カップ麺

「あつまれ どうぶつの森」のカップ麺が発売!ゲーム内に登場する食べ物をモチーフにした2商品

島の海の幸風 シーフード味ラーメン / 島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン

Nintendo Switch用ゲームソフト“あつまれ どうぶつの森”とのコラボカップ麺「島の海の幸風 シーフード味ラーメン / 島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン」を食べてみました。(2021年12月8日発売/2022年6月21日再発売・サンヨー食品/セブン-イレブン限定)

この商品は、2020年3月20日に任天堂から発売されたNintendo Switch用ゲームソフト“あつまれ どうぶつの森”に登場する食べ物をモチーフにしたシール付きのカップラーメンが2種類同時発売です!(「セブン-イレブン “あつまれ どうぶつの森 キャンペーン”」開催期間中だけ楽しめるオリジナル限定フレーバーとなっています。)
※中にはオリジナルシール(全20種)がランダムで1枚入っています。

それも…ゲーム中の釣りなどで採れるサカナや海の幸をイメージしてチキンをベースに魚介出汁をバランス良く利かせ、黒胡椒で味を調えたシーフード味を再現したフレーバー、そして島で採れるリンゴをイメージしてポークをベースに香味野菜やスパイス、りんご果汁を加えた後味の良いスープカレーを再現したフレーバーといった2品、“島の海の幸風 シーフード味ラーメン / 島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”となっております。(各種税別184円)

ご覧の通り、パッケージには“あつまれ どうぶつの森”ならではの世界観を可愛らしくあしらわれ、それぞれに以下の住民や来訪者といったキャラクターが掲載されています!(うちの子が詳しくて色々と教えてもらいました…笑)

  • ラコスケ
  • たぬきち
  • しずえ
  • ジャスティン
島の海の幸風 シーフード味ラーメン

また、どちらも1食当たりのボリュームは“島の海の幸風 シーフード味ラーメン”が61g、“島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”が67g、麺量はそれぞれ50gとレギュラーサイズでも若干少なめなサイズとなっているため、ちょっと小腹が空いた時にもぴったりな一品となっています!

  • レイジ
  • つぶきち
  • とたけけ
  • まめきち
  • ウリ
島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン

ちなみにこの2商品ともにオリジナルシール(全20種類)がランダムで1枚入っていて、このシール欲しさに買い溜めしている方もいるようですね。。今回はうちの子もひとつ欲しいということで改めて買いに行くと“島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”の方はすでに売り切れとなっていましたから…すでに転売されているのかもしれません。しかもこの“あつまれ どうぶつの森 キャンペーン”の期間は2021年12月8日~21日とかなり短いため、プレミアム感もあるのでしょう!(気になる方はぜひお早めにどうぞ!)

※全20種類のラインアップは…カモミ・ドレミ・ちゃちゃまる・アデレード・パッチ・アンソニー・リリアン・ハムスケ・ツバクロ・サリー・ゴンザレス・アポロ・さすけ・アラン・シベリア・おくたろう・ジュン・ケンタ・ブーケ・キャラメルです。

一方こちら“島の海の幸風 シーフード味ラーメン”の容器側面には、チキンをベースに魚介出汁や和風出汁をバランス良く合わせ、ゲーム中の釣りなどで採れるサカナや海の幸をイメージしたという…シーフード味を再現した透明感のあるスープに各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…味付卵・えび風味卵白加工品・ねぎ・“かに風味かまぼこ”が使用されているようです!

さらにこちら“島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”の容器側面には、ポークをベースに香味野菜や“りんご果汁”、そしてスパイシーな香辛料が融合され、ゲーム中の島で採れるリンゴをイメージしたという…スープカレー味を再現したキレのあるスープに各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…フライドポテト、鶏・豚味付味肉そぼろ、人参、“ねぎ”が使用されているようです!

