スーパーカップ

【絶辛】スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 絶辛(ぜつから)!激辛スパイスを加えた絶叫級の一杯

スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 絶辛

スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 絶辛」を食べてみました。(2020年7月6日発売・エースコック)

この商品は、エースコックのロングセラーブランド“スーパーカップ”シリーズの新商品ということで、今回はお馴染み“元祖豚キムチカップめん”を食べ応え抜群な“油そば”にアレンジし、別添されている“激辛スパイス”を加えることによって今回の品名にある“絶辛”にふさわしい辛さ・旨さともに絶叫級の一杯が登場です!

それも…ポーク旨味を利かせた醤油ダレには、食欲そそるガーリックや風味豊かな炒めたキムチの香りを加え、豚肉とキムチによる旨味溢れる味わいに香辛料をたっぷりと合わせたことによってパンチのある口当たりを表現した一杯、“スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 絶辛”となっております。(税抜き240円)

ご覧の通り、パッケージには“絶辛(ぜつから)”といった文言がいかにも辛そうな雰囲気あるテイストで配置され、いつもの食べ応え・旨味溢れるボリューム感抜群な一杯に強烈な辛さがプラスされた一品であることがよーく伝わってきますね!(辛いものが苦手な方は間違わないよう注意です。)

一方こちらには…ポークをベースに濃厚な旨味を凝縮した醤油ダレがしっかりと絡む麺に激辛香辛料がほどばしる仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…豚肉・白菜キムチ・ねぎ・唐辛子が使用されているようです!こういったイメージ画像は激辛好きにとってはいかにも食欲そそられます。。

また、公式ページには使用されている香辛料は“唐辛子”としか表示されていないんですが、こちらの仕上がりイメージからすると…かなり粒子の細かい特製スパイスにも感じられ、“絶辛”というだけあってハバネロ系など通常の唐辛子よりも辛みの強い香辛料がたっぷりと使用されているのかもしれません!

そういった“スーパーカップ”シリーズのお馴染み“元祖豚キムチカップめん”の旨味を食べ応えのある“油そば”へとアレンジし、さらに激辛スパイスをふんだんにプラスした一杯ということもあって、こちらには“辛さ絶叫級!?”といった文言が記載されており、旨味・辛さともにガツンと表現されたシリーズらしい食べ応え抜群な一杯に仕上がっていることに間違いなさそうです!

他にも特徴として…麺は中太・丸刃仕様となっていて、もっちりとした弾力と食べ応えのあるコシを兼ね備えたボリューム感抜群な仕上がりとなり、それによってポークをしっかりと利かせた醤油ダレにたっぷりと激辛スパイスを加えた絶叫級の辛さが加わったやみつき感のある味わいが最後まで思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

やはりパッケージの仕上がりイメージにあるように“絶辛”というだけあって粒子の細かい唐辛子にはハバネロのような通常の辛さよりもワンランク上を行く辛さが風味から確認でき、しっかりとした辛さが表現されてはいるものの…ポークを利かせたお馴染み“ブタキム”の旨味とともにちょうど良く調和されたことによって激辛と呼ぶには今ひとつ及ばない刺激的な一杯となっていました!
これは特に、お馴染み“豚キムチ”の味わいにたっぷりと激辛スパイスを加えた旨味・辛みに際立ったボリューム感抜群なテイストをがっつりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“元祖豚キムチカップめん”を食べ応え抜群な“油そば”にアレンジし、さらに激辛仕様として新たに登場した“辛さ絶叫級”の一杯、「スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 絶辛」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 絶辛

今回ご紹介するカップ麺は、“豚キムチ”の旨味でお馴染み“元祖豚キムチカップめん”を食べ応え抜群な“油そば”にアレンジし、さらに別添されている“スパイス”に含まれる特製激辛スパイスを加えることによって“絶叫級”の辛さが加わり、まさにシリーズらしいボリューム感と旨味溢れるテイストがガツンと楽しめるインパクトのある一杯、“スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 絶辛”となっています。
※“元祖豚キムチカップめん”として現行では“スーパーカップ1.5倍 豚キムチラーメン 超やみつきブタキムオイル仕上げ”や“スーパーカップ1.5倍 ブタキムラーメン(コンビニ限定)”がラインアップに含まれています。

ちなみにこの“スーパーカップ 大盛りブタキム油そば”については、以前ご紹介した通り2019年2月11日に発売されており、今回はその味わいに“絶辛”と呼ぶにふさわしい唐辛子をたっぷりと加えた刺激的なテイストに仕上げ、旨味・辛みともに思う存分楽しめる一杯が表現されているとあって激辛好きにとっても非常に楽しみなところ!

スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 食べてみました!元祖豚キムチカップ麺を油そばにアレンジ
スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 食べてみました!元祖豚キムチカップ麺を油そばにアレンジ「スーパーカップ 大盛りブタキム油そば」を食べてみました。(2019年2月11日発売・エースコック) この商品は、1993年発売の...

それ以外にもこの“ブタキム”テイストに関して言うと…ご覧の通り意外と様々なアレンジされたフレーバーが数多く登場しており、純粋に汁なしで“油そば”で言うと実はこれまでも上記の一杯が発売されています!

