カップ麺

ブタメン焼そば とんこつ味 食べてみました!あのお馴染みの味わいが“カップ焼そば”にアレンジ

ブタメン焼そば とんこつ味

ブタメン焼そば とんこつ味」を食べてみました。(2020年9月21日発売・エースコック)

この商品は、駄菓子でお馴染み“ブタメン”とのコラボカップ麺ということで、今回は小腹を満たすミニサイズの“ブタメン(とんこつ)”がなんと特製シーズニングパウダーと香味油を使用した大人向けのボリューム感のある“焼そば”にアレンジした一杯が登場です!

それも…ポークをベースにガーリックやジンジャーを利かせたことによって、“ブタメン”ならではの豚骨味に仕上げ、香ばしい風味の“ごま”を加えた“焼そば”がたっぷりと楽しめる風味豊かな一杯、“ブタメン焼そば とんこつ味”となっております。(税抜き210円)

ご覧の通り、パッケージには“この商品は株式会社おやつカンパニー監修のもと、「ブタメン」の味わいをアレンジしたカップ焼そばです。”と記載されているように、これまでも度々エースコックとのコラボによってカップ麺が発売されてきたわけですが、今回はお馴染みの味わいを初とも言える“焼そば”として再現したということですね!これはかなり目新しさを感じさせるため、店頭でも気になっている方も多いのではないでしょうか?

一方こちらには、“とんこつ味の焼そばだよ!”と記載され、特製シーズニングや香味油を加えることによるガーリックやジンジャーの旨味が食欲そそるポークベースのお馴染みの味わいが焼そばとして表現された仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…シンプルに“ごま”のみが使用されているようです!

この辺りに関してはブレませんね!従来発売されているロングセラー商品“ブタメン”にも具材といった具材は使用されていませんから、今回はこの特製シーズニングにどれほど旨味が凝縮されているのか?この辺りがポイントになりそうです!

また、こちらには“豚(トン)でもないウマさ!!”と記載されているように、この“ブタメン”は上記の通り具材はシンプルに“ごま”のみとなっているんですが、シンプルながらも美味しいんですよね…笑

そういったこれまで食べ慣れ親しんだ味わいが“カップ焼そば”としてうまくアレンジ・再現されているようで、これはこれで期待できるのではないでしょうか?

他にも特徴として…麺は味付けが施された角刃の中細麺といったところで、ほどよい弾力と滑らかな食感を兼ね備えたすすり心地の良い仕様となっていて、ポークの旨味をベースに特製シーズニングに含まれるガーリックやジンジャーなど香味野菜の旨味がクセになる“とんこつ味”をうまく表現、具材は“ごま”だけにもかかわらず決して物足りなさを感じさせないクセになるボリューム感でお馴染みの味わいを最後まで飽きずに楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

あのミニサイズだからこそ具材がなくても楽しめるのかと思っていたんですが…特製シーズニングに含まれる旨味成分が異常なほど美味しく、ちょうど良い塩気と香味野菜の旨味が絶妙にマッチし、ポークをベースにしたことで厚みのある美味しさやジャンク感がクセになる満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、お馴染み“ブタメン”の味わいをひと味違った“カップ焼そば”にアレンジ・再現した風味豊かな味わいをボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は子供から大人まで幅広い層に好まれる超ロングセラー商品“ブタメン(とんこつ)”の味わいを“カップ焼そば”にアレンジしたボリューム感のある風味豊かな一杯、「ブタメン焼そば とんこつ味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ブタメン焼そば とんこつ味

今回ご紹介するカップ麺は、1993年の発売以来誰もが一度は食べたことがあると思われる駄菓子“ブタメン(とんこつ)”の味わいをなんとボリューム感のある“焼そば”にアレンジ!あの食べ慣れた味を新開発したという特製の“シーズニングパウダー”と“香味油”を加えることによって風味豊かな“焼そば”としてしっかりとお腹を満たす食べ応え抜群な一杯、“ブタメン焼そば とんこつ味”となっています。

ご覧の通り…あのミニサイズのカップ麺で慣れ親しんでいるせいか、“カップ焼そば”としてアレンジされた一杯はそのパッケージだけでも十分なインパクトがありますね!赤を基調に馴染み深いブタメンのキャラクター(何とまだ名前がないという…笑)が中央に大きく掲載されていてかなり目立っていましたから、あの味をたっぷりと“焼そば”で楽しみたいという方なら見逃せません!!

ブタメン焼そば とんこつ味 パッケージ

ちなみにこの“ブタメン”シリーズは、これまでも“おやつカンパニー”が製造していて、以下のようなフレーバーが期間限定でそれぞれ発売されていましたが、“カップ焼そば”としてアレンジしたフレーバーは初じゃないでしょうか?

