どん兵衛

日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺!調理時間8分の本格感のある一杯

日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺

日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺」を食べてみました。(2020年11月16日発売・日清食品)

この商品は、出汁に定評のある“日清のどん兵衛”シリーズの新商品ということで、今回使用されている“うどん”には…全体の小麦粉に対して30%もの“もち小麦”が使用され、これまで発売されてきた“日清のどん兵衛”シリーズの中で最も太い仕様で、何と調理時間8分によってこれまでにないもっちもち食感と太さを実現、まさに“日清のどん兵衛”が自信を持って送り出す限定プレミアムな一杯が登場です!

それも…じんわりと染み渡る味わいを表現するロングセラー商品らしい昆布と鰹の良い出汁を利かせた品のある“和風つゆ”に“ふっくらおあげ”からの旨味・甘味が滲み出し、そこにシリーズ史上最も太くもっちりとした弾力を実現させたという“史上最もっちもち麺”が絶妙にマッチしたことで最後まで飽きの来ない味わいがじっくりと楽しめる一杯、“日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最(さい)もっちもち麺”となっております。(税抜き205円)

ご覧の通りパッケージには“たどり着いた究極の麺「もち小麦」使用”と記載されているように、今回の一杯は特に麺に拘り、使用されている小麦の材料や分量、そしてなんと言っても調理時間8分によって実現された本格感のある食感がたっぷりと堪能できるようですね!

ちなみに2015年辺りにはSNSで“10分どん兵衛”なんかも非常に話題となっておりましたが、今回の“史上最もっちもち麺”にはつるっと滑らかな食感だけでなく、“うどん”に“もち小麦”を30%使用したことによって強いコシなんかも兼ね備えられ、レギュラー商品を単純に10分放置した仕上がりとはまた本気度が違うことが予想されます!

さらにその背景には昆布と鰹の魚介出汁を醤油ベースの“つゆ”に合わせたシャープな飲み口と深みのある味わいにシリーズならではの大きな“お揚げ”が添えられ、彩り豊かな七味が華やかさを演出する仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…“ふっくらおあげ(丸大豆100%使用)”・かまぼこ・“ねぎ”が使用されているようです!
※他にも和山椒を利かせた風味豊かな“彩り七味”が別添されています。

そしてこちらには今回新たに使用された“史上最もっちもち麺”による“おもち”のようなもっちりとした弾力や噛み応えのあるコシを調理時間8分で実現させたというシリーズ史上最も太い“うどん”の仕上がりイメージなんかも掲載されており、あくまでイメージ画像ではありますが…非常に太くもっちりとした食感がしっかりと楽しめることがよーく伝わってきます!

他にも特徴として…上記の通り麺には日清食品の独自製法“3層太ストレート製法”に希少な“もち小麦”を使用したことによって、シリーズ史上最も太く、“おもち”のようなもっちりとした食感を実現、それによって昆布や鰹の旨味をしっかりと利かせたじんわりと染み渡る“和風つゆ”とともにカップ麺ながらも本格感のある一杯が最後までじっくりと堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

調理時間8分という…手軽に食べられるカップ麺の概念を覆したとも言える“うどん”には、確かに“おもち”のようなもっちりとした弾力やシリーズ史上最も太い仕上がりとなり、もちもちとした食感だけでなく、コシの強さも兼ね備えた本格感のある食感が心地良く、昆布や鰹などの魚介出汁と“ふっくらおあげ”から滲み出す旨味・甘味がじんわりと染み渡る優しくもキレのある“和風つゆ”が絶妙にマッチした満足度の高い一品となっていました!
これは特に、シリーズらしい魚介出汁を活かした“和風つゆ”に調理時間8分や日清食品独自製法、そして“もち小麦”を使用したことによるもっちりとした太い“うどん”をじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は超ロングセラー“日清のどん兵衛 きつねうどん”の“うどん”の製法・材料・配合など様々な拘りの元に誕生したシリーズ史上最も太い“史上最もっちもち麺”が素材の旨味を活かした“和風つゆ”と相性良く馴染んだ限定プレミアムな一杯、「日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺

