カップヌードル PR

スモーキーな燻製の風味がクセになる「カップヌードル 燻製チーズのチリトマト」をレビュー

カップヌードル 燻製チーズのチリトマト

カップヌードル 燻製チーズのチリトマト」を食べてみました。(2024年2月5日発売・日清食品

この商品は、下記の通り燻製のクセになる薫りと美味しさが楽しめるメニューを“日清 燻製トリオ”として3品同時発売した中のひとつで、トマトの甘みと酸味を利かせたチリトマトスープにサクラチップで薫り付けした“燻製チーズパウダー”を加えることによってコク深い味わいが際立ち、スモーキーな薫りがたまらない…今回のテーマに相応しい風味豊かな一杯、“カップヌードル 燻製チーズのチリトマト”となっております。(値段:税別236円)

食材を煙で燻 (いぶ) すことで独特な薫りと味わいを生み出す “燻製” は、キャンプブームをきっかけとして人気に火が付き、昨今では燻製料理をメインに扱う飲食店や、燻製の風味を手軽に味わえる調味料が登場し、ますます注目を集めています。
引用元:「日清 燻製トリオ」(2月5日発売) | 日清食品グループ

それによって今回は以下のフレーバーも同時発売されています!

ご覧の通りパッケージには“燻製チーズのチリトマト”といった今回の商品名が大きく記載され、そもそも“チリトマト”は“カップヌードル”シリーズの中でもレギュラー商品として大変人気のテイストで、その“チリトマト”に燻製チーズの要素を組み合わせたことによって燻製のクセになる味わいを表現、さらにチリやクミンなどのスパイスを利かせたスープが幅広で食感滑らかなフライ麺とともにたっぷりと楽しめるようですね!(辛さレベルは5段階中「1」です。)

カップヌードル 燻製チーズのチリトマトパッケージ

一方こちらには“サクラチップで薫り付け”と記載されているように、今回の新フレーバー“燻製チーズのチリトマト”は…トマトの甘みと酸味を利かせたお馴染みチリトマトスープに別添されている“燻製チーズパウダー”を加えることによって燻製の風味とチーズのコクが引き立ち、まさしくクセになる燻製の薫りに期待できそうです!

また、フタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…スパイスを利かせたチリトマトスープにサクラチップで薫り付けた風味豊かな仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・味付鶏ミンチ・トマト加工品・コーンが使用され、豊富な具材からも良い旨味が滲み出し、食欲そそる燻製の風味がバランス良く融合されているように感じられます!

他にも特徴として…“カップヌードル”シリーズでは各種フレーバーによって麺の仕様・味付けを変更しており、今回はつるっとした食感はそのままに、若干厚めで幅もやや広めな仕様で、ポークエキスや香味調味料でほどよく味付けを施し、スパイスの利いたチリトマトスープにスモーキーな薫りとチーズのコクが馴染む風味豊かなスープがよく絡み、最後までじっくりと燻製の薫りと美味しさが堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

トマトの甘みと酸味を利かせたチリトマトスープにチリやクミンなどのスパイスを合わせたことでお馴染みの味を踏襲しつつも、別添されている“燻製チーズパウダー”を加えることによってサクラチップで薫りを付けた風味やチーズのコクが際立ち、実際にはそこまで燻製ならではの風味は強調していないんですが、全体の旨味やクセになる薫りをバランス良く合わせたことによってコク深いスープに仕上がり、幅広い層に好まれるチリトマトにひと手間加えた燻製風味がクセになる一杯となっていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回は2024年2月5日に日清食品株式会社から発売された「カップヌードル 燻製チーズのチリトマト」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

