どん兵衛 どリッチ 全部のせそば 食べてみました!
カップ麺

蔦 味噌Soba 味噌の陣 食べてみました!豆味噌の旨みを利かせたポルチーニ香る芳醇な一杯!

蔦 味噌Soba 味噌の陣 食べてみました!豆味噌の旨みを利かせたポルチーニ香る芳醇な一杯!

2018年10月1日にセブンプレミアムから発売された「蔦 味噌Soba 味噌の陣」を食べてみました。

この商品は、東京・巣鴨の超人気店「Japanese Soba Noodles 蔦」の“味噌の陣”(火曜限定)として提供されていた“味噌Soba”をカップ麺に再現したもので、鶏や昆布といったベースのスープに“豆味噌”の旨みを利かせ、さらに“ポルチーニ”香る別添オイルによる風味が特徴的な一杯“蔦 味噌Soba 味噌の陣”となっております!

ちなみに、この商品は以前にも発売されていたようですが、今回改めてリニューアル発売されたようですね!

ご覧の通り、パッケージには“味噌の陣”といった力強いロゴとともに、“鶏と豆味噌の旨みを利かせた、芳醇な味噌ラーメン。”と記載されているように、“蔦”らしい工夫の凝らした一杯が表現されていることを想像させますね!

また、“カップ麺限定復刻”と記載されているように、“蔦”のこだわりの一杯がカップ麺限定で味わえるということもあって、勝手に期待値は膨らみます。。

というのも…この“蔦”というラーメン店は、ご覧のように“ミシュランガイド東京2018”にも掲載された経歴を持つ実力店なんですよね!

さらに、ポルチーニ香るオイルが使用されていたり、鶏や昆布をベースにしている時点で、すでに想像している味噌ラーメンではないことが想像付きます!

ということで実際に食べてみると…鶏や昆布をベースにしているだけあって、非常にすっきりとした味噌スープが表現され、“こってりさ”というよりも、豆味噌が持つ本来の旨みを引き立てるかのように様々な工夫が感じられる“蔦”らしい手の込んだ一杯に仕上がっていました!

では、今回はこの「蔦 味噌Soba 味噌の陣」についてレビューしてみたいと思います。

蔦 味噌Soba 味噌の陣について

今回ご紹介するカップ麺は、東京・巣鴨の人気ラーメン店「蔦」の“味噌Soba”(味噌の陣)を再現したもので、鶏と豆味噌の旨みを利かせた後味抜群なスープに、ポルチーニの風味を利かせた“蔦 味噌Soba 味噌の陣”となっています。

ちなみにポルチーニとはきのこの一種で、以前ご紹介した下記の“醤油Soba”に使用されていた黒トリュフのように、風味豊かな食材のようですね!

あわせて読みたい
セブンプレミアム Japanese Soba Noodles 蔦 醤油Soba 食べてみました!黒トリュフ香る芳醇な醤油ラーメン!
セブンプレミアム Japanese Soba Noodles 蔦 醤油Soba 食べてみました!黒トリュフ香る芳醇な醤油ラーメン!2017年9月11日にマルちゃん(東洋水産)から発売された「セブンプレミアム 蔦 醤油Soba」を食べてみました。 この商品は東京...

また、ご覧の通りパッケージは“蔦”らしく真っ白なデザインとなっていて、シンプルなほど逆に陳列されている中でも一際目立っていましたね!これは気になっている方も多いのではないでしょうか?

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り473kcalとなっております。(塩分は6.8g)

カロリーもやや高めな数値ですが、塩分はかなり高めのようですね!
ちなみに1食102g、麺の量は70gとのこと。

では原材料も見てみます。

スープには、みそやチキンエキスをはじめ…

  • 鶏脂
  • バター加工品
  • 魚介エキス
  • すりごま
  • 香辛料
  • こんぶエキス

といった、鶏や昆布をベースに、豆味噌の旨みを利かせたすっきりとした口当たりに、ポルチーニの風味が香ることで、他には類を見ない“蔦”ならではの手の込んだ仕上がりを想像させる材料が並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、フタの上には“特製油”と記載されたポルチーニの風味を表現していると思われる調味料が別添されていました。

そして、具材には…

  • 味付豚肉
  • コーン
  • 玉ねぎ
  • ねぎ

が入っています。

また、写真では少しわかりにくいんですが…麺はやや細めで、歯切れの良さを想像させる中細といった仕様のようです!

