カップ麺

やみつき旨辛 辛赤 東京系油そば旨辛MIX!ラー油・唐辛子を加えたやみつき感のある一杯

やみつき旨辛 辛赤 東京系油そば旨辛MIX

やみつき旨辛 辛赤 東京系油そば旨辛MIX」を食べてみました。(2020年8月17日発売・東洋水産)

この商品は、“旨味と辛味のバランスを追求したやみつきになる味わい”をコンセプトとした“やみつき旨辛”シリーズの新商品ということで、今回は東京の“油そば”にラー油と唐辛子を加えたことによって旨辛にアレンジした食べ応えのある一杯が登場です!

それも…ポークとチキンの旨味をベースに辛みと酸味を利かせた醤油ダレに仕上げ、さらにラードとラー油をバランス良く合わせたことによって、“油そば”ならではのこってりとしたタレと飽きの来ない旨辛な味わいが表現された一杯、“やみつき旨辛 辛赤 東京系油そば旨辛MIX”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには“東京で親しまれてきた油そばを、ラー油と唐辛子で旨辛にアレンジ!”と記載されているように、今回の“辛赤”は東京発祥・濃厚で食べ応えのあるお馴染み“油そば”を旨辛にアレンジしたテイストということで、以前の“名古屋台湾まぜそば”とはまたちょっと異なるフレーバーとして登場のようですね!

一方こちらには、“食べ応えのある太麺がうまい!”と記載され、その背景にはラー油と唐辛子を加えたことによって食欲そそる赤みを帯びた濃厚な醤油ダレがコシの強い太麺によく絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…メンマ・なると・“ねぎ”が使用されているようです!

このように今回の“やみつき旨辛 辛赤”は東京発祥の濃厚こってりとした“油そば”にラー油と唐辛子を加えたシリーズらしい旨辛なテイストに仕上げているということで“旨辛MIX”となっているようですね!これは…以前発売されていた“名古屋台湾まぜそば”も非常に美味しかったんですが、“油そば”ならではのこってり感とやみつき感のあるピリ辛を合わせた一杯には期待したいところ!

他にも特徴として…麺は上記のように太麺・角刃仕様の油揚げ麺となっていて、もっちりとした食感と噛み応え抜群な強いコシを表現、ラー油と唐辛子を加えた旨辛テイストに仕立て上げた濃厚な“油そば”の醤油ダレとともにがっつりとした味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“油そば”ならではのチキンやポークの旨味にラードを加えたこってりとした濃厚感にラー油や唐辛子を合わせたことでキリッとした口当りが絶妙にマッチ、それによって脂っこさを感じさせないガツンとしたテイストに仕上がり、コシの強い太麺とともに汗を誘う旨辛な“油そば”をたっぷりと堪能できる一杯となっていました!
これは特に、こってり感・濃厚感が特徴的な“油そば”にラー油と唐辛子を合わせた旨辛な味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“やみつき旨辛”シリーズの新商品、東京発祥・全国的な人気を誇る“油そば”をラー油と唐辛子を加えたことによってシリーズらしく旨辛にアレンジした食べ応え抜群な一杯、「やみつき旨辛 辛赤 東京系油そば旨辛MIX」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

やみつき旨辛 辛赤 東京系油そば旨辛MIX

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“やみつき旨辛”の新商品ということで、全国的に人気の“油そば”にラー油と唐辛子を加えたことによって旨辛なやみつき感を際立たせた濃厚な一杯、“やみつき旨辛 辛赤 東京系油そば旨辛MIX”となっています。

改めて“東京風”と言われると東京ならではの味わいがあるのかと思われがちですが…そもそも“油そば”自体、東京都の武蔵野周辺が発祥とされており、今となっては実に様々な“油そば”専門店として名店と呼ばれる店舗が存在し、カップ麺化もされているので、お好みの方も多いのではないでしょうか?

やみつき旨辛 辛赤 東京系油そば旨辛MIX パッケージ

そして、先ほどもお伝えした通り麺は太麺・角刃仕様、さらに歯切れの良い強いコシに仕上がり、濃厚な醤油ダレにラー油・唐辛子を加えた旨辛な味わいにぴったりながっつり系の一杯のようで、“油そば”には欠かせない“お酢”の酸味なんかも加わり、そもそも“油そば”にはラー油もぴったりなので定番の味わいと言えばそうなんですが…今回はさらに唐辛子も加わったことでピリッとした辛みが強めに利き、それによって旨辛なテイストに仕立て上げているようですね!

