カップ麺

でかまる ねぎ塩豚 食べてみました!白飯に合う食べ過ぎ注意の美味い一杯

でかまる ねぎ塩豚

でかまる ねぎ塩豚」を食べてみました。(2019年7月8日発売・東洋水産)

この商品は、“うまい大盛”をコンセプトとしたお馴染み“でかまる”シリーズの新商品ということで、今回はポークの旨味を利かせた後味の良いスープにガーリックやペッパーなどの香辛料を利かせたことによって、「ご飯に良く合うラーメン」といったテーマにぴったりな…まさしく焼き肉の“ねぎ塩豚”の味わいを彷彿とさせる食べ応え抜群な一杯“でかまる ねぎ塩豚”となっております。(税抜き220円)

これまでも様々な“うまい大盛”を発売してきた“でかまる”シリーズですが、今回の“ねぎ塩豚”といったこれからの暑い時期にもぴったりな後味さっぱりとしたフレーバーであり、まさに白飯が欲しくなるような…商品名を聞くだけでも食欲を掻き立てられるボリューミーな一杯が登場というわけです!

ご覧の通り、パッケージには豚肉を炭火焼きするイメージ写真が掲載されていて、公式ページによるとスープには粗挽唐辛子なんかも使用されていて、“ねぎ”と塩味でいただく豚肉の旨味が“でかまる”シリーズらしく表現されているようですね!

また、こちらには“にんにくの利いたやみつき塩味ラーメン!”と記載されているように、ただでさえ“ねぎ塩豚”といった後味さっぱりとした肉の旨味が楽しめる仕上がりかと思いましたが、今回の一杯にはさらに食欲そそる“にんにく”を利かせているとのことで、このコンビネーションは白飯必須の一杯とも言えるのではないでしょうか?

このように…今回の“ねぎ塩豚”は、ぜひ白飯を用意して一緒に楽しみたいところではありますが、こちらのパッケージ側面にも記載されているように“この商品はご飯によく合う商品となっております。”の文字通りまさしく白飯が欲しくなるような後味の良い焼き肉ならではの味わいがしっかりと表現され、ついつい食べ過ぎてしまう…“でかまる”シリーズにふさわしいテイストの一杯のようです!

さらに“お腹いっぱいになりすぎるおそれがございます。”とのことですので、相性抜群なのはわかっていますが…多少控えめな盛りで楽しむと良いかもしれません!!しかし焼き肉と白飯って合うんですよね。。

一方こちらには肉の旨味や“にんにく”が利いた後味さっぱりとしたクセになりそうな仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限りスープは塩ベースのすっきりとしたキレのある印象で、具材には…味付豚肉・味付鶏挽肉・ねぎ・フライドガーリックが使用されているようです!

他にも特徴として…具材には味付けした豚肉と鶏挽肉を豊富に使用し、それによってポークを利かせたこってり・あっさりとした厚みのある塩スープとも相性抜群な味わいが表現され、それによって“でかまる”シリーズらしい麺重量90gの大盛り仕様にもかかわらず最後まで飽きることのない焼き肉の“ねぎ塩豚”ならではの味わいをガッツリと楽しむことができる一杯というわけです!

実際に食べてみて…

豚肉の旨味がほどよいこってり感となってスープに溶け込んでいましたが、今回は塩ベースのスープということもあって非常に後味さっぱりとした“ねぎ塩”の味わいにうまくマッチし、まさしく焼き肉の“ねぎ塩豚”を彷彿とさせる仕上がりによって白飯が欲しくなる…そんな旨味溢れる味濃い仕上がりがたまらない一杯となっていました!
これは特に、焼き肉の“ねぎ塩豚”ならではの味わいをカップ麺として気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこのお馴染み“でかまる”シリーズから登場した“ねぎ塩豚”の味わいを彷彿とさせる白飯必須!後味の良い飽きの来ない一杯「でかまる ねぎ塩豚」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

