エースコック

EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン!生姜のヒリヒリとした辛さを強く利かせた刺激的な一杯

EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン

EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン」を食べてみました。(2019年11月4日発売・エースコック)

この商品は、“驚き”と“やりすぎ”がテーマの「EDGE(エッジ)」シリーズの新商品ということで、今回はポークの旨みを利かせた濃厚な味噌スープをベースに別添された「シゲキングの素」を加えることによって、シリーズらしいやり過ぎ感のあるヒリヒリとした生姜ならではの辛さが広がり、まさにエッジの利いたインパクトある味わいを表現した一杯が登場です!

それも…濃厚な味噌スープにジンジャーパウダーとジンジャーペーストによるWジンジャーを加えることで、やり過ぎなほどの“生姜”を利かせ、ヒリヒリとした後引く辛みがシリーズらしい驚きを楽しませてくれる強烈な存在感を持つ一杯、“EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン”となっております。(税抜き240円)

ご覧の通り、パッケージには今回の商品名“シゲキング 生姜味噌ラーメン”という名にふさわしい王冠が重厚感を感じさせるシックな色使いであしらわれ、“EDGE”シリーズらしい生姜の利かせ具合以外にもしっかりとポークを利かせたコク深く濃厚な味噌スープが相性良くマッチしているように感じられます!

EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン パッケージ

また、こちらには“辛口スープのコクとキレまさにキング級”と記載されているように、今回の一杯はベースが味噌ラーメン、そして“生姜”の旨味・辛みをしっかりと利かせたテイストのようです!!…というかパッケージデザインが凄いことになっていますね。。

ただ、上記のようにポークを利かせた味噌ラーメンと生姜って非常に相性良いですからね!生姜をたっぷりと使用したキング級とは言え強烈な旨さにも期待したいところではないでしょうか?

その気になる特徴としては…上記のようにポークを利かせた濃厚な味噌スープがベースとなり、すでにコク深く旨味溢れる味わいを想像させるわけですが、そこはさすが“驚き”と“やりすぎ”でお馴染みの“EDGE”シリーズらしく後入れの「シゲキングの素」をはじめ、具材にも紅生姜入りの揚げ玉やチップ状の生姜を使用することによって、とことん生姜のヒリヒリと強い辛みを伴う味わいを表現し、食べ進めていくに連れて汗を誘うような体温まる刺激的な一杯となっています!

ご覧の通り注意マークとともに“ヒリヒリ辛いシゲキングの素付き”と記載されていて、刺激的な生姜の辛みはこの“シゲキングの素”によって若干調整可能となっているようですので、気になる方は少しずつ味を確認しながら足していくと良いでしょう!

一方こちらには、濃厚な味噌スープに具だくさんな仕様のイメージ写真なんかも掲載されていて、何やらピンク色の具材が使用されているようですが…こちらが紅生姜入りの揚げ玉のようですね!他にもこれを見る限り具材には…生姜(チップ状)・キャベツ・コーン・ねぎが使用されているようです!

揚げ玉にまで紅生姜を使用するとは…さすが“EDGE”シリーズ。。驚きはもちろん、良い意味でやり過ぎですね!!笑

他にも特徴として…麺は若干細めにも感じられる中細・丸刃仕様のノンフライ麺によるつるっと滑らかな食感と、ほどよい弾力とコシを兼ね備えた食べごたえのある仕上がりとなり、濃厚かつ生姜を強烈に利かせた味噌スープが絡むことによってヒリヒリと辛い生姜感がむしろクセになり、ポークが利いているものの…脂っこさなどは一切なく、まさに寒さ吹き飛ばす飽きの来ないエッジの利いた味わいが最後までじっくりと堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークの旨味はちょうど良い脂とともに味噌ならではのキレとコクを引き立て厚みのある口当たりを表現し、そもそものスープが非常にクオリティ高い味わいとなっていて、そこに“EDGE”シリーズらしく生姜を具材や調味料などにたっぷりと加え、それによってヒリヒリとした生姜ならではの辛さが体の中からポカポカと温まるほどの刺激的なスープに仕上げ、濃厚な味噌スープとの相性抜群な味わいがシリーズらしいやり過ぎ感のある清々しい辛さを表現していました!
これは特に、ポークを利かせた濃厚な味噌スープと相性抜群な生姜を強烈に利かせたキング級の味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はポークをベースに濃厚な味噌スープに仕上げ、そこにたっぷりと生姜ならではのヒリヒリとした辛みを加えた“EDGE”シリーズらしいやり過ぎな一杯、「EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、“驚き”と“やりすぎ”がテーマの「EDGE」シリーズの新商品ということで、ポークを利かせた味噌ベースの濃厚なスープに仕上げ、そこに相性抜群な香味野菜のひとつ生姜を利かせ、さらに“シゲキングの素”を加えることによってキング級のヒリヒリとした生姜ならではの辛さが楽しめるシリーズらしいエッジの利いた一杯、“EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン”となっています。

ちなみに、この“EDGE”シリーズは最近では“EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍”や“EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍”が2018年6月11日に同時発売され、さらに“EDGE×ワンタンメン タンメン味 こぶた誕生60thでこぶたなると6.0倍(2019年6月17日発売)”といったコラボとしての商品が目立っていましたが、個人的には“EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン(2018年5月28日発売)”や、以下のような“驚き・やりすぎ”をコンセプトとした一杯が印象的で、“EDGE”シリーズとして久しぶりの登場は嬉しいところ!!