他にも特徴として…麺は共通して若干幅広な角刃の中細麺といったフライ麺が採用されており、食塩や野菜エキス、“しょうゆ”などでほどよく味付けが施され、噛むほどに旨味が増して感じられる弾力としなやかな仕上がりとなっていて、チキンをベースに魚介出汁や黒胡椒を利かせた後味の良いシーフードスープや、ポークをベースに香味野菜や“りんご果汁”、スパイス感のある香辛料などを利かせたスープカレー味のスープがそれぞれ最後まで飽きることなくじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“あつまれ どうぶつの森”に登場する食べ物をモチーフにしたカップ麺ということで、子どもでも食べられるように若干薄味仕様かと思いきや…意外にもしっかりとした味わいが表現され、“島の海の幸風 シーフード味ラーメン”にはチキンを利かせたあっさり感はあるものの、その分魚介出汁や和風出汁の旨味がストレートに染み渡り、容器底に溜まっている黒胡椒を混ぜながら食べ進めることによってメリハリのある旨味が最後まで飽きさせることもなく、一方で“島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”も同じくポークの旨味がベースとなったことでサラッとしたスープカレーらしいスープには物足りなさを一切感じさせないコクやスパイシーなアクセントが加わったことで後引く旨味がクセになる大人も楽しめる仕上がりとなっていました!
これは特に、魚介出汁を利かせた後味の良いシーフード系やスープカレーならではのサラッとした中にもコクやスパイシーな辛みが後を引く味わい深いテイストをちょうど良いサイズで楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は大人気のゲームソフト“あつまれ どうぶつの森”に登場する食べ物をモチーフに釣りなどで採れるサカナや海の幸、島で採れるリンゴをそれぞれイメージした安定感のあるオリジナルシール付きの2商品、「島の海の幸風 シーフード味ラーメン / 島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

【追記】この2商品は2022年6月21日に再発売されています!

「あつまれ どうぶつの森」のカップ麺 “島の海の幸風 シーフード味ラーメン / 島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”

今回ご紹介するカップ麺は、Nintendo Switch用ゲームソフト“あつまれ どうぶつの森”に登場する食べ物をモチーフにしたシール付きのカップ麺が期間限定で登場ということで、セブン-イレブンが開催する“あつまれ どうぶつの森 キャンペーン”期間中(2021年12月8日~21日)のみ楽しめる2商品、“島の海の幸風 シーフード味ラーメン / 島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”となっています。

ご覧の通りフタの方にも容器側面と同じく“あつまれ どうぶつの森”などの商品名や各種キャラクターが掲載された可愛らしい世界観が描かれ、特に“島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”には“りんご果汁粉末を使用しています。”と記載されているように、ゲーム中に登場する島のリンゴをモチーフにしているというだけあってスープカレーと相性の良い果汁の旨味を加えているようですね!(若干無理矢理感があるようにも思えますが…)

島の海の幸風 シーフード味ラーメン
島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン

ちなみに今回はこのカップ麺2商品だけでなく、2021年12月16日発売の“味覚糖 コグミ あつまれ どうぶつの森 島の特産フルーツ詰め合わせ”や“あつまれ どうぶつの森 ほしのこんぺいとう”なんかも発売されているんですが、こちらには特にオリジナルシールなどは付いていないため、期間内であれば余裕を持って購入できるのではないでしょうか?(カップ麺の方はかなり品切れの店舗もあるようでしたので、気になる方は早めに探してみてください。)

それでは、今回の“島の海の幸風 シーフード味ラーメン / 島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”がどれほど本格感のあるシーフード味・スープカレー味に仕上がっているのか?それぞれゲーム中に登場する食べ物をモチーフとした旨味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもほどよく味付けが施されたヌードルタイプの平麺といった若干幅広な中細麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り”島の海の幸風 シーフード味ラーメン”の方は…270kcal(めん・かやく232kcal / スープ38kcal、塩分は4.3g)で、”島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”の方は…299kcal(めん・かやく246kcal / スープ53kcal、塩分は5.1g)となっております。

カロリーは、1食当たりのボリュームが若干少なく・チキンベースの後味すっきりとしたシーフード味やポークベースのスパイシーなスープカレー味ということもあって非常に低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たりそれぞれ61g・67g、麺の量はともに50gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…それぞれ38kcal・53kcalとやはりボリュームがやや少なめということもあって後味すっきりとしたテイストで、素材の旨味を存分に活かした物足りなさを感じさせない仕上がりをイメージさせます!

