カップ麺

チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯!背徳感がたまらない…やみつき旨辛のアクマ飯が登場

チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯

チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯」を食べてみました。(2021年1月18日発売・日清食品)

この商品は、残ったスープに白飯をぶっ込むという…ついついやってしまう背徳感のある“罪深き、うまさ”に本気で拘った“ぶっこみ飯”シリーズの新商品ということで、今回はカップ麺や袋麺でも大変人気のフレーバー“チキンラーメン アクマのキムラー”の食べ終えた後、残ったスープにご飯をぶっ込んだやみつき感のある味わいを“ぶっこみ飯”シリーズとしてアレンジ・再現したアクマ的ウマさの一杯が登場です!

それも…チキンラーメンならではのロースト醤油味の元祖鶏ガラスープをベースにキムチの旨味を利かせ、さらにチキンラーメンのフライ麺を砕いて具材に使用したことで食欲そそる香ばしさが香り立ち、別添されている“やみつき旨辛オイル”を加えることによってガーリックやごま油の風味がプラスされ、まさにやみつき感のある“アクマ飯”といったイメージにぴったりな一杯、“チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通り、パッケージには“ぶっこみ飯(めし)”といった力強く感じられるシリーズ名が配置され、その上には旨味と辛みで大人気の“アクマのキムラー”と記載されているのが確認できます!(このチキンラーメンの鶏の旨味・香ばしさにキムチの味わいをプラスしたスープがまた美味しいんですよね。。)

一方こちらには、“チキンラーメン×キムチ味”と記載され、その背景には鶏ガラの旨味をベースに食欲そそるキムチならではの味わいやラー油を利かせた旨辛なスープに食感としてのアクセントとなる白菜キムチが盛り付けられ、ごま油やガーリックの風味などが詰め込まれた別添調味料を加えたことによって“罪深き旨さ”を思わせる仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…チキンラーメンの麺・キムチ・卵・“ねぎ”が使用されているようです!

そしてその特徴としては…上記の通り“チキンラーメン アクマのキムラー”の残ったスープに追い飯した味わいを本気で再現した一杯なんですが。。フライ麺そのものが具材として使用されたことによって独特の香ばしい風味が加わり、まさに背徳感にさいなまれつつもついついやってしまう…罪深い味わいを再現した食欲そそる風味豊かな一杯に仕上がっているとのこと!

また、こちら容器側面には…“旨み 辛み たまらないの”と記載されているように、まさしくやみつきになっている様子が伺えるようにも感じられ、単調になりがちなチキンラーメンの味わいにキムチの旨味・ガーリック・ごま油を合わせたクセになる味わいを表現、そこにシャキシャキとした食感の良い白菜キムチやチキンラーメンの麺、そして唐辛子などが“罪うめぇ!”味わいへと引き立て、残ったスープにご飯をぶっこんだ背徳感のある美味しさがはじめから味わえるというわけです!

このように“ぶっこみ飯”シリーズは、各フレーバーの残ったスープにご飯をぶっこんだだけなんですが…これがまた美味しいんですよね!まさに“罪深い…”・“背徳の…”といったイメージにぴったりで、麺を食べ終えた後についついやってしまう背徳感や満腹感に満たされることでしょう!

そのため、こちらにも記載されているように“これ1個でお腹満足!”といった麺のボリューム感とはまた違った満腹感が楽しめますからね!そう考えるとかなりリーズナブルな商品とも言えるかと思われます!!

ちなみにこちらには辛さレベルがさり気なく掲載されていて、今回のフレーバーに関しては5段階中の「2」ということで、唐辛子も使用されているものの…キムチならではのピリッとした程度の辛みがプラスされ、それによって食欲を掻き立てる美味しさにメリハリを付け、最後まで飽きることなく楽しめる一杯のようですね!

他にも特徴として…使用されている白飯には湯戻りの良い“ご飯”が使用され、“ぶっこみ飯”シリーズらしい張りのある噛み応えとふっくらとした弾力が表現された仕様によって、ピリッとしたアクセントが利いた旨味溢れる“チキンラーメン アクマのキムラー”ならではの旨辛なスープとともにボリューム感のある白飯が最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

