やみつき旨辛

やみつき旨辛 辛黒富山ブラックラーメン 食べてみました!黒胡椒の辛みが美味い富山ブラック!

スポンサーリンク

やみつき旨辛 辛黒富山ブラックラーメン 食べてみました!黒胡椒の辛みが美味い富山ブラック!

2018年2月12日に東洋水産(マルちゃん)から発売された「やみつき旨辛 辛黒富山ブラックラーメン」を食べてみました。

この商品は、“やみつきになる味わい”をコンセプトとした“やみつき旨辛”シリーズの新商品ということで、今回は富山県のご当地ラーメンである富山ブラックを再現した“辛黒富山ブラック”となっております!
先日、ご紹介した「辛赤名古屋台湾ラーメン」と同時発売されたものですね。

ご覧の通り、黒胡椒の辛みが特徴であることがパッケージに記載されているように、富山ブラックと言えば…黒胡椒、そして濃厚な醤油スープがインパクトある一杯なんですよね!

f:id:yuki53:20180218170225j:plain

実際に食べてみましたが、黒胡椒と濃厚な醤油スープが辛みと旨味をバランス良く表現し、太めのもちっとした食感の麺が食べ応えを感じさせてくれる“やみつき”な一杯に仕上がっていました。

では、今回はこの「やみつき旨辛 辛黒富山ブラックラーメン」についてレビューしてみたいと思います。

やみつき旨辛 辛黒富山ブラックラーメンについて

今回ご紹介するカップ麺は、“やみつき旨辛”の新商品ということで、“辛黒富山ブラックラーメン”となっています。

こちらのパッケージ側面にも、今回の特徴である“醤油の濃厚でコクのある旨み!”といったことが記載されています。

f:id:yuki53:20180218170223j:plain

また、先日ご紹介した“辛赤”とは対照的に、黒胡椒をイメージした“辛黒”という文字が大きく記載され、見た目からも富山ブラックであることを表現しています。

f:id:yuki53:20180218170221j:plain

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り300kcalとなっております。(塩分は4.6g)

意外にもカロリー、塩分ともに低めに仕上がっていることがわかります。

富山ブラック自体、濃厚かつ黒胡椒が力強く利いたスープなはずなんですが、この辺りはどう再現されているのか気になりますね。。

f:id:yuki53:20180218170222j:plain

では原材料も見てみます。
スープには、醤油をはじめ、チキンエキスや黒胡椒、ガーリックパウダー、ポークエキスといった、チキンとポークが利いた濃厚な醤油スープに黒胡椒の辛みだけでなく、にんにくも利いた何とも美味しそうなスープを想像させる材料が並びます。

また、しょうがパウダーも含んでいることから、食べ進めていくうちに体も温まりそうなスープを想像しますね。

f:id:yuki53:20180218170224j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り味付豚肉、メンマ、ナルト、ねぎといった具材がすでに入っています。

また、フタの上には特製スープと記載された調味料が別添されていました。
もちろん、この時点ですでに黒胡椒の良い香りが確認できます。

f:id:yuki53:20180218170226j:plain

調理してみた

では、熱湯を注ぎ4分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの特製スープを入れたところがこちら!

特製スープはかなり濃い色のもので、醤油スープをさらに濃厚にするものと思われます。

f:id:yuki53:20180218170227j:plain

では、よーくかき混ぜてみましょう。
粗挽きの黒胡椒の良い香りが漂う出来上がりです。

f:id:yuki53:20180218170228j:plain
スポンサーリンク

食べてみた感想

一口食べてみると…やや太めの麺によく絡んだ濃厚な醤油スープには、しっかりと黒胡椒の辛みが利き、さらにチキンやポークの旨味が味わい深い“富山ブラック”を再現しているようです。

麺について

麺はご覧の通り、やや太めの仕様となっていて、もちっとした弾力ある食感には歯切れの良いコシを感じます。

また、この太麺に濃厚な醤油スープが絡むことによって、一口ずつ黒胡椒やにんにくの良い辛み、そして風味が美味しく感じられます!

f:id:yuki53:20180218170229j:plain

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っているんですが、こちらは噛むとしっかりと豚の甘い旨味を感じる仕上がりとなっていて、辛みの利いたすっきりとした濃厚醤油スープとのメリハリが効いていて、また違った味わいを楽しむことができます。

f:id:yuki53:20180218170231j:plain

そして、こちらのメンマはコリコリとした食感が良いアクセントとなった具材で、風味とメンマ本来の旨味が美味しく表現されています。

f:id:yuki53:20180218170232j:plain

また、こちらのナルトは、そこまで味付けはされていませんが、漆黒とも言える濃厚な黒胡椒が利いた“富山ブラック”の一杯に、唯一良い彩りをプラスしている具材となっているようです。

そんなナルトにも、ご覧の通り濃厚な醤油スープが染み渡り、色濃くなっているのがわかります。

f:id:yuki53:20180218170230j:plain

スープについて

スープは濃厚ではありますが、チキンやポークが醤油スープを引き立てるように、こってり過ぎずにほどよく利いているため、仕上がりはすっきりとしたもので、最後まで飽きの来ない味わいとなっています。

さらに、この濃厚な醤油スープにはにんにくが利いているため、コクのある中にも“やみつき”となる旨味を感じます。

そして、何よりも富山ブラックの最大の特徴である“黒胡椒”が強く利いているため、辛みと濃厚な醤油の旨味が合わさったことによる、独特な力強い食べ応えが美味しく仕上がっています。

f:id:yuki53:20180218170233j:plain

まとめ

今回は「やみつき旨辛 辛黒富山ブラックラーメン」を食べてみましたが、黒胡椒の辛みといい、濃厚な醤油スープといい、にんにくやしょうがといった食欲そそる旨味など…“やみつき”になる要素がふんだんに美味しく再現された富山ブラックには、後引く辛さがあり、クセになる味わいとなっていました。

“旨味”と“辛み”を追求したというだけあって、どちらも美味しく仕上がった一杯は最後には体も温まる仕上がりでした。

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!