エースコック

CoCo壱番屋(ココイチ)まろやかクリーミーカレーラーメン!“まろやか”をテーマにしたコク深い一杯

CoCo壱番屋監修 まろやかクリーミーカレーラーメン

CoCo壱番屋 まろやかクリーミーカレーラーメン」を食べてみました。(2019年4月15日発売・エースコック)

この商品は、カレーでお馴染み“CoCo壱番屋(ココイチ)”監修による“まろやか”をテーマにしたカップ麺で、バターとチーズを含んだ“ふりかけ”を加えることによる“まろやか”な一杯が登場です!

それも…ポークの旨味をベースにほんのり“とろみ”を付けたクリーミーなスープに、ガーリックやオニオンといった香味野菜を合わせ、そこに別添された“ふりかけ”を加えることで、まさしく“まろやか”な仕上がりとなり、チーズとバターの風味豊かな一杯“CoCo壱番屋 まろやかクリーミーカレーラーメン”となっております。(税抜き200円)

そして、こちらに掲載されているバターのイメージをはじめ…大きく記載された“まろやか”といった文字が印象的ですね!これを見る限り今回の一杯には、“ココイチ”らしいスパイシーなカレースープに加えてチーズとバターによるまろやかな味わいが広がるクリーミーな仕上がりのようです!もちろん監修は“CoCo壱番屋”とのこと!

CoCo壱番屋監修 まろやかクリーミーカレーラーメン パッケージ

一方、こちらには“まろやか”をテーマにしただけあって、コク深い濃厚さを思わせるまろやかなカレースープの仕上がりイメージなんかも掲載されていて、“チーズ&バター ミックスパウダー付き”と記載されているように、スパイシーな味わいとのメリハリによって互いが引き立つ風味豊かな“ふりかけ”が別添され、お好みの“まろやか”さで楽しむことができるようですね!

ちなみに、ここ“CoCo壱番屋”の辛さは1〜10辛まで選べるんですが、以前ご紹介した記事「CoCo壱番屋のカレーの辛さがちょっと辛すぎる!」でもお伝えした通り、3程度でも想像以上に辛いんですよね!

そのため、今回“まろやか”をテーマにした一杯ではありますが、恐らく甘ったるい仕上がりというわけではなく、“ココイチ”らしいスパイス感も一緒に楽しむことができ、そこに相性抜群なチーズやバターによる“まろやか”なテイストが絶妙にマッチしているものと思われ、この辺りもひとつのポイントとなるのではないでしょうか?

また、これを見る限り、具材にはキャベツ・コーン・人参・ねぎが使用されているようです!

他にも特徴として…麺には中太の丸刃仕様によるつるっと滑らかな食感が印象的で、ココイチらしいスパイシー感のある濃厚・まろやかなカレースープとともに満足度の高いしっかりとした食べ応えを楽しむことができそうです!

また、ココイチ監修のまろやかな一杯と言えば…以前ご紹介した“CoCo壱番屋監修 ホワイトカレーラーメン”といった“まろやか”さに際立った商品がありましたが、今回はチーズに加え、さらにバターの風味なんかも加わったことで、さらにまろやかな仕上がりを表現しているものと思われます!

実際に食べてみて…

今回“まろやか”をテーマにした一杯とのことでしたが、やはり甘ったるいような“まろやか”とは違い、ココイチらしいスパイシーな味わいは踏襲され、その上で相性抜群なチーズ・バターによるコクが加わったことで、ほんのり“とろみ”が付いた濃厚なカレースープに仕上がっていました!
これは特に、ココイチファンはもちろん、後味すっきりとしたスパイシーなまろやかなカレースープを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこのココイチ監修によって“まろやか”をテーマにクリーミーさに際立ったコク深く仕上がった一杯「CoCo壱番屋 まろやかクリーミーカレーラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

CoCo壱番屋 まろやかクリーミーカレーラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、カレーでお馴染みココイチ監修による“まろやか”をテーマに登場したカップ麺で、ポークをベースに香味野菜の旨味を利かせたカレースープに、別添されたチーズとバターの風味が広がる“ふりかけ”を加えることで、文字通り“まろやか”な味わいが表現された一杯“CoCo壱番屋 まろやかクリーミーカレーラーメン”となっています。

ちなみに、この“ココイチ”監修のカップ麺はコンビニなどでも度々登場しているので、すでにお馴染みの方も多いのではないでしょうか?

