蒙古タンメン中本 辛旨焼そば 食べてみました!
カップ麺

味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン 食べてみました!味覇を使用した塩味が美味い鍋風な一杯!

味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン 食べてみました!味覇を使用した塩味が美味い鍋風な一杯!

2018年10月22日にエースコックから発売された「廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン」を食べてみました。

この商品は、中華調味料でお馴染み“味覇”との新たなコラボ商品ということで、今回は“味覇”ならではのポークやチキンといった旨みをベースに、塩味のすっきりとしたキレのある口当たりと煮込んだような味わいがカップ麺に表現され、まさに後味の良い鍋風スープに仕上がった“廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージには“煮込んだ鍋風ラーメン”と記載されているように、今回の一杯は“味覇”によってじっくりと煮込んだような旨みがより一層美味しく引き立てられ、塩味ということもあって、最後まで飽きの来ない後味すっきりとしたバランスの良い仕上がりを想像させますね!

この“じっくり煮込んだ”というところがまた、中華スープの味の秘訣である“味覇”のメリットを存分に発揮できるぴったりなスープにも感じられます!

ちなみに、味覇と言えば…以前ご紹介した“味覇使用 中華風野菜タンメン”や“味覇使用 中華風焼そば”といった商品も発売されていて、どれも“味覇”ならではのポークやチキンの旨みがベースとなったことで、具材に使用された野菜の旨みが引き立っていましたね!

そして、今回の一杯にも塩味のすっきりとしたスープにしっかりと“味覇”を使用したことで、納得の旨みが表現され、こちらのパッケージにも記載されているように5種の具材が入ったことで、互いに旨みを引き立てる…そんな美味い一杯に仕上がっているようです!

他にも特徴として、ただでさえすっきりとした後味の良い塩スープに、さらに香辛料が加わったことによって、キリッとした味に締まりが出たことで、野菜の旨みがシャープにも感じられ、最後まで飽きの来ないキレとコクが表現されているようです!

実際に食べてみて…

煮込んだような旨みが“味覇”によって美味しく引き立ったすっきりとした塩スープには、野菜の旨みがぴったりな仕上がりとなり、まさに鍋風な一杯の最後の醍醐味とも言えるシメのラーメンにも相性抜群な味わいが表現され、満足度の高い後味すっきりとした味わいに仕上がっていました!
これは特に、寒い時期にもぴったりといった野菜の旨みをじっくりと楽しみたい時なんかにおすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの中華調味料“味覇”によって美味しく引き立った「廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン」について詳細にレビューしてみたいと思います!

廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメンについて

今回ご紹介するカップ麺は、“味覇”とのコラボとなる新商品ということで、万能調味料である“味覇”を使用したことで、すっきりとした塩スープにはポークやチキンの旨みがしっかりと表現され、軽やかなスープの割に煮込んだ鍋風スープを存分に楽しむことができる一杯“廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン”となっています。

ご覧の通り、パッケージには“味覇”についての簡単な紹介が記載されていて、こちらによると“手軽に本格中華料理の味が再現できる調味料”とあるように、この“味覇”自体、ちょっと足すだけで本格中華の味わいが楽しめるとあって、ご利用している方も多いのではないでしょうか?(うちにもあります!)

そんな“味覇”がカップ麺として旨みを引き立てた仕上がりは、美味くて当然とも言えるため、今回は5種類もの具材を使用したということもあって、どういった美味しさとなって鍋風の味わいが表現されているのか気になるところ。。

一方、こちらによると…今回の一杯は、“味覇”の味わいをアレンジした一杯とのことで、液体スープに“味覇”が使用されているようですね!

カロリーについて

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り401kcalとなっております。(塩分は6.6g)

塩スープということもあって、カロリーはやや低めにも感じられる数値のようですが、塩分はやや高めとなっているようです!
ちなみに1食109g、麺の量は78gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、動物油脂やチキンエキスをはじめ…

  • ポークエキス
  • 香味油
  • 野菜エキス
  • 中華調味料(味覇)
  • 香辛料

といった、チキンやポークをベースに、野菜の旨みを引き立てた後味すっきりとした鍋風に仕上がった塩スープを想像させる材料が並びます。

また、中華調味料として“味覇”としっかりと記載されていますね!

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、スープ(食塩、動物油脂、チキンエキス、ポークエキス、砂糖、香味油、たん白加水分解物、野菜エキス、中華調味料(味覇)、香辛料)、かやく(キャベツ、味付鶏だんご、人参、豆腐、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(キサンタンガム)、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごまを含む)
引用元:廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、液体スープといった2つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り中太といった仕様で、しっかりとした食べ応えを想像させるコシと弾力のある麺が採用されているようですね!しかも麺78gとボリュームもばっちりです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • キャベツ
  • 味付鶏だんご
  • 人参
  • 豆腐
  • ねぎ

が入っています。

今回の一杯には5種類もの具材が使用されていて、鍋風といった仕上がりにもぴったりな具だくさんな仕上がりには期待できそうです!