また、公式サイトによると…現在のラインアップとしては以下4商品のフレーバーが発売されているようです。このミニマムサイズの一杯はおやつ感覚で未だに食べたくなります…笑

  • ブタメン(とんこつ)
  • ブタメン(しょうゆ)
  • ブタメン(タン塩)
  • ブタメン(カレー)

はたまたエースコックとのコラボカップ麺としても以下のようなフレーバーが発売されており、特に“わさびとんこつ”はかなり強烈でツーンとした“わさび”特有の辛さがこれでもかというほど利いたインパクト抜群な一杯でしたね!(再販されないかちょっと期待してます。。)

それでは、今回の“ブタメン焼そば とんこつ味”がどれほどポークの旨味を凝縮した仕上がりとなっているのか?新開発されたという特製シーズニングと香味油との兼ね合いはもちろん、なんと言っても味付けが施された角刃の中細麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り534kcalとなっております。(塩分は5.8g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)の割にそこまで高い数値ではないようで、塩分も同じく平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり115g、麺の量は100gとのこと。

このカロリーからもポークの旨味は決してこってり感を演出しているわけではなく、特製シーズニングに含まれるガーリックやジンジャーの旨味を引き立てる相性の良い仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

添付調味料と記載されているソースには、植物油脂やポークエキスをはじめ…

  • 乳化油脂
  • 食塩
  • 香味調味料
  • ポーク調味料
  • 粉末しょうゆ
  • オニオンパウダー
  • 香辛料
  • 香味油
  • チキンパウダー

といった、ポークの旨味をベースにガーリックやジンジャーといった食欲そそる香味野菜の旨味が特製シーズニングに含まれ、それによって表現されたクセになる味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…植物油脂や食塩、さらに“しょうゆ”などが確認でき、さり気なく味付けが施されていることが伝わってきます!

JANコード4901071207823
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、砂糖)、添付調味料(植物油脂、ごま、ポークエキス、乳化油脂、食塩、香味調味料、砂糖、ポーク調味料、粉末しょうゆ、デキストリン、オニオンパウダー、香辛料、香味油、チキンパウダー)/加工でん粉、炭酸カルシウム、調味料(アミノ酸等)、かんすい、香料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、香辛料抽出物、酸味料、乳化剤、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (115g) 当たり]
熱量534kcal
たん白質10.8g
脂質23.3g
炭水化物70.3g
食塩相当量5.8g
カルシウム408mg

引用元:ブタメン焼そば とんこつ味|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“仕上げシーズニング”、香味油といった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に“仕上げシーズニング”に関してはやや量も多く、“麺ほぐし香味油”を入れた後に混ぜ合わせるとのことで、この香味油はちょうど良いポークの旨味・コクを加えるだけでなく麺をほぐす役割も担っているようですので、二段階に分けて混ぜ合わせていきましょう!

また、麺はご覧の通り角刃・中細のフライ麺となっていて、味付けが施されているとのことでしたが…若干色が付いている程度で、香りが楽しめるすすり心地の良い仕上がりに期待できそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:630ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りしたところがこちら!

お馴染み“ブタメン(とんこつ)”同様に具材は一切入っていませんが、フライ麺特有のジャンク感のある風味が香り立ち、シンプルながらもやみつきになるボリューム感たっぷりな一杯…といった印象の出来上がりです。

ではまず、“仕上げシーズニング”をしっかりと馴染ませるための香味油を加えて麺をほぐしていきます!…するとご覧の通りほぼ無色透明な油分となっていて、特に特徴的な風味もなく、あくまでポークの旨味や風味の良さを引き立て、後ほど加えるシーズニングを絡みやすくさせるためのもののようです!

そのため、この香味油を加えても見た目としての変化は風味も含めてまるでなく、香味油ならではの油感のあるツヤが加わったことで、仕上げシーズニングが馴染みやすくなっているように感じられます!

では先ほどの香味油が全体に馴染んだら、先ほどの仕上げシーズニングを加えていきます!
するとこちらにはガーリックやジンジャーといった塩気とはまたことなる味の濃さ・旨味などが風味として香り立ち、ジャンク感・スナック感のある“ブタメン”らしい味わいが“焼そば”としてうまくアレンジ・表現されていることが伝わってきます!

また、使用されている量も割と多く、具材が“ごま”のみといったシンプルな仕様ながらもベースとなるシーズニングによる味わいがしっかりしているため、物足りなさを感じさせることもなく、むしろこのポーク×仕上げシーズニングによる後味すっきりとした仕上がりが飽きの来ないやみつき感を表現しているようにも感じられますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
すると…やはり粉末状ということもあって若干の混ぜにくさはあるものの、先に香味油によって麺がしっかりとほぐれていますから、意外とすんなり麺にも馴染んでいきます!

そして、仕上げシーズニングが全体にしっかりと絡むと…風味としては豚骨というよりも…“ブタメン(とんこつ)”ならではの塩気のあるガーリックやジンジャーの香りが印象的で、当然濃厚な仕上がりというわけではありませんので、最後までじっくりと“ブタメン(とんこつ)”を“焼そば”にアレンジした味わいが楽しめそうです!またジャンク感もあって“ブタメン”らしさもしっかりと踏襲されています!!

