エースコック

EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ わかめ4.0倍!40周年を記念した“わかめ”尽くしの一杯

EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ わかめ4.0倍
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ わかめ4.0倍」を食べてみました。(2023年5月1日発売・エースコック

この商品は、お馴染み“わかめラーメン”と“驚き&やりすぎ”をテーマとするシリーズ“EDGE(エッジ)”とのコラボによって、“わかめラーメン”の美味しさを新発見&再発見できる驚き&やりすぎなカップ麺で、“わかめ”と相性の良いオイスターなどの旨味を利かせた醤油スープに仕上げ、ほどよく味付けした丸刃の中太麺が食欲を満たし、なんと言っても“わかめラーメン”発売40周年による4.0倍もの“わかめ”を使用したインパクト抜群な一杯が登場です!

それも…醤油をベースにオイスターやメンマの風味、胡椒のスパイス感をバランス良く合わせたことで飽きの来ない味わいに仕上げ、さらに通常の4.0倍もの“わかめ”からも良い旨味・出汁がたっぷりと滲み出たことでシリーズらしい染み渡る旨味と相性抜群な醤油スープが絶妙にマッチした一杯、“EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ わかめ4.0倍”となっております。(値段:税別245円)

「わかめラーメン」は発売以来皆様に愛され続けて2023年に発売40周年を迎えました。発売40周年を記念して、「驚き」&「やりすぎ」がテーマの「EDGE」シリーズと再びタッグを組み、わかめ4.0倍の「わかめ入れ過ぎ」な一杯として大復活。5月5日の“わかめの日”に食べてもらいたい、わかめラーメンならではのおいしさを新発見&再発見できる一杯に仕上げました。
引用元:EDGE×わかめラーメン  ごま・しょうゆ わかめ4.0倍/ごま・しお わかめ4.0倍 2023/5/1 新発売 | エースコック株式会社

ご覧の通り、パッケージには“わかめラーメン”らしさはもちろんあるものの、“EDGE”らしい“驚き&やりすぎ”といったコンセプトが確認できますね!これによると…“わかめラーメン ごま・しょうゆ 2023年2月発売品対比”とのことで、文字通り通常のレギュラー商品と比較して4.0倍もの麺を多い尽くす“わかめ”がどっさりと楽しめる一杯に変わりないようですね!…というか、これまでも“EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍(2018年6月11日発売)”が登場していましたから、今後も45年周年・50年周年…と続きそうです。

一方こちらには“わかめ4.0倍”と大きく記載され、その背景には“40周年に感謝!”の文字が敷き詰められ、さらに醤油をベースにオイスターの旨味やメンマの風味、胡椒のスパイス感を利かせたスープに通常の4.0倍もの“わかめ”が使用された仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…どっさりと盛り付けられた“わかめ”・ごま・コーンが使用されているようです!(この“わかめラーメン”はシンプルながらも意外と美味しいんですよね。)

そしてその特徴としては、お馴染み“わかめラーメン”らしく“わかめ”の旨味を引き立てるかのようなメンマ風味や胡椒のスパイスを利かせた後味の良い醤油スープとなっており、シンプルながらも素材本来の美味しさを存分に引き立て、そもそも“わかめ”がレギュラー商品の4.0倍も使用されていますから、こちらからも良い旨味がしっかりと滲み出し、馴染み深い美味しさが相性良く溶け込み、これでもかと言うほどたっぷりと“わかめ”が楽しめる一杯です!

また、ご覧の通り容器自体も“わかめが多すぎるので大盛りの容器を使用しました。”とのことで、通常の“わかめラーメン”よりも高さのある“バケツ型”の仕様となっています!この辺りも前回と変わりありませんね!(麺量60gですが、“わかめ”の量が凄いことになっていますから、ボリューム感に関して物足りなさといった感じは一切ありません。)

