スーパーカップ

【森本考案】みんテレ×スーパーカップ1.5倍 海老だし塩ラーメン!「みんなのテレビ」コラボ第5弾!

みんテレ×スーパーカップ1.5倍 森本稀哲考案 海老だし塩ラーメン

みんテレ×スーパーカップ1.5倍 森本稀哲考案 海老だし塩ラーメン」を食べてみました。(2022年3月14日発売・エースコック/北海道限定)

この商品は、お馴染み“スーパーカップ”シリーズの新商品であり、北海道文化放送の人気情報番組「みんなのテレビ」とのコラボ第5弾として発売されたもので、同番組に出演中のラーメンフリークだという元野球選手“森本 稀哲(もりもと ひちょり)”さんによって“海老だし塩”をテーマに考案した一杯が登場です!

それも…エビとポークをベースにチキンやホタテの旨味をバランス良く合わせ、他にも北海道産甘エビオイルの香ばしい風味が香り立ち、ガーリックや胡椒といったほどよい香辛料によってキリッとした口当たりを表現した最後まで飽きの来ない一杯、“みんテレ×スーパーカップ1.5倍 森本稀哲考案 海老だし塩ラーメン”となっております。(税抜き210円)

ご覧の通り、パッケージには“森本”氏本人が今回の“海老だし塩”をイメージさせる写真が掲載されていて、今回で第5弾ということで毎年恒例の一杯のようですね!(海老出汁を活かしたテイストは間違いないですからね、食べ歩いているというだけあっていくつかのラーメン店が思い浮かびます。)

このように今回の一杯は、エビとポークの旨味を利かせたコクもありつつ後味の良い塩スープにチキンやホタテの旨味や北海道産甘エビオイルを合わせるといった“エビだし塩”をテーマにした組み合わせのようで、キレの良い塩スープにはしっかりと海老出汁の美味しさが感じられ、エビ×ポーク・チキンは恐らく素材の旨味を存分に活かした安定感のある美味しさが表現されているものと思われます!

一方こちらには“北海道産甘エビオイル使用”と記載され、その背景には…エビとポークをベースにチキンやホタテの旨味を利かせた透明感のある塩スープに北海道産甘エビオイルの香ばしい風味が香り立ち、食欲そそるガーリックや胡椒をほどよく利かせたことによってメリハリが付いた“スーパーカップ”らしい大盛り仕様の仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…大豆加工品・ねぎ・ごま・“かに風かまぼこ”が使用されているようです!

また、今回のコラボ商品らしくお馴染み“スーパーカップ”のロゴとともに“みんなのテレビ”のロゴが一緒に並んでいるのが確認でき、他にも“ラーメンフリークの森本稀哲が食べ歩きの末に考案した第5弾!”と記載されています!(海老をモチーフとしたラーメン店と言えば…あの店も行ったのかな?と勝手に勘ぐってしまいます。。)

他にも特徴として…麺は“スーパーカップ”シリーズらしい太麺・丸刃仕様となっていて、ほどよい弾力と滑らかな食感が印象的で食べ応え抜群なボリューム感はもちろん、エビやポークをベースに比較的あっさりとした塩味ならではのキレの良さとチキンやホタテによる深みのあるスープに北海道産甘エビオイルを加えたじんわりと染み渡る味わいが最後まで飽きることなく楽しめるというわけです!
※ただ、この商品の販売エリアは残念ながら北海道限定となっています。。

実際に食べてみて…

魚介系×動物系を合わせたWスープならではの一杯は…エビやポークを中心にチキンやホタテの旨味がバランス良く溶け込んだことで思いのほかコク深い仕上がりだったものの…ガーリックや胡椒を利かせたことによってキリッとしたシャープな飲み口が際立ち、さらに北海道産甘エビオイルを加えたことで旨味・風味ともに申し分のない海老だし塩ラーメンを表現、まさに安定感のある雰囲気で繊細な旨味ということもあって幅広い層に好まれるテイストであることに間違いなく、麺量90gといったシリーズらしいしっかりとした食べ応えが楽しめる風味豊かな一杯となっていました!
これは特に、後味すっきりとした塩スープに利かせた海老の出汁がポークやチキンによってコク深く引き立てられた味わいをバケツ型の容器でお馴染み“スーパーカップ”シリーズらしくボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“海老だし塩”をテーマにエビやホタテ、チキンやホタテの旨味を利かせた“森本”氏考案の風味豊かな香りが食欲そそる塩ベースの一杯、「みんテレ×スーパーカップ1.5倍 森本稀哲考案 海老だし塩ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