キムチの旨味にガーリックやごま油、そしてチキンラーメンならではの鶏の旨味や香ばしさが絶妙にマッチしたことによって、まさに“やみつき旨辛”な美味しさに仕上がり、辛さレベル2というだけあってピリッとしたアクセントが心地良く、さらに豊富に使用された白菜キムチなどとともに楽しむご飯は、ふっくらとしていながらも芯のある食感に仕上がり、食べ進めていってもスープを吸って変にべちゃっとした感じになることもなく、最後まで“罪うめぇ”味がじっくりと堪能できる一杯となっていました!
これは特に、“チキンラーメン アクマのキムラー”が好みの方はもちろん、キムチの旨味を丁寧に際立たせたやみつき感のあるスープをご飯と一緒にたっぷりと味わいたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“チキンラーメン”シリーズの好評発売中のフレーバー“アクマのキムラー”の残ったスープにご飯をぶっこんだ味わいを“ぶっこみ飯”流に本気でアレンジ・再現した食欲そそる風味豊かな罪深き一杯、「チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯

今回ご紹介するカップ飯は、カップ麺の残ったスープにご飯を入れてしまうという…ついついやってしまう背徳の一杯としてお馴染み“ぶっこみ飯”シリーズの新商品ということで、袋麺をはじめカップ麺化もされた人気フレーバー“チキンラーメン アクマのキムラー”の麺を食べ終えた残ったスープにご飯をぶっこんだ味わいを忠実に再現し、別添された“やみつき旨辛オイル”に利かせたキムチの旨味やガーリックの風味などによってメリハリのあるスープに仕上げた食べ応え抜群な一杯、“チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらにもシリーズロゴや豊富に使用された具材とご飯などがやみつき旨辛スープに馴染む仕上がりイメージが掲載されていて、“ぶっこみ飯”はそもそも麺とはまた違ったボリューム感がありますからね!個人的にはこれ一杯でも十分食欲が満たされるかと思われます!

そしてこの“ぶっこみ飯”の特徴のひとつとして…当然ではありますが、熱湯を注ぐだけの簡単調理で“禁断の味”が楽しめるわけでして、この手軽さもまた“ぶっこみ飯”の良いところ!!

また、こちら容器側面には“ぶっこみ飯”に関しての簡単な説明書きが記載されていて、これによると…“ラーメンを食べた後のスープにごはんをぶっこんだうまいやつ。2度目のあの背徳感。分かっちゃいるけど、やめられないやつ。”とのことで、まさにチキンラーメンならではの味付けされたフライ麺の香ばしさにも着目し、“罪深き、うまさ。”を本気で再現した一杯というわけです!

ちなみに、この残ったスープに白飯をぶっこむ背徳感満載なシリーズ“ぶっこみ飯”にはこれまでも以下のような商品が発売されており、早くも今回で第6弾で、割と久しぶりの登場のようですね!特に“チキンラーメン アクマのキムラー”は大変話題となった人気のフレーバーですから、もしかすると冬の定番商品になるかもしれません!

そしてその大人気の“チキンラーメン アクマのキムラー”について詳しくは、ぜひこちらの記事もご覧ください!

チキンラーメン アクマのキムラー 食べてみました!アクマ的うまさが表現されたやみつきな一杯!
チキンラーメン アクマのキムラー 食べてみました!アクマ的うまさが表現されたやみつきな一杯!日清食品から発売されている「チキンラーメン 具付き アクマのキムラー」を食べてみました。(2018年4月2日発売/2020年3月上旬リニ...

それでは、今回の“チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯”がどれほど鶏ガラやキムチの旨味を凝縮したやみつき感のある仕上がりとなっているのか?別添されている“やみつき旨辛オイル”に利かせたキムチの旨味や唐辛子の辛み、そして食欲そそるガーリックの風味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても麺ではなくご飯をぶっこんだ相性・バランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り298kcalとなっております。(塩分は3.6g)

カロリーは、ご飯を使用しているせいか割と低めな数値のようで、塩分も同じく若干低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり73g、公式ページによるとライスの量は47gとのこと。

やはり油揚げ麺を使用していない分、1食当たりの量が多くてもカロリー自体が若干低めのようですね!(具材にチキンラーメンの麺を砕いたものが使用されていますが…)

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、植物油脂や香味調味料をはじめ…

  • 豚脂
  • 粉末しょうゆ
  • 食塩
  • でん粉
  • チキン調味料
  • 香辛料

といった、チキンラーメンならではの鶏ガラの旨味や香ばしさに加え、キムチの旨味や唐辛子の辛み、そして食欲そそるガーリックやごま油の風味をプラスしたことによって“やみつき旨辛”な味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105946794
原材料名