他にも特徴として…麺はほどよく味付けされた丸刃の中太麺となっていて、つるっと滑らかな食感が心地良く、それによって醤油をベースにオイスターやメンマの風味、胡椒のスパイスなどをバランス良く合わせた安定感のある醤油スープに仕上げ、相性良く馴染む大量の“わかめ”から滲み出す魚介系の旨味が絶妙にマッチした染み渡るかのような美味しさが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ベースとなるスープはオイスターやメンマ風味を利かせたことで繊細な旨味が引き立ち、胡椒でキリッとした口当たりや後味の良さをプラス、“わかめ”本来の美味しさをメインにしたフレーバーということもあって当然変なクセなどは一切なく、キリッとした口当たりやじんわりと染み渡る出汁が印象的で、そこに通常の4.0倍もの“わかめ”が具材として使用されたことによって魚介系の旨味がたっぷりと滲み出し、従来の美味しさもしっかりと踏襲され、まさに磯の風味豊かな味わいがこれでもかというほど堪能できるヘルシーかつボリューム感抜群な一杯となっていました!
これは特に、お馴染み“わかめラーメン”が好みの方はもちろん、醤油をベースにオイスターやメンマ風味を利かせ、キリッとした口当たりや深みのあるスープに通常の4.0倍もの“わかめ”を使用した旨味溢れる味わいを思う存分たっぷりと味わいたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“わかめラーメン”の発売40周年を記念して“驚き&やりすぎ”をテーマとするシリーズ“EDGE”とのコラボカップ麺であり、“わかめ”を通常の4.0倍も使用した素材の旨味・風味がクセになる後味すっきりとした一杯、「EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ わかめ4.0倍」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ わかめ4.0倍

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“わかめラーメン”と“驚き&やりすぎ”をテーマとするシリーズ“EDGE”とのコラボによる新商品ということで、発売40周年によって“わかめ”がレギュラー商品と比較して4.0倍もの量が使用されたボリューム感抜群なフレーバーであり、醤油をベースにオイスターやメンマ風味などを合わせた定番のテイストに仕上げ、胡椒のスパイス感でキリッとした口当たりを表現、そこにたっぷりと使用された“わかめ”からも良い旨味が滲み出す相性抜群な味わいが楽しめる一杯、“EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ わかめ4.0倍”となっています。
※売っている場所:今回はセイコーマートで購入

ご覧の通りパッケージには…これまで登場してきた“EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍(2018年6月11日発売)”と同等のデザインがあしらわれているものの…特に“4.0倍”といった文字が強調されていて、今回は他にもチキンをベースに鰹の旨味を利かせた塩スープに“わかめ”を大量に使用した一杯、“EDGE×わかめラーメン ごま・しお わかめ4.0倍”も同時発売されています!

一方こちらには…“おかげさまで40周年”と記載されているように、定番のフレーバーなので食べ慣れ親しんだ味であることに間違いなく、後味すっきりとした醤油スープにオイスターやメンマ風味、胡椒でメリハリを付けた幅広い層に好まれる味わいを表現、シンプルなんですが、実際食べてみると“わかめ”の旨味もしっかりと活かしていて美味しいんですよね!それが今回は通常の4.0倍もの“わかめ”が使用されたことで、このフレーバーが好みの方にはたまらない一杯といったところ!

ちなみに2018年に初登場した“EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍”は、“EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 帰ってきたわかめ 3.5倍”と名称を若干変更し2019年6月17日に再発売、“EDGE×ワンタンメン タンメン味 こぶた誕生60thでこぶたなると 6.0倍”とともに登場していました。

また、2020年6月22日には“EDGE×わかめラーメンごま・しょうゆまた帰ってきたわかめ3.5倍(再発売)”と新フレーバーとなる“EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍”が同時発売され、2021年5月31日には“EDGE×わかめラーメン コムタン味 わかめ3.5倍”が発売されています!この流れを見ると周年にあやかって今回もまたひと味違ったフレーバーが登場するのかもしれません!(35周年を記念した“わかめ3.5倍”シリーズみたいな展開でしたから。。)

