明星食品

BIGだぜ! 一平ちゃん 旨辛味噌ラーメン!豚×香味野菜に特製辛味噌で仕上げた濃厚旨辛な一杯

BIGだぜ! 一平ちゃん 旨辛味噌ラーメン
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

BIGだぜ! 一平ちゃん 旨辛味噌ラーメン」を食べてみました。(2023年9月4日発売・明星食品

この商品は、2022年に登場した“濃いぜ!一平ちゃんBIG”シリーズの終売に伴い、以下の通り価格帯を抑えているにも関わらず“BIG”をより強調した“BIGだぜ! 一平ちゃん”として4種類同時発売されたうちのひとつで、豚の旨味をベースに食欲そそる香味野菜(にんにく・生姜)を利かせた味噌スープに仕上げ、別添されている“特製辛味噌”を加えることによって辛みと味噌感をアップ、そこに豚出汁を練り込んだ厚みのある食べ応え抜群なフライ麺が絶妙にマッチした濃い目の一杯が登場です!

「明星 BIGだぜ! 一平ちゃん」は、レギュラープライスなのに、BIGサイズの量と満足感のある濃い味わいが楽しめる一杯です。厚みがあり食べ応えのある食感の麺に、それぞれの特製「仕上げだぜ!」小袋をいれることで、味の濃さと香りが加わる濃厚スープに仕上がります。
引用元:「明星 BIGだぜ! 一平ちゃん 肉汁うどん」「(同) ラー油そば」 「(同) 背脂醤油ラーメン」 「(同) 旨辛味噌ラーメン」 (9月4日発売) | 明星食品

それも…以前ご紹介した“濃いぜ!一平ちゃんBIG 肉野菜みそラーメン(2022年8月29日発売)”にも似通ったフレーバーではありますが、豚の旨味に香味野菜を合わせ、別添調味料を加えることによって辛み・味噌感が際立つ濃厚旨辛スープに仕立て上げ、そこに豚出汁を練り込んだ厚みもあり幅広なフライ麺が食欲をしっかりと満たしてくれるボリューム感のある濃い目の一杯、“BIGだぜ! 一平ちゃん 旨辛味噌ラーメン”となっております。(値段:税別236円)

ご覧の通りパッケージには“BIGだぜ” 一平ちゃん”といった刷新されたシリーズ名が掲載されているように今回のフレーバーは豚の旨味をベースに食欲そそる香味野菜を合わせたクセになる味噌スープに別添されている“特製辛味噌”を加えることで辛みと味噌感をアップ、麺にまで豚出汁を練り込んだことで濃い目の味噌スープと相性良く馴染んでいるようで、BIGサイズなのにレギュラープライスといったリーズナブルなフレーバーがどのような仕上がりとなっているのか非常に気になるところではないでしょうか?

BIGだぜ! 一平ちゃん 旨辛味噌ラーメン パッケージ

一方こちらには…“旨辛味噌ラーメン”、“辛味噌で仕上げる濃厚旨辛スープ”と記載され、その背景には豚の旨味をベースに相性抜群な香味野菜を合わせ、別添されている“特製辛味噌”を加えることで辛み・味噌感が際立つ濃厚旨辛スープに各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されており、これを見る限り具材には…キャベツ・味付豚肉・コーン・ニラが使用されているようです!(豊富な具材も特徴のひとつ。)

また、こちらにはもっちりとした弾力とガシッとした強いコシを兼ね備えた太麺のリフト写真も掲載されており、豚出汁が練り込まれたことで噛むほどに旨味が増していく…そんな豚の旨味に香味野菜を利かせ、辛味噌仕立てによる濃厚旨辛な味噌スープとも相性良く馴染み、安定感のある味わいがたっぷりと楽しめることに間違いなさそうです!