カップヌードル 燻製チーズのチリトマト

今回ご紹介するカップ麺は、燻製のクセになる薫りと美味しさが楽しめるメニューを“日清 燻製トリオ”として3品同時発売されたうちのひとつであり、トマトの甘みと酸味を利かせたチリトマトスープに別添されている“燻製チーズパウダー”を加えることによってサクラチップで薫り付けした風味とチーズのコクが際立ち、つるっとした食感の平麺との馴染みも非常に良く、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなスモーキーな燻りが絶妙にマッチした一杯、“カップヌードル 燻製チーズのチリトマト”となっています。
※売っている場所:今回はセイコーマートで購入

そしてご存知の通りこの“カップヌードル”シリーズは1971年9月18日に誕生した世界初のカップ麺で今もなお多くの方から支持されているのはもちろん、2021年に発売50周年を迎えたロングセラーブランドでもあり、これからも話題性の高いフレーバーの登場に期待したいところ!

また、今回は“日清 燻製トリオ”として他にも“日清のどん兵衛 燻製ベーコンのカルボナーラうどん”や“日清焼そばU.F.O. 燻製マヨの塩カルビ味焼そば”も同時発売されています!こちらもそれぞれ“燻製ベーコン”・“燻製マヨ”によるスモーキーな薫りを組み合わせたメニューとして仕上がりが大変気になるところですので順次レビュー・ご紹介していきたいと思います!

さらに今回のトリオは、どれも味の決め手となる燻製の風味が利いているため、ヌードル・うどん・焼そばといったテイストごとにひと味違った薫りが思う存分楽しめることと思われ、やみつき感のある3種のトリオはかなりハマる方も多いのではないでしょうか?

それでは、今回の“カップヌードル 燻製チーズのチリトマト”がどれほどトマトの甘みと酸味を利かせたチリトマトスープに燻製の風味を加えたクセになる味わい・風味に仕上がっているのか?チリやクミンなどのスパイス感、そしてチーズのコクとの兼ね合いはもちろん、何と言ってもシリーズらしい滑らかな食感の幅広なフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り347kcal(めん・かやく317kcal / スープ30kcal)となっております。(塩分は3.7g)

カロリーは、トマトの甘みや酸味を利かせたチリトマトスープにクセのある“燻製チーズパウダー”で仕上げているものの、特別濃厚なテイストではなくレギュラーサイズということもあって割と低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり73g、麺の量は60gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと30kcalとやはり後味すっきりとしたチリトマトならではのテイストで、そこに別添されている“燻製チーズパウダー”を加えることによってクセになる燻製の風味やチーズのコクが引き立ち、スモーキーな風味とともにスパイスの利いたやみつき感のある仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、トマトパウダーや香辛料をはじめ…

  • 豚脂
  • 食塩
  • ポーク調味料
  • 香味調味料
  • プロセスチーズ
  • オニオンパウダー
  • 植物油脂

といった、トマトの甘みや酸味を利かせたチリトマトスープに別添されている“燻製チーズパウダー”を加えることによってサクラチップで燻ったような独特のスモーキーな風味やチーズのコクが際立ち、他にもチリやクミンなどのスパイスがちょうど良いメリハリとなり、最後まで飽きの来ない燻製の風味が香る味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:日清食品株式会社 関東工場(茨城県)

また、麺の項目を見てみると…ポークエキスや香味調味料といった材料が確認でき、今回のスープに合うようほどよく味付けされていることが伝わってきます!

JANコード4902105279861
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、ポークエキス、香味調味料)、スープ(トマトパウダー、香辛料、糖類、豚脂、食塩、でん粉、ポーク調味料、香味調味料、プロセスチーズ、たん白加水分解物、オニオンパウダー、酵母エキス、植物油脂)、かやく(キャベツ、味付鶏ミンチ、トマト加工品、コーン)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、乳化剤、炭酸Ca、増粘多糖類、かんすい、ベニコウジ色素、香辛料抽出物、カロチノイド色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、炭酸Mg、くん液、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (73g) 当たり]
熱量347kcal
めん・かやく: 317kcal
スープ: 30kcal
たんぱく質7.7g
脂質16.1g
炭水化物42.7g
食塩相当量3.7g
めん・かやく: 1.7g
スープ: 2.0g
ビタミンB10.90mg
ビタミンB20.21mg
カルシウム95mg

引用元:カップヌードル 燻製チーズのチリトマト | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、フタの上には“燻製チーズパウダー”と記載された調味料が別添されています!