ちなみにこの“やみつき旨辛”シリーズとは…下記の通り2017年から毎年発売されており、中でも今回同時発売された“辛黒 富山ブラック風焼そば”は4度目の登場となり、“辛赤 名古屋台湾まぜそば”もまたこれまで2回登場する人気フレーバーだったんですが、今回の“辛赤”は東京発祥の“油そば”をうまく旨辛にアレンジした一杯とのことで、ひと味違った味わいが楽しめそうです!

それでは、今回の“やみつき旨辛 辛赤 東京系油そば旨辛MIX”がどれほどチキンやポーク、ラードを利かせた濃厚こってりとした仕上がりとなっているのか?ラー油と唐辛子を加えた旨辛なアクセントとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても太麺・角刃仕様による食べ応え抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り491kcalとなっております。(塩分は3.9g)

カロリーは、汁なしカップ麺の割にそこまで高い数値ではないようですが、一方で塩分はかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり111g、麺の量は90gとのこと。

たいてい“油そば”と聞くと…容器底にポークを利かせた濃厚な醤油ダレが溜まっており、お好みの具材をトッピングして思い切り混ぜていただくのが醍醐味で、濃厚こってりとした印象があるんですが、今回の一杯に関しては1食当たり111gと大盛り仕様というわけではありまんから、その辺で低めに感じられるのかもしれません!

原材料について

では原材料も見てみます。

添付調味料と記載されているタレには、“しょうゆ”やラードをはじめ…

  • 植物油
  • 香味油脂
  • 醸造酢
  • チキンエキス
  • ポークエキス
  • 香辛料

といった、チキンやポークの旨味をしっかりと利かせた濃厚・こってりとした“油そば”ならではの醤油ダレに仕上げ、そこに相性抜群な“お酢”の酸味やラー油・唐辛子による旨辛なテイストを表現、ラードの旨味が厚みを際立たせるがっつり系の味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…植物油脂や精製ラード、食塩や“しょうゆ”、さらに香辛料や粉末野菜など…実に様々な材料が使用されたことで、麺にまでしっかりと味付けが施されていることが確認できます!

JANコード4901990365765
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、食塩、しょうゆ、香辛料、粉末野菜、卵白)、添付調味料(しょうゆ、ラード、植物油、香味油脂、醸造酢、チキンエキス、ポークエキス、砂糖、香辛料)、かやく(メンマ、なると、ねぎ)/加工でん粉、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、酒精、炭酸カルシウム、かんすい、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、パプリカ色素、香辛料抽出物、増粘多糖類、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (111g) 当たり]
熱量491kcal
たん白質8.8g
脂質22.2g
炭水化物64.0g
食塩相当量3.9g
ビタミンB10.47mg
ビタミンB20.39mg
カルシウム193mg

引用元:やみつき旨辛 辛赤 東京系油そば旨辛MIX | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、液体スープといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に液体スープには“油そば”らしいチキンやポーク、ラードなどの旨味が凝縮されているんですが…実際触ってみると非常にさらっとした状態となっていましたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、麺はご覧の通り太麺・角刃仕様の味付けが施された色の濃い見た目となっていて、見るからに歯切れの良い強いコシが表現されたことで、食べ応え抜群な“油そば”にもぴったりな食感に間違いなさそうです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • メンマ
  • なると
  • ねぎ

が入っています。

特に肉類の具材は使用されていませんが…今回は濃厚・こってりで旨辛なテイストの“油そば”に仕上がっているようですので、その辺りに関しては濃厚な醤油ダレの旨味に期待しましょう!

続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:560ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの太麺がさらに太さを増し、もっちり感と強いコシが加わったことによって濃厚な旨辛醤油ダレにも負けじとしっかりとした食べ応えが表現された一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…非常にさらっとした状態ではありますが、旨辛なテイストを思わせるラー油や唐辛子を使用した赤みがあり、濃厚感を表現したチキンやポーク、ラードなどはしっかりとスープに溶け込んでいるようですね!

そのため、この液体スープは容器底へとすぐに沈んでいき、食欲そそる赤みのあるスープが印象的で、“油そば”らしいお酢の酸味がほんのりと感じる以外は、ラードを使用した油で揚げたことによる麺からほどよい香ばしさが漂います!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り液体スープはほどよい油分なんかも含んださらっとした状態でしたので、すんなりと太麺にも馴染んでいきます!

そして、液体スープが全体に馴染むと…いかにも食欲そそる旨辛なテイストに仕上がり、まさに“油そば”ならではの濃厚感のあるコクとラー油・唐辛子を加えたことによるキリッとしたシャープな口当りが絶妙にマッチしたことによって最後まで飽きの来ない味わいを表現しているようですね!

