明星食品

BIGだぜ! 一平ちゃん 肉汁うどん!豚と魚介のダブル出汁に醤油を利かせた甘みのある一杯

BIGだぜ! 一平ちゃん 肉汁うどん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

BIGだぜ! 一平ちゃん 肉汁うどん」を食べてみました。(2023年9月4日発売・明星食品

この商品は、2022年に登場した“濃いぜ!一平ちゃんBIG”シリーズの終売に伴い、以下の通り価格帯を抑えているにも関わらず“BIG”をより強調した“BIGだぜ! 一平ちゃん”として4種類同時発売されたうちのひとつで、豚と魚介のダブル出汁に醤油を利かせた甘口の“つゆ”に仕上げ、別添されている“特製豚旨だれ”を加えることによって豚の旨味と香りをアップ、そこに豚出汁を練り込んだ厚みのある食べ応え抜群な“うどん”が絶妙にマッチした濃い目の一杯が登場です!

「明星 BIGだぜ! 一平ちゃん」は、レギュラープライスなのに、BIGサイズの量と満足感のある濃い味わいが楽しめる一杯です。厚みがあり食べ応えのある食感の麺に、それぞれの特製「仕上げだぜ!」小袋をいれることで、味の濃さと香りが加わる濃厚スープに仕上がります。
引用元:「明星 BIGだぜ! 一平ちゃん 肉汁うどん」「(同) ラー油そば」 「(同) 背脂醤油ラーメン」 「(同) 旨辛味噌ラーメン」 (9月4日発売) | 明星食品

それも…以前ご紹介した“濃いぜ!一平ちゃんBIG 豚肉うどん(2023年2月27日発売)”をイメージさせるフレーバーではありますが、豚と魚介のダブル出汁に醤油を合わせ、別添調味料を加えることによって豚の旨味・風味が際立つ甘めで濃い“つゆ”に仕立て上げ、豚出汁を練り込んだ厚みもあり幅広な太い“うどん”が食欲をしっかりと満たしてくれるボリューム感のある濃い目の一杯、“BIGだぜ! 一平ちゃん 肉汁うどん”となっております。(値段:税別236円)

ご覧の通りパッケージには“BIGだぜ” 一平ちゃん”といった刷新されたシリーズ名が掲載されているように今回のフレーバーは豚と魚介のダブル出汁に醤油を利かせた甘めの“つゆ”に“特製豚旨だれ”を加えることで豚の旨味と風味をアップ、“うどん”にまで豚出汁を練り込んだことで濃い目の“つゆ”と相性良く馴染んでいるようで、BIGサイズなのにレギュラープライスといったリーズナブルなフレーバーがどのような仕上がりとなっているのか非常に気になるところではないでしょうか?

BIGだぜ! 一平ちゃん 肉汁うどん パッケージ

一方こちらには…“肉汁うどん”、“豚旨だれで仕上げる濃厚甘口つゆ”と記載され、その背景には豚や魚介のダブル出汁に醤油を合わせ、別添されている“豚旨だれ”を加えることで豚の旨味・風味が際立つ甘口の“つゆ”に各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されており、これを見る限り具材には…豚肉豚肉・えび入り揚げ玉・“ねぎ”が使用されているようです!(豊富な具材も特徴のひとつ。)

また、こちらにはもっちりとした弾力とガシッとした強いコシを兼ね備えた太い“うどん”のリフト写真も掲載されており、豚出汁が練り込まれたことで噛むほどに旨味が増していく…そんな豚×魚介のダブル出汁仕様の甘めの“つゆ”とも相性良く馴染み、安定感のある味わいがたっぷりと楽しめることに間違いなさそうです!

