どん兵衛

日清のどんどん兵衛 沖縄風そば!鰹節と昆布のW出汁に豚の旨味を合わせた沖縄気分が味わえる一杯

日清のどんどん兵衛 沖縄風そば

日清のどんどん兵衛 沖縄風そば」を食べてみました。(2022年4月18日発売・日清食品)

この商品は、お馴染み“日清のどん兵衛”シリーズの新フレーバーであり、鰹節と昆布のW出汁に豚の旨味を利かせたことによって後味さっぱりとした中にもコクのある“つゆ”に仕立て上げ、そこに手揉み風の“太ウェーブ麺”が絡むことで“沖縄そば”をイメージさせる風味豊かなフレーバーです!

それも…沖縄の郷土料理“沖縄そば”を“日清のどん兵衛”流にアレンジ、シリーズらしい出汁の旨味を活かし、豚の旨味を加えたことによってコク深く後味の良いじんわりと染み渡る“つゆ”を表現、そこに“日清のどん兵衛”シリーズらしいもっちりとした弾力に“ちぢれ”を加えた“太ウェーブ麺”が相性良く馴染む味わい深い一杯、“日清のどん兵衛 シビ辛麻辣うどん”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通りパッケージには“豚の旨味と鰹節×昆布のWだし”と記載され、その背景には厚みもあり幅広な“太ウェーブ麺”のリフト写真が掲載されており、見るからにもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた本格感のある太い“うどん”の特徴を活かし、“沖縄そば”に使用されているモチモチとした食感を再現し、気軽に本格感のある“沖縄そば”が楽しめるのではないでしょうか?

一方こちらには、“ありそうでなかった!”、“沖縄風そば”と記載されているように、そもそも出汁の旨味に定評のある“日清のどん兵衛”シリーズ特有の“つゆ”に豚の旨味を加え、さらにもっちリとした“うどん”を“太ウェーブ麺”として“沖縄そば”ならではの味わいをうまく再現、その背景には出汁の旨味を活かした透明度の高い“つゆ”に各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…紅生姜・大豆たん白加工品・かまぼこ・味付卵・“ねぎ”が使用されているようです!

…というか、シーサーやハイビスカスなどのイラストイメージからも沖縄気分がよーく伝わってきますね!

また、これまで発売されてきた“日清のどん兵衛”シリーズでは…ご存知の通り魚介出汁の染み渡る味わいを中心に商品展開しているんですが、豚の旨味を合わせたことで“沖縄そば”ならではの美味しさに仕立て上げたフレーバーは意外にも初かと思われ、基本的にスープは後味すっきりとした味わいを再現し、当然“そば粉”は使用されておりません。そのため、想像以上に本格感のある“沖縄そば”が楽しめるものと思われます!

ちなみに今回の商品名は“日清のどんどん兵衛 沖縄風そば”となっており、この“どんどん”とは…“ワクワクする”といった意味を持つ沖縄の方言のようで、シリーズ名に捩ったことで沖縄気分を盛り上げているようです!

他にも特徴として…麺は上記の通りつるっと滑らかな食感やもっちりとした弾力を合わせ持つ“太ウェーブ麺”が採用されており、鰹節×昆布のW出汁に豚の旨味を利かせた透明感のある醤油ベースの染み渡る“つゆ”に紅生姜を加えることで美味しさ引き立つ“沖縄そば”が最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