ライス(米(国産)、乳化油脂、食塩)、味付めん、スープ(植物油脂、香味調味料、豚脂、粉末しょうゆ、食塩、でん粉、たん白加水分解物、チキン調味料、香辛料、麦芽糖)、白菜キムチ、味付卵、ねぎ/調味料(アミノ酸等)、トレハロース、香料、乳化剤、リン酸塩(Na)、カラメル色素、加工でん粉、かんすい、酸味料、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、炭酸Ca、増粘多糖類、シリコーン、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (73g) 当たり]
熱量298kcal
たんぱく質5.5g
脂質7.6g
炭水化物51.8g
食塩相当量3.6g

引用元:チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープや各種具材などがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“やみつき旨辛オイル”と記載された調味料が別添されています。

そしてこちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみた感じだと…ラー油などを含む油分のような割とサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

そして、かやくには…

  • チキンラーメンの麺
  • キムチ
  • ネギ

が入っています。

キムチラーメンの麺を砕いて加えるとは考えましたね!
そもそもこの麺には醤油ベースの鶏ガラスープによって味付けが施されていますし、それによってフライ麺特有の香ばしさが際立つと思われ、まさに“アクマのキムラー”を食べ終えた残ったスープに追い飯をした味わいを忠実に再現されているようです!

また、シャカシャカと心地良い音が印象的な“ご飯”は、原材料にも記載されていたように国産のものを使用し、表面ふっくら・芯のあるしっかりとした本格感のある仕様となっています!

調理してみた

では調理する前に念のため調理方法を確認してみると…

  1. フタを矢印のところまではがす。
  2. 熱湯を内側の線までゆっくりと、まんべんなく注ぐ。
  3. フタをして5分待つ。
  4. フタをはがし、“やみつき旨辛オイル”を入れてよくかき混ぜて出来上がり。

と、そのままなんですが、ポイントとしては“ご飯”に熱湯が浸透するまで若干時間がかかりますから注ぐ際はゆっくりと入れ、仕上がりにはしっかりとかき混ぜるという点です!

ということでさっそく熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:290ml)
そして出来上がりがこちら!

そこまでお湯を吸っていないものの…先ほどまでのご飯や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、まさにアクマのキムラーを食べ終えた後にご飯をぶっ込むという…背徳の美味ししさが最初から存分に楽しめる一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“やみつき旨辛オイル”を加えていきます!
すると…ラー油を含む赤みを帯びた油分となっていて、非常にサラッとした状態で、ほどよいガーリックの風味がキムチの旨味をより一層引き立てているように感じられます!

そのため、見た目としては非常に食欲そそる赤みを帯びた油分が広がっていき、チキンラーメンの味わいにキムチの旨味や唐辛子の辛みを加えた“やみつき旨辛”なテイストに期待できそうです!!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
この“ぶっこみ飯”シリーズは容器底からしっかりと混ぜるのがポイントのひとつなんですが、具材に使用された白菜キムチや味付けされたチキンラーメンからもしっかりと旨味を滲み出してもらうためにもグルグルとしっかりと混ぜていきます!

こうして仕上がりとなるわけですが、ご飯はずしっとした重みがあるため、容器底へ沈んだ状態となっていて、チキンラーメン特有の旨味や香ばしさが食欲そそり、キムチ特有のピリッとした辛みや旨味、そしてガーリックやごま油がほんのり香り立つクオリティの高い仕上がりとなっています!

また、スープは割とサラッとした仕上がりとなっていて、具材に使用されている味付けが施された白菜キムチからも良い旨味が滲み出しているようで、原材料に“でん粉”といった材料が記載されていましたから…食べ進めていくに連れて旨味・コクが引き立ち、それと同時に満足度も増していく…そんなやみつき感のある一杯が印象的といったところ!

食べてみた感想

一口食べてみると…キムチの旨味がほどよい唐辛子の辛みによってやみつき感を際立たせ、チキンラーメン特有の醤油味・鶏ガラの美味しさをベースにガーリックやごま油などが絶妙なバランスとして“やみつき旨辛”なスープに溶け込み、具材に使用されたチキンラーメンの麺からも食欲そそる香ばしい風味が香り立つ背徳感満載な一杯となっています!これは美味いですね!!

特にキムチの旨味に関しては、よくある酸味といった感じは一切なく、むしろキムチに味付けされた魚介系の旨味がチキンラーメン特有の美味しさと相性良くマッチし、思ったよりも深みのある味わいへと引き立て、より一層やみつき感のあるテイストを演出しているように感じられます!