他にも特徴として…麺は上記の通りもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えたフライ仕様の太麺が採用されており、ほんのり“ちぢれ”を付けたことでスープとの馴染みも非常に良く、麺にも豚出汁を練り込んだことで濃厚旨辛スープとも相性良く馴染み、それによって豚の旨味に“にんにく”や生姜など香味野菜をバランス良く利かせ、後引く辛さがクセになる味わい深く濃い目のスープが縦型ビッグサイズらしくボリューム感たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

臭みのない豚の旨味をベースに食欲そそる香味野菜をしっかりと利かせ、別添されている“特製辛味噌”を加えたことで辛みと味噌感が際立っているものの…存在感としては非常に弱く、パッケージのインパクトよりも濃厚・こってりとしたテイストというわけではなく、素材の組み合わせからもわかるように以前どこかで食べたことのある感じが否めなく、メリハリのある旨辛味噌スープといった印象が強く、個人的にはもっと素材の旨味をガツンと活かした濃い目の仕上がりを想定していたものの、豚の旨味に香味野菜を合わせた定番とも言えるスープによって安定感のある美味しさが表現され、豊富に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出し、豚出汁を練り込んだという太麺とも相性良く馴染んだことで強烈なインパクトというよりも安定感のある美味しさがじっくりと楽しめる最後まで飽きの来ない一杯となっていました!
これは特に、豚の旨味に香味野菜を利かせた定番とも言える味噌テイストが好みの方はもちろん、豚と香味野菜に後引く辛さを引き立てる“特製辛味噌”仕立てによる旨辛濃厚スープとともに豚出汁を練り込んだ噛み応えのあるフライ仕様の太麺をBIGサイズでじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“濃いぜ!一平ちゃんBIG”を刷新し、レギュラープライスにも関わらず“BIG”をより強調した“BIGだぜ! 一平ちゃん”へと新たに登場した4種類のうちのひとつで、豚の旨味をベースに食欲そそる香味野菜をバランス良く合わせた濃厚旨辛スープに仕上げ、豚出汁を練り込んだ弾力のあるフライ仕様の太麺が相性良く馴染む食べ応え抜群な一杯、「BIGだぜ! 一平ちゃん 旨辛味噌ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

BIGだぜ! 一平ちゃん 旨辛味噌ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“一平ちゃん”シリーズとしては非常に珍しいスープタイプの縦型ビッグサイズとして豚の旨味に相性抜群な香味野菜(“にんにく”と生姜)を利かせ、別添されている“特製辛味噌”を加えることによって辛みと味噌感をアップ、そこに豚出汁を練り込んだコシの強い太麺が絶妙にマッチしたことによって噛むほどに旨味が増して感じられ、豊富に使用された具材からも良い旨味が滲み出す食べ応え抜群な一杯、“BIGだぜ! 一平ちゃん 旨辛味噌ラーメン”となっています。
※売っている場所:今回はヨドバシの通販で購入

ご覧の通りフタの方にも容器側面と同じく“BIGだぜ! 一平ちゃん”の新たなシリーズ名、そして“豚だしねり込み麺と濃厚旨辛味噌スープをがっつり食おーぜ!”といった文言が記載され、特に仕上がりイメージは掲載されていないものの…これまで第3弾まで登場してきた“濃いぜ!一平ちゃんBIG”の終売とともにコンセプトなども刷新して“BIGだぜ! 一平ちゃん”として登場!ということで気になっている方も多いのではないでしょうか?

一方こちらには“辛さレベル”が記載されていて、今回は5段階中「3」ということで割としっかりとした辛みが利いていて、“小さなお子様や辛みが苦手な方は注意してお召しあがりください。”といった辛みの強いカップ麺でよく見かける注意書きが記載されており、どれほどの辛さに仕上がっているのか?辛党の方には非常に気になるところ!(ただ、辛さレベルが記載されている時点で激辛ではないことは確かです。)

また、今回は“がっつり食おーぜ!”ということでレギュラープライスでBIGサイズの4種類のフレーバーが登場しており、今後どういった商品展開をしていくのか定かではありませんが、各種素材の旨味を活かしたことで“一平ちゃん”らしく濃い目のテイストが楽しめるとあって4商品ともに安定感のある美味しさが縦型ビッグサイズらしくボリューム感たっぷりと楽しめることに間違いありません!