鰹節と昆布によるW出汁に豚の旨味を合わせたことであっさりとした中にもコク深い旨味がしっかりと表現され、若干魚介出汁の方が強めな印象ではありましたが…あっさり感と物足りなさを感じさせない豚の旨味がうまく調和され、なんと言っても具材に使用されたレトルト仕様の紅生姜が“つゆ”に馴染むことで“沖縄そば”ならではの美味しさがより一層際立ち、素材の旨味を存分に活かした雰囲気のある味わいが再現され、つるっと滑らかな食感やもっちりとした弾力の“太ウェーブ麺”が相性良く馴染み、まさに後味さっぱりとした沖縄の郷土料理“沖縄そば”が気軽に楽しめる本格感のある一杯となっていました!
これは特に、“沖縄そば”が好みの方はもちろん、鰹節と昆布のW出汁に豚の旨味を利かせたキレ・コクのある後味さっぱりとした“つゆ”をもっちリとした“太ウェーブ麺”とともに気軽に味わいたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“日清のどん兵衛”シリーズの新フレーバーとして、鰹節と昆布のW出汁に豚の旨味、そして具材に使用された紅生姜を加えることによって“沖縄そば”ならではのじんわりと染み渡る飽きの来ない“つゆ”を“日清のどん兵衛”流にアレンジ、さらにもっちりとした上に手揉み風の“ちぢれ”を加えた“太ウェーブ麺”を合わせることによって本場“沖縄そば”のような雰囲気ある味わいに仕上げ、沖縄気分が気軽に楽しめる万人受けするかのような一杯、「日清のどんどん兵衛 沖縄風そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のどんどん兵衛 沖縄風そば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“日清のどん兵衛”シリーズの新商品ということで、これまで発売してきた和風テイストをうまく活かし、豚の旨味をバランス良く合わせたことによって沖縄の郷土料理“沖縄そば”ならではの染み渡る“つゆ”を再現、透明度の高いキリッとした味わいながらもコクのある味わいといった“沖縄そば”を“日清のどん兵衛”流にアレンジ、さらにもっちりとした弾力とほどよいコシを併せ持った“太ウェーブ麺”が相性良く馴染んだことで気軽に沖縄気分が楽しめる素材の美味しさを存分に活かした一杯、“日清のどんどん兵衛 沖縄風そば”となっています。

ご覧の通りパッケージにはロイヤルカラーの黄色地衣裳(紅型-びんがた-)をイメージさせるデザインがあしらわれ、鰹節と昆布のW出汁に豚の旨味を合わせた“沖縄そば”ならではの“つゆ”にもっちりとした“太ウェーブ麺”や各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されており、“沖縄そば”の味わいを“日清のどん兵衛”流にアレンジしたことで透明度の高い後味すっきりとした味わいをイメージさせ、出汁の旨味を活かしたことでどれほど味わい深い“つゆ”に仕上がっているのか非常に気になるところ!

日清のどんどん兵衛 沖縄風そば パッケージ

ちなみにこの“日清のどん兵衛”とは…1976年の発売以来、超人気のロングセラー商品として幅広い層に愛され続けている“和風カップ麺”のトップブランドです!

また、この“日清のどん兵衛”シリーズの“どんぶり型”としての“うどん”は、2022年3月28日に発売された“最強どん兵衛 かき揚げそば”と“最強どん兵衛 きつねうどん”以来の新フレーバーとなっており、最近では特に“日清のスタミナどん兵衛 豚ニンニク味噌うどん(2022年2月7日発売)”や“日清のスタミナどん兵衛 辛豚ニンニクうどん(2022年3月21日発売)”といったガツンとした縦型ビッグサイズが多く商品展開されています!
※改めて見てみると…“日清のどん兵衛”シリーズはほとんどが“うどん”のようですね。

それでは、今回の“日清のどんどん兵衛 沖縄風そば”がどれほど鰹節と昆布のW出汁に豚の旨味を合わせたことで“沖縄そば”ならではのキレ・コクのある仕上がりとなっているのか?具材に使用されたレトルト仕様の紅生姜が滲み出すことによるピリッとしたアクセントとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいもっちりとした弾力とほどよいコシ、手揉み感のある“ちぢれ”を加えた“太ウェーブ麺”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り348kcal(めん・かやく330kcal / スープ18kcal)となっております。(塩分は5.4g)

カロリーは、鰹節と昆布のW出汁に豚の旨味をバランス良く合わせた“沖縄そば”ならではの後味すっきりとした味わいを再現したというだけあって割と低めな数値のようで、塩分も同じく低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり79g、麺の量は66gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと18kcalとかなり低い数値となっているため、“沖縄そば”ならではの後味すっきりとしたテイストながらもじんわりと染み渡る魚介出汁やコクのある旨味といった…素材の美味しさを存分に活かした仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩やポーク調味料をはじめ…