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、“燻製チーズパウダー”の文字通りサクラチップで薫りを付けた風味とチーズのコク合わせたパウダーが含まれているので、調理中はフタの上で温める必要はありません。

また、具材には…

  • キャベツ
  • 味付鶏ミンチ
  • トマト加工品
  • コーン

が入っています!

さらに、麺はご覧の通りシリーズらしくつるっと滑らかな食感が印象的なシリーズらしいフライ麺となっており、今回は若干厚く・幅もやや広めな仕様で、食欲そそる燻製の風味を利かせたチリトマトスープがしっかりと絡む食べ応えのある仕上がりに期待できそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:300ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりと湯戻りしたことによって先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはほどよい滑らかさやコシが加わり、具材には味付鶏ミンチやトマト加工品などが豊富に使用されていて、まだ別添されている“燻製チーズパウダー”を加える前の状態ではありますが、トマトの甘みや酸味を利かせたチリトマトスープにクセになる燻製の風味やチーズのコクが相性良く馴染み、スパイスの利いたやみつき感のある一杯…といった印象の出来上がりです!

では、ここに先ほどの“燻製チーズパウダー”を加えていきます!
すると…見た目としてはチーズパウダーそのものといった印象なんですが、ほんのりとサクラチップで薫りを付けたようなクセのある風味が広がっていき、そもそも燻製の風味自体そこまで強くはなく、全体のバランスを考慮して調整されているようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…チリトマトスープらしく割とサラッとした仕上がりではありますが、“燻製チーズパウダー”が加わったことでチーズのコクが引き立ち、特に脂っこさや“くどさ”といった感じも一切なく、チリやクミンなどのスパイスを利かせた最後まで飽きの来ない味わいを臨場感高く表現しているようで、クセになる燻製の薫りを付与した本格感のある一杯となっているようです!

また、具材に使用されているトマト加工品は完全に旨味としてスープへと溶け込み、他にも味付鶏ミンチからも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて肉の旨味・コクが際立っていく…そんな満足度の高い味わいがじっくりと楽しめそうです!…というか今回のフレーバーはお馴染みの“チリトマトヌードル”に“燻製チーズパウダー”を加えることによって燻製の薫りとチーズのコクが加わり、各種スパイスともバランス良く融合しているように感じられます!

食べてみた感想

一口食べてみると…トマトの甘みと酸味にチリやクミンなどのスパイスを合わせた馴染み深いチリトマトスープなんですが、そこに“燻製チーズパウダー”が加わったことで燻製特有の風味がほんのりと香り立ち、チーズもほどよいコクをプラス、それによって燻製の風味・チーズのコクが突出して際立っているわけではなく、全体のバランスは思いのほか良いですね!

そして、ベースとなるトマトの旨味がスープの美味しさをしっかりと下支えし、その上にチーズのコクやクセになる燻製の風味などがバランス良く融合したことでスープ自体はコクもありつつ繊細なテイストが印象的で、最後まで飽きさせないスープの構成は好印象といったところ!特に容器底には粉末スープが溜まりがちなので、全体を混ぜながら味わっていくと、より一層深みのある味わいが楽しめることでしょう!

個人的に燻製と聞くと割とクセの強い風味をイメージさせるわけですが、実際にはサクラチップで薫りをほんのり付けた程度で、チリやクミンなどのスパイスを利かせたチリトマトスープの良さを損なうことなくちょうど良いアクセントとなり、もちろんチーズのコクも感じられるものの、メリハリの付いた味わいがたまらなく、ついつい箸が止まらなくなりますね!ただ強いて言うなら燻製風味はもっと強くても良かったような気がします…

麺について

麺は、ご覧の通り“カップヌードル”シリーズらしいつるっと滑らかな食感が印象的で、他のフレーバーと比較すると…幅がやや広めですすり心地抜群な仕様となっており、さらにフライ麺ならではの香ばしさが風味の良さを引き立て、ほんのり味付けしたことでスープとの馴染みも抜群です!