また、今回は“刺激”をテーマにした5種のスパイス配合による“CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン”も同時発売となっているようです!

それでは、今回の“CoCo壱番屋 まろやかクリーミーカレーラーメン”がどれほどの“まろやか”な仕上がりとなっているのか?ココイチらしいスパイスの利いたカレースープとクリーミーな風味との相性やバランス、辛さやスパイス感などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り452kcal(めん・かやく398kcal / スープ54kcal)となっております。(塩分は6.7g)

カロリーは、このサイズからすると平均的といったところですが、塩分の方は若干高めにも感じられる数値のようですね!
ちなみに1食当たり108g、麺の量は90gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、香辛料やポーク調味料をはじめ…

  • 野菜パウダー
  • 酵母エキス
  • 香味調味料
  • 乳化油脂
  • 乳等を主要原料とする食品
  • チーズパウダー

といった、ポークを利かせたことで厚みのあるカレースープに仕上がり、さらに香味野菜の旨味や別添された“ふりかけ”を加えることによる“まろやか”に際立っただけでなく、しっかりとココイチらしい美味しさが楽しめる仕上がりを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071231842
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、かやく入りスープ(キャベツ、食塩、香辛料、砂糖、ポーク調味料、コーン、野菜パウダー、人参、酵母エキス、ねぎ、香味調味料)、ふりかけ(乳化油脂、乳等を主要原料とする食品、チーズパウダー、砂糖)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム、加工でん粉)、炭酸カルシウム、かんすい、酸味料、カラメル色素、重曹、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、微粒二酸化ケイ素、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (108g) 当たり]
熱量452kcal
たん白質9.2g
脂質13.5g
炭水化物73.5g
食塩相当量6.7g
めん・かやく: 2.4g
スープ: 4.3g
ビタミンB10.54mg
ビタミンB20.45mg
カルシウム330mg

引用元:CoCo壱番屋監修 まろやかクリーミーカレーラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく入り粉末スープ、“ふりかけ”といった2つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り中太仕様の油揚げ麺ということで、丸刃による滑らかな食感を思わせる食べ応えなんかもありそうな麺が採用されているようです!

調理してみた

ではまず、かやく入り粉末スープを入れてみます。

かやくには、

  • キャベツ
  • コーン
  • 人参
  • ねぎ

が入っています。

今回は、このように肉類の具材が使用されていないようで、まろやかなカレースープにもぴったりな野菜が取り揃えられているようです!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
※粉末スープが量的に多いので、しっかりと溶かすようにお湯を注いでいくと良いでしょう!

そして出来上がりがこちら!
先ほどの具材がそれぞれふっくらとした仕上がりとなり、中太だった麺もしっかりとした弾力を思わせる食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

さらにここに、さきほどの“ふりかけ”を加えていきます!
ちなみにこの“ふりかけ”には…

  • 乳化油脂
  • 乳等を主要原料とする食品
  • チーズパウダー
  • 砂糖

が含まれています。

また、量は思ったよりも多めとなっていて、そこまで強烈なチーズ・バターの風味が表現されているわけではないようですが、気になる方は少しずつ入れて調整してみても良いかもしれません!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして、スープが全体に馴染むと…ほんのりと“とろみ”が付き、それによって今回のテーマである“まろやか”なテイストにもぴったりな仕上がりといったところでしょうか?チーズやバターの風味はそこまで強くはないので、変に甘ったるい仕上がりというわけでもないようです!

そのため、今回のテーマである“まろやか”な仕上がりではありますが、それだけでなく“ココイチ”らしいスパイス感も楽しめる濃厚かつクリーミーなカレースープが表現されているようですね!

これは、“まろやか”な口当たりと風味はもちろん、コク深い味わいなんかもしっかりと楽しめることで、最後までじっくりとクリーミーな味わいが楽しめる一杯と言えるでしょう!