それでは、今回の“EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ わかめ4.0倍”がどれほど醤油をベースにオイスターやメンマ風味、胡椒のスパイス感をバランス良く利かせた後味の良いスープに仕上がっているのか?さり気なく使用されたチキン調味料やアサリエキスとの兼ね合いはもちろん、4.0倍ものボリューム感抜群な“わかめ”から滲み出す旨味や風味、なんと言ってもほどよく味付けされた丸刃の中太仕様によるもっちりとした食感のフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り329kcal(めん・かやく300kcal / スープ29kcal)となっております。(塩分は6.9g)

通常の“わかめラーメン”と比べてみると、容器自体は大きいものの、内容量はむしろ少なく、カロリーはほぼ同等の数値となっていて、“わかめ”が通常の4.0倍もの量が入っているからなのか…塩分はかなり高めのようですね!
ちなみに1食当たり82g、麺の量は60gとのこと。
※レギュラー商品の“わかめラーメン ごま・しょうゆ”は1食当たり93g(麺量64g)

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは29kcalとかなり低い数値となっていることから、醤油をベースにたっぷりと使用された“わかめ”から滲み出す魚介系の旨味を活かした繊細で深みのあるキリッとした仕上がりをイメージさせ、この辺りに関しては“おいしさ、健康!!”をコンセプトにしたシリーズらしさが伝わってきます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“粉末しょうゆ”や食塩をはじめ…

  • チキン調味料
  • 香辛料
  • メンマパウダー
  • 植物油脂
  • アサリエキス
  • オイスターソース

といった、通常の“わかめラーメン”とは若干異なり、チキン調味料やオイスターソースが加わったことで全体のバランスを考慮しているようで、基本は醤油をベースにメンマ風味や胡椒でメリハリを付けた後味の良い醤油スープに仕上げ、たっぷりと使用した“わかめ”から滲み出す魚介系の旨味が相性良く馴染み、後味すっきりとしたやみつき感のある味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…植物油脂や食塩、“しょうゆ”といった材料が確認でき、スープと合うようにほんのり味付けされていることが伝わってきます!

JANコード4901071401023
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、かやく(わかめ、ごま、コーン)、スープ(糖類、粉末しょうゆ、食塩、チキン調味料、たん白加水分解物、香辛料、メンマパウダー、植物油脂、アサリエキス、オイスターソース)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、カラメル色素、かんすい、香料、酸味料、カロチノイド色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (82g) 当たり]
熱量329kcal
たんぱく質8.7g
脂質11.9g
炭水化物
(糖質/食物繊維)
49.7g
(糖質43.9g/食物繊維5.8g)
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
6.9g
(めん・かやく2.9g/スープ4.0g)
ビタミンB10.27mg
ビタミンB20.36mg
カルシウム362mg

引用元:EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ わかめ4.0倍 | エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、粉末スープといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、4.0倍もの“わかめ”は湯戻りする以前からすでに物凄いボリューム感であることが伝わり、スープは先入れタイプの粉末仕様で、こちらにも記載されている通り粉末スープを溶かすように熱湯をかけていきましょう。

また、麺はご覧の通り中太・丸刃仕様で、湯戻りする以前からすでにもっちりとした弾力やほどよいコシを表現していることが伝わり、シリーズらしい密度感の高いずしっとした食べ応えに期待できそうです!

ただ…容器は高さのある大きめなサイズではありますが、麺量は60gと通常の商品よりもむしろ若干少なめで、主に“わかめ”が大半を占めると思われるため、ボリューム感はあるものの…かなりヘルシーにも感じられますね!

調理してみた

ではまず、先ほどの“かやく”と粉末スープを入れてみます。

そして、かやくには…

  • わかめ
  • ごま
  • コーン

が入っています。

このシリーズはこれまでも何度もお目にかかっていますが、今回は通常の4.0倍ということもあって、この時点ですでに“わかめ”がどっさりです!

続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:540ml)
そして出来上がりがこちら!

見た通りしっかりとお湯を吸ったことで“わかめ”の量が物凄いことになっていますね。。そして湯戻しされたことによって容器の縦半分はこの“わかめ”が占有されており、思う存分磯の風味が楽しめるインパクト抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…醤油をベースにオイスターやメンマ風味、胡椒のスパイス感を利かせたことで後味の良さが際立ち、非常にサラッとした印象で当然クセのある風味などは一切なく、大量の“わかめ”から滲み出す魚介の旨味とも相性良くマッチしているようです!これは間違いないやつですね!