みんテレ×スーパーカップ1.5倍 森本稀哲考案 海老だし塩ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、北海道の人気情報番組“みんなのテレビ”と“スーパーカップ”のコラボ第5弾として登場したもので、エビやポークをベースにチキンやホタテの旨味利かせたコク深くも後味すっきりとした塩スープにガーリックや胡椒をアクセントに加えたメリハリのある風味豊かな北海道らしい一杯、“みんテレ×スーパーカップ1.5倍 森本稀哲考案 海老だし塩ラーメン”となっています。

みんテレ×スーパーカップ1.5倍 森本稀哲考案 海老だし塩ラーメン パッケージ

ちなみに“森本”氏考案によるカップ麺は以下の通り2018年から登場し、ラーメンフリークだという…元野球選手の“森本 稀哲”氏考案によって様々なフレーバーが商品化されています!

また、北海道のラーメンと言えば…やはり札幌の味噌ラーメンが不動の人気を誇るトレンドですが…最近では様々なテイストが人気を集め、今回のような塩ベースのコク深いスープにじんわりと染み渡る海老の出汁を利かせ、ガーリックや胡椒を加えたメリハリのある味わいなんかもひと味違った美味しさが堪能できますから、そういった素材の旨味を活かしたコク深い仕上がりなんかも着目したいところではないでしょうか?

そしてその気になる特徴としては…上記のようにエビやポークをベースにチキンやホタテの旨味をバランス良く合わせた後味の良い塩スープに仕立て上げ、北海道産甘エビオイルやガーリック・胡椒をアクセントに加えたことでメリハリのあるテイストとなっており、淡麗系とも言える澄んだスープにはじんわりと染み渡るエビの旨味がしっかりと溶け込み、動物系の旨味が加わったことで思いのほか厚みのある旨味や後引く胡椒の辛みがクセになる…そんな満足度の高い味わいが“スーパーカップ”シリーズらしいがっつりとした食べ応えとして表現されています!

さらに、ご覧のように“森本稀哲考案!3分で出来る 心が元気になるメンタル体操!動画”と記載されているように、今回は以前とは異なり“森本”氏によるちょっとした体操動画がアクセスできるようですね!

それでは、今回の“みんテレ×スーパーカップ1.5倍 森本稀哲考案 海老だし塩ラーメン”がどれほどエビやポークをベースにチキンやホタテの旨味をバランス良く利かせた後味の良い塩スープに仕上がっているのか?北海道産甘エビオイルを使用したという風味の良さ、そしてアクセントに加えたガーリックや胡椒との兼ね合いはもちろん、なんと言っても“スーパーカップ”シリーズらしい食べ応え抜群な弾力のある麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り447kcal(めん・かやく385kcal / スープ62kcal)となっております。(塩分は6.3g)

カロリーは、大盛り仕様の食べ応えのある一杯の割に塩ベースのフレーバーということもあってそこまで高い数値ではないようですが、一方で塩分はやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり120g、麺の量は90gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと62kcalと“バケツ型”のボリューム感を考慮すると低めの数値を占め、エビやポークをベースにチキンやホタテの旨味をバランス良く合わせた淡麗系の塩ラーメンらしくあっさりとしてながらもじんわりと染み渡る出汁の旨味が存分に活かされた深みのある仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、植物油脂や“しょうゆ”をはじめ…

  • 食塩
  • ポークエキス
  • 香辛料
  • チキンエキス
  • エビオイル
  • エビエキス
  • ホタテエキス
  • ニボシエキス
  • トマトケチャップ
  • カツオエキス

といった、エビやポークをベースにチキンやホタテの出汁・旨味をバランス良く利かせた淡麗系のあっさりとした塩スープに深みを際立たせ、さらにガーリックや胡椒でメリハリを付けたことで最後まで飽きの来ない素材の旨味を存分に活かした味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071235659
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(たん白加水分解物、植物油脂、しょうゆ、食塩、発酵調味料、砂糖、ポークエキス、香辛料、チキンエキス、エビオイル、エビエキス、ホタテエキス、ニボシエキス、トマトケチャップ、カツオエキス、全卵粉)、かやく(大豆加工品、ねぎ、ごま、かに風かまぼこ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、酒精、増粘剤(加工でん粉)、香料、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ベニコウジ色素、ビタミンB1、(一部にえび・かに・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (120g) 当たり]
熱量447kcal
たんぱく質9.7g
脂質16.1g
炭水化物65.8g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
6.3g
(1.8g/4.5g)
ビタミンB10.40mg
ビタミンB20.49mg
カルシウム378mg

引用元:みんテレ×スーパーカップ1.5倍 森本稀哲考案 海老だし塩ラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り具材などがすでに入っていて、“液体スープ”と記載された調味料がひとつだけ入っています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触った感じだとエビやポークなどのエキスを含む非常にサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、かやくには…