そんな根強い人気のフレーバー“ブタキム油そば”に“絶叫級”の辛さが加わったインパクト抜群な一杯が新たに登場ということで、恐らく期間限定商品かと思われますが、辛いもの好きにとっては見逃せない一杯ではないでしょうか?個人的にも激辛フレーバーを“絶辛”と表現しているのは見たことがありませんから…どれほどの辛さに仕上がっているのか?非常に期待したいところ。。

それでは、今回の“スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 絶辛”がどれほどポークの旨味を凝縮させた濃厚な醤油ダレに仕上がっているのか?“ブタキム”らしく具材に使用された味付豚肉や白菜キムチとの兼ね合いや“絶辛”の程度はもちろん、なんと言っても中太仕様のもっちりとした食べ応え抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り718kcalとなっております。(塩分は6.5g)

カロリーは、汁なしカップ麺・大盛り仕様ということもあってかなり高い数値のようで、塩分も同じくかなり高い数値となっています。
ちなみに1食当たり160g、麺の量は130gとのこと。

この辺りに関しては以前ご紹介した“スーパーカップ 大盛りブタキム油そば”と同等のボリューム感が踏襲されているようですね!

原材料について

では原材料も見てみます。

タレには、“しょうゆ”や動物油脂をはじめ…

  • 植物油脂
  • ポークエキス
  • 香味油
  • ガーリックペースト
  • チキンエキス
  • ポーク調味料
  • 食塩
  • 香味調味料

といった、ポークの旨味をしっかりと利かせた濃厚でコクのある醤油ダレに食欲そそる“にんにく”や“豚キム”らしいキムチの旨味なんかも美味しさを際立たせ、さらに別添されている“スパイス”によって“絶叫級”の辛さが加わった刺激的な味わいを想像させる材料が並びます!

JANコード4901071207809
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、砂糖)、たれ(しょうゆ、動物油脂、植物油脂、発酵調味料、ポークエキス、たん白加水分解物、香味油、ガーリックペースト、チキンエキス、ポーク調味料、砂糖、食塩、香味調味料、酵母エキス)、スパイス(香辛料、食塩)、かやく(味付豚肉、白菜キムチ、ねぎ、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、カラメル色素、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、かんすい、酸味料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (160g) 当たり]
熱量718kcal
たん白質12.0g
脂質31.4g
炭水化物96.8g
食塩相当量6.5g
ビタミンB10.72mg
ビタミンB20.77mg
カルシウム373mg

引用元:スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 絶辛|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、調味たれ、スパイスといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に“調味たれ”は触ってみた感じだとそこまでドロッとした感じではありませんが、原材料によるとしっかりとポークなど豚の旨味が溶け込んでいるようでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!
※ちなみにこのスパイスに激辛香辛料が含まれているため、心配な方は少しずつ辛さの程度を確認しながら追加していくと良いかもしれません。

また、麺はご覧の通り中太・丸刃仕様となっていて、もっちりとした弾力や噛みごたえのある食感に仕上がり、なんと言っても130gのボリューム感抜群な一杯ですから…食欲をがっつりと満たしてくれるものと思われます!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 豚肉
  • 白菜キムチ
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています。

このサイズとしては若干物足りなさを感じさせる量となっていますが…今回はポークや豚キムならではの旨味を利かせた濃厚な醤油ダレの仕上がり具合や“絶辛”というほどのしっかりとした辛みに期待しましょう!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:600ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの中太麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺には丸刃ならではの滑らかな食感やもっちりとした弾力が加わり、ボリューム感抜群な食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“調味たれ”を注いでいきます!
すると…こちらにも辛みが含まれているのでしょうか?赤みを帯びた油分や旨味を引き立てるポークの脂などがしっかりと溶け込んだ濃厚な醤油ダレとなっています!

そして使用されている量も置く、割とさらっとした仕上がりでしたので、すぐに容器底へと沈んでいき、よーく見て見ると…食欲そそるガーリックペーストのようなものが確認できますね!

ちなみにこの時点ですでに“ブタキム”ならではのやみつき感のある風味が香り立ち、食欲を掻き立てられます。。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
すると…ご覧の通りやはりポークの旨味・脂がしっかりと含まれた濃厚な醤油ダレとなっていて、さらっとした仕上がりでしたので、すんなりとボリューム感のある麺にも馴染んでいきます!

…というか、“油そば”と聞くと噛み応え抜群な極太麺をイメージさせるんですが、この“ブタキム油そば”に関してはすすり心地の良さに際立っているようで、脂っこさや濃厚感もそこまでなく後味すっきりとしたガツンとした印象の醤油ダレとなっているようです!

そしてタレが全体に馴染んだら、最後に先ほどのスパイスを加えて完成となります!
これはパッケージの仕上がりイメージ同様、かなり粒子の細かい唐辛子となっているようです!(やはり単純にお馴染みの唐辛子というより、辛みの強いハバネロ系の風味が確認できます。)

こうして完成となるわけですが、使用されているスパイスの量もけっこう多いですね!
今回パッケージなどには辛さレベルなどは一切表記されていませんでしたが、なかなかの辛さに期待できるかもしれません!