今回ご紹介するカップ麺は、お出汁が美味しい和風カップ麺の定番商品、“日清のどん兵衛 きつねうどん”に使用されている“うどん”を調理時間8分や、日清食品の独自製法“3層太ストレート製法”に希少な“もち小麦”を使用したことで、シリーズ史上最も太い“史上最(さい)もっちもち麺”を新たに実現させ、それによって昆布や鰹を利かせたキレ・後味の良い“和風つゆ”とともにカップ麺ながらも本格的な味わいが堪能できる限定プレミアムな一杯、“日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺”となっています。

ちなみにこの超人気ロングセラー商品“日清のどん兵衛”シリーズは1976年に発売され、“和風カップ麺”として広く知られるトップブランドです。

日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺 パッケージ

ご覧の通り、今回の“日清のどん兵衛 きつねうどん”の最大の特徴としては…やはりなんと言ってもこの日清食品独自製法“史上最(さい)もっちもち麺”の実現による“おもち”のような食感やコシの強さを兼ね備えた仕上がりであり、昆布や鰹など魚介出汁をしっかりと利かせたシリーズならではの味わい深い“和風つゆ”と絶妙にマッチした本格感のある一杯といったところではないでしょうか?

そしてその“史上最もっちもち麺”は、こちらにも記載されている通り8分もの調理時間が必要で、その名の通りシリーズ史上最も太く、さらに小麦粉に“もち小麦”を30%使用したことによるもので、何より“3層太ストレート製法”をうまく活用したことによって実現されており、カップ麺で調理時間8分はなかなか聞きませんからね…そのもっちりとした“おもち”のような弾力といった仕上がりはかなり気になるところ。。

また、公式ページにも記載されていましたが、今回もっちもちな食感を表現するために必要な“もち小麦”とは…以下の通り“アミロース”の割合がひとつのポイントとなり、その“アミロース”を含まない“もち小麦”を“うどん”に使用することによって“おもち”のような“もちもち”とした食感が生まれるとのこと!これは今後のフレーバーにも使用されるのかどうか?新たな商品展開にも期待したいですね!

日本で開発され、東北地方の一部を中心に栽培が進んでいる新しい小麦。小麦の大部分を占めるでんぷんは、通常、アミロースとアミロペクチンという2つの成分を一定の割合で含み、一般にアミロースの割合が少なくなるほど粘りが増大し、でんぷんの品質劣化が遅くなります。 「もち小麦」は「もち米」と同じくでんぷん中にアミロースを含まないため、麺に使用するとおもちと同じような「もちもち」とした特性が生まれます。
引用元:「日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺」(11月16日発売) | 日清食品グループ

それでは、今回の“日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺”がどれほど昆布や鰹の魚介出汁をしっかりと利かせた染み渡る味わいに仕上がっているのか?“きつねうどん”には欠かせない大きな“ふっくらおあげ”から滲み出す旨味・甘味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても今回新たに実現させた“史上最もっちもち麺”による“おもち”のような弾力とシリーズ史上最も太い“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り346kcal(めん・かやく323kcal / スープ23kcal)となっております。(塩分は6.1g)

カロリーは、魚介出汁の旨味を存分に活かしたテイストということもあってかなり低めな数値のようですが、一方で塩分は若干高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり82g、麺の量は60gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと23kcalとやはりキレ・後味すっきりとした醤油ベースの“和風つゆ”に仕上がり、素材の旨味を活かしたじんわりと染み渡るテイストをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や魚介調味料をはじめ…

  • 粉末しょうゆ
  • 魚粉
  • 七味唐辛子
  • こんぶ粉末
  • こんぶ調味料
  • 植物油脂

といった、お馴染み“日清のどん兵衛 きつねうどん”ならではの魚介出汁をうまく利かせ、キレ・後味すっきりとしたシャープな飲み口が最後まで全く飽きさせない定番の味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105266267
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、でん粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維)、かやく(味付油揚げ、かまぼこ)、スープ(食塩、魚介調味料、粉末しょうゆ、魚粉、糖類、七味唐辛子、ねぎ、こんぶ粉末、こんぶ調味料、植物油脂)/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(アラビアガム)、炭酸Ca、リン酸塩(Na)、カラメル色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、パプリカ色素、香辛料抽出物、乳化剤、クチナシ色素、環状オリゴ糖、ビタミンB2、ビタミンB1、ベニコウジ色素、チャ抽出物、(一部に小麦・乳成分・ごま・さば・大豆・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (82g) 当たり]
熱量346kcal
めん・かやく: 323kcal
スープ: 23kcal
たんぱく質9.0g
脂質13.3g
炭水化物47.5g
食塩相当量6.1g
めん・かやく: 1.7g
スープ: 4.4g
ビタミンB10.15mg
ビタミンB20.21mg
カルシウム168mg