  • 大豆加工品
  • ねぎ
  • ごま
  • かに風かまぼこ

が入っています。

ただ、容器のサイズからして…かなり少なめには見えますが、今回の一杯はあくまで海老の旨味をストレートに感じさせる塩スープが決め手のフレーバーですから、そこまで気にするほどのものではありません。

さらに、麺はご覧の通り“スーパーカップ”らしい太麺・丸刃仕様による食感滑らかなもっちり感、そして麺量90gの食べ応え抜群な麺となっていて、エビやポークをベースにチキンやホタテの旨味をバランス良く合わせた味わい深い塩スープとともにがっつりと食欲を満たしてくれるボリューム感抜群な一杯となっています!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:500ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に太麺にはもっちりとした弾力やほどよいコシが加わり、海老の旨味を存分に引き立てたコク深い塩スープとも相性良く馴染むボリューム感抜群なシリーズらしいガッツリ系の一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…海老の旨味をはじめ、ポークやチキンなど動物系の旨味を含んでいる割に塩スープらしくサラッとした状態ではありますが…物足りなさを感じさせることもなく、食欲そそる海老出汁ならではの風味が一気に広がっていきます!

そして量も多いせいか、海老の旨味をふんだんに利かせた液体スープはすぐに容器底へと沈んでいくものの表面には隠し味にケチャップを使用していることもあって赤みを帯びたエビエキスが広がり、ポークやチキンの旨味はあっさりとした塩スープの旨味・コクを下支えするかのようにしっかりと溶け込んでいるようですね!この辺りからも味わい深くもメリハリの付いた後味の良い海老出汁の旨味を存分に活かしたフレーバーであることが確認できます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…イメージ通りサラッとした仕上がりではありますが、ポークやチキンをしっかりと利かせたことでコク深さが際立ち、ホタテの旨味も併せて食欲そそる風味がふんわりと香り立ちます!そのため、海老出汁だけを際立たせた塩スープというわけではなく様々な材料によって品良く口当たり優しい味わいが表現されているようです!

また、具材として使用されている大豆加工品は、文字通り大豆が主原料ではありますが、恐らくそれなりに味付けが施されているものと思われますので、食べ進めていくに連れて旨味も増していき、シリーズらしいボリューム感によってがっつりと食欲を満たす…そんなコスパに優れた一杯といったところ!

そのため、全体的に万人受けしそうな海老の旨味を利かせたコク深い塩スープに仕上がっているようで、この仕上がりとボリューム感を考慮すると税別210円はかなりリーズナブルな価格設定とも言えるでしょう!

ちなみにパッケージにも記載されていた通り、フタの裏側には…心が元気になる!?“森本”氏考案の“メンタル体操”の動画QRコードやちょっとした格言が記載されています!(こういったメッセージが3種類あるそうです…)

食べてみた感想

一口食べてみると…透明感のある淡麗系の塩スープには、エビやポークをベースにしたことでじんわりと染み渡る旨味がキリッとしたシャープな飲み口と絶妙にマッチし、さらにチキンやホタテの旨味をバランス良く合わせたことで思ったより深みのある味わいが表現され、北海道産甘エビオイルを使用した風味豊かな仕上がりが印象的で、ガーリックや胡椒によってメリハリのある最後まで飽きの来ない一杯となっています!

そのため、あっさりとした塩スープかと思いきや…動物系の旨味によってコク深いテイストに引き立てられ、海老の旨味・風味を存分に活かした後味の良い塩スープに仕立て上げ、食欲そそるガーリックや胡椒によるアクセントが心地良く、海老と言えば味噌の方が合うような気もしましたが…これれはこれですっきりとしたテイストが印象的で幅広い層に好まれる味わいであることに間違いありません!

しかも今回は食べ応えのあるボリューム感で定評のある“スーパーカップ1.5倍”シリーズですからね!満足感をがっつりと満たしてくれると思われます!ただ、強いて言えば…海老の旨味がしっかりと利いているんですが、ここに香ばしさが加わっていれば臨場感溢れる味わいに際立っていたような気もしますね!(エビ臭さに関しては若干賛否ありそうです。。)

麺について

麺は、ご覧の通り太麺・丸刃仕様となっていて、ちょうど良いもっちり感やコシの強さが心地良く、シリーズらしい麺量90gのボリューム感は胃にずしっと来ますね!割と密度感のある麺ということもあって、この一杯だけで十分に食欲が満たされます!