また、具材のひとつとして使用されている“ごま”も香ばしい風味をプラスし、さり気なく食欲そそる香りをうまく表現、それによってシンプルなフレーバーでありながらも素材の旨味を存分に活かしたシリーズらしいテイストに仕上がり、レギュラー商品と比較してチキン調味料やオイスターソースが使用されていますから、旨味も際立ったことによって幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?というか…今回もまさに“驚き&やりすぎ”をテーマとするシリーズ“EDGE”との完璧なコラボに間違いありません!

食べてみた感想

一口食べてみると…醤油をベースにオイスターやメンマ風味、胡椒のスパイス感が利いたことで、あっさりとしたテイストにも感じられるかもしれませんが、実際には思っていた以上に旨味が強く、ちょうど良い塩気や染み渡る出汁の旨味が際立ち、シンプルながらも物足りなさといった感じは一切なく、なんと言っても通常の4.0倍もの“わかめ”がボリューム感あり、60gの麺量と合わせて食べ応えに関しても申し分ありません!

そして、胡椒のスパイス感は割と強めながらも容器底に溜まっているようでしたので、しっかりと混ぜながらいただくと良いでしょう!それによって出汁の旨味にちょうど良いアクセントが加わり、メリハリの付いた醤油スープが最後までじっくりと楽しめることに間違いなく、そもそも以前発売されていた“EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍”ともスープの構成が若干異なっていて、単純に“わかめ”をさらに加えただけではない点が好印象といったところ!

その肝心の“わかめ”に関しても食感の良い上質な仕様となっていて、部分的にコリコリとした食感なんかも感じられる絶妙な具材であり、もちろんこちらからも良い旨味が滲み出しますから、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな相性抜群な味わいがボリューム感たっぷりと楽しめる一杯で、サラッとした軽やかなスープながらも素材の旨味を存分に活かしたことで全体のバランスは非常に良いですね!

ただ、ボリューム感のある“わかめ”が使用されたことによって湯戻りする際に熱湯をかなり吸ってしまい、スープそのものが若干少なめに感じられる点が気になりますね。。普通に食べ進めていくと後半はかなりスープが少ない状態でしたので、今後“わかめ”を増量する際はこの辺りを再考するべきでしょう!(さらに容器がひとまわり大きくなるかもしれません。)とは言え…たっぷりと“わかめ”が楽しめるので、大量の“わかめ”と麺を思い切りひっくり返して旨味をスープに滲み出しておいても良いかもしれません!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様のフライ麺で、ほどよい弾力と歯切れの良いコシを兼ね備え、麺量60gと平均的なボリュームなんですが、なんと言っても“わかめ”が大量に使用されていますから、物足りなさを感じさせない仕上がりとなっています!

そんな麺には、醤油をベースにオイスターやメンマ風味、胡椒のスパイスを利かせた後味の良いスープがよく絡み、一口ずつに味わい深いチキンのコクや“わかめ”ならではの旨味などが口いっぱいに広がっていき、通常の4.0倍もの“わかめ”が使用された磯の風味やフライ麺特有の香ばしさが後味良く抜けていきます!…というか今回のフレーバーは醤油ベースの番人受けするかのようなテイストですから、“わかめ”の旨味や風味が際立って感じられますね!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちら大量の“わかめ”が使用されていて、やはり4.0倍の量は物凄いです。。食べても食べてもなかなか減らないほどのボリューム感抜群な“わかめ”は、その見た目だけでなくたっぷりと磯の風味や旨味が今回の醤油スープに滲み出し、食べ進めていくに連れて染み渡る出汁も際立っていく…そんな相性抜群な具材となっています!