他にも特徴として…麺は上記の通りもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えたフライ仕様の“うどん”が採用されており、こちらにも豚出汁を練り込んだことで甘口の“つゆ”とも相性良く馴染み、それによって豚と魚介のダブル出汁仕上げによる味わい深く濃い目の味わいが縦型ビッグサイズらしくボリューム感たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

豚と魚介のダブル出汁以外にも食欲そそる香味野菜(ガーリックやジンジャー)なんかも使用されているんですが…存在感としては非常に弱く、比較的落ち着いた甘みのある“つゆ”となっていて、後味すっきりとしたテイストにほどよいコク深さが際立ち、個人的にはもっと素材の旨味を活かした濃い目の仕上がりを想定していたものの、豚と魚介のダブル出汁によって安定感のる美味しさが表現され、豊富に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出し、豚出汁を練り込んだという太い“うどん”とも相性良く馴染んだことで強烈なインパクトというよりも安定感のある美味しさが楽しめるフレーバーで、最後まで飽きの来ないメリハリのある一杯となっていました!
これは特に、出汁の旨味を活かした甘口の“つゆ”が好みの方はもちろん、豚と魚介のダブル出汁に食欲そそる香味野菜や醤油を利かせた甘めの“つゆ”とともに豚出汁を練り込んだ弾力のある“うどん”をBIGサイズでじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“濃いぜ!一平ちゃんBIG”を刷新し、レギュラープライスにも関わらず“BIG”をより強調した“BIGだぜ! 一平ちゃん”へと新たに登場した4種類のうちのひとつで、豚と魚介のダブル出汁に醤油をバランス良く合わせた甘口の“つゆ”に仕上げ、豚出汁を練り込んだ弾力のある太い“うどん”が相性良く馴染む食べ応え抜群な一杯、「BIGだぜ! 一平ちゃん 肉汁うどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

BIGだぜ! 一平ちゃん 肉汁うどん

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“一平ちゃん”シリーズとしては非常に珍しいスープタイプの縦型ビッグサイズとして豚と魚介のダブル出汁に醤油を利かせた甘めの“つゆ”に仕上げ、他にも食欲そそる香味野菜や唐辛子を使用、そこに豚出汁を練り込んだ弾力のある太い“うどん”が絶妙にマッチしたことによって噛むほどに旨味が増して感じられ、豊富に使用された具材からも良い旨味が滲み出す食べ応え抜群な一杯、“BIGだぜ! 一平ちゃん 肉汁うどん”となっています。
※売っている場所:今回はセイコーマートで購入

ご覧の通りフタの方にも容器側面と同じく“BIGだぜ! 一平ちゃん”、“豚だしねり込み麺と濃厚甘口つゆをがっつり食おーぜ!”といった今回の新シリーズ名などが記載され、特に仕上がりイメージは掲載されていないものの…これまで第3弾まで登場してきた“濃いぜ!一平ちゃんBIG”の終売とともにコンセプトなども刷新して“BIGだぜ! 一平ちゃん”として登場!ということで気になっている方も多いのではないでしょうか?

また、今回は“がっつり食おーぜ!”ということでレギュラープライスでBIGサイズの4種類のフレーバーが登場しており、今後どういった商品展開をしていくのか定かではありませんが、各種素材の旨味を活かしたことで“一平ちゃん”らしく濃い目のテイストが楽しめるとあって4商品ともに安定感のある美味しさが縦型ビッグサイズらしくボリューム感たっぷりと楽しめることに間違いありません!

そしてちょっとややこしいんですが、明星食品によると…高級品志向と低価格品志向の二極化が進み、空白となった中間層に“たまに贅沢したい”という需要が生まれ、さらに低価格品志向が細分化されて消費構造が下記の通り5層構造になっていると分析し、2023年秋冬に向けて5つのラインナップに対応するとのことで、今回の“BIGだぜ! 一平ちゃん”シリーズは“Standard Valueライン”としてのブランドとなっています!(レギュラープライスで量と質の価値を兼ね備えたシリーズ。)