こう見ると…“EDGE”シリーズ純粋の新商品としてはまさに1年以上も間を開けての登場となったわけですね!そのためまさに待望の新商品といったところで、シリーズらしい生姜の“やりすぎ”な利かせ具合に関しては非常に気になるところ。。

また、“EDGE”シリーズと言えばタテ型の印象だったんですが、今回は“どんぶり型”の容器として登場しているということもあって、どこか期待感も増しますね!

それでは、今回の“EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン”がどれほどポークの旨味を利かせた濃厚な味噌スープに仕上がっているのか?相性抜群な生姜ならではの辛み・味わいが“EDGE”シリーズらしい“驚き”と“やりすぎ”なインパクトを演出しているのか?そしてなんと言っても丸刃仕様の滑らかなノンフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り353kcal(めん・かやく220kcal / スープ133kcal)となっております。(塩分は5.2g)

カロリーは、ポークを利かせた濃厚な味噌スープの割りに非常に低めとも言える数値となっていて、塩分もまたそこまで高い数値ではないようですね!
ちなみに1食当たり103g、麺の量は65gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで133kcalもあることから、やはり濃厚な仕上がりには違いなく、単純に生姜の辛みを強烈に利かせた一杯というわけではなく、ポークを利かせた厚みのある旨味も同時に楽しめる満足度の高い仕上がりのようですね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”や動物油脂をはじめ…

  • 植物油脂
  • ジンジャーペースト
  • しょうゆ
  • ポークエキス
  • ジンジャーパウダー
  • 香味調味料
  • 乳化油脂

といった、ポークを利かせたコク深く厚みのある味噌スープに生姜の旨味・辛みを利かせ、さらに別添された“シゲキングの素”を加えるWジンジャー仕様によってヒリヒリとした強烈な生姜の辛みが楽しめる“やりすぎ”な味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071211745
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、たん白加水分解物、大豆食物繊維、卵白粉)、スープ(みそ、動物油脂、植物油脂、ジンジャーペースト、糖類、しょうゆ、ポークエキス、ジンジャーパウダー、香味調味料、おからパウダー、乳化油脂)、かやく(キャベツ、紅しょうが入り揚げ玉、コーン、しょうが、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、酒精、乳化剤、かんすい、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、紅麹色素、酸味料、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・ごまを含む)

栄養成分表示 [1食 (103g) 当たり]
熱量353kcal
たん白質8.2g
脂質11.4g
炭水化物54.4g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
5.2g
(1.7g/3.5g)
カルシウム254mg

引用元:EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、液体スープ、シゲキングの素といった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料など3パックとなっていて、特に液体スープの方にはたっぷりと濃厚な味噌がポークの旨味・脂とともに含まれているようでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り若干細麺にも見える中細といったところでしょうか?細いながらもノンフライ麺特有の強いコシと滑らかな食感を想像させる黄色みがかった仕様となっているようですね!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • キャベツ
  • 紅しょうが入り揚げ玉
  • コーン
  • しょうが
  • ねぎ

が入っています。

特にこの紅生姜を使用した揚げ玉のサクサク感は、後乗せ仕様にしたいところではありますが…今回の“かやく”は先に入れてお湯を注ぐタイプのようです!

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:360ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでのノンフライ麺にほどよい弾力とコシが加わり、なんと言っても紅生姜入りの揚げ玉の色が抜けて非常に柔らかな仕上がりとなり、すでに生姜の風味が漂う味噌テイストとも相性抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
するとまず、ポークの旨味・脂でしょうか?透明な油分が流れていきます!!

続いて濃厚かつキレのある口当たりを思わせるドロッとした味噌がたっぷりと含まれているので、しっかりと絞り込んでいきましょう!

さらに…本来は少しずつ様子を見ながら調整してみた方が良いかもしれませんが。。先ほどの“シゲキングの素”を全て入れていきます!

そしてこの“シゲキングの素”を加えることによって、見た目では伝わりませんが…目と鼻に染みるほどの生姜らしい強い辛みを伴う風味が広がっていき、この辺りに関してはさすが“EDGE”シリーズ…といったところ!!“驚き”と“やりすぎ”がコンセプトのシリーズらしさは健在のようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…ポークがしっかりと利いたことでスープ表面には食欲そそる油分が浮き、さらに生姜ならではの辛みを伴う相性抜群な香味野菜としての旨味もまた今回の“シゲキング 生姜味噌ラーメン”の美味しさを引き立てているようにも感じられますね!