  • 糖類
  • かつおぶし調味料
  • 魚粉
  • こんぶ調味料

といった、鰹節と昆布のW出汁に豚の旨味をバランス良く合わせたことでシンプルながらも最後まで飽きの来ない“沖縄そば”ならではのじんわりと染み渡る出汁の旨味とコクがバランス良く融合した“つゆ”といった落ち着いた雰囲気の味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105271919
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、スープ(食塩、ポーク調味料、糖類、かつおぶし調味料、魚粉、こんぶ調味料)、かやく(紅しょうが、大豆たん白加工品、かまぼこ、味付卵、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、香料、炭酸Ca、増粘多糖類、グリセリン、pH調整剤、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、マリーゴールド色素、野菜色素、ベニコウジ色素、乳化剤、カラメル色素、クチナシ色素、チャ抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、カロテン色素、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (79g) 当たり]
熱量348kcal
めん・かやく: 330kcal
スープ: 18kcal
たんぱく質7.5g
脂質13.9g
炭水化物48.2g
食塩相当量5.4g
めん・かやく: 2.1g
スープ: 3.3g
ビタミンB10.23mg
ビタミンB20.27mg
カルシウム124mg

引用元:日清のどんどん兵衛 沖縄風そば | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープ、かやく、紅生姜といった3種類の調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に今回は粉末仕様ということもあって後味すっきりとしたテイストをイメージさせ、レトルトによる紅生姜が使用されたことで臨場感の高い味わいが際立って楽しむことができ、調理中にフタの上で温める必要はありません!

また、麺はご覧の通り厚みもあり幅広ないつも通りの太い“うどん”にも見えるんですが…手揉み風の“太ウェーブ麺”が採用されており、湯戻りする以前からすでにもっちりとした弾力やつるっと滑らかな食感を思わせる仕様となっています!
※この麺の裏側には“かまぼこ”がすでに入っています。

調理してみた

ではまず、“かやく”と粉末スープを入れてみます。
すると…原材料にも記載されていた通り鰹節と昆布のW出汁に豚の旨味を利かせた“沖縄そば”ならではの“つゆ”なんですが、魚介出汁が特に際立っているようで、染み渡るような…食欲そそる風味が確認でき、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせないコク深い味わいに期待できそうです!

そして具材には…

  • 大豆たん白加工品
  • 味付卵
  • ねぎ

が入っています。

これを見る限り“沖縄そば”の雰囲気をうまく表現しているようですが、“日清のどん兵衛”シリーズらしい味付卵なんかも使用されているのが印象的で、個人的には“沖縄そば”を再現するなら必要ないような気もするものの、沖縄のイメージや華やかな彩りとしてのアクセントがプラスされ、そもそも鰹節と昆布のW出汁に豚の旨味を合わせたことであっさりとした中にもコクのある美味しさが徐々に際立っていき、臨場感の高い味わいによって満足度も増していくものと思われます!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:370ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸ったことで先ほどまでの“太ウェーブ麺”や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、先入れタイプの粉末スープはすでに溶け込み、特に“太ウェーブ麺”にはもっちりとした弾力やほどよいコシが加わり、鰹節と昆布のW出汁に豚の旨味を利かせた目利破倫ある“沖縄そば”ならではの“つゆ”に仕立て上げ、後味さっぱりとした味わいがクセになる想像以上に臨場感の高い本格的な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして最後に別添されていた紅生姜を添えたら完成です!
ご覧の通り色味は“沖縄そば”らしく透明感の高い“つゆ”に仕上がり、サラッとしたテイストに豚のコクが相性良く溶け込んだことで、あっさりとした中にも奥行きのある味わいに期待でき、紅生姜のピリッとしたアクセントがちょうど良いメリハリとなり、本格感のある“沖縄そば”の“つゆ”がもっちりとした“太ウェーブ麺”とともにたっぷりと堪能できることに間違いありません!