続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの“味覇”を使用したという液体スープを入れたところがこちら!

液体スープは調理中にフタの上で温めておいたせいもあって、量は多めですが、非常にさらっとしたもので、すぐにスープ底へと沈んでいきます!

さらに、スープの表面に旨みと思われる油が広がりますが、塩スープということもあって、かなりあっさりとした印象の出来上がりとなっていますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
液体スープが全体に馴染むと、ご覧のようにこの澄んだ見た目からも、すっきりとした味わいが表現されていることが伝わってきます!

パッケージで確認したような、ほんのりととろみを付けたコク深い仕上がりイメージとは若干違いがあるようですが…“味覇”を使用したことで、しっかりとした旨みがベースとなり、すっきりとした塩味のスープによって具材の旨みが引き立つ仕上がりのようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…塩味ならではのキレのある口当たりの後からは、“味覇”を利かせたと思われる中華風なテイストとなったポークやチキンの旨みがしっかりと感じられることで、すっきりとしたスープではありますが、全く物足りなさを感じさせない…むしろ旨みが味濃くも感じられる存在感の強い仕上がりとなっています!

そして、5種類の具材の中には野菜もたっぷりと使用されてはいるものの、変な野菜臭さも全くなく、“味覇”を使用したことで旨みが凝縮された鍋風に仕上がった塩スープにもぴったりです!

麺について

麺は、ご覧の通り心地良い歯切れが表現された角刃の中太麺となっていて、ほどよいコシもあり、何よりすすり心地が抜群ですね!

しかし、今回のスープは旨みがしっかりと表現されてはいるものの…非常にさらっとした仕上がりでして、麺を素早くすすらなければ、スープが足りなく感じられるため、すすった後すぐに美味いスープを追加したくなります。。

そのため、野菜なんかも一緒に絡めて食べてみることで、スープもよく絡み、“味覇”ならではの中華風に仕上がった旨みを美味しく楽しむことができるかと思われます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付鶏だんごが入っています!

こちらは、噛むとホロホロと崩れてしまうほどの柔らかい仕上がりとなっていて、“味覇”を利かせた塩スープをしっかりと吸っているため、肉の旨みとともにじゅわっと口に広がっていきますね!

また、こちらの豆腐は、やや小さめではありましたが…豆腐らしい弾力と食感を併せ持つことで、鍋風といったテイストのスープにもぴったりな具材となっています!

さらに、こちらのキャベツこそ鍋風に仕上がった塩スープとの相性が抜群で、思っていた以上に味濃く仕上がった塩スープにはこういった野菜が欠かせませんね!もう少し追加したいくらいです!

そして、こちらの人参は、じっくり味わってみないと素材本来の味わいがわからないくらい塩スープが印象強いため、こちらもまたやや小ぶりではありますが…食感と見た目として楽しめる具材に感じられますね!

そして、今回の一杯にはこちらの“ねぎ”なんかも入っていて、大きさはまちまちではあったものの…鍋風といった仕上がりには欠かせない具材として食感も良く、“味覇”を利かせた鍋風スープにも相性良く添えられています!

このように、これら計5種類もの具材が使用されたことで、すっきりとした塩味が表現された鍋風の一杯を美味しく引き立てているようですね!

スープについて

スープは、ご覧のように一見、煮込んだようには見えないすっきりとした後味を想像させる…どちらかと言うと澄んだスープではあるんですが、実際味わってみると“味覇”による旨みがしっかりと利いたことで、思っていた以上にじんわりと旨みを感じさせる飽きの来ない仕上がりとなっています!

また、塩加減もちょうど良く、さらに胡椒のような香辛料がやや強めに利いているため、味の輪郭がはっきりとしていますね!そのため旨みもストレートに感じられ、食べ進めていくうちに気付けばポカポカと温まってきます!

こういった食べ飽きない仕上がりは、鍋風といった雰囲気にぴったりではないでしょうか?

まとめ

今回「廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン」を食べてみて、すっきりさに際立った塩味の鍋風スープには、“味覇”を使用した液体スープによって、ほどよい中華風に仕上がった旨みがベースとなり、5種類もの具材にもぴったりな、物足りなさを感じさせないキレとコクがバランス良く表現されていました!

そして、こういった旨みが利いた鍋風スープに使用された具材、そして麺は、まさに鍋の最後に楽しむラーメンといった美味しさがあり、最後まで一気に食べ進めてしまいますね。。

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です