  • 高級品志向(Premiumライン)
  • レギュラー品志向(Standardライン)
  • 格安プレミアム志向(Standard Valueライン)
  • 低価格品志向(Valueライン)
  • 超低価格品志向(Super Valueライン)

ちなみに、終売となった“濃いぜ!一平ちゃんBIG”の後続となるシリーズ“BIGだぜ! 一平ちゃん”第1弾としては…今回の“肉汁うどん”を含め以下4種類が同時発売されており、今回は蕎麦・うどん・醤油ラーメン・味噌ラーメンが登場、上記の細分化した5つの志向に対応した商品がそれぞれ登場するのか非常に気になるところ。。(5つのラインナップに対応するとなれば凄い商品数になりそうですが…)

さらに…ご存知の通り“一平ちゃん”シリーズは、この他にも数多くのフレーバーが発売されており、個人的にもついつい気になっては実食・レビューをまとめているので、ぜひ下記ページも参考にしてみてください!

参考:「一平ちゃん」シリーズ一覧

それでは、今回の“BIGだぜ! 一平ちゃん 肉汁うどん”がどれほど豚と魚介のダブル出汁に醤油をバランス良く合わせた甘めの“つゆ”に仕上がっているのか?食欲そそる香味野菜(ガーリックやジンジャー)や唐辛子との兼ね合いはもちろん、なんと言っても豚出汁を練り込んだ噛み応え抜群な太い“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り403kcalとなっております。(塩分は5.8g)

カロリーは、豚や魚介のダブル出汁に醤油を合わせた甘めの“つゆ”といった仕様の割に基本は豚の旨味に魚介系の出汁と醤油を合わせた“うどんつゆ”ということもあってBIGサイズにも関わらずそこまで高い数値ではありませんが、一方で塩分はこのボリュームを考慮しても若干高めといったところでしょうか?
ちなみに1食当たり93g、麺の量は75gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと36kcalとホントに濃い目なのか微妙な数値ではありますが…豚と魚介のダブル出汁に香味野菜や醤油を合わせるといった素材の旨味を存分に活かした甘みのある後味すっきりとした仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

“つゆ”には、食塩や豚脂をはじめ…

  • しょうゆ
  • 豚・鶏エキス
  • かつおエキス
  • 昆布エキス
  • 香味調味料
  • 香辛料(ガーリック、ジンジャー、赤唐辛子)
  • 香味油
  • さばぶし粉末
  • そうだがつおぶし粉末
  • 昆布粉末
  • チャーシューペースト
  • 醸造酢

といった、豚や昆布のダブル出汁に醤油を合わせた甘口の“つゆ”とは言え、実際には食欲そそる香辛料やメリハリを付ける唐辛子など様々な材料が使用されており、“うどんつゆ”らしくサラッとしたテイストに申し分のない旨味が凝縮され、後味すっきりとした飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:東日本明星株式会社 神戸工場(兵庫県)

また、麺の項目を見てみると…食塩やポークエキスといった材料が確認でき、豚出汁を練り込んだことでスープとの馴染みも非常に良い特別仕様の太い“うどん”が採用されているようです!

JANコード4902881456333
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、たん白加水分解物、ポークエキス)、スープ(食塩、豚脂、しょうゆ、デキストリン、糖類、豚・鶏エキス、かつおエキス、たん白加水分解物、昆布エキス、香味調味料、香辛料(ガーリック、ジンジャー、赤唐辛子)、香味油、さばぶし粉末、そうだがつおぶし粉末、昆布粉末、チャーシューペースト、醸造酢)、かやく(味付豚肉、えび入り揚げ玉、ねぎ)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘剤(増粘多糖類、加工デンプン)、炭酸カルシウム、リン酸塩(Na)、乳化剤、香料、酒精、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース)、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (93g) 当たり]
熱量420kcal
めん・かやく: 384kcal
スープ: 36kcal
たんぱく質8.3g
脂質18.2g
炭水化物55.7g
食塩相当量6.4g
めん・かやく: 2.4g
スープ: 4.0g
ビタミンB10.31mg
ビタミンB20.40mg
カルシウム152mg

引用元:明星 BIGだぜ!一平ちゃん 肉汁うどん | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“特製豚旨だれ”と記載された調味料が別添されています!