島の海の幸風 シーフード味ラーメン
島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン

原材料について

では原材料も見てみます。

まず“島の海の幸風 シーフード味ラーメン”には、食塩や香辛料をはじめ…

  • 魚介エキス
  • チキンエキス
  • 椎茸エキス
  • 昆布エキス

といった、チキンをベースに魚介出汁や和風出汁をバランス良く合わせ、さらに黒胡椒といったキレの良さを引き立てる後味すっきりとした味わいを想像させる材料が並びます。

島の海の幸風 シーフード味ラーメン
JANコード4901734045243
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、野菜エキス、しょうゆ、粉末卵)、スープ(糖類、食塩、香辛料、魚介エキス、チキンエキス、発酵調味料、椎茸エキス、昆布エキス、酵母エキス)かやく(味付卵、えび風味卵白加工品、ねぎ、かに風味かまぼこ)/調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、炭酸カルシウム、かんすい、クチナシ色素、微粒二酸化ケイ素、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、酸味料、パプリカ色素、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチン色素、(一部にえび・かに・小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (61g) 当たり]
熱量270kcal
たんぱく質6.0g
脂質10.5g
炭水化物37.9g
食塩相当量4.3g
めん・かやく: 1.2g
スープ: 3.1g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.58mg
カルシウム208mg

一方で“島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”には、食塩や香辛料をはじめ…

  • ポークエキス
  • チャツネシーズニングパウダー
  • りんご果汁粉末
  • たまねぎ調味料
  • トマトパウダー
  • 植物油脂

といった、ポークをベースに香味野菜や“りんご果汁”などをバランス良く合わせ、さらにスープカレーには欠かせないスパイス感のある香辛料を加えたことでキリッとしたシャープな口当たりが絶妙にマッチし、こちらもまた後味すっきりとした味わいを想像させる材料が並びます。

また、販売者は“サンヨー食品株式会社”ですが、製造所は協力企業の“株式会社カナヤ食品”に委託しているようです!

島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン
JANコード4901734045267
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、野菜エキス、しょうゆ、粉末卵)、スープ(砂糖、食塩、香辛料、ポークエキス、チャツネシーズニングパウダー、りんご果汁粉末、たまねぎ調味料、たん白加水分解物、クリーミングパウダー、トマトパウダー、酵母エキス、デキストリン、発酵調味料、植物油脂)かやく(フライドポテト、鶏・豚味付味肉そぼろ、人参、ねぎ)/調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、炭酸カルシウム、増粘剤(加工でん粉、キサンタン)、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素、香辛、かんすい、クチナシ色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉
バナナ・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (67g) 当たり]
熱量299kcal
たんぱく質6.4g
脂質11.8g
炭水化物41.8g
食塩相当量5.1g
めん・かやく: 1.6g
スープ: 3.5g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.59mg
カルシウム216mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り”島の海の幸風 シーフード味ラーメン”には粉末スープなどがすでに入っていて、具材には…

  • 味付卵
  • えび風味卵白加工品
  • ねぎ
  • かに風味かまぼこ

が入っています。

まさにゲーム中の釣りなどで採れるサカナや海の幸をモチーフにしたというだけあって染み渡るかのような魚介出汁の良い香りが確認できます!

島の海の幸風 シーフード味ラーメン

そして、こちら“島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”にもご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、具材には…

  • フライドポテト
  • 鶏・豚味付味肉そぼろ
  • 人参
  • ねぎ

が入っています。

特にフライドポテトのサイズがかなり大きく、スープカレーにぴったりな具材が各種使用されているようですね!ちなみに2商品とも別添されている調味料などはありません。

島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン

さらにこちら!フタを開くと容器の中には“コレクションシール”と記載されたオリジナルシールが1枚入っています!(これが買い占めの元になるわけですね。。)

今回はこちら“ツバクロ”と…

“おくたろう”のシールが入っていて、個人的には価値観がわからないんですが…とりあえずうちの子が喜んでいたので良かったです。(これ20種類集めるとなるとかなりの数購入しないといけませんからね、コレクターの方も大変です。)

他にも麺は、原材料にも記載されていた通り今回の2商品ともに同じ仕様となっていて、若干幅広な中細麺で、ほどよい弾力と歯切れの良いコシを併せ持ち、麺量50gとは言ってもそれなりに小腹も満たされる“おにぎり”にもぴったりなサイズ感と言えるでしょう!

島の海の幸風 シーフード味ラーメン
島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン

調理してみた

では熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:330ml)
そして出来上がりがこちら!

どちらもしっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの中細麺や豊富に使用された各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、あっさりとした中にもコク深く素材の旨味を活かした染み渡る味わい・スパイシーな味わいといった印象の出来上がりです。

島の海の幸風 シーフード味ラーメン
島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…どちらとも割と透明感のある仕上がりとなっていて、後味すっきりとした中にも物足りなさを感じさせないコクがあり、豊富に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出し、一方ではじんわりと染み渡るかのような魚介出汁の旨味、そしてもう一方ではスパイス感に“りんご果汁”を加えたフルーティーな味わいが表現され、子どもから大人まで幅広い層に好まれると思われるフレーバーが楽しめることに間違いなさそうです!

