カップ麺

THE中華 練りごまを利かせた汁なし担担麺!華やかな花椒の風味と練り胡麻による濃厚な一杯

THE中華 練りごまを利かせた汁なし担担麺

THE中華 練りごまを利かせた汁なし担担麺」を食べてみました。(2021年6月14日発売・エースコック)

この商品は、本格中華麺料理を気軽に楽しむ「THE中華」シリーズ第4弾として登場したもので、今回は以前ご紹介した“THE中華 練りごまを利かせた濃厚旨辛担担麺”の汁なし版となる濃厚な“汁なし担担麺”を表現、醤油・味噌をベースに練り胡麻やポーク・チキンなど動物系の旨味を凝縮させたコク深くこってりとした本格的な旨辛タレが独自技術を駆使したノンフライ麺に絡む食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…上記の通り汁なし担担麺らしくポークや練り胡麻を醤油や味噌とバランス良く合わせ、さらに別添されているスパイスを加えることによって花椒ならではの華やかな風味やビリッとした痺れる辛さが引き立ち、まろやかでありながらもほどよい辛みがクセになる濃厚な一杯、“THE中華 練りごまを利かせた汁なし担担麺”となっております。(税抜き250円)

ご覧の通り、パッケージにはポークや練り胡麻をしっかりと利かせ、唐辛子や花椒による刺激的な辛さを合わせた濃厚・こってりとした担担ダレがもっちりとしたノンフライ仕様ならではの強いコシを併せ持った中太麺に絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…大豆加工品、ごま、鶏・豚味付肉そぼろ、“ねぎ”が使用されているようです!
※スパイスには唐辛子・花椒・五香子が含まれています。

…というか、このこってりとした濃厚なタレによく絡むポークや練り胡麻の旨味はもちろん、粗挽き唐辛子や花椒、鶏・豚味付肉そぼろや“ねぎ”など、見るからに旨味と辛さを凝縮されていることが伝わってくる赤みを帯びた担担ダレがなんとも食欲を掻き立てますね!!これは本格中華麺料理を気軽に楽しめるシリーズということもあって期待できるのではないでしょうか?

一方こちらには…2019年4月1日に初登場となった新シリーズ“THE中華”のロゴがしっかりと掲載されており、今回は第1弾・2弾に登場した縦型の容器ではなく第3弾に登場したものと同じく“どんぶり型”ということもあって汁なし担担麺ならではの濃厚なタレや、爽やかな花椒の風味にも拘っていることに間違いありません!!

また、汁なし担担麺と言えばやはりポークや練り胡麻の濃厚な旨味、そしてメリハリを加える唐辛子や花椒による痺れる辛さが特徴的ですので、“本格中華麺料理”を謳う“THE中華”シリーズがどれほど本格的な旨味を利かせているのか?タレ全体のバランスなんかも注目ポイントと言えるでしょう!

他にも特徴として…麺は中太・丸刃仕様のノンフライ麺が採用されており、ほどよい弾力とコシを兼ね備えた口当り滑らかな食感に仕上がり、それによって醤油や味噌をベースにポークや練り胡麻を利かせ、さらに各種香辛料・スパイスを加えた臨場感溢れる本格的な担担ダレと絶妙にマッチ、まさに最後まで飽きることなく汗を誘う旨辛な味わいが楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

練り胡麻の旨味や味噌のコクがたっぷりと加わった濃厚と呼ぶにふさわしい担担ダレには、こってりとした印象が強いものの…唐辛子や花椒など様々な香辛料・スパイスを豊富に使用したことによって、キリッとしたシャープな口当りがちょうど良いメリハリとなってバランス良く調和され、密度感の高い中太仕様のノンフライ麺とともに風味豊かな味わいが最後までじっくりと楽しめるパンチの強い濃厚な仕上がりとなっていました!
これは特に、王道を行く旨味溢れる濃厚な汁なし担担麺をボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はエースコックの気軽に本格中華が楽しめる“THE中華”シリーズ待望の第4弾として登場した醤油や味噌をベースにポークや練り胡麻、他にも味噌をはじめ唐辛子や花椒など…実に様々な材料が使用された濃厚感溢れる担担ダレに中太・ノンフライ仕様の本格感のある麺が絡む食べ応え抜群な一杯、「THE中華 練りごまを利かせた汁なし担担麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