また、具材として使用されている紅生姜入りの揚げ玉からも生姜の旨味が少しずつ滲み出ているようにも感じられ、まさに食べ進めていくに連れて体温まる強烈な生姜によって寒さ吹き飛ぶヒリヒリとした旨味・辛みが楽しめるキング級と呼ぶにふさわしい一杯となっているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…この生姜の利かせ具合は“EDGE”シリーズらしいインパクトある辛さが強めに表現され、ポークを利かせたコク深く濃厚な味噌スープにも美味しくマッチしているのはもちろん、食べ進めていくうちにヒリヒリとした生姜の辛さも感じられ、体の内側からポカポカと温まってきます!!

これは今回、“シゲキングの素”を最初から全て入れましたが、味を確認しながら足していくことによって強烈に美味い一杯が楽しめるとも言えるでしょう!…というのも濃厚な味噌スープと香味野菜って相性が凄く良く、味噌の旨味もまた引き立つんですよね!

それによってキレのある口当たりと後引く生姜の辛さがクセになる…非常に満足度の高い後味すっきりとした仕上がりと言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通りノンフライ麺による細いながらも強いコシと弾力を兼ね備えた食感となり、滑らかな食感、そしてまとまりの良い麺に仕上がっています!

そんな麺には、ポークを利かせた濃厚な味噌スープに相性抜群な生姜の旨味・辛みを強烈に利かせたスープがよく絡み、一口ずつにヒリヒリとした生姜ならではの辛みが加わったキレとコクのある味噌スープの味わいが口いっぱいに広がっていき、“生姜味噌”の文字通り生姜の香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの紅生姜入りの揚げ玉が入っていて、せめてこの具材だけでも後乗せ仕様にしてほしかったところではありますが…非常に柔らかな仕上がりとなり、じっくりと味わってみると、しっかりと紅生姜らしい味わいなんかも感じられたため、具材というよりも、今回の一杯に生姜の旨味・辛みをより一層際立たせるためのアクセントにも感じられますね!

また、こちらのキャベツは、シャキシャキとまではいきませんが…ほどよい食感を残した仕上がりとなり、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされ、こちらにもしっかりと生姜を利かせた濃厚な味噌スープが絡んでいますから…食感とともに刺激的なヒリヒリとする辛みなんかも楽しめる具材となっています!

さらに、こちらのコーンは、じっくりと味わってみると…素材本来の甘みなんかも感じられ、今回のポークを利かせた濃厚な味噌スープの味わいを損なうこともなく、むしろ見た目としてのワンポイントとして使用されているようにも感じられますね!

他にも、こちらの“ねぎ”が使用されていて、先ほどのキャベツと同じくほどよいシャキシャキ感とちょうど良い薬味のようにも感じられ、ポーク・生姜を利かせたコク深い味噌スープをより一層引き立てているさりげなく添えられた具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークの旨味を利かせたコク深い濃厚な味噌スープに仕上がり、特に変な甘みなどもなく、生姜がしっかりと利いているせいでしょうか?後味すっきりとした味わいによって飲み飽きることのない仕上がりとなっています!

また、ポークの利かせ具合に関しても絶妙なバランスといったところで、スープ表面には上質な脂が広がっているんですが、見た目ほどの脂っこさなどもなく、味噌ならではのコクを引き立てる旨味溢れるスープが表現されているようですね!

そしてなんと言っても“シゲキングの素”を全て入れたことによるヒリヒリと感じさせる生姜ならではの辛みが想像以上に強烈ではありますが、もちろん食べられないような辛さというわけではなく、しっかりと生姜の味わい・辛さを感じることのできる濃厚な味噌スープとの相性抜群なフレーバーとなっています!

そのため、今回は“シゲキングの素”を全て入れて味を確かめてみましたが、お好みに合わせて量を調整してみると…“EDGE”シリーズらしい“やりすぎ”な味わいがちょうど良い“生姜味噌”として楽しめるかと思われ、コシの強いノンフライ麺とともに濃厚で刺激的な体温まるスープを最後まで飽きることなく堪能できるのではないでしょうか?

このように、今回の“EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン”は、ポークの旨味を利かせた濃厚な味噌スープに仕上げ、そこに今回“EDGE”シリーズらしく“驚き”と“やりすぎ”を感じさせるほどの生姜ならではのヒリヒリとする辛さを加え、寒さ吹き飛ぶ体温まるインパクトのある仕上がりとなっていたため、さらに唐辛子なんかを追加してみて辛さを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン」を食べてみて、ポークの旨味によってコク深く厚みのある仕上がりとなった濃厚な味噌スープには、相性抜群とも言える生姜の旨味がWジンジャー仕様によってヒリヒリと辛さを感じるほどに強く利き、この後味すっきりとした辛みがクセになり、食べ進めていくに連れて汗を誘う満足度の高い“EDGE”シリーズらしいインパクトのあるキング級の仕上がりとなっていました!

そして、そもそも濃厚なスープにもしっかりと生姜が利いているため、別添されている“シゲキングの素”はお好みに合わせて調整してみると、濃厚な味噌ラーメンが好みの方にはかなりハマる味わいと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!