そしてちょっとややこしいんですが、明星食品によると…高級品志向と低価格品志向の二極化が進み、空白となった中間層に“たまに贅沢したい”という需要が生まれ、さらに低価格品志向が細分化されて消費構造が下記の通り5層構造になっていると分析し、2023年秋冬に向けて5つのラインナップに対応するとのことで、今回の“BIGだぜ! 一平ちゃん”シリーズは“Standard Valueライン”としてのブランドとなっています!(レギュラープライスで量と質の価値を兼ね備えたシリーズ。)

  • 高級品志向(Premiumライン)
  • レギュラー品志向(Standardライン)
  • 格安プレミアム志向(Standard Valueライン)
  • 低価格品志向(Valueライン)
  • 超低価格品志向(Super Valueライン)

ちなみに、終売となった“濃いぜ!一平ちゃんBIG”の後続となるシリーズ“BIGだぜ! 一平ちゃん”第1弾としては…今回の“旨辛味噌ラーメン”を含め以下4種類が同時発売されており、今回は蕎麦・うどん・醤油ラーメン・味噌ラーメンが登場、上記の細分化した5つの志向に対応した商品がそれぞれ登場するのか非常に気になるところ。。(5つのラインナップに対応するとなれば凄い商品数になりそうですが…)

さらに…ご存知の通り“一平ちゃん”シリーズは、この他にも数多くのフレーバーが発売されており、個人的にもついつい気になっては実食・レビューをまとめているので、ぜひ下記ページも参考にしてみてください!

参考:「一平ちゃん」シリーズ一覧

それでは、今回の“BIGだぜ! 一平ちゃん 旨辛味噌ラーメン”がどれほど豚の旨味に香味野菜を利かせた仕上がりとなっているのか?別添されている“特製辛味噌”による辛みと味噌感との兼ね合いはもちろん、なんと言っても豚出汁を練り込んだ噛み応え抜群な太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り451kcalとなっております。(塩分は5.7g)

カロリーは、豚の旨味をベースに香味野菜や別添されている“特製辛味噌”で仕上げる濃厚旨辛スープといった仕様の割にベーシックとも言える組み合わせによってBIGサイズにも関わらずそこまで高い数値ではありませんが、一方で塩分はこのボリュームを考慮すると平均的な数値といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり99g、麺の量は75gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと56kcalとホントに濃い目なのか微妙な数値ではありますが…豚の旨味をベースに香味野菜や辛みを利かせた定番とも言えるコク深くも後味すっきりとした仕上がりをイメージさせます!(濃厚・こってりとしたテイストではなさそうです。)

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”や食塩をはじめ…

  • 豚脂
  • 香辛料(ガーリック、ジンジャー、赤唐辛子、ペッパー)
  • ポークエキス
  • ポーク調味料
  • 香味調味料
  • 植物油脂
  • しょうゆもろみ
  • XO醤
  • 豆板醤

といった、豚の旨味をベースに相性抜群な“にんにく”や生姜など香味野菜を利かせ、別添されている“特製辛味噌”を加えたことによって定番・王道とも言える辛味噌スープに仕上がり、濃厚・こってりとしたテイストではありませんが…様々な材料が使用されたことで安定感のある味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:東日本明星株式会社 神戸工場(兵庫県)

また、麺の項目を見てみると…ポークエキスやガーリックといった材料が確認でき、豚出汁を練り込んだことでスープとの馴染みも非常に良い特別仕様の噛み応え抜群な太麺が採用されているようです!