THE中華 練りごまを利かせた汁なし担担麺

今回ご紹介するカップ麺は、気軽に本格的な中華麺料理の味わいが楽しめる“THE中華”シリーズの新商品ということで、醤油や味噌をベースにポークやチキンなど動物系の旨味、そして練り胡麻をたっぷりと利かせた濃厚な担担ダレに仕上げ、そこに別添されているスパイスを加えることによって華やかな花椒の風味が香り立つ本格感のある味わいを表現、まさに臨場感溢れるなタレがノンフライ仕様のずしっとした密度感のある中太麺に絡む満足度の高いシリーズ初の汁なしタイプの一杯、“THE中華 練りごまを利かせた汁なし担担麺”となっています。

THE中華 練りごまを利かせた汁なし担担麺 パッケージ

ご覧の通りパッケージには、“練りごまを利かせた汁なし担担麺”といった今回の商品名が大きく掲載されており、ぱっと見は以前ご紹介した“THE中華 練りごまを利かせた濃厚旨辛担担麺”のリニューアル版かと思いましたが…実際には汁なしならではの濃厚感・唐辛子や花椒を利かせたスパイシーな辛さを利かせた一杯で、今回もまたシリーズらしい特別感のある仕上がりに期待したいところ!

ちなみにこの“THE中華”シリーズはこれまで下記のような商品展開を行ってきて、第1弾・2弾ともに縦型となっていたんですが、第3弾には“どんぶり型”として“練りごまを利かせた濃厚旨辛担担麺”が登場し、さらに第4弾となる今回は濃厚な“汁なし担担麺”ということで、かなり久しぶりの新フレーバーとなっています!

このようにこれまで発売されてきたフレーバーはシリーズらしい中華風なイメージが強いテイストが登場しており、今回の新商品としてもまたかなり定番とも言える人気のジャンルですから…税別250円といった価格設定や“どんぶり型”による濃厚な旨味とコク、そして後引く辛みや花椒ならではの爽やかな風味など様々な点において期待できそうです!

それでは、今回の“THE中華 練りごまを利かせた汁なし担担麺”がどれほどポークの旨味や練り胡麻、醤油や味噌を利かせた濃厚な仕上がりとなっているのか?汁なし担担麺ならではの風味豊かな花椒の痺れる辛さとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもノンフライ仕様による弾力・コシのある食べ応え抜群な中太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り458kcalとなっております。(塩分は4.0g)

カロリーは、醤油や味噌をベースにポークや練り胡麻、味噌のコクを利かせた濃厚なテイストの割にかなり低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり114g、麺の量は78gとのこと!

また、今回は汁なし担担麺ということもあってポークの旨味や練り胡麻の旨味をしっかりと利かせたことで濃厚な味わいを表現しているものと思われ、味噌も合わせたこってりとしたテイストに仕上がり、汁なし担担麺には欠かせない花椒による痺れる辛さや各種本格香辛料が後味の良さを引き立てるバランスの良い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

タレには、植物油脂や“ねりごま”をはじめ…

  • 豚脂
  • みそ
  • しょうゆ
  • 食塩
  • ポーク調味料
  • 醸造酢
  • チキンエキス
  • 香味油
  • 魚介エキス
  • ガーリックペースト

といった、醤油や味噌をベースにポークや練り胡麻の旨味をしっかりと利かせた濃厚なタレに仕上げ、さらにチキンや魚介出汁を隠し味のように合わせたことで繊細な旨味を表現、そして汁なし担担麺には欠かせない唐辛子や花椒による痺れる辛さが心地良いメリハリのある本格的な味わいを想像させる材料が並びます。

特に“かやく”に使用されているウーシャンフェン(五香粉)といった中華料理に使用されているというスパイスが本格感を際立たせているように感じられますね!この辺りが他の汁なし担担麺とはひと味違ったシリーズらしい味わいを表現しているのではないでしょうか?

JANコード4901071211837
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、たん白加水分解物、大豆食物繊維、卵白粉)、たれ(植物油脂、ねりごま、豚脂、みそ、しょうゆ、糖類、発酵調味料、食塩、ポーク調味料、醸造酢、チキンエキス、香味油、魚介エキス、ガーリックペースト)、かやく(大豆加工品、ごま、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、砂糖、唐辛子、花椒、五香子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、炭酸Ca、乳化剤、かんすい、香料、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、カラメル色素、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、微粒二酸化ケイ素、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (114g) 当たり]
熱量458kcal
たんぱく質10.5g
脂質17.9g
炭水化物63.8g
食塩相当量4.0g
カルシウム333mg

引用元:THE中華 練りごまを利かせた汁なし担担麺|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り調味たれ、かやく、スパイスといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に“調味たれ”に関しては触ってみた感じだと…練り胡麻やコク深い味噌、ポークの旨味などがたっぷりと凝縮された若干ドロッとした状態でしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

さらに、麺はご覧の通りやや細めの中太・丸刃のノンフライ仕様となっていて、中太らしくもっちりとした弾力や強いコシを兼ね備え、湯戻りする前からすでに食感滑らかな食べ応え抜群な仕上がりを思わせます!