ただ、今回はあくまで“焼そば”にアレンジされていますからね!食べ慣れ親しんだ“ブタメン(とんこつ)”とはひと味違ったテイストであることに間違いなく、ポークをベースに仕上げシーズニングによるガーリックやジンジャーがやみつき感を表現、さらに唯一使用されている“ごま”がさり気なく香ばしさなどの風味の良さを引き立てているようで、豚骨テイストにもぴったりな香りなんかもしっかりと楽しめそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…新開発されたという特製の仕上げシーズニング・香味油が非常に良い味を表現していますね!そして何より“ブタメン (とんこつ)”の味わいを“焼そば”にアレンジしたというだけあって、方向性は同じものの、想像していたよりもまるで異なると言っても過言ではないほどひと味違ったテイストに仕上がっています!

というのも…仕上げシーズニングに含まれるガーリックやジンジャーの旨味がちょうど良い塩加減とうまく調和し、ポークをベースにしたことによってメリハリのある味わいを表現、こってり感はまるでなく、ほどよいコク・深みを引き立て、濃いめとも言えるジャンク感のある後味すっきりとした旨味がたまりません!

この辺りに関しては具材に“ごま”しか使用されていないのにもかかわらず、決して物足りなさを感じさせない“ブタメン”らしさもあり、食欲そそるガーリックやジンジャーが特に印象的で思っていた以上に美味しいです!!さすがに“カップ焼そば”だけはミニサイズにできませんから…通年扱い、または定期的に発売してほしいくらいの美味しさが詰め込まれています!

麺について

麺は、ご覧の通り中細・角刃仕様のすすり心地抜群な仕上がりとなっていて、香味油がしっかりとコーティングされていますから、仕上げシーズニングによる粉っぽさなどを感じさせることなくつるっと滑らかな食感がうまく表現され、ほどよく味付けされたことで想像以上に旨味が前面に押し出された風味豊かな香りが漂います!

そんな麺には…ポークをベースに仕上げシーズニングに含まれるガーリックやジンジャーといった食欲そそるキリッとした塩気のある焼そばソースとも言いかねる味わいがよく絡み、一口ずつに豚骨味というよりも…ガーリックやジンジャーの旨味がポークが下支えした厚みのある味わいが口いっぱいに広がっていき、香味野菜ならではの風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!これは具材に“ごま”のみといったシンプルな仕様でも全く物足りなさをかんじさせませんね!

トッピングについて

トッピングにはまず、とは言ってもこのさり気なく使用された細かな“ごま”のみとなっているんですが、使用されている数は意外にも多く、たまに口の中で感じられる食感や風味豊かな香ばしさが心地良く、“ブタメン焼そば とんこつ味”の香味野菜やポークの旨味と相性良く馴染み、ほどよい風味の良さを引き立てる相性抜群な具材となっています!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りポークをベースに今回新たに新開発されたという仕上げシーズニング・香味油によってガーリックやジンジャーの食欲そそる旨味が相性良く馴染み、コク深くキリッとした口当たりが印象的なやみつき感のあるお菓子メーカーならではの美味しさが詰まっています!

また、ポークをベースに…とは言っても濃厚感・こってり感はまるでなく、あくまでジャンク感のある“ブタメン(とんこつ)”らしいすっきりとしたした後味が特徴的で、使用されている具材は“ごま”だけでも十分楽しめる飽きの来ないテイストとなり、むしろさらに大盛り仕様でも良かったくらいに満足度の高い味わいがたっぷりと楽しめるでしょう!

やはり超ロングセラー商品の味わいを“カップ焼そば”にアレンジしたというだけあって、シンプルながらも美味しいですね!ミニタイプのスープタイプも夜食なんかにぴったりなんですが…今回の“ブタメン焼そば とんこつ味”もちょうど良い“つまみ”にもなりそうな塩気・旨味によってついつい箸が止まらなくなってしまいます。。

このように、今回の“ブタメン焼そば とんこつ味”は、“とんこつ味”らしくキリッとした後味の良い旨味を新開発による仕上げシーズニング・香味油によってうまく“カップ焼そば”に再現し、ほんのり味付けされた麺と合わさったことで風味も非常に良く、ジャンク感もありつつ…クセになる味わいが楽しめる食べ応え抜群な一杯となっていたため、お好みによっては豚骨系にぴったりなペッパー系の香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ブタメン焼そば とんこつ味」を食べてみて、昔から馴染み深いミニサイズの“ブタメン(とんこつ)”をボリューム感のある“カップ焼そば”にアレンジした一杯は、ポークをベースにガーリックやジンジャーを合わせたやみつき感のあるジャンク感がたまらなく、ちょうど良い塩気とスナック感のある旨味がバランス良く融合したクセになるテイストがたっぷりと楽しめる味わいとなっていました!

…というかこれは想像以上に美味しかったですね!恐らく期間限定・数量限定の商品かと思われますが、再販や通年扱いされてもおかしくないポテンシャルを秘めていましたので、スナック感のあるカップ麺が好みの方にとってはかなりハマる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!