でかまる ねぎ塩豚

今回ご紹介するカップ麺は、“うまい大盛り”で定評のあるシリーズ“でかまる”の新商品ということで、食欲そそるガーリックを利かせた塩味の後味すっきりとしたスープに味付豚肉を使用したことによって、焼き肉の“ねぎ塩豚”を彷彿とさせる一杯“でかまる ねぎ塩豚”となっています。

…というかポーク・ガーリックを利かせた塩スープに味付けされた豚肉が具材として入っているという時点ですでにゴクリ…と想像してしまうわけで、白飯が必要なのも瞬時に浮かびますよね?笑

そして、この“でかまる”シリーズの中でも白飯がぴったりで“食べ過ぎ注意”と記載された一杯はこれまでも“でかまる 回鍋肉風旨辛味噌ラーメン”や“でかまる 生姜焼き風 甘辛醤油ラーメン”などがあり、どれもまさしく美味い“おかず”的要素を含んだご飯との相性抜群なガッツリ系の仕上がりでしたね!!

しかも今回のテイストは“ねぎ塩豚”ということで、これからの暑い季節にもぴったりな後味さっぱりとしたフレーバーがまた良いですよね!これこそ白飯食べ過ぎ注意です!

濃厚こってりな焼き肉の味もいいですが、こういった後味の良い焼き肉の味は“くどさ”はもちろん、最後まで飽きることなくパンチのある味わいをガッツリとたのしむことができますから、ぜひ少量でも白飯を用意してその相性の良さを楽しみたいところ!!

それでは、今回の“でかまる ねぎ塩豚”がどれほど“ねぎ塩豚”の味わいをリアルに再現しているのか?ポークやガーリックの利かせ具合やスープ全体のバランス、そして“でかまる”ならではの太い丸刃仕様の麺との兼ね合いなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り547kcal(めん・かやく461kcal / スープ86kcal)となっております。(塩分は7.6g)

カロリーは、食べ応えのあるシリーズ“でかまる”らしい高めの数値のようで、塩分も同じくかなり高めの数値のようです!
ちなみに1食当たり127g、麺の量は90gの大盛り仕様となっています!

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは86kcalと後味さっぱりとしたスープの割に比較的高めにも感じられるため、やはり“ねぎ塩豚”とは言え…ポークを利かせた飲み応えのあるコク深く厚みのあるスープに期待できそうです!!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスやチキンエキスをはじめ…

  • ラード
  • しょうゆ
  • 香辛料
  • 食塩
  • 植物油
  • 粉末野菜

といった、“ねぎ塩豚”の味わいを思わせるポークの旨味がベースとなり、そこにチキンや野菜の旨味が美味しさをより一層引き立て、塩スープによって後味の良いシャープな飲み口を表現したこってり感とあっさり感がうまく調和された白飯必須の味わいを想像させる材料が並びます!

また、麺の項目を確認してみると…香辛料や粉末野菜など様々な材料が使用されているようで、若干ながらも味付けが施されているようにも見えますね!

JANコード4901990363549
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、香辛料、粉末野菜、卵白)、添付調味料(ポークエキス、チキンエキス、ラード、しょうゆ、香辛料、食塩、植物油、粉末野菜、砂糖、たん白加水分解物)、かやく(味付豚肉、味付鶏挽肉、ねぎ、フライドガーリック)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、炭酸カルシウム、酒精、かんすい、カラメル色素、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (127g) 当たり]
熱量547kcal
めん・かやく: 461kcal
スープ: 86kcal
たんぱく質14.0g
脂質26.9g
炭水化物62.3g
食塩相当量7.6g
めん・かやく: 1.8g
スープ: 5.8g
ビタミンB10.98mg
ビタミンB20.39mg
カルシウム203mg

引用元:でかまる ねぎ塩豚 | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、液体スープ、粉末スープといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、粉末スープは先入れ仕様、後味すっきりとした“ねぎ塩豚”といったフレーバーらしく調味料はそこまで量は多くはない印象です。

そして、具材には…

  • 味付鶏挽肉
  • ねぎ
  • フライドガーリック

が入っています。

今回の“ねぎ塩豚”には具材(かやく)にも味付豚肉が使用されているんですが、他にも味付鶏挽肉が含まれているようで、この豚・鶏の具材によっってさりげなく塩ベースの旨味をより一層美味しく引き立てているようです!