調理してみた

ではまず、先ほどの“かやく”を入れてみます。

そして、かやくには…

  • 大豆加工品
  • 鶏・豚味付肉そぼろ

が入っています。

今回はこのように汁なし担担麺には欠かせない“そぼろ”のような肉類の具材が2種類使用されており(一方は大豆を主原料とする具材ではありますが…)、こちらからも良い旨味が滲み出すことによって、さり気なく本格感のある味わいに仕上がっていることが予想できますね!

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:420ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

やはり麺はノンフライらしく良い意味で若干ゴワついたコシの強い感じに仕上がり、軽く麺をほぐしてみると…丸刃仕様ならではの弾力やほどよいコシが加わっており、中太らしいしっかりとした食べ応えなんかも楽しめる濃厚な担担ダレとの相性抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“調味たれ”を注いでいきます!
すると…まずはじめに担担麺には欠かせないピリッとした辛みとなるラー油などの油分がたっぷりと出てきます!こういった食欲そそる赤みのある油分が良いですね!

そしてその後からはポークや味噌、濃厚な練り胡麻などがドロッとした状態としてたっぷりと出てきますので、よーく絞り込んで入れていきましょう!

すると…汁なし担担麺ならではの濃厚なタレが表面に留まり、コク深くこってりとした練り胡麻や味噌などが凝縮されたことで、厚みのある旨味が本格的な味わいとして表現されていることがよーく伝わってきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り非常にドロッとした濃厚なタレではありますが、中にはラー油のようなサラッとした油分もたっぷりと使用されているため、思ったよりもすんなりと中太麺にも馴染んでいきます!

そして“調味たれ”が全体に馴染んだら、最後に先ほどのスパイスをふりかけて完成となります!ちなみにこのスパイスには…

  • ねぎ
  • ごま
  • 砂糖
  • 唐辛子
  • 花椒
  • 五香子

が含まれており、花椒ならではの爽やかな風味や本格感のある中華風の香りが一気に広がっていきます!これは特に濃厚なタレと香辛料が別で使用されているせいか、非常に風味が良く、想像以上に臨場感の高い一杯のようです!

こうして完成となるわけですが…先ほどまでの濃厚な担担ダレはしっかりと中太麺にコーティングされているものの、ほどよい油分がパサついた感じを払拭し、醤油や味噌をベースに練り胡麻やポーク・チキンなどコク深さを引き立てる材料がバランス良く馴染み、その上にたっぷりと使用されたスパイスに含まれる香辛料や薬味などが食欲そそる風味を引き立て、全体のバランスは非常に良いですね!

また、具材に使用されている相性抜群な大豆加工品や“鶏・豚味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出し、汁なし担担麺には欠かせない旨味としてコク深さ・こってり感を引き立て、花椒による華やかな風味が心地良く、それによってシリーズらしい本格感のある味わいを表現しているものと思われます!

食べてみた感想

一口食べてみると…醤油や味噌をベースに練り胡麻をしっかりと利かせたという一杯は、スパイスに含まれる各種香辛料によってキリッとした口当たり・後味の良さを引き立ててはいましたが、商品名の“練りごまを利かせた汁なし担担麺”にあるように練り胡麻特有のこってりとした味わいが突出したことでねっとり感が際立ち、濃厚な仕上がりながらも…もう少し香辛料をしっかりと利かせて刺激的な辛さを加えても良かったような気がしますね!(そのため、練り胡麻の旨味を強調した一杯のようです。)

というのも…汁なし担担麺特有のこってりとした感じは良いんですが、豆板醤が使用されていない分、練り胡麻が際立って感じられ、そこに花椒や五香粉(ウーシャンフェン)といった本格香辛料やスパイスを豊富に使用したことで濃厚ながらも後味の良い仕上がりとなっていたものの…胡麻感の強いテイストが個人的には若干気になります。。とは言え…変な脂っこさや“くどさ”もありませんので、最後までたっぷりと本格感のある担担麺が楽しめることに間違いありません!