…というか“日清のどん兵衛”シリーズは出汁に定評あり、もっちりとした“うどん”の特徴も活かしたことで“沖縄そば”にも通じるところがありますので、シリーズらしさをうまくアレンジしたことによって沖縄の郷土料理“沖縄そば”の味わいを再現し、じんわりと染み渡る“つゆ”ともっちりとした“太ウェーブ麺”を絶妙にマッチさせたことでクオリティの高い仕上がりに期待できそうです!(これはもしかしたら再販も期待できるかもしれません。)

また、具材に使用された大豆たん白加工品や紅生姜からも良い旨味やアクセントが滲み出しているようにも感じられ、しっかりとスープと馴染ませていくことによって後味さっぱりとしたメリハリのある“つゆ”、食欲そそる風味なんかも際立っていき、ちょうど良い塩加減によって満足度も増していき、想像以上に本格感のある“沖縄そば”が気軽に楽しめるものと思われます!

そしてなんと言っても基本的には素材の旨味を存分に活かした“つゆ”に仕上がり、もっちりとした弾力とほどよいコシを併せ持つ“太ウェーブ麺”が採用されていますから、食欲をガツンと満たしてくれるのはもちろん、見た目以上に旨味が強く、魚介出汁を豚の旨味が引き立てる…“沖縄そば”ならではの味わいが臨場感高く再現されているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…やはり粉末仕様ということもあって豚の旨味に関してはほどよいコク程度のものとなっていて、鰹節と昆布のW出汁を引き立てる下支えとして相性良く馴染み、“日清のどん兵衛”シリーズらしい染み渡る美味しさをうまく活かした本格感のある“沖縄そば”を再現し、別添されている紅生姜がちょうど良いアクセントをプラス、それによって非常にサラッとしたスープでありながらも物足りなさといった感じは一切なく、もっちりとした“太ウェーブ麺”が絶妙にマッチしたことで沖縄の郷土料理“沖縄そば”を味わっているかのようなクオリティの高い仕上がりとなっています!

そして今回の“沖縄そば風そば”は粉末スープだけで魚介出汁と豚の旨味をバランス良く合わせた後味の良い“つゆ”を再現しているわけですが、ここにレトルト仕様の紅生姜が加わったことで本格感が際立ち、それによって最後まで飽きの来ない後味さっぱりとしたフレーバーがたまらなく、あっさりとした中にもじんわりと染み渡る満足度の高い一杯と言えるでしょう!

そのため、じんわりと染み渡る和風出汁を活かした“日清のどん兵衛”シリーズとしては今まで登場しなかったことが不思議なほど臨場感が高く、なんと言っても弾力のある“太ウェーブ麺”が“沖縄そば”らしいもっちりとした弾力ある麺を再現し、これまでにない雰囲気ある美味しさをシリーズらしくアレンジ、まさに後味すっきりとした安定感のある味わいがたっぷりと楽しめることと思われます!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしい厚みのある幅広な“太ウェーブ麺”が採用されており、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備え、ほんの僅かながらも“ちぢれ”を付けたことでスープとの絡みも非常に良く、食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな特別仕様の麺には…鰹節と昆布のW出汁に豚の旨味をバランス良く合わせた薄口醤油のような透明度の高い“つゆ”がよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡るかのような魚介出汁やコク深い豚の旨味などが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る魚介出汁ならではの風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!…というかこの風味がまた“沖縄そば”らしいテイストをイメージさせ、あっさりとしていながらもコク深く染み渡る旨味が心地良く、最後まで全く飽きさせません!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの大豆たん白加工品が入っていて、大豆を主原料としているだけあって若干チープな感じは否めないものの…ほどよい味付けが施されていたため、スープとしっかりと馴染ませながら食べ進め、後ほどもっちりとした弾力の“太ウェーブ麺”と絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの味付卵は、見た通りふんわりとした柔らかな食感に仕上がり、味付け自体はそこまで感じられないものの、彩りの良い具材のひとつとして今回の一杯にちょうど良い彩りの良さをプラスしているようです!

そしてこちらの紅生姜はレトルト仕様となっていて、味・食感ともに臨場感が高く、“沖縄そば”と相性抜群なアクセントが加わったことで“つゆ”そのものの美味しさが引き立ち、より一層本格感のある味わいが楽しめる絶妙な具材となっています!