また、麺はご覧の通り太い・丸刃仕様の麺が採用されていて、つるっと滑らかな食感が特徴的な仕上がりとなり、“でかまる”シリーズらしく麺の重量90gの大盛りによってたっぷりと満足感を満たしてくれるボリューミーな一杯となっています!

調理してみた

ではまず、かやくと粉末スープを入れてみます。

かやくには、

  • 味付豚肉

が入っています。

やや小ぶりな具材ではありますが、若干量が多めとなっていることから…湯戻りによってどこまで旨味が滲み出る仕上がりとなっているのか?気になるところ。。

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

“ねぎ塩豚”ということもあって、まだ液体スープを入れる前ではありますが…かなりあっさりとした後味の良い一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
すると…調理中にしっかりと温めておいたにもかかわらず若干“とろみ”のような感じのある状態となっていて、これを見る限り“ねぎ塩豚”と言えども、ポークやチキン、ラードなどの旨味が凝縮された塩味のスープに仕上がっているようですね!

そして、その液体スープは若干重みがあり、すぐに麺の下へと沈んでいくわけですが、ラードのような油の層だけがスープ表面に浮き、コクのある焼き肉“ねぎ塩豚”の味わい…といった食べ応え抜群な塩味ラーメンを思わせます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…どちらかと言うとさらっとした印象のスープではありますが、動物系の旨味がコクをプラスし、塩味とは言ってもしっかりとした旨味が楽しめそうな焼き肉の味が“でかまる”シリーズらしく表現されているようですね!これは白飯用意しましょう!笑

また、やはり味付豚肉や味付鶏挽肉の量はやや多めとなっていて、こちらからも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れてどんどん“ねぎ塩豚”の旨味も増していき、同じく白飯も進みそうな危険な香りがしますね。。

とにかく…“ねぎ塩豚”のあっさりとした仕上がりと思いきや!“でかまる”シリーズらしいガッツリ系となっているため、後味すっきりしているとは言え、しっかりとした食べ応えが楽しめそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…まさしく焼き肉の“ねぎ塩豚”の味わいがうまく表現されていて、ねぎ塩の後味さっぱりとしたスープに豚肉ならではのコクや濃厚感が絶妙にマッチし、思ったよりもこってり感はありますが、その辺りに関しては塩味のスープということもあって全く“くどさ”などを感じさせることなく最後まで飽きることもないでしょう!

さらに、豚肉ならではの脂っこさをうまく調和させるかのようにガーリックやペッパーなどの香辛料がしっかりと味に締まりをプラスし、それによってさらに“ねぎ塩豚”の美味しさにメリハリが付き、後味さっぱりとした味わいをじっくりと楽しむことができます!

これは…焼肉だけは塩派!という方にとってかなり満足できる一杯ではないでしょうか?普通に白飯が隣りに置いてあっても不自然ではありません!!

麺について

麺は、ご覧の通り太麺・丸刃仕様によるつるっと滑らかな食感が印象的ですが、ほどよい弾力とともに力強いコシなんかも兼ね備えた食べ応え抜群な“でかまる”シリーズにぴったりな麺に仕上がっています!(この辺りはお好みによって調理時間を変更して硬さを調整してみても良いかもしれません!)

