日清食品

カップヌードル 謎肉まみれ!通常品より約4倍の謎肉を使用した旨味染み出す風味豊かな一杯

カップヌードル 謎肉まみれ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

カップヌードル 謎肉まみれ」を食べてみました。(2023年10月30日発売・日清食品

この商品は、カップヌードルの“具材まみれ”シリーズ第1弾として登場したもので、レギュラー商品の約4倍の謎肉(味付豚ミンチ)を使用したことによって滲み出す謎肉の旨味を思う存分味わうことができ、ペッパーを利かせ、醤油のコクと香りを引き立たせたお馴染みのオリジナルスープに染み出した謎肉の旨味がたっぷりと堪能できる謎肉特化型の一杯、“カップヌードル 謎肉まみれ”となっております。(値段:税別236円)

ご覧の通り、パッケージにはまさに“謎肉まみれ”らしくたっぷり入った具材をキャラクターに見立てた大変賑やかなデザインがあしらわれ、“謎肉祭”とは違った“具材まみれ”シリーズといった新たな切り口によって横展開が可能となり、今回は通常品の約3倍のイカが入った“カップヌードル シーフードヌードル イカまみれ”も同時発売されています!

カップヌードル 謎肉まみれ パッケージ

一方こちらには、“謎肉好きに捧ぐ!”、“謎肉特化型カプヌ”と記載され、今回は謎肉が豊富に使用されている代わりにエビが入っていません。。ちなみにこの謎肉は豚肉をはじめ大豆や野菜などを混ぜてミンチ状にし、フリーズドライ加工したものです!

また、フタの方には今回の仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…味付豚ミンチ・味付卵・“ねぎ”が使用されているようです!やはり通常品の約4倍もの謎肉を使用しているだけあって麺が確認できません。。

他にも特徴として…“カップヌードル”で使用される麺はフレーバーごとに味付け・幅を調整していて、今回はチキンやポーク、醤油や香辛料などで味付けを施し、2mm程度の平均的な幅で切り出され、それによってペッパーを利かせ、醤油のコクと香りを引き立たせた“カップヌードル”のオリジナルスープが豊富な謎肉とともにじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

レギュラー商品と比較して約4倍の謎肉を使用した代わりにエビが入っていないこと以外、麺・スープともに全く同等の仕様となっているため、ペッパーを利かせた馴染み深いオリジナルスープに謎肉から染み出す旨味が際立ち、謎肉の数そのものに関してはそれほどインパクトのあるものではありませんでしたが、ほんのり香るメンマの風味が心地良く、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな謎肉本来の美味しさがじっくりと堪能できる一杯なっていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回は2023年10月30日に日清食品株式会社から発売された「カップヌードル 謎肉まみれ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

カップヌードル 謎肉まみれ

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“カップヌードル”の新商品ということで、新たに“具材まみれ”シリーズを展開、レギュラー商品である“カップヌードル”の約4倍の謎肉を使用し、ペッパーが利いた後味の良いオリジナルスープに仕上がり、メンマの風味がちょっとしたアクセントとなった謎肉本来の旨味が存分に楽しめる謎肉特化型の一杯、“カップヌードル 謎肉まみれ”となっています。
※売っている場所:今回はセイコーマートで購入

そしてご存知の通りこの“カップヌードル”シリーズは1971年9月18日に誕生した世界初のカップ麺で今もなお多くの方から支持されているのはもちろん、2021年に発売50周年を迎えたロングセラーブランドでもあり、これからも話題性の高いフレーバーの登場に期待したいところ!

また、公式ページによる特徴は以下の通り。

スープと相性の良い、つるみのあるしなやかな麺。
スープペッパーをきかせ、しょうゆのコクと香りを引き立たせた、「カップヌードル」のオリジナルスープ。メンマの風味がアクセントになった、飽きの来ない味わいです。
具材通常品の約4倍量の謎肉 (味付豚ミンチ)、たまご、ネギ。

それでは、今回の“カップヌードル 謎肉まみれ”がどれほど謎肉(味付豚ミンチ)の旨味が滲み出た食欲そそる仕上がりとなっているのか?メンマの風味が香るオリジナルスープとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもすすり心地の良い“カップヌードル”らしい幅広なフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り374kcal(めん・かやく346kcal / スープ28kcal)となっております。(塩分は4.6g)
※通常品は351kcal(塩分相当量4.9g)