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、文字通り豚の旨味・風味を際立たせるサラッとしたタレとなっているため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、具材には…

  • 味付豚肉
  • えび入り揚げ玉
  • ねぎ

が入っています。(“ねぎ”は、斜めねぎ・輪切りねぎの2種類)

特に香ばしい風味をプラスする“えび入り揚げ玉”は小ぶりながらも数多く使用されており、“肉汁うどん”というだけあって味付豚肉からも良い旨味が滲み出し、食欲そそる旨味・香ばしさを付与したことで臨場感の高い味わいを引き立てているようにも感じられます!

また、麺はご覧の通り豚出汁が練り込まれているのか見た目では判断できませんが…厚みもあり幅広な太い“うどん”が採用されており、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備え、麺量75gによってしっかりと食欲を満たし、豚と魚介のダブル出汁に醤油を合わせた甘口の“つゆ”とも相性良く馴染む仕様となっているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:390ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの“うどん”や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に豚出汁を練り込んだ“うどん”は一回り太さを増し、ほどよいもっちり感や歯切れの良いコシが加わり、まだ別添されている“特製豚旨だれ”を加える前の状態ではありますが、豚と魚介のダブル出汁に醤油や香味野菜などをバランス良く合わせた甘口の“つゆ”が麺量75gの“うどん”と絶妙にマッチしたボリューム感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“特製豚旨だれ”を加えていきます!
すると…ほぼ無色透明な油分やタレが入っていて、そこまで強烈な風味というわけではありませんが、豚の旨味や風味が際立つ調理感のある油分・タレが含まれていので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通り“特製豚旨だれ”を加えても量が量なだけにそこまでインパクトはありませんが、豚の旨味や風味を際立たせるタレとなっており、この別添調味量は以前のシリーズにはありませんでしたから、レギュラープライスでありながらBIGサイズで、味にも拘っていることが伝わってきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして“つゆ”が全体に馴染むと…原材料に記載されていたような香味野菜の風味はそこまで強烈というわけではなく割と透明感のある仕上がりとなっており、豚や魚介のダブル出汁に醤油をバランス良く合わせたキリッとした甘口のテイストで、豊富に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出すことで味わい深くも濃い目の味わいが表現されているようです!

ただ、豚出汁も加わっているんですが、特に脂っこさを感じさせる油分などは表面に確認できないことから、魚介出汁を活かした“うどんつゆ”にちょうど良いコクを引き立てるかのような旨味としてバランス良く溶け込み、それによって味わい深く濃い目・甘口の美味しさが堪能できることと思われます!

また、もっちりとした食感の太い“うどん”には豚出汁が練り込まれているとのことですので、恐らくスープとの相性は非常に良く、さらに噛むほどに旨味も増していくのかもしれません!この辺りに関しては“うどん”そのものに旨味が感じられるわけではなく、スープとの兼ね合いが考慮されているものと思われますので、しっかりと“つゆ”と絡めていただきたいところ!(ちなみに魚介出汁ならではの風味は豚出汁によってかなり控え目に感じられます。。)

食べてみた感想

一口食べてみると…鰹や昆布など数種類の魚介出汁を豚の旨味がコク深く引き立て、インパクトのあるテイストではないものの、非常に安定感のある染み渡る味わいに深みが際立ち、食欲そそる香味野菜に関しては印象が薄いせいか…濃い目と言われるとかなり微妙な感じで、素材の旨味を存分に活かした染み渡る定番の“うどんつゆ”といったところでしょうか?個人的には“BIGだぜ! 一平ちゃん”とシリーズ名を変更してまで登場させる必要もなかったように感じられます。。(この辺りに関してはスープタイプにしたことで“一平ちゃん”らしさは皆無です…)