JANコード4902881456395
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、ポークエキス、香辛料(ガーリック)、たん白加水分解物)、スープ(みそ、食塩、豚脂、糖類、デキストリン、香辛料(ガーリック、ジンジャー、赤唐辛子、ペッパー)、ポークエキス、たん白加水分解物、ポーク調味料、酵母エキス、でん粉、香味調味料、植物油脂、しょうゆもろみ、XO醤、豆板醤)、かやく(キャベツ、味付豚肉、コーン、ニラ)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、香料、かんすい、乳化剤、増粘多糖類、酒精、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ベニコウジ色素、炭酸マグネシウム、くん液、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (99g) 当たり]
熱量451kcal
めん・かやく: 395kcal
スープ: 56kcal
たんぱく質9.1g
脂質18.8g
炭水化物61.3g
食塩相当量5.7g
めん・かやく: 2.4g
スープ: 3.3g
ビタミンB10.29mg
ビタミンB20.40mg
カルシウム119mg

引用元:明星 BIGだぜ!一平ちゃん 旨辛味噌ラーメン | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“特製辛味噌”と記載された調味料が別添されています!

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、文字通り辛み・味噌感をアップさせるサラッとしたタレとなっているため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、具材には…

  • キャベツ
  • 味付豚肉
  • コーン
  • ニラ

が入っています。

具材に関しては味噌ラーメンにぴったりな取り揃えのようですが…個人的に味噌ラーメンにコーンを入れると一気にチープな感じがするので、コーン・キャベツを外して代わりに“もやし”の方が良かったような気もします。。ただ、食感や彩りとしては良いですね!

さらに麺はご覧の通り豚出汁が練り込まれているのか見た目では判断できませんが…厚みもあり幅広な太麺が採用されており、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備え、麺量75gによってしっかりと食欲を満たし、豚の旨味をベースに香味野菜や別添調味料を加えた濃厚旨辛スープとも相性良く馴染む食べ応え抜群な仕様となっているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:380ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に豚出汁を練り込んだ太麺は一回り太さを増し、ほどよいもっちり感や歯切れの良いガシッとした強いコシが加わり、まだ別添されている“特製辛味噌”を加える前の状態ではありますが、豚の旨味をベースに香味野菜や辛みを引き立てた安定感のあるスープが麺量75gの太麺と絶妙にマッチしたボリューム感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“特製辛味噌”を加えていきます!
すると…ラー油のような油分が先にでてきて、その後からはトロッとした味噌ダレが少量ながらも出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通り“特製辛味噌”を加えても量が量なだけにそこまでインパクトはありませんが、辛みや味噌感をアップさせるタレとなっており、この別添調味量は以前のシリーズにはありませんでしたから、レギュラープライスでありながらBIGサイズで、味にも拘っていることが伝わってきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…濃厚と言う割に思ったよりサラッとした味噌スープに仕上がり、豚の旨味をはじめ“にんにく”や生姜など食欲そそる香味野菜をバランス良く合わせ、辛みや味噌感をアップさせたことでやみつき感のあるテイストが際立ち、他にも具材に使用された味付豚肉からも良い旨味が滲み出し、味わい深くも後味すっきりとした濃い目の味わいが表現されているようです!

そしてスープに“にんにく”が加わっているんですが、特に周囲を気にするほどの強烈な臭みではなく、香味野菜の旨味として味噌スープにしっかりと溶け込み、豚の旨味をベースにしたテイストにちょうど良いコクをプラス、それによってガツンと濃い味を表現しているものと思われます!

また、“ちぢれ”を付けた歯切れの良い太麺には豚出汁が練り込まれているとのことですので、恐らくスープとの相性は非常に良く、さらに噛むほどに旨味も増していくのかもしれません!この辺りに関しては旨味がじゅわっと滲み出すダイス肉や野菜も豊富に使用されていますから、しっかりと混ぜながらいただきたいところ!