引用元:日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り大きな“ふっくらおあげ”などがすでに入っていて、粉末スープと“彩り七味”が一緒になった調味料がひとつ入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料となっていて、粉末スープはもちろん先入れタイプ、また和山椒を利かせたという彩り七味に関しては仕上がりにお好みで加えてみると良いでしょう!(山椒ということもあって品のある風味がさりげなく引き立てられるかと思われます。)

また、“日清のどん兵衛 きつねうどん”には欠かせない“ふっくらおあげ”が湯戻りする以前からすでにかなりのボリューム感であることが伝わってきます!これがまた良い旨味を滲み出すんですよね!“和風つゆ”に染み込ませることによってじゅわっと滲み出てくる美味しさは“きつねうどん”ならではといったところ!!

さらに、麺はご覧の通り非常に厚みもあり幅広なシリーズ史上最も太い“うどん”が採用されており、日清食品の独自製法“3層太ストレート製法”に“もち小麦”を使用したことで、“おもち”のようなもちもちとした食感としっかりとしたコシを実現、8分にも及ぶ調理時間ではありますが、限定プレミアムな一杯ということでぜひ本格感のある太い“うどん”は試しておきたいですね!

そしてその“史上最もっちもち麺”の裏側には、具材に使用されている“かまぼこ”なんかもすでに入っています!

調理してみた

ではまず、先ほどの粉末スープを入れてみます。
すると…この時点ですでに魚介出汁の食欲そそる良い香りが確認でき、シリーズらしいじんわりと染み渡る“和風つゆ”をイメージさせます。。

では続いて熱湯を注ぎ8分待ちます。(必要なお湯の目安量:430ml)
そして出来上がりがこちら!
※調理時間は8分は忘れがちなので忘れないためにもタイマー必須です。

ほどよくお湯を吸ったことで、先ほどまでの“史上最もっちもち麺”や大きな“ふっくらおあげ”がその名の通りふっくらとした仕上がりとなり、特に気になる“うどん”には…シリーズ史上最も太く、まるで“おもち”のようなもっちりとした弾力が加わったことで、いつものフレーバーよりも遙かに本格感のあるカップ麺とは思えない一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りシリーズ史上最も太いとされる麺“史上最もっちもち麺”は、厚みやコシもしっかりとしているため、変に切れることもなく、箸先からすでに“おもち”のような弾力が伝わってきます!!これは待った甲斐がありますね!

そしてスープが全体に馴染んだら、最後に先ほどの彩り七味を加えて完成となります!
ちなみにこの彩り七味はまさに彩りの良さをプラスし、和山椒を利かせているとのことでしたが、上良く香る程度でしたので全て加えても問題ありません!

こうして完成となるわけですが…やはりぱっと見は“ふっくらおあげ”のボリューム感が凄いですね。。シリーズ史上最も太い新開発された“うどん”が見えないほどのサイズとなっていましたので、出汁の利いた“和風つゆ”をしっかりと滲み込ませるためにも“うどん”とひっくり返して食べ進めてみても良いかもしれません!

また、具材に使用されたこの“ふっくらおあげ”からも良い旨味・甘味が滲み出し、食べ進めていくに連れて“和風つゆ”の味わいも際立ち、それと同時に満足度も増していく…そんな相性抜群な染み渡る旨味に本格感のあるシリーズ史上最も太い“うどん”が絡むことで、カップ麺とは思えないほどの美味しさがしっかりと楽しめそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…昆布や鰹などの魚介出汁を利かせたキレの良い“和風つゆ”はいつも通りの仕上がりで全く申し分ありませんね!まさにじんわりと染み渡る味わいに仕上がり、魚介の旨味を存分に活かしたことで透明感のある澄んだ“つゆ”からはストレートに素材本来の美味しさが感じられ、“ふっくらおあげ”から滲み出るほんのりとした甘味が相性良く馴染んでいます!