そして箸で1口…2口…と多めに頬張ってもまだまだ容器には大量の“わかめ”が残っていますので、先ほどもお伝えした通り頃合いを見て麺と“わかめ”の上下をひっくり返して麺を優先して食べ進めていくと良いでしょう!(それでも“わかめ”が麺に絡んできます。。)

しかも食物繊維をたっぷりと含む“わかめ”そのものも厚みがあり上質で食感も非常に良く、この食べ応えで税抜価格245円ですから…割とリーズナブルにも感じられることでしょう!もちろん健康志向なシリーズらしさもあって満足度も高いかと思われます!

また、こちらのコーンは使用されている数は若干少ないものの…じっくりと味わってみると素材本来の甘味なんかもしっかりと感じられ、今回のスープを損なうことなくちょうど良い彩りとしてのアクセントがプラスされているようです!

他にも“ごま”がさり気なく豊富に使用されたことで食欲そそる香ばしさが加わり、こちらもまた今回のフレーバーとも相性良くマッチし、風味の良さを引き立てているように感じられます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り醤油をベースにオイスターやメンマ風味、胡椒のスパイス感をバランス良く合わせ、他にもチキンの旨味やアサリエキスなんかも使用されたことで深みのあるテイストが際立ち、もちろん脂っこさといった感じもありませんから…幅広い層に好まれる一杯であることに間違いなく、食べ進めていくに連れて“わかめ”からも良い旨味がたっぷりと滲み出し、胡椒によるピリッとしたアクセントによってメリハリのあるシリーズらしい後味すっきりとした味わいとなっています!

そのため、今回の“EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ わかめ4.0倍”は、こういった旨味を利かせた割とシンプルかつサラッとした構成ではあるんですが、繊細な旨味を引き立てる各種材料、さらに具材としてたっぷりと使用された“わかめ”から滲み出す旨味が食べ進めていくに連れて際立っていき、全体のバランスが非常に良いせいか…ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。

また、さり気なくチキン調味料といった旨味がコクをプラスしたことで、さっぱりとしたテイストだけでなく物足りなさを感じさせない複雑で繊細な仕上がりとなっており、シリーズらしく変な臭みや“くどさ”、脂っこさといった感じも全くありませんので、“わかめラーメン”ならではの磯の風味や魚介系の旨味がたっぷりと堪能できること間違いありません!

他にも容器自体の縦幅が高く設計されており、大容量の“バケツ型”容器となっているため、前回の3.5倍より若干“わかめ”が増えただけと思うかもしれませんが、4.0倍は想像以上に多いですね。。ただ、これまでも“わかめラー まさかの麺なし ごま・しょうゆ わかめ6.3倍”や“わかめラーメン麺大盛りでわかめ7倍”といったフレーバーも登場しているので、今後の商品展開にも期待したいところではないでしょうか?

このように、今回の“EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ わかめ4.0倍”は、醤油ベースにオイスターやメンマ風味、胡椒のスパイス感を利かせた後味の良い定番の味わいを表現、そこに通常の4.0倍もの“わかめ”から滲み出す旨味が相性良く馴染み、シリーズらしい染み渡る美味しさが凝縮されたスープによって食べ応えのある中太麺にもぴったりな味わいに仕上げ、まさに思う存分磯の風味やボリューム感のある素材の旨味を堪能できる満足度の高い一杯となっていたため、お好みによっては胡椒などの香辛料をもう少し足してみても良いでしょう!(デフォルトでも容器底に黒胡椒のような香辛料が溜まっていたので、しっかりと混ぜながら食べ進めてください。)

まとめ

今回「EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ わかめ4.0倍」を食べてみて、発売40周年にちなんで“わかめ”を通常の4.0倍使用したことで“わかめラーメン”の美味しさを新発見&再発見できる一杯には…醤油をベースにオイスターやメンマ風味、胡椒のスパイス感をバランス良く合わせ、他にもチキンの旨味やアサリエキスが繊細な旨味をプラス、そこにたっぷりの“わかめ”からも良い旨味が滲み出し、麺量60gのフライ麺とともに食欲をしっかりと満たしてくれる食べ応え抜群な一杯となっていました!

やはり4.0倍もの“わかめ”は湯戻りすることによって凄いボリュームになりますね。。ただでさえ多めに使用されているのにも関わらず4.0倍ですから…しかも今回は定番の醤油味ということで幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です