食べてみた感想

一口食べてみると…“まろやか”をテーマにしているということで、甘みが際立った仕上がりを想像していたんですが、思ったより“まろやか”な感じが突出しているわけではなく、むしろ“ココイチ”らしい香辛料を利かせたスパイシーな味わいがバランス良く表現され、さらにポークや香味野菜といった旨味がベースとなっているため、そもそもの美味しさなんかも楽しめる濃厚なスープとなっています!

そして、気になる辛さに関しては…そこまで強い辛みというわけではなく、ココイチらしい本格スパイシーなすっきりとした後味が心地良く、さらに“まろやか”さに関してもコク深さを引き立てている程度のもので、風味豊かに相性良くスープに旨味として溶け込んでいるようにも感じられます!

そのため、チーズ・バターによる変な“くどさ”といった感じも一切なく、最後まで飽きの来ない濃厚かつまろやかな味わいをじっくりと楽しめる仕上がりと言えるのではないでしょうか?

ただ、強いて言うなら…もう少しカレー本来の味が強くても良かったような気もしますね!何というか…まろやかさとスパイシーな感じは非常にバランス良く表現されてはいたものの、口当たりとしては若干弱いような気もします。。

麺について

麺は、ご覧の通り中太角刃の仕様によって、しっかりとした食べ応えを感じさせ、さらにつるっと滑らかな食感が印象的な仕上がりとなっています!

そんな麺には、今回“まろやか”をテーマにしたコク深くも濃厚なカレースープがよく絡み、一口ずつにココイチらしいスパイシーな味わいとともにポーク・香味野菜などの旨味が口に広がっていき、ほんのりと香るチーズ・バターの風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが入っていて、彩りも良く、シャキシャキとした食感がしっかりと感じられる仕上がりとなり、これによって今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

また、こちらの人参は若干小ぶりではありますが…じっくりと味わってみると素材本来の味がしっかりと表現され、こちらもまたキャベツと同じく彩りの良い具材としてさりげなく添えられています!

さらに、こちらのコーンは、今回の“まろやか”をテーマにした濃厚なカレースープにもぴったりで、素材本来の甘みもあり、スープの味わいを損なうことなくクリーミーなスープを引き立てているようです!

スープについて

スープは、ポークの旨味をベースに香味野菜の旨味を合わせたことで、ほどよいコクや味に深みなんかもあり、別添されている“ふりかけ”を加えることで、チーズ・バターならではの香りが“まろやか”さを引き立てているようです!

ちなみにこの“ふりかけ”に含まれるチーズ・バターは、クリーミーなコクが加わるものの…スープの味そのものに強烈に影響するというものではなく、“まろやか”をテーマにした風味付けといった意味合いが強いようで、全て入れてみても特に変な“くどさ”や甘ったるさはなく、これによってコク深いクリーミーな味わいをうまく表現しているようですね!

また、この“ふりかけ”によって、食べはじめから若干“とろみ”が付いていて、食べ進めていくうちにさらに濃厚さが増しているようにも感じられます!

そして、“ココイチ”らしいスパイシーな香辛料もしっかりと利いているため、後味すっきりとした“まろやか”さが表現され、このスパイス感と“まろやか”な感じが絶妙なバランスとなって仕上がり、それによって最後まで飽きることなく濃厚な味わいを楽しむことができるのではないでしょうか?

このように、今回の“CoCo壱番屋 まろやかクリーミーカレーラーメン”は、“まろやか”をテーマにしてはいましたが、スープの味わい自体には甘ったるさなどは一切なく、ほんのりと風味として香ることで、コク深くまろやかな味わいが表現されているようでしたので、お好みによってはチーズ・バターをさらに追加して“まろやか”なスープをさらに際立たせてみても良いかもしれません!

まとめ

今回「CoCo壱番屋 まろやかクリーミーカレーラーメン」を食べてみて、ポークをベースに香味野菜の旨味が利いたことで、満足度の高い味わいに仕上がり、そこに別添されている“ふりかけ”を加えることで、今回のテーマである“まろやか”といったイメージ通りのコク深くもクリーミーなカレースープとなっていました!

やはり“まろやか”をテーマにしたとは言え、“ココイチ”らしいスパイシーな味わいがしっかりと楽しむことができますね!チーズとバターによるコク深さが相性良くスープに表現されたことで、後味すっきりとした濃厚な味わいを楽しむことができるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!