また、このスパイスは後ほど全体にしっかりと混ぜていただくわけですが…“絶辛”らしい強い辛さをじっくりと楽しみたいのであれば一箇所にまとめておき、辛さ・味の違いなんかも楽しんでみても良いかもしれません!

食べてみた感想

一口食べてみると…確かにしっかりとした辛みが表現されてはいるものの、個人的に激辛好きということもあってなのか、“絶辛”と言うほどの強烈な辛さという印象はそれほどなく、むしろこの激辛スパイスがちょうど良いアクセントにもなったことで、濃厚な醤油ダレにこってり感を一切感じさせないメリハリが付き、これはこれでやみつきな味わいへと際立っているようです!

また、ベースとなる濃厚な醤油ダレにはお馴染み“元祖 豚キムチカップ麺”ならではの旨味溢れるテイストに仕上がっており、このたっぷりと使用された激辛スパイスによって“油そば”らしいこってり感などがうまく調和されているため、非常に後味すっきりとした新感覚のフレーバーにも感じられるかもしれませんね!(全体をしっかりと混ぜてしまえば辛みはかなり落ち着きます。)

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様となっていて、見た通りもっちりとした弾力やつるっと滑らかな食感が心地良く、思ったよりも密度感の高い食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな麺には…ポークをベースに“豚キムチ”ならではの旨味を利かせた王道とも言える醤油ダレがよく絡み、一口ずつに旨味が凝縮された濃厚な味わいが口いっぱいに広がっていき、食欲そそる“にんにく”やキムチの風味などが後味良く抜けていきます!

ちなみにこちら激辛スパイスをちょっと多めに付けていただくと…これはこれでしっかりとした唐辛子系の強い辛さが伝わり、激辛好きならこれくらいでもちょうど良いのかもしれません!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、数・サイズともに物足りなさを感じさせるものの…今回のテイストは非常にインパクトある濃厚な醤油ダレとなっていますので、麺と一緒に絡めていただくと肉の旨味がより一層際立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらの白菜キムチはシャキシャキとした食感が心地良い仕上がり具合となっており、しっかりとキムチ特有の旨味が染み込まれている美味しい具材となり、今回の“ブタキム”シリーズには欠かせない旨味を引き立てているように感じられます!

他にも細かいんですが…こちらの輪切り唐辛子なんかも使用されていて、じっくりと味わってみると、しっかりとした辛みを感じさせる具材として今回の“絶辛”な一杯をより一層際立たせているようです!

そして…これら具材を麺と一緒に絡めて食べてみると、様々な食感や旨味がプラスされ、辛さに負けじと旨味も非常に強く感じられますね!これはかなり満足度の高い一杯!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通りポークの旨味をしっかりと利かせ、さらに“元祖 豚キムチ”ならではのやみつき感のある旨味をガーリックやキムチによって表現し、デフォルトのままいただくと濃厚感に際立った“油そば”らしい味わいがしっかりと楽しめるんですが、激辛スパイスを全体にしっかりと混ぜ込んでいくことによって辛さ・旨味がバランス良く調和され、キレの良い口当たりと後味すっきりとした辛みが心地良く感じられるパンチの強いテイストを際立たせます!

そのため、“絶辛”らしい辛さを際立たせて楽しみたい方は“スパイス”を一箇所にまとめておき、デフォルトの“ブタキム油そば”の味わいも堪能しつつ、辛みの強い部分も楽しむ…そんな味の違いをじっくりと確認しながら食べてみるのも面白いかもしれません!

ちなみにこちらは全体をしっかりと混ぜたところなんですが、“油そば”らしくしっかりと混ぜていただくとせっかくの“絶辛”がかなり薄まってしまいますので、部分的にスパイスを加えてみるのも良いでしょう!

このように、今回の“スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 絶辛”は、ポークをベースにやみつき感のある“元祖 豚キムチ”ならではの旨味をしっかりと利かせた食べ応え抜群な仕上がりとなり、そこに“絶辛”を表現する激辛スパイスがたっぷりと加えられたことによって汗を誘う強い辛みが加わるものの…ベースとなる旨味も負けじと強いため、そこまで強烈に辛いというわけではなかったので、お好みによってはさらに唐辛子を加えて“絶辛”にふさわしい強烈な辛さを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「スーパーカップ 大盛りブタキム油そば 絶辛」を食べてみて、お馴染み“元祖 豚キムチカップ麺”ならではのやみつき感のある旨味をしっかりと踏襲し、ポークの旨味・脂を利かせた濃厚な“油そば”に“絶辛”と呼称するだけあって特製スパイスによる強い辛さが加わり、それによって美味くて辛いメリハリの利いたガツンとした味わいと食べ応え・ボリューム感抜群な一杯となっていました!

やはり“ブタキム”をベースとするフレーバーはどれも濃厚で満足度の高い仕上がりですね!今回の一杯もしっかりとした辛みが加わったことで炒めたキムチの風味豊かな美味しさも同時に堪能できる好評なテイストと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!