というのも魚介出汁に豚出汁を合わせたダブル出汁仕様による甘口の“つゆ”ということで、安定感のある美味しさであることに間違いないんですが、正直特徴や個性がまるでなく…ちょっと期待していただくと肩透かしを食らうのでは?と思ってしまうほどで、魚介出汁・豚出汁ともに主張が弱く、インパクト通りもっと濃い目のテイストなら納得だったものの…互いの良さをともに控え目にしてしまい、濃い目というよりも素材本来の旨味を丁寧に融合させた安定感のある一杯といったの方がしっくり来るのかもしれません!

とは言え、豚と魚介のダブル出汁に醤油を合わせた甘めの“つゆ”は万人受けするかのような仕上がりでしたので間違いないとは思います!ただ、香味野菜も利かせたパンチの強い濃い目の味わいに期待するのではなく、魚介出汁と豚出汁を合わせたコク深く染み渡る美味しさをもっちりとした“うどん”で味わうといったごく普通のテイストとしていただくと良いでしょう!そのため、全体を考慮すると…やや賛否分かれるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

ちなみに濃い目とは言っても単純に塩気が強いわけではなく、魚介出汁に豚出汁を合わせたことでコク深さが際立って感じられ、後味すっきりとしたテイストながらも厚みのある“つゆ”に仕上がり、丁寧に作り込んだ“うどんつゆ”といったイメージで、そもそもBIGサイズにも関わらずレギュラープライスの税別236円といったリーズナブルな価格設定も好印象といったところ!

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広な太い“うどん”が採用されていて、豚出汁を練り込んだ拘りのフライ仕様によって味わい深い甘口の“つゆ”とも相性良く馴染み、もっちりとした弾力とガシッとした強いコシを兼ね備えた噛み応えのある仕上がりとなっています!

そんな“うどん”には…豚や魚介のダブル出汁に醤油をバランス良く合わせた甘みのある“つゆ”がよく絡み、一口ずつにほんのり感じられる魚介出汁や、それをコク深く引き立てる豚の旨味などが口いっぱいに広がっていき、醤油ならではの芳醇な風味が後味良く抜けていきます!…というかこの“つゆ”は豚と魚介のダブル出汁に香味野菜も加わっているんですが、かなり弱いせいか個性が感じられないような気もします。。とは言ってもこれはこれで安定感のあるテイストということもあって幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの小さくカットされた味付豚肉が使用されていて、よくカップ麺で見かけるチープな仕様ではなく、しっかりと肉質を感じさせ、じっくりと味わってみると、ほどよく味付けされた肉の旨味が滲み出す仕上がりとなっていたため、単品で味わうというよりも…まずは甘口の“つゆ”としっかりと馴染ませながら食べ進め、後ほどもっちりとした弾力のある太い“うどん”と絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

そして、こちらの“えび入り揚げ玉”は先入れ仕様ということもあってサクサク感こそありませんが、海老感はなく…ほんのりと香ばしい風味が広がっていき、今回のフレーバー“肉汁うどん”にちょうど良い彩りとしてのアクセントを加える相性抜群な具材となっています!

他にもこちらの“斜めねぎ”が入っていて、大きめにカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の“肉汁うどん”を美味しく引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!(他にも“輪切りねぎ”が使用されていますが、こちらはやや小さめです。。)

“つゆ”について

“つゆ”は、先ほどもお伝えした通り豚や魚介のダブル出汁に醤油をバランス良く合わせた甘口の味わいに仕上げ、濃いめと言えば濃いめなんですが…香味野菜や唐辛子が非常に弱く、思ったよりも定番とも言える普通の“うどんつゆ”を表現、そこに豚出汁を練り込んだ太い“うどん”が馴染んだことで豚の旨味が引き立っているんでしょうけど、そこまでインパクトのあるものではなく、個人的に甘みが若干気になったので、お好みによっては七味辺りを加えてキリッとしたシャープな飲み口を際立たせてみても良いでしょう!(一応、赤唐辛子が使用されているようなんですが…ピリッとした辛みは感じられません。。)