島の海の幸風 シーフード味ラーメン
島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン

食べてみた感想

一口食べてみると…まず“島の海の幸風 シーフード味ラーメン”は、チキンをベースにしているせいか非常にあっさりとした中にもコクがあり、そこに魚介出汁や和風出汁をバランス良く合わせたことでメリハリのある旨味が心地良く、まさに“シーフード味”といったイメージにぴったりな仕上がりで、容器底には黒胡椒が多めに使用されていたため、しっかりと容器底から混ぜながら食べ進めていくことによって後引く辛さが旨味を引き立て、最後まで全く飽きの来ないスープがたっぷりと楽しめることと思われます!

一方で“島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”は、ポークをベースにしている割にスープカレーらしく非常にサラッとした仕上がりが印象的なんですが、決して物足りなさといった感じは一切なく、意外とコクのあるテイストとなり、そこに“りんご果汁”やトマトパウダーが加わったことでフルーティーで若干酸味のあるスープを表現、さらにスープカレーには欠かせない後引くスパイシーなアクセントがメリハリを付け、こちらもまた最後まで全く飽きることなく楽しめるのではないでしょうか?

これはターゲットが子どもかと思ってあっさりとしたテイストなのかと思っていましたが、意外でしたね!“シーフード味ラーメン”にはしっかりと魚介出汁や黒胡椒が利いていましたし、“スープカレー味ラーメン”に関してもコクもあって本格スパイシーなスープカレー特有の旨味が表現されていましたから、もしかしたら今後もまた何らかのキャンペーンでリニューアル発売されるのかもしれませんね!

麺について

麺は、今回の2商品ともに同等の仕様となっていて、ご覧の通りやや幅広なヌードルタイプの平打ち中細麺が採用されており、ほどよく味付けが施されたことで噛むほどに旨味が増して感じられ、さらにほどよい弾力と歯切れの良いコシを兼ね備え、麺量50gということもあって小腹を満たすにはちょうど良いサイズ感と言えます!

そんな中細麺には…チキンをベースに魚介出汁や和風出汁をバランス良く合わせ、さらに黒胡椒で味を調えたシーフード味のスープがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡るかのような魚介の旨味やメリハリのあるキレの良さなどが口いっぱいに広がっていき、魚介出汁ならではの食欲そそる風味が後味良く抜けていき、一方では…ポークをベースに香味野菜や“りんご果汁”、トマトパウダーなどを利かせ、スパイシーな香辛料を合わせたすっきりとしたスープカレーをイメージしたスープがよく絡み、一口ずつにコク深いポークの旨味やほんのり酸味のあるフルーティーな味わいなどが口いっぱいに広がっていき、スパイシーな風味が後味良く抜けていきます!…というかスープが思いのほかしっかりとしていたため、物足りなさといった感じは一切ありませんね!

トッピングについて

島の海の幸風 シーフード味ラーメン

まず“島の海の幸風 シーフード味ラーメン”には、こちらの“えび風味卵白加工品”が入っていて、若干小ぶりではありますが、海老の旨味が凝縮された“つみれ”のような食感に仕上がり、じっくりと味わってみると…じんわりと染み渡るかのような旨味が滲み出す非常に美味しい具材となっていたため、まずはスープとしっかりと馴染ませるかのようにして食べ進め、後ほど食感滑らかな中細麺と一緒に絡めていただくと、より一層魚介出汁が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの“かに風味かまぼこ”は、やや細くカットされていたため、そこまで素材の味付け自体は強くはありませんでしたが、こちらも上記の“えび風味卵白加工品”と同じくフープによく馴染ませておくことによって旨味際立つ相性抜群な具材となっています!

