えたことによってキレの良い塩気などがバランス良く感じられます!これは安定感もあって良い出来と言えるのではないでしょうか?

また、豚骨の旨味を活かした一杯ではあるんですが、決して脂っこさや“くどさ”などは一切なく、シリーズらしいボリューム感抜群な一杯として思う存分たっぷりと“暖暮”ならではの味わいが楽しめるかと思われます!ここは個人的に紅生姜なんかを加えて味わいたいところ!

ちなみにこの“辛ダレ”は、あくまで食欲そそる程度のアクセント・辛みとなっているため、全く辛みがダメという方でも問題なく美味しくいただけるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様となっていて、つるっと滑らかな食感はもちろん、もっちりとした仕上がり具合によって物足りなさを感じさせないしっかりとした食べ応えを表現しています!(できれば細麺仕様にしてほしかったところではありますが…)

そんな麺には、丁寧な処理を思わせる臭みのない豚骨の旨味がしっかりと溶け込み、それによってコク深くまろやかな仕上がりとなった上品なスープがよく絡み、一口ずつに深みのある豚骨の旨味が口いっぱいに広がっていき、豆板醤や味噌などを凝縮させた風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの焼豚が入っていて、小さくカットされてはいるものの…じっくりと味わってみると、それなりに肉の旨味が感じられる味付け・仕上がり具合となっていましたので、単体で楽しむというよりも食べはじめはスープ底に沈めておき、少しでも肉の旨味を滲み出してもらい、その後に麺などと一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのキクラゲは、コリコリというより若干柔らかめな仕上がり具合となっていて、豚骨ラーメンにぴったりなほどよい食感としてのアクセントをプラスしているようです!

他にも、多めに使用されている“ねぎ”は細かくカットされているため、シャキシャキとした食感とまではいきませんが…ほどよい薬味にもなったことで豚骨の旨味が引き立ち、後味すっきりとした具材としてさりげなく添えられており、さらに“ごま”なんかも意外と香ばしい風味や心地良い食感を演出、これら手の込んだ具材によって豚骨スープの旨味を最大限に活かしているようにも感じられます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り豚骨特有の臭みが全くなく、品の良い旨味として溶け込んでいるため、コク深くまろやかで、ほんのわずかながら“とろみ”を付けたクリーミーな仕上がりとなっています!

とは言っても、キレの良さを感じさせるちょうど良い塩加減や別添されている“特製ペースト”によるコク・旨味も同時に際立たせる“辛ダレ”が絶妙にマッチし、最後までスープを飽きさせません!

しかも…食べ進めていくに連れてほんのり“とろみ”も増していき、それと同時にコク深さ・旨味もどんどん際立つ仕上がりは、後引く旨味・辛みがたまらない…そんなメリハリのある豚骨スープと変化していくため、ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。

また、“辛ダレ”も全く辛くはないんですが、徐々に利いてくるのでしょうか?ポカポカと温まってきて、この汗を誘う心地良い辛さが乳化感のあるまろやかな豚骨スープにぴったりです!

そして実はここ“暖暮”の味わいを再現したカップ麺は以前にも同じくエースコックから発売されていたんですが、個人的にも今回のように“スーパーカップ”とのコラボとして発売されるとは思ってもいませんでしたから…このボリューム感のある麺・スープはかなりの満足感が得られることに間違いないでしょう!

このように、今回の“スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮監修 辛ダレ豚骨ラーメン”は、丁寧に処理された品のある豚骨スープが表現され、コク深くまろやかで安定感のある仕上がりとなり、そこにピリッとした辛みや豆板醤・味噌による厚みのある旨味を加える“辛ダレ”が絶妙にマッチしたことで、最後まで飽きの来ないテイストがシリーズらしくたっぷりと楽しめるボリューム感抜群な一杯となっていたため、お好みによっては“辛ダレ”を少しずつ溶かして味わってみたり、豚骨スープにぴったりな紅生姜なんかを追加してみても良いでしょう!

まとめ

今回「スーパーカップ1.5倍 ラーメン暖暮監修 辛ダレ豚骨ラーメン」を食べてみて、数種類もの厳選した豚骨の旨味を利かせたという王道とも言える豚骨スープには、全く臭み・クセがなく、別添された“辛ダレ”によるピリッとした辛みがちょうど良いアクセントとなり、そういった旨味溢れるテイストがシリーズらしいボリューム抜群な仕上がりとしてたっぷりと楽しめる一杯となっていました!

個人的には豚骨臭さが強烈な一杯も好みなんですが…こういった品のあるテイストも素材の旨味が活かされていて、なんと言っても“辛ダレ”が引き立て役となったことで、単調になりがちな豚骨スープにメリハリが付き、まさにやみつきになるバランスの良い味わいがじっくりと堪能できるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!