そんな太麺には焼き肉の“ねぎ塩豚”の後味さっぱり・コクのある豚の旨味がバランス良く表現された塩味のスープがよく絡み、一口ずつにガーリックやペッパーなどの香辛料によってキレのある口当たりとなった飽きの来ないコク深い味わいが口いっぱいに広がっていき、食欲そそる“にんにく”の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、若干小ぶりではありますが…物足りなさを感じさせる量では全くなく、厚みもあるので噛み応えなんかもあり、噛むと豚肉らしい旨味が滲み出てくる仕上がりとなっていたため、食べはじめはスープに良い味を出してもらうためにも麺の下に沈めておくと良いかもしれません!

また、こちらの味付鶏挽肉も上記の味付豚肉と同じく今回の“ねぎ塩豚”の旨味をさりげなく引き立てる具材となっていて、挽肉らしくかなり小ぶりな具材ではありますが、食べ進めていくに連れて鶏肉らしいコクが増しているようにも感じられます!

さらにこちらの“ねぎ”は、さっぱりとした焼き肉の豚肉を“ねぎ塩”で楽しむには欠かせない具材のひとつとして後味の良さや豚肉ならではのこってり感を調和させるには非常に相性の良い薬味となっているようです!

スープについて

スープは、ポークやチキンの旨味がベースとなったことで、塩味のスープの割にしっかりとしたコクや濃厚感・こってり感が焼き肉の豚肉っぽさをうまく演出していて、そこに相性抜群なガーリックやペッパーなどの香辛料が味に締まりを加え、まさしく“ねぎ塩豚”の味わいが最後まで飽きることなく楽しめる仕上がりとなっていました!

そのため、ちょっぴりレモンを付け加えたくなるようなリアルな焼き肉の“ねぎ塩豚”の味わいがスープ、具材によって臨場感溢れる美味しさとなって表現され、“白飯の食べ過ぎにお気をつけください。”といった注意事項も納得の後味の良さが楽しめるでしょう!

ではでは…その背徳とも言える食べ過ぎ注意の白飯を試してみましょう!!
すると、合わないわけがないですよね!笑

“ねぎ塩豚”といった後味さっぱりとした味わいに豚肉を感じさせる旨味が凝縮されたスープがうまくマッチし、味は若干濃いめに仕上がっているからこそ白飯がぴったり合うものと思われます!

大抵残ったスープに追い飯すると美味しいんですが…これは特に焼き肉の“ねぎ塩豚”といった相性抜群な味わいに仕上がっているため、確かに食べ過ぎに注意した方が良いかもしれません!

そして、このスープ表面に浮かぶ“ねぎ”や粗挽き唐辛子、さらにラードの油といった実に様々な材料によってメリハリある“ねぎ塩豚”の味わいがカップ麺に再現されていて、“ねぎ塩”と豚肉との相性抜群な味わいが最後までガッツリと楽しむことができるでしょう!

このように、今回の“でかまる ねぎ塩豚”は、塩ベースのスープにガーリックやペッパーなどの香辛料がしっかりと利き、具材にも豊富に使用された“ねぎ”によって豚肉本来のこってり感が後味の良いさっぱりとした“ねぎ塩”の味わいに仕上がり、まさしく「ご飯に良く合うラーメン」をテーマにぴったりな一杯となっていたため、後はお好みでレモンをちょい足ししたり、ペッパーなどの香辛料などを追加アレンジしてみても良いかもしれません!

まとめ

今回「でかまる ねぎ塩豚」を食べてみて、商品名である“ねぎ塩豚”らしい後味さっぱりとした“ねぎ塩”の味わいが塩味のスープと具材に使用された“ねぎ”からもうまく表現され、そこにポークの旨味がしっかりと利いたことで、まさに“ねぎ塩豚”らしい脂っこさとすっきりとした香辛料による飽きの来ない味わいがうまく調和され、当然白飯にもぴったりな食べ応え抜群な一杯となっていました!

このように今回の一杯は焼き肉塩派の方にはたまらない一杯とも言え、こういった“ねぎ塩豚”の味わいは非常に後味も良いため、コク深く深みのある味わいではありますが、全く飽きることなくパンチの強い味わいをじっくりと楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!