そのため、旨味が凝縮されたアクマのキムラーならではのクセになる美味しさをご飯に合わせた一杯はかなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ライスについて

ライスは、ご覧の通りふっくらとした仕上がりですが、しっかりと芯を残した食感が印象的で、今回はチキンラーメンの麺も使用されているせいもあって…“ご飯”は47g使用されており、他の“ぶっこみ飯”よりも若干少ないものの、具材として細かく砕かれた麺が加わったことで物足りなさといった感じは一切なく、この一杯だけで想像以上に満腹感がありますね!

そんな“ご飯”には、チキンラーメンならではの鶏ガラの旨味や麺から滲み出る香ばしさが美味しく溶け込んだ“やみつき旨辛”なスープがよく絡み、一口ずつにキムチの旨味や食欲そそるピリッとした辛みなどが口いっぱいに広がっていき、クセになるガーリックの香りやフライ麺ならではの風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの白菜キムチが入っていて、厚みもあり大きめにカットされたことによってシャキシャキとした食感が心地良く、単品で食べても申し分ないほどの美味しさが表現されています!そのため、まずはじめはライスから食べ進め、少しでも旨味をスープに滲み出してもらった後にいただくと、より一層旨味が増して楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらの卵は見るからに食感柔らかな仕上がりとなっていて、チキンラーメンには欠かせない具材のひとつとして今回の一杯に彩り良く添えられています!

さらに、今回の一杯には具材としてチキンラーメンの麺が砕かれた状態で使用されており、味付けが施された麺から滲み出る旨味・香ばしさがより一層やみつき感を際立たせ、若干少ないご飯のボリュームをカバーするかのようにしっかりとした食べ応えをプラスしているようですね!

他にもこちらの“ねぎ”が入っていて、かなり小さくカットされていることもあって食感の良さというよりも…ちょうど良い薬味となったことで、キムチ×ラー油による旨辛スープの美味しさを引き立てるのはもちろん、後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りチキンラーメンならではのロースト醤油味・元祖鶏ガラスープをベースにキムチの旨味やラー油・唐辛子のピリッとした辛みがバランス良く調和され、やみつき感のある“アクマのキムラー”の味わいを風味豊かに仕上げています!

そして、辛さレベル2ということもあって、キムチらしくピリッとしたアクセント程度の辛みとなっていたため、幅広い層に好まれるであろうテイストで、単調になりがちなチキンラーメンにキムチの旨味を合わせた味わいはまさに“やみつき旨辛”といった雰囲気にぴったりなスープに仕上がり、最後まで全く飽きの来ない風味豊かな一杯といったところ!

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された白菜キムチからも良い旨味が滲み出し、“でん粉”なんかも使用されたことで、ほんの僅かながらもトロッとしたスープへと際立ち、コク深さ・旨味が増していくのと同時に満足度も増していきます!…というか、旨味・風味ともに申し分のない仕上がりはさらに追い飯したくなるほどの背徳感。。

それと個人的に…今回のようなスープはスープで楽しめるくらいサラッとした仕上がりの方が好みですね!ご飯も途中にベチャっとした感じにもなりませんし、スープの旨味もしっかりと楽しめますので、この“チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯”は、まさにアクマのキムラーを食べ終えた後の残ったスープに白飯ズドン!といった背徳感のある味わいを忠実に再現しているように感じられます!

このように、今回の“チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯”は、アクマのキムラーを食べ終えた後、残ったスープに白飯を加えるという…いわゆるついついやってしまう背徳感のある味わいを最初から楽しむことができ、具材にチキンラーメンの麺を砕いて使用したことによって元祖鶏ガラスープの旨味がロースト感のある醤油味のスープと相性良く馴染み、そこに食欲そそるキムチや“にんにく”の旨味、そして香ばしい風味が香り立つやみつき感のある味わいに仕上がり、最後まで飽きの来ないシリーズらしい食べ応え抜群な一杯となっていたため、お好みによってはもう少し唐辛子を加えて辛さを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯」を食べてみて、“アクマのキムラー”自体そもそも美味すぎる食べ方を再現したテイストであり、その残ったスープにご飯をズドン!と加える背徳感抜群な一杯は不味いはずがなく、スープに詰め込まれた旨味溢れるキムチや唐辛子の辛みがバランス良くマッチし、具材に使用されたチキンラーメンの麺やシャキシャキ食感の白菜キムチからも良い旨味が滲み出し、しっかりと食欲を満たしてくれる満足度の高い一杯となっていました!

やはり単調になりがちなチキンラーメンにはこういったキムチの旨味が合いますね!非常にサラッとした印象ではありましたが、想像以上に旨味が凝縮された仕上がりはかなり幅広い層に好評の一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!