さらにこちらの“かまぼこ”は、味付け自体そこまで感じられませんが、“日清のどん兵衛”シリーズらしさを残したんですかね?特に“沖縄そば”に使用されているわけでもありませんので、彩りの良さとして見た目の華やかさが際立っているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、やや小ぶりでしたのでシャキシャキとした食感とまではいかないものの…ほどよい薬味にもなったことによって今回“沖縄そば”をイメージした“つゆ”の美味しさを引き立てるのはもちろん、後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材隣っています

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り鰹節と昆布のW出汁に豚の旨味をバランス良く合わせたことによって沖縄の郷土料理“沖縄そば”の味わいを臨場感高く再現し、そこに豊富な具材を使用したことでちょうど良いメリハリが付き、割と透明度の高いスープによって後味すっきりとしたキレのある口当たりが心地良く、想像以上に臨場感の高い“つゆ”を再現しているように感じられます!

そのため、今回の“沖縄風そば”はシンプルながらも素材の旨味を存分に活かしたテイストと言え、キレ・コクのある飽きの来ないすっきりとした味わいが印象的で、当然脂っこさといった感じもありませんので…ついついスープが止まらなくなりますね。。キリッとした塩気や香辛料も後押ししたことであっさり系が好みだとかなりハマる方も多いのではないでしょうか?

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された大豆たん白加工品や紅生姜からも良い旨味やアクセントが滲み出し、サラッとした“つゆ”を美味しく引き立て、“沖縄そば”らしく非常にシンプルなんですが…物足りなさといった感じは一切なく、魚介出汁と豚の旨味といったWスープ仕様によって思ったより繊細な味わいが堪能でき、食べ進めていくに連れて満足度も増していきます!

他にも出汁の旨味に定評のある“日清のどん兵衛”シリーズらしさをうまく活かし、豚の旨味を合わせたことで自然と“沖縄そば”風なテイストに仕上がり、全体のバランスの良さは言うまでもなく、じんわりと染み渡る魚介出汁とコクのある“つゆ”によって幅広い層に好まれる一杯に間違いなく、まさに臨場感の高い“沖縄そば”が最後まで飽きることなく堪能できることでしょう!

このように、今回の“日清のどんどん兵衛 沖縄風そば”は、鰹節と昆布のW出汁に豚の旨味を合わせたことでシリーズらしさも踏襲しつつ“沖縄そば”の特徴もうまく再現し、じんわりと染み渡る魚介出汁の旨味とそれを引き立てるコクがバランス良く調和され、決して脂っこさのないメリハリのあるテイストが心地良く、手揉み風のもっちりとした“太ウェーブ麺”が絶妙にマッチしたことで、まさに“沖縄そば”を味わっているかのような味わいが気軽に楽しめる本格的な一杯となっていたため、お好みによっては豚の角煮辺りを追加トッピングして、さらに臨場感の高い美味しいさを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清のどんどん兵衛 沖縄風そば」を食べてみて、出汁の旨味で定評のあるシリーズをうまく活かし、鰹節と昆布のW出汁に豚の旨味をバランス良く合わせたことによって“沖縄そば”ならではの美味しさをクオリティ高く再現、そこにレトルト仕様の紅生姜がちょうど良いアクセントとなり、麺には手揉み風の“太ウェーブ麺”が採用されたことで想像以上に“沖縄そば”ならではの雰囲気ある味わいが楽しめる安定感のある仕上がりとなっていました!

ただ、若干魚介出汁が際立って感じられたため、豚の旨味に関しては弱く感じられる方も多いかもしれませんね!そのため、“日清のどん兵衛”らしい出汁の旨味や弾力のある“うどん”をうまく活かした本格的な“沖縄そば”ではありますが…後味すっきりとしたメリハリが印象的でしたので最後まで飽きることなく楽しめることに間違いありません!

やはり魚介出汁や豚の旨味を薄口醤油と合わせたことで“沖縄そば”ならではの美味しさを再現した一杯はあっさりとしていながらも雰囲気あって美味しいですね!個人的にはもう少し豚の旨味を強調しても良かったような気もしましたが…全体的なバランスは非常に良かったため、かなり幅広い層に好まれる仕上がりと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!