カロリーは、通常品の約4倍の謎肉が使用されたことで通常版よりも若干高めな数値のようですが、一方で塩分は通常版よりも若干低めな数値となっています!
ちなみに1食当たり76g、麺の量は60gとのこと。(麺量は5g少ないです。)

また、以前ご紹介した“謎肉祭”と同等の内容にも思われるかもしれませんが…今回はレギュラーサイズで、新たに“具材まみれ”といったシリーズによって“カップヌードル シーフードヌードル イカまみれ”のようなフレーバーにも適用できますから、今後の商品展開なんかも気になるところではないでしょうか?

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“粉末しょうゆ”や香辛料をはじめ…

  • 香味調味料
  • ポーク調味料
  • メンマパウダー

といった、ペッパーを利かせた馴染み深いオリジナルスープに仕上がり、メンマの風味がちょうど良いアクセントをプラス、さらに通常品の約4倍量の謎肉から旨味が染み出し、まさに謎肉特化型の味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:日清食品 関西工場(滋賀県)

また、麺の項目を見てみると…チキンエキスやポークエキス、“しょうゆ”やポーク調味料、香味調味料や香辛料といった材料が確認でき、しっかりと味付けされていることが伝わってきます!

JANコード4902105282144
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、チキンエキス、ポークエキス、しょうゆ、ポーク調味料、香味調味料、香辛料)、かやく(味付豚ミンチ、味付卵、ねぎ)、スープ(糖類、粉末しょうゆ、食塩、香辛料、たん白加水分解物、香味調味料、ポーク調味料、メンマパウダー)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、くん液、乳化剤、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、香料、酸味料、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (76g) 当たり]
熱量374kcal
めん・かやく: 346kcal
スープ: 28kcal
たんぱく質10.1g
脂質18.9g
炭水化物40.8g
食塩相当量4.6g
めん・かやく: 2.3g
スープ: 2.3g
ビタミンB10.19mg
ビタミンB20.31mg
カルシウム109mg

引用元:カップヌードル 謎肉まみれ | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り通常品の約4倍の謎肉などがすでに入っていて、具材には…

  • 味付豚ミンチ
  • 味付卵
  • ねぎ

が入っています。

通常品の約4倍量の謎肉とは言え、極端に多い感じこそありませんが…これが湯戻りすることによってさらにボリューム感がアップし、そこから滲み出る旨味を考慮すると、後味すっきりとしたオリジナルスープに良い意味で影響しそうです!

また、麺はご覧の通り“カップヌードル”シリーズらしく幅広な仕様で、今回は平均的な2mm程度の幅で切り出され、滑らかな食感はもちろん、すすり心地の良さに際立った仕上がりをイメージさせます!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:300ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がり、やはり麺の様子が確認できないほど謎肉の量となったことでなかなかのインパクトがあり、良い旨味が染み出すことによってキレの良いオリジナルスープも肉の旨味が際立ち、謎肉本来の味が気軽に楽しめる謎肉特化型の一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…通常品の約4倍の謎肉が使用されてはいるものの、決して脂っこい仕上がりというわけではなく、むしろしっかりと謎肉ならではの旨味が最後までじっくりと楽しむことができ、ペッパーが利いた後味の良いオリジナルスープとうまくマッチした仕上がりのようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…想像通り間違いない美味しさで、ペッパーが利いたお馴染みのオリジナルスープに仕上がり、そこにたっぷりと使用した謎肉から旨味が滲み出たことによって、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな後味すっきりとしたスープにコクが際立った味わいがじっくりと楽しめることと思われます!

ちなみに、この謎肉はせっかくなので旨味を染み出してもらうためにも、まずは柔らかくなりがちな麺を優先に食べ進め、後ほど謎肉と麺を一緒に絡めていただくと、より一層“謎肉”の美味しさが楽しめるのはもちろん、容器底にはペッパーが溜まっているので、しっかりと混ぜながら食べ進めていくと良いでしょう!