また、この見た目から伝わるように、味は濃い目の仕上がりとなっていますから、白飯にも合うのはもちろん、具材に肉類が使用されていないんですが、けっして物足りなさを感じさせない濃厚・旨辛な“油そば”ががっつりと楽しめるのではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…チキンやポークの旨味がこってり感を表現しているんですが、決して脂っこい印象はなく、厚みのある旨味として相性良く馴染み、そこに“油そば”には欠かせないお酢の酸味やラー油・唐辛子を加えたことによる旨辛な味わいが加わり、それによってがっつりとしたテイストに仕上がっているようです!

しかも唐辛子が思っていた以上に強めに利いているため、旨味と辛みが絶妙にマッチしたことでやみつき感のある味わいを表現、ちょっと酸味が気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、“油そば”にはこういった酸味とラー油が合うんですよね!そのため、お好みによっては…さらにラー油を加えて全体の辛みを調整してみても良いかもしれません!

麺について

麺は、ご覧の通り太麺・角刃仕様となっていて、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出る旨味や香ばしさが食欲を掻き立て、歯切れの良いもっちりとしたがっつり系にふさわしい食感に仕上がっています!

そんな太麺には…チキンやポークをベースに濃厚・こってりとした味わいに酸味やラー油・唐辛子を加えた旨辛なテイストをバランス良く仕上げた醤油ダレがよく絡み、一口ずつに“油そば”ならではの濃厚な味わいやキレの良い辛みなどが口いっぱいに広がっていき、ほんのりと感じられる酸味や風味豊かな香ばしさが後味良く抜けていきます!これはガシガシとした食感の太麺で正解ですね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのメンマが入っていて、やや小ぶりではありましたが…コリコリとした非常に良い食感に仕上がり、メンマ特有の味付けや素材本来の味わいなんかも感じられ、濃厚な“油そば”にもぴったりな具材となっています!

また、こちらの“ねぎ”は、やや小さめにカットされていたため、シャキシャキとまではいきませんが…ほどよい食感とちょうど良い薬味にもなったことで、濃厚・こってり、さらに旨辛な醤油ダレの味わいを引き立てる彩りの良い具材としてさり気なく添えられています!

他にも、こちらの“なると”が使用されており、味付け自体はもちろん感じられないんですが、赤みを帯びた旨辛な濃厚醤油ダレの色味に対して華やかさを演出する彩りとしてのアクセントがプラスされているようです!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通りチキンやポークをベースに“油そば”特有の濃厚・こってりとした醤油ダレに仕上げ、そこにラードや酸味を利かせたことで旨味・後味の良さを引き立てた王道とも言える味わいを表現しています!

そして、そこにラー油・唐辛子を加えたことによってシリーズらしい旨辛なテイストが加わり、ガツンとしたメリハリのある味わいに引き立て、お酢の酸味とラー油のアクセントがちょうど良いキレの良さを演出しているようでしたので、こってり系のタレではありますが、最後まで飽きの来ない後味すっきりとした仕上がりに感じられるでしょう!

また、こういった“油そば”は、濃厚・こってりとしているからこそ、お酢とラー油が欠かせませんので、この辺に関しては別途追加してお好みのバランスに調整してみると良いかもしれません!

このように、今回の“やみつき旨辛 辛赤 東京系油そば旨辛MIX”は、チキンやポークの旨味をしっかりと利かせた“油そば”ならではの濃厚な醤油ダレに仕上げ、そこにラードを加えたことで厚みのある味わいを引き立て、さらにラー油と唐辛子を利かせたことによってシリーズらしい旨辛なやみつき感を演出、濃厚でありながらも後味すっきりとしたメリハリのある仕上がりとなっていましたので、お好みによっては“お酢”やラー油、さらにお好みのトッピング(特に卵黄)を加えて旨味を際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「やみつき旨辛 辛赤 東京系油そば旨辛MIX」を食べてみて、チキンやポークの旨味をしっかりと利かせたことによって濃厚・こってりな味わいを表現していたわけですが、そこは“油そば”らしい“お酢”の酸味やラー油を利かせたことによってキレの良さを後押しし、さらに唐辛子を加えたことで辛さが強めに利いたことで、“やみつき旨辛”シリーズならではのやみつき感に際立った食べ応え抜群なテイストとなっていました!

やはり“油そば”はこういった濃厚・こってりとしたテイストでありながらも酸味や辛みを利かせたメリハリのある味わいがガツンと楽しめて美味いですね!特に今回は辛みが強めに利いていたため、最後まで飽きることなくガッツリとした旨味が堪能できるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!