調理してみた

では熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの特製油を入れたところがこちら!

ポルチーニの風味を利かせたというこの“特製油”は、そこまでクセは強くはないようで、むしろオイリーな油分によって、すっきりとした味噌スープにほどよい厚みをプラスしているようにも感じられますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
鶏や昆布をベースにしているという味噌スープは、さらっとした仕上がりではありますが…特製油による風味豊かな油がスープに浮いたことで、しっかりとした飲み応えを想像させます!

強いて言うなら、“蔦”ならではの手の込んだ一杯の中に、コーンは果たして必要だったのか…個人的には疑問ですが。。風味からは味噌ラーメンとは思えないほどの、まさに芳醇といった香りが確認できます!

食べてみた感想

一口食べてみると…鶏や昆布をベースとした味噌スープというだけあって、どちらかと言うとすっきりとした味わいに仕上がり、豆味噌のキレのある口当たりが印象的で、ポルチーニを利かせたオイルによる風味が良いですね!

さらに、バターや唐辛子なども使用されているとのことで、甘みや味の締まりなど複雑に絡み合った材料によって“蔦”らしい他には類を見ない仕上がりは、思っていたよりも素朴な味に感じられる方も多いかもしれません!

麺について

麺は、ご覧の通り角刃となっているため、非常に歯切れの良い食感が心地良く、豆味噌の旨みを利かせたすっきりとした味噌スープがよく絡み、一口ずつに昆布やあさりといった魚介の旨みと鶏の旨みが絶妙なバランスとなって仕上がった味わいが口に広がり、ポルチーニの芳醇とも言える風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、やや甘めにも感じられる味付けとともに、この噛み応えのある肉からは、しっかりと旨みが滲み出てくる具材として、今回のスープをより美味しく引き立てているようです!

また、こちらの玉ねぎは、素材本来の甘みがあり、シャキシャキとした食感がしっかりと表現され、今回の一杯に良いアクセントをプラスしているように感じられます!

そして、こちらのコーンもまた、じっくりと味わってみると…素材本来の甘みなんかが表現されている具材として、ほんのりと甘みをプラスしているようです!

ただ、先ほどもお伝えした通り、今回の一杯にはなくても良かったような気もしますね。。量も多いように感じられましたので、スープに甘みが引き立ってしまっている点が若干気になるところ!

スープについて

スープは、豆味噌のすっきりとしたキレのある口当たりが印象的で、さらっとした味噌スープではありますが、鶏の旨みによってほどよくコク深い仕上がりとなり、抜けの良い厚みのあるスープとなっています!

そして、鶏と魚介といった旨みが、バターや唐辛子などの甘みやキレのある口当たりに合わさり、さらにポルチーニの芳醇な風味を利かせたことで、一言では表せないような…“蔦”ならではの手の込んだ一杯を思わせますね!

まとめ

今回「蔦 味噌Soba 味噌の陣」を食べてみて、鶏や昆布をベースに豆味噌の旨みを利かせたすっきりとした味噌スープは、キレとコクがバランス良く仕上がり、何と言ってもポルチーニを利かせたオイルによる芳醇な風味が特徴的な一杯となっていました!

やはり“蔦”はミシュランガイドにも掲載されただけあって、ひと味違った美味しさが表現されていますね!こういった上品にも感じられる仕上がりは実際の味も試してみたいものです。。

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

POSTED COMMENT

  1. ino より:

    私はこれダメでした…
    バターがちょっとクドくてねぇ…

    醤油の方は独特な癖はありますがキリっと味わいで美味しかったので期待して買っただけに残念でした

    • ゆうき より:

      実店舗の方を味わったことないので、何とも言えませんが…確かに賛否割れるような味ではありましたね。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です