ただ、“謎肉まみれ”ということで謎肉の旨味がしっかりと堪能できることに間違いないんですが…通常品と比較しても正直そこまでの違いではなく、さらに価格(税込236円)も同じなので迷いますね。。定番の味を楽しむのか?エビ抜き・謎肉特化型で謎肉の旨味を楽しむのか?個人的にそこまで極端な差はないような気もします!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズの平均的な仕様といったところで、特に厚みがあるわけでもなく、2mm程度で切り出されたことですすり心地も非常に良く、“カップヌードル”らしいつるっと滑らかな食感ではありますが、柔らかくなるのが早いような気もするので、先述した通りまずは麺を優先に食べ進めて行くと良いでしょう!

そんな麺には、“カップヌードル”らしいペッパーを利かせた後味の良いオリジナルスープがよく絡み、キレの良い口当たりや謎肉から滲み出た旨味などが口いっぱいに広がっていき、フライ麺特有の香ばしさやメンマの風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言っても通常品の約4倍の謎肉が入っていて、気持ち小さくも感じられますが、じっくりと味わってみると…ほどよく味付けされた肉の旨味がじゅわっと滲み出す仕上がりとなっていたため、まずはスープと馴染ませながら食べ進め、後ほど食感滑らかな麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

そしてこの謎肉はスープ全体を馴染ませることで、これくらいの見た目・量になるんですが…果たして“謎肉まみれ”と言って良いのか?若干悩ましいところではあります。。とは言え、お馴染みの謎肉がごろごろと入っていることによって後味すっきりとしたスープにほどよい旨味が加わり、食べ進めて行くに連れて満足度も増していく…そんな“具材まみれ”シリーズらしい謎肉特化型の具材となっています!ただ、インパクトが弱い印象。

また、こちらの味付卵は見た通りふんわりと柔らかな食感で、味付け自体はそこまで感じられませんが、今回の一杯に華やかな彩りとしてのアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、かなり細かくカットされたことでシャキシャキとした食感とまではいかないものの、ちょうど良い薬味となったことで今回のオリジナルスープを美味しく引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、原材料にも記載されていたようにお馴染み“カップヌードル”ならではのペッパーを利かせたオリジナルスープに仕上がり、キリッとした口当たりが印象的なんですが、特に麺に味付けが施されているので、しっかりと混ぜながら食べ進めていくと、チキンやポークの旨味も際立っていき、何より通常品の約4倍の謎肉からも良い旨味が滲み出しますから、物足りなさといった感じは一切なく、むしろコクのある味わいが表現されています!

そして、新たに登場した“具材まみれ”シリーズということで、一番の特徴は通常品の約4倍の謎肉が使用されている点で、その代わりエビが使用されていないことによってどうしても香ばしさが欲しくなりますね!その辺はまさに“謎肉特化型”ということで、謎肉好きにはたまらない一杯と言えるでしょう!しかもレギュラーサイズのボリューム感が良いですね!

また、後半にもなると…豊富に使用された謎肉から旨味が滲み出すことで透明度も若干低くなり、謎肉のコク深さが際立ったことで満足度も増していきます!ただ、この“謎肉”自体、豚肉をはじめ大豆や野菜などを混ぜて作られているため、ほどよい肉の旨味は増していくものの…変な脂っこさといった“くどさ”もなく、さらに“カップヌードル”らしくペッパーを利かせたことによって最後まで飽きることなく堪能できることと思われます!

まとめ

今回「カップヌードル 謎肉まみれ」を食べてみて、新たに“具材まみれ”シリーズとして登場した第1弾のフレーバーは…ペッパーを利かせたお馴染みのオリジナルスープに仕上げ、通常品の約4倍の謎肉を使用したことで染み出す謎肉の旨味が際立ち、極端な違いこそありませんでしたが、“謎肉特化型”にしたことで深みのある味わいを表現、そこにつるみのある幅広なフライ麺が食欲を満たす安定感のある一杯となっていました!

また、今回は“具材まみれ”シリーズとして“カップヌードル シーフードヌードル イカまみれ”も同時発売されていますから、恐らく他のレギュラー商品も何らかの具材を増量して登場するかと思いますので、今後の商品展開なんかも期待したいところではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です