そして、この豚と魚介のダブル出汁が利いたBIGな“肉汁うどん”は、魚介出汁を活かした醤油ベースの“うどんつゆ”に豚出汁を加えることによってコクが引き立ち、それによって濃い目のテイストが表現されているようなんですが、特に豚の臭みや変なクセは一切なく、品良く馴染んだことで奥行きのある味わいとなり、安定感もあり甘口の“つゆ”となっているものの…スープだけだと36kcalとやはり濃厚感とはまた若干異なる濃さというんでしょうか?コクがプラスされた味わいがじっくりと楽しめるのではないでしょうか?

また、具材に使用された味付豚肉や“えび入り揚げ玉”からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて“つゆ”そのものの美味しさが際立っていき、じんわりと染み渡る魚介出汁に厚みのある豚出汁が喉越しの良さをプラスし、豚と魚介ともに主張が弱く感じられるせいか若干物足りなさを感じられる点が残念なところではありましたが、これはこれで安定感のある美味しさがボリューム感たっぷりと楽しめるかと思われますので、もしあれば魚粉なんかを加えたいですね!(醤油を様々な旨味で引き立てているようなイメージ。)

そのため、個人的にはパッケージやシリーズ名ほどのインパクトはなかったように感じられましたので、お好みによっては七味といった香辛料を加えてキリッとしたシャープな飲み口を際立たせてみても良いでしょう!(特に今回のフレーバーには醤油のみでキレの良さを表現しているようでしたので、もう少しメリハリがあれば良いかもしれません。)…というかこのテイストは前作“濃いぜ!一平ちゃんBIG 豚肉うどん”とそこまで違いがないように感じられます。。

このように、今回の“BIGだぜ! 一平ちゃん 肉汁うどん”は、豚と魚介のダブル出汁に醤油をバランス良く合わせ、別添されている“特製豚旨だれ”を加えることで豚の旨味・風味が際立つ甘口の“つゆ”に仕上がり、他にも食欲そそる香味野菜の旨味や唐辛子などが使用されているものの…どれも控えめでパッケージのインパクトよりも落ち着いた雰囲気となっており、そこに豚出汁を練り込んだコシの強い“うどん”が食欲をガツンと満たす食べ応えのあるテイストでしたので、お好みによっては七味などの香辛料をさらに加えて相性の良いメリハリを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「BIGだぜ! 一平ちゃん 肉汁うどん」を食べてみて、レギュラープライスにも関わらずBIGサイズの量と満足感のある味わいが楽しめる“BIGだぜ! 一平ちゃん”第1弾として登場した一杯には…豚と魚介のダブル出汁に醤油をバランス良く合わせ、別添されている“特製豚旨だれ”を加えることで豚の旨味・風味が際立ち、香味野菜や唐辛子なんかも使用されているものの甘口の“つゆ”に仕上がり、具材には味付豚肉や“えび入り揚げ玉”を使用、そこに豚出汁を練り込んだコシの強い“うどん”が絶妙にマッチした縦型ビッグサイズらしくボリューム感たっぷりと楽しめる一杯となっていました!

ただ…どうしても豚と魚介ともに主張が弱く、香味野菜なども際立っているわけではなく、これといって特徴のないテイストというのがもったいなく感じられますね。。“えび入り揚げ玉”から香る香ばしさや食欲そそる香味野菜、そしてベースとなるダブル出汁仕様といった組み合わせは良いんですが、どこか品良くまとまりすぎていて…メリハリを付けるもう一工夫が欲しかったところでしたので、さらに今後の商品展開にも期待したいところではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です