食べてみた感想

一口食べてみると…臭みのない豚の旨味に香味野菜を利かせ、別添されている“特製辛味噌”を加えることによってガツンと濃い味の味噌スープに仕上がっているものの、やはり濃厚・こってりといった印象とは異なり、“にんにく”や生姜などの香味野菜によってパンチの強い口当たりを表現、さらに豚の旨味がコクを引き立て、味噌感のあるキレが際立つメリハリのある味わいに仕立て上げ、正直真新しさはありませんが、非常に安定感のある辛味噌スープといったところでしょうか?個人的には“BIGだぜ! 一平ちゃん”とシリーズ名を変更してまで登場させる必要もなかったように感じられます。。

というのも豚の旨味をベースに香味野菜を利かせている時点で、どこにでもあるテイストであり、さらに別添されている“特製辛味噌”を加えても辛み・味噌感がアップしただけで、正直何度も食べたことのある味わいと言った印象が強く、安定感のある美味しさであることに間違いないんですが、特徴や個性がまるでなく…ちょっと期待していただくと肩透かしを食らうのでは?と思ってしまうほどで、インパクト通りもっと濃い目のテイストなら納得だったものの…ギトギトこってり仕様というわけでもありませんので、普通に素材本来の旨味を丁寧に融合させた安定感のある一杯といったの方がしっくり来るのかもしれません!

とは言え、臭みのない豚の旨味がスープを下支えし、食欲そそる香味野菜をしっかりと利かせたことで万人受けするかのような仕上がりでしたので間違いないとは思います!ただ、インパクトのあるテイストに期待するのではなく、安定感のある辛味噌スープをじっくりと楽しむといった王道と言える味わいとしていただくと良いでしょう!そのため、全体を考慮すると…美味しいんですが、賛否分かれるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

ちなみに濃い目とは言っても単純にドロッとしているわけでもなく塩気が強いわけでもなく、豚の旨味をベースに香味野菜や辛味噌を際立たせた濃厚旨辛スープに仕上がっており、コク深いと言えばコク深いんですが…サラッとしたスープが若干気になるところで、個人的にはもう少し動物系の旨味で“とろみ”を付けた方が良かったような気はしますね。。とは言え、そもそもBIGサイズにも関わらずレギュラープライスの税別236円といったリーズナブルな価格設定は好印象といったところ!

麺について

麺は、ご覧の通り豚出汁を練り込んだ厚みもあり幅広な太麺が採用されていて、もっちりとした弾力とガシッとした強いコシを兼ね備え、拘りのフライ麺によってパンチのある味噌スープとの馴染みも良く、想像以上にボリューム感のある仕上がりとなっています!

そんな麺には…豚の旨味をベースに香味野菜(“にんにく”や生姜)を利かせ、別添されている“特製辛味噌”を加えたパンチの強い味噌スープがよく絡み、一口ずつに食欲そそる香味野菜の旨味や豚のコクなどが口いっぱいに広がっていき、香味野菜の風味やフライ麺ならではの香ばしさが後味良く抜けていきます!…というかこの味噌スープは豚の旨味が加わっているものの…濃厚感といった感じは一切ありませんので、個人的にはもう少し良い意味での脂っこさ・こってり感が際立っていても良かったような気もしますが、これはこれで安定感のあるテイストということもあって幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのダイス肉(味付豚肉)が使用されていて、数・サイズともに申し分なく、じっくりと味わってみると…ほどよく味付けされた肉の旨味がじゅわっと滲み出す美味しい仕上がり具合となっていたため、まずはスープとよく馴染ませながら食べ進め、後ほどもっちりとした太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのニラはしんなりとした食感ではありますが、今回の味噌スープにも“にんにく”が使用されているということもあって香味野菜の旨味を引き立て、より一層やみつき感のある美味しさをプラスしているようにも感じられます!