さらにこちらの味付卵は、そこまで強い味付けは感じられなかったものの…食感柔らかな仕上がりで、今回の一杯に対して彩りの良いアクセントをプラスしているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、ほどよいサイズにカットされたことによってシャキシャキとした食感が心地良く、ちょうど良い薬味にもなったことで今回のシーフード味のスープの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン

一方で“島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”にはまず、こちらの“鶏・豚味付味肉そぼろ”が入っていて、“肉そぼろ”というだけあって…やや小ぶりではありますが、じっくりと味わってみると、それなりに味付けされた肉の旨味が滲み出す仕上がり具合となっていたため、単品で味わうというよりもしっかりとスープと馴染ませておき、後ほど食感滑らかな中細麺と絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのフライドポテトは使用されている数・サイズともに全く申し分なく、表面はフライド感のある硬さと中はふっくらホクホクとした素材の旨味がしっかりと感じられ、今回のスープカレー味をイメージしたスープにもぴったりです!

さらにこちらの人参は、やや小さめにカットされてはいますが、歯応えの良い仕上がりとなっていて、じっくりと味わってみると…素材の旨味がしっかりと伝わり、こちらもまた上記のフライドポテトと同じくスープカレーには欠かせない具材として彩り良く添えられています!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、恐らく“シーフード味ラーメン”と同じ仕様でしょうか?シャキシャキとした食感が心地良く、ちょうど良い薬味にもなったことで今回のスープカレーの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

島の海の幸風 シーフード味ラーメン

まず“島の海の幸風 シーフード味ラーメン”の方は、先ほどもお伝えした通りチキンをベースに魚介出汁や和風出汁をバランス良く合わせたことによって、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせないコクがあり、じんわりと染み渡るかのような旨味が心地良く、容器底に溜まっている黒胡椒をしっかりと混ぜ合わせていただくとメリハリのある味わいが際立ち、最後まで飽きの来ないシーフード味ならではの仕上がりとなっています!

しかもこれだけ透明感のあるスープにも関わらず旨味が凝縮されたことで喉越しも思いのほか非常に良く、黒胡椒によるキレの良さがちょうど良いピリッとした辛さを表現していましたが、お好みによってはシーフード味のスープと相性の良い唐辛子をちょい足しして刺激的な辛さを際立たせてみても良いでしょう!

島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン

続いてこちらの“島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”は、ポークをベースに香味野菜や“りんご果汁”、トマトパウダーをバランス良く合わせたことで、“りんご”そのものの味わいが感じられるわけではありませんが…フルーティーな酸味が心地良く、そこにスープカレーには欠かせない本格スパイシーな香辛料が後味の良さを際立たせ、メリハリのある味わいが表現されています!

ただ、こちらは若干あっさりとした印象もありましたので、調理時の熱湯を少なめにしたり、スープカレーにぴったりな“おろしにんにく”や唐辛子などをちょい足ししてコク深さやキリッとした辛みを際立たせてみても良いでしょう!

このように、今回の“島の海の幸風 シーフード味ラーメン / 島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”は、Nintendo Switch用ゲームソフト“あつまれ どうぶつの森”に登場する食べ物をモチーフにゲーム中の釣りなどで採れるサカナや海の幸をイメージした“シーフード味ラーメン”、そして島で採れるリンゴをイメージした“りんご果汁粉末”を加えた“スープカレー味ラーメン”をそれぞれ表現し、どちらも子ども用のあっさりとしたテイストというわけではなく、大人も納得できるような幅広い層に好まれる仕上がりとなっていたため、お好みによってはそれぞれ相性の良い香味野菜や香辛料をちょい足しして味わってみても良いかもしれません!

まとめ

今回「島の海の幸風 シーフード味ラーメン / 島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン」を食べてみて、ゲーム中に登場する食べ物をモチーフにした“島の海の幸風 シーフード味ラーメン”は、チキンの旨味があっさりとした中にもコクのあるテイストを表現、そこに魚介出汁や和風出汁がじんわりと染み渡るメリハリを付けたことで最後まで飽きることもなく、さらに“島のリンゴ風果汁入り スープカレー味ラーメン”はポークをベースに香味野菜や“りんご果汁粉末”、トマトパウダーをバランス良く合わせ、スパイシーな風味が心地良い仕上がりとなっており、どちらのフレーバーも想像以上にしっかりとした味わいを楽しむことができ、ちょっと小腹が空いた時にもぴったりなサイズ感となっていました!

当初、ゲームのコラボ商品ということで個人的にそこまで期待していなかったんですが…“シーフード味ラーメン”、“スープカレー味ラーメン”ともに割と本格感のあるテイストで、物足りなさといった感じも一切なく楽しめるフレーバーとなっていたため、“あつまれ どうぶつの森 キャンペーン”の開催期間がかなり短いのがちょっと残念ではありますが、かなり幅広い層に好まれる2商品と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!