そんな太麺には…北海道産甘エビオイルを含むエビやポークをベースにチキンやホタテの旨味をバランス良く合わせた後味の良い塩スープがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡る魚介系の旨味やそれを引き立てる動物系のコクなどが口いっぱいに広がっていき、ふんわりと香り立つ海老ならではの風味が後味良く抜けていきます!…というか今回のフレーバーは非常にシンプルなんですが、徐々に複雑で繊細な旨味が滲み出す塩スープとなっていて最後まで飽きることもなく、ガーリックや胡椒も絶妙に利いたことでキリッとした口当たりが好印象といったところ!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“大豆加工品”が使用されていて、かなり小ぶりで大豆を主原料とする具材ということもあって肉の旨味は感じられませんが…ほどよい味付けが施されているため、単品で味わうというよりもスープの旨味を引き立てる具材としてしっかりと馴染ませながら食べ進め、のちほど弾力のある太麺と一緒に絡めていただくと、肉の旨味がより際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの“かに風かまぼこ”は、細長くカットされているものの…今回の“海老だし塩ラーメン”の美味しさを引き立てるかのような魚介系の旨味が施され、彩りも非常に良い具材としてちょうど良いアクセントとなっているようです!

そして細かいんですが…さり気なく“ごま”が使用されており、これによって調理感のある香ばしさが際立ち、風味豊かな香りを後押しする相性抜群な具材となっています!

他にも…こちらの“ねぎ”が使用されており、ほどよいサイズにカットされたことでシャキシャキとした食感やちょうど良い薬味にもなったことで、今回の海老出汁を利かせた塩スープを美味しく引き立て、さらに後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材となっているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りエビやポークの旨味をベースに北海道産甘エビオイルを使用し、チキンやホタテの旨味をバランス良く合わせ、後味すっきりとした“かえし(塩ダレ)”によってメリハリのある塩スープを表現、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせないコク深いテイストに仕上がり、じんわりと染み渡る海老出汁ならではの美味しさが際立ち、そこに相性抜群なガーリックや胡椒を利かせたことで最後まで飽きることのない万人受けする一杯となっています!

ただ、海老の旨味・風味はしっかりと表現されているものの…若干生臭く感じられる方もいらっしゃるかもしれませんので個人的にはもう少し香ばしさを加えていれば本格感のある海老出汁が楽しめたような気もします。。そのため、お好みによっては魚粉辺りをちょい足ししてみても良いでしょう!

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された大豆加工品や“かに風かまぼこ”からも良い旨味が滲み出すことで風味豊かな海老出汁も際立っていき、ついついスープが止まらなくなってしまいます。。しかもこの仕上がりとボリュームで税別210円のですからね!リーズナブルな一杯ということもあってあまり文句も言えません…笑

というか塩ラーメンということで非常にあっさりとした口当たりなんですが、実際に味わってみると意外と複雑で繊細な旨味がバランス良く入り交じり、ガーリックや胡椒が味に締まりをプラスしたことで全体をうまく調和し、海老出汁の旨味を様々な材料によって引き立てたことによって安定感のある美味しさが楽しめるものと思われます!

このように、今回の“みんテレ×スーパーカップ1.5倍 森本稀哲考案 海老だし塩ラーメン”は、エビやポークの旨味をベースにチキンやホタテの旨味を北海道産甘エビオイルとともにバランス良く合わせ、ガーリックや胡椒で味を整えたメリハリのある塩スープに仕立て上げたことで素材本来の美味しさをストレートに楽しめるシリーズらしいボリューム感のある一杯となっていたため、お好みによっては塩スープと相性の良いペッパー系の香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「みんテレ×スーパーカップ1.5倍 森本稀哲考案 海老だし塩ラーメン」を食べてみて、塩スープらしくあっさりとしたテイストながらも海老の美味しさをチキンやポーク、ホタテなど動物系や魚介系の旨味によってコク深く引き立て、さらに北海道産甘エビオイルを使用したことで想像以上に本格感のある味わいを表現、そしてガーリックや胡椒を加えたことでちょうど良いメリハリが心地良く、シリーズらしいもっちりとした太麺が食欲をしっかりと満たす最後まで飽きることのないボリューム感のある一杯となっていました!

また、個人的には海老特有の香ばしさなんかも加わっていれば…もっと素材の旨味を存分に引き立てられた仕上がりだったような気もしましたが…動物系の旨味がコク深く引き立てたことで塩ベースながらも奥行きがあり、キレの良いメリハリの付いた口当たりがうまく表現され、なんと言っても今回で“森本 稀哲”氏考案カップ麺第5弾ということで次回作にも期待したいのはもちろん、北海道にまつわる素材をうまく活かしたテイストがボリューム感たっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!