さらに、こちらのキャベツは若干小さめにカットされているものの…シャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらのコーンが使用されており、味噌ラーメンに加えると一気にチープな印象となる具材のひとつで…じっくりと味わってみると、素材本来の甘みなどもしっかりと感じられるものの、ベースとなる味噌スープの旨味を損なうこともなく、彩り豊かな具材としてさり気なく添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り豚の旨味をベースに香味野菜(“にんにく”や生姜)をバランス良く合わせ、別添されている“特製辛味噌”を加えることによって辛みと味噌感がアップし、物足りなさを感じさせないコク深い味わいを表現、濃い味とは言っても脂っこい濃厚感というわけではなく、素材の旨味をコク深く引き立てたかのように融合し、具材に使用されたダイス肉からも旨味が滲み出しているんですが、正直特徴のない仕上がりでしたので、お好みによっては唐辛子や“おろしにんにく”などをさらに加えてガツンとしたテイストを際立たせてみても良いでしょう!

そして、この豚の旨味が利いたBIGな味噌ラーメンは食欲そそる香味野菜をバランス良く合わせたことでパンチのある口当たりや繊細な旨味が引き立ち、それによって濃い味のテイストが表現され、特に臭みや変なクセは一切なく、安定感もあって濃い目の味というのもわかるんですが、スープだけだと56kcalとやはりイメージしていた濃厚感とはまた若干異なり、どこかで食べたことのあるような感じで真新しさはなく、安定感のある味わいがじっくりと楽しめるのではないでしょうか?

また、具材に使用されたダイス肉からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れてコク深さが際立っていき、王道とも言える豚の旨味×香味野菜を合わせた味噌スープに喉越しの良さがプラスされ、濃厚感・こってり感が弱く感じられる点が残念なところではありましたが、これはこれで安定感のある美味しさがボリューム感たっぷりと楽しめるかと思われますので、“おろしにんにく”なんかをさらに加えたいところ!

そのため、辛さレベル「3」といった感じも一切なく、個人的には1か2程度に感じられましたので、別途唐辛子を加えてキリッとしたシャープな飲み口を際立たせてみても良いでしょう!ただ、フタの方には“カップの底までよくかき混ぜてください。”と記載されていましたから、しっかりと混ぜながら食べ進めいていくとちょうど良いかと思われます!どちらにしてもパッケージのインパクトに欠ける仕上がりといった印象が否めません。。

このように、今回の“BIGだぜ! 一平ちゃん 旨辛味噌ラーメン”は、豚の旨味をベースに“にんにく”や生姜といった食欲そそる香味野菜、そして別添されている“特製辛味噌”を加えることによって辛みや味噌感がアップし、そこに具材として使用されたダイス肉からも旨味が滲み出し、麺にも豚出汁を練り込んだことで濃い目な味わいではありますが、個人的には濃厚感・こってり感がなかったせいか…少し落ち着きすぎた印象が強く、濃いというよりも豚の旨味に香味野菜を利かせたありきたりな仕上がりとなっていたため、お好みによっては“おろしにんにく”や唐辛子などの香辛料で味を調整してみても良いでしょう!

まとめ

今回「BIGだぜ! 一平ちゃん 旨辛味噌ラーメン」を食べてみて、レギュラープライスにも関わらずBIGサイズの量と満足感のある味わいが楽しめる“BIGだぜ! 一平ちゃん”第1弾として登場した一杯には…豚の旨味をベースに“にんにく”や生姜を合わせ、別添されている“特製辛味噌”を加えることによって辛みや味噌感がアップしているものの、濃厚というよりも後味すっきりとしたオーソドックスなスープに仕上がり、具材に使用された味付豚肉からも良い旨味が滲み出し、そこに豚出汁を練り込んだコシの強い太麺が絶妙にマッチしたボリューム感のある一杯となっていました!

ただ…どうしてもパッケージデザインのインパクトよりも遙かに落ち着いた雰囲気でシリーズならではの濃厚感もなく、香味野菜を利かせた味噌スープといった特徴のないテイストというのがもったいなく感じられますね。。味付豚肉から滲み出す旨味、そしてベースとなる豚の旨味に香味野菜やピリッとした辛みといった組み合わせは良いんですが、どこか品良くまとまりすぎていて…ついリピートしたくなるような工夫が欲しかったところでしたので、今後の商品展開に期待したいところではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です