そんな麺には…トマトの甘みと酸味を利かせ、チリやクミンなどのスパイスを合わせたチリトマトスープがよく絡み、別添されている“燻製チーズパウダー”を加えることによってクセになる燻製の薫りやフライ麺特有の香ばしさが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付鶏ミンチが使用されていて、数・サイズともに全く申し分なく、じっくりと味わってみると…ふっくらとした柔らかな食感が印象的で、ほどよく味付けが施された鶏肉の旨味がじゅわっと滲み出す仕上がりでしたので、まずはスープと馴染ませながら食べ進め、後ほど食感滑らかな麺と一緒に絡めていただくと、より一層鶏肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのキャベツはほどよいサイズにカットされ、シャキシャキ感というよりも茹で野菜のような食感で、今回の一杯にちょうど良い彩りとしてのアクセントをプラスしているようです!

さらにこちらのコーンは、イメージ通り甘みのある味わいがしっかりと感じられ、今回の燻製香るチリトマトスープを損なうことなく、上記のキャベツとともにさり気なく彩りの良さを引き立てる見た目としてのアクセントがプラスされているようです!

スープについて

スープは、トマトの甘みや酸味を利かせたチリトマトスープに別添されている“燻製チーズパウダー”を加えることによってクセになる燻製の風味やチーズのコクなどが際立ち、チリやクミンなどのスパイスがちょうど良いメリハリをプラスした風味豊かな仕上がりとなっていて、食材を煙りで燻す独特な薫りがほんのりと感じられ、チリトマトヌードルらしいメリハリの付いたテイストにひと手間加わったスモーキーな味わいは最後まで飽きることもありません!

そもそも、ベースとなるスープにはトマトの甘み・酸味に加えチリやクミンなどのスパイスが加わっていますから、このちょうど良いアクセントがメリハリとなって最後まで飽きさせることもないんですが、今回はさらに燻製の薫りとチーズのコクが加わっていますから、若干控えめな燻製風味ながらも相性良く馴染み、特別燻製チーズだけが際立っているわけではない点が好印象といったところ!それによって様々な旨味を組み合わせているにも関わらず全体のバランスが良いんでしょうね!

また、容器底に溜まっている粉末スープや香辛料を全体に馴染ませるように食べ進めていくと、より一層旨味が増して楽しむことができ、チリトマトならではのスパイスが使用されたことでキリッとした口当たりに関しても申し分なく、別添されている“燻製チーズパウダー”と合わせても当然美味しいんですが、そもそも辛さレベルが「1」ですから、お好みによってはチリや唐辛子などで辛さを調整してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「カップヌードル 燻製チーズのチリトマト」を食べてみて、“日清 燻製トリオ”として燻製のクセになる薫りと美味しさが楽しめる風味豊かな一杯には…トマトの甘みと酸味を利かせたチリトマトスープに別添されている“燻製チーズパウダー”を加えることによって燻製の風味やチーズのコクが際立ち、具材に使用された味付鶏ミンチやトマト加工品からも良い旨味が滲み出し、燻製の風味としては若干弱めだったものの最後まで飽きの来ないテイストがレギュラーサイズで楽しめる満足度の高い仕上がりとなっていました!

というか、今回の“燻製チーズのチリトマト”は想像以上に全体のバランスが秀逸な仕上がりでしたね!燻製ならではの煙で燻った風味やチーズのコクが相性良く馴染み、スパイスが利いたことで特に飽きる要素もありませんし、やみつき感のある風味と美味しさがじっくりと味わえるフレーバーでしたので、男女問わず幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です