また、風味としては花椒ならではの爽やかな風味がほんのりと香り立ち、この辺りに関しては非常に品のある仕上がりとも言え、濃厚で旨辛なテイストが喉越し良く感じられるクオリティの高い“汁なし担担麺”と言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様のノンフライ麺で、中太ならではのほどよい弾力やコシがあり、密度感のあるずしっとした重みのある食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな中太麺には、醤油や味噌をベースに練り胡麻の旨味をしっかりと利かせ、さらにポークやチキン、隠し味に魚介出汁を合わせた繊細かつ濃厚な担担ダレがよく絡み、一口ずつにコク深くまろやかな練り胡麻の旨味はもちろん、別添されているスパイスに含まれる唐辛子や花椒、五香粉(ウーシャンフェン)など痺れる辛みや本格的なスパイス感などが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る花椒ならではの爽やかな風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの大豆加工品や“鶏・豚味付肉そぼろ”が入っていて、大豆加工品に関しては大豆を主原料としているだけあって味付けはそこまで感じられませんが…“鶏・豚味付肉そぼろ”は小ぶりながらもそれなりに味付けが施された肉の旨味が滲み出す汁なし担担麺との相性抜群な具材となっていましたので、全体をしっかりと混ぜながら食べ進め、濃厚な担担ダレがしっかりと絡んだ中太麺と一緒にいただくと、より一層肉の旨味が引き立って楽しめるのではないでしょうか?

他にもこちら別添されているスパイスには…“ごま”・“ねぎ”・唐辛子・花椒・五香子といった香ばしい風味を引き立てる具材や薬味、そして汁なし担担麺には欠かせない唐辛子や花椒によるピリッとした痺れる辛さを加える香辛料などが豊富に含まれており、こちらもしっかりと混ぜ合わせていただくと…本格感のあるしっかりとした辛さやスパイス感が濃厚なタレとうまく調和し、旨味を引き立てるちょうど良いアクセントとなっているようです!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通り醤油や味噌をベースに練り胡麻の旨味をしっかりと利かせ、さらにポークやチキンなど動物系の旨味がコクを引き立てる濃厚な仕上がりとなっていて、別添されたスパイスに含まれている各種香辛料によって本格中華麺料理には欠かせない痺れる辛さやスパイシーなアクセントが加わり、濃厚ながらもキレの良さや後引く辛さがクセになる最後まで飽きの来ないテイストに仕上がっています!

また、気になる辛さについてですが…唐辛子や花椒による痺れる辛さは決して強烈なものではなく、あくまでちょうど良いアクセントにも感じられる程度となっていて、特に練り胡麻の旨味が突出されていたようでしたので、お好みによってはもう少し香辛料を加えて刺激的な辛さに調整してみても良いでしょう!(ただ…汗を誘う刺激的なアクセントであることは確かです。)

さらに、食べ進めていくに連れて具材に使用された大豆加工品や“鶏・豚味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出し、徐々に肉の旨味も際立っていくことで濃厚感・まろやかさなんかも増していき、それと同時に満足度も増していく…そんな食べ応え抜群な汁なし担担麺が表現され、練り胡麻の主張が強いテイストではありましたが、本格感のある味わいがボリューム感たっぷりと楽しめる一杯となっていました!

このように、今回の“THE中華 練りごまを利かせた汁なし担担麺”は、醤油や味噌をベースに練り胡麻をしっかりと利かせた非常に濃厚な担担ダレに仕上がり、さらにポークやチキン、他にも魚介出汁を隠し味のように使用したことで濃厚ながらも繊細な旨味を表現、そこに別添されたスパイスに含まれる豊富な本格香辛料によって痺れる辛みや後味の良さを引き立てる薬味などによって最後まで飽きの来ないコク深くこってりとした食べ応え抜群な一杯となっていたものの…練り胡麻が特に際立って感じられたため、お好みによっては汁なし担担麺と相性の良い刺激的な各種香辛料を加えて味を調整してみても良いかもしれません。

まとめ

今回「THE中華 練りごまを利かせた汁なし担担麺」を食べてみて、醤油や味噌をベースに練り胡麻をしっかりと利かせた濃厚な仕上がりとなった担担ダレには、ポークやチキン、さらに魚介出汁など実に様々な旨味が複雑に絡み合い、そこに本格感を演出する唐辛子や花椒による痺れる辛さなど風味豊かな香辛料が豊富に使用され、ノンフライ仕様のもっちりとした弾力や生麺さながらの食感を再現した中太麺が相性良く馴染み、特に練り胡麻の濃厚感が特に際立ったコク深い一杯となっていました!

ただ、様々な旨味を活かした濃厚な担担ダレや本格的な各種香辛料の利かせ具合なんかも絶妙な仕上がりではあったものの…練り胡麻が特に主張が強かった点が特徴的なフレーバーでしたので、唐辛子や花椒などをさらに加えて刺激的な辛さによってメリハリを調整すると、より一層旨味溢れる味わいが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!