また、醤油ベースに魚介出汁を利かせたシンプルな“和風つゆ”ではありますが、原材料にも記載されていた通り魚介調味料や魚粉などを使用したことによって想像以上に深みのある味わいに仕上がり、優しくもあり…後味すっきりとした飽きの来ないテイストは超ロングセラー商品らしく何度食べても美味しいですね!

麺について

麺は、ご覧の通り非常に厚みのある幅広な仕上がりとなっていて、調理時間8分や日清食品の独自製法“3層太ストレート製法”に“もち小麦”を配合したことによって“おもち”のようなもっちりとした食感が実現されています!これは良いですね!

しかももちもち感だけでなく麺の配合にも拘ったことで強いコシなんかもしっかりと感じられ、カップ麺とは思えないほどクオリティの高い“うどん”が喉越し良く感じられ、魚介出汁をうまく活かした“和風つゆ”との相性も抜群です!

ただ…8分という調理時間が若干ネックではありますが、これはじっくりと待つ甲斐あって非常に臨場感の高い食感が楽しめること間違いありません!

そんな“史上最もっちもち麺”には、昆布や鰹など魚介出汁を利かせた“和風つゆ”がよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡るかのような味わい深い旨味が口いっぱいに広がっていき、彩り七味や“ふっくらおあげ”から香る風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちらの“ふっくらおあげ”が入っていて、ボリューム感は言うまでもなく、しっかりと“和風つゆ”に浸した後にじっくりと味わってみると…染み渡る魚介出汁の旨味とともに“お揚げ”特有の旨味や甘味がじゅわっと滲み出す“きつねうどん”には欠かせない旨味溢れる具材となっています!

また、こちらの“かまぼこ”は、味付け自体は感じられないものの…今回の一杯にちょうど良い華やかさを演出し、ちょうど良い彩りとしてのアクセントをプラスしているように感じられます!

“つゆ”について

“つゆ”は、先ほどもお伝えした通り、昆布や鰹の出汁のを丁寧に利かせたことによってキリッとした醤油とバランス良くマッチし、それによって最後まで飽きの来ない風味豊かな仕上がりとなっています!

また、比較的透明感のあるものの…決して薄味というわけではなく、素材の旨味を存分に活かした深みのある味わいが心地良く染み渡っていき、今回は“うどん”の仕上がりに拘った一杯ではありますが、それに伴った充分な美味しさが凝縮されているようで、後引く出汁の旨味がしっかりと堪能できるでしょう!

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された“ふっくらおあげ”からも良い旨味・甘味が滲み出していき、それによって旨味は増していき、同時に満足度も満たされる…そんなカップ麺ながらも非常に安定感のある仕上がりで、なんと言ってもシリーズ史上最も太い麺が独自製法に“もち小麦”を加えたことによって実現された太い“うどん”が絶妙にマッチしています!

…というかやはり超ロングセラー商品ということもあって、じんわりと染み渡る出汁の旨味を活かした“和風つゆ”はシンプルながらも定期的に食べたくなりますね!安定感もあって間違いない美味しさが表現されているため、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

このように、今回の“日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺”は、昆布や鰹を利かせたお馴染みの“和風つゆ”はそのままに、調理時間8分によって仕上がるシリーズ史上最も太い“うどん”が印象的で、日清食品の独自製法“3層太ストレート製法”に“もち小麦”を配合したことによって“おもち”のようなもちもち食感が臨場感高く仕上がり、カップ麺とは思えないほどのクオリティとして満足度高い一杯となっていたため、お好みによってはもう少し七味を足してメリハリのある味わいを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺」を食べてみて、やはりロングセラー商品らしく素材の旨味を存分に活かしたことで、品のある魚介出汁がじんわりと染み渡り、そこに新開発された“史上最もっちもち麺”が絶妙にマッチしたことによって…まるで茹でたての“うどん”を食べているかのようなもっちり感とコシの強い食感がたっぷりと楽しめる満足度の高いプレミアムな一杯となっていました!

やはり出汁の利かせ具合に定評のあるシリーズということもあって、“和風つゆ”の仕上がりは非常に安定感もあって美味しいですね!しかも今回は調理時間8分で仕上がる本格感のある食感が表現された“うどん”が採用されていますから、より一層満足度も高いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!