カップ麺

「築地銀だこ」監修カップ麺 “たこ焼味焼そば” 定番メニューを“焼そば”で再現した風味豊かな一杯

築地銀だこ(つきじぎんだこ)監修 たこ焼味焼そば

築地銀だこ(つきじぎんだこ)監修 たこ焼味焼そば」を食べてみました。(2022年6月20日発売・明星食品

この商品は、国内最大の“たこ焼”チェーン“築地銀だこ”との共同開発によって“皮はパリッと・中はトロッと・たこはプリッとした食感”が特徴の代表メニュー“ぜったいうまい!! たこ焼”の味わいをカップ麺に再現したもので、ウスターソースをベースに果実や野菜、鰹やタコの旨味をバランス良く合わせ、香ばしい生地のような風味を利かせた液体ソースがもっちりとした中太麺に絡む臨場感の高い一杯が登場です!

それも…上記の通り“たこ焼”ならではの旨味や風味を凝縮したソースに弾力のある中太麺が絡み、さらに別添されている“ふりかけ”に含まれる鰹節・イワシの煮干し・鯖の節・紅生姜・アオサを加えることによって、まるで“たこ焼”を食べているかのような風味が際立ち、サクサクとした食感の揚げ玉がパリッとした皮をイメージさせる風味豊かな一杯、“築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば”となっております。(値段:税別214円)

ご覧の通り、パッケージには赤を基調に“明星×築地銀だこ共同開発!”、“25th”など国内の人気“たこ焼”チェーン“銀だこ”のロゴが大きく記載され、“たこ焼”と言えば“銀だこ”というほど有名なチェーン店の看板メニューを“焼そば”に再現した一杯ということで、実店舗の“たこ焼”とはひと味違った“焼そば”でのフレーバーと来れば…かなり期待値も高まりますね!これは“たこ焼”ならではの味わいといいボリューム感といい申し分のない仕上がりに違いありません!

一方こちらには“銀だこ”で実際に提供されている人気メニュー“ぜったいうまい!! たこ焼”のイメージ写真や今回“焼そば”として再現された仕上がりイメージも掲載され、これを見る限り具材には…揚げ玉・混合削り節・キャベツが使用されているようです!…というかタコに関しては液体ソースの方に旨味として溶け込み、具材にタコは含まれていません。。
※もちろん“たこ焼”も入っていません。

他にも特徴として…麺はほどよい“ちぢれ”を付けた中太フライ麺が採用されており、もっちりとした弾力と噛み応えのある強いコシを兼ね備え、さらに食塩やソースでほどよく味付けが施されたことで今回の焼そばソースとの絡みも非常に良く、ウスターソースをベースに果実や野菜、鰹やタコの旨味を利かせ、香ばしい生地をイメージさせる風味豊かな香りがバランス良く融合し、まさに“たこ焼”を食べているかのような味わいが最後までじっくりと堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

そもそも“ソース焼そば”と“たこ焼”自体ソースの味が似通っている部分もあるんでしょうけど、ウスターソースをベースに様々な旨味を利かせたことでベースとなる味わいはまさに“たこ焼”で、別添されている“ふりかけ”に含まれる揚げ玉が“銀だこ”特有の“銀だこオイル”で仕上げるパリッとした食感をうまく表現、他にも混合削り節に含まれる鰹節・イワシの煮干し・鯖の節・紅生姜・アオサが臨場感の高い“タコ焼”の味わい・風味を引き立て、それによって思う存分“銀だこ”ならではの美味しさが“焼そば”として楽しめるクオリティの高い一杯となっていました!
これは特に、ちょっと小腹が空いた時にもぴったりな“銀だこ”ファンはもちろん、ウスターソースをベースに果実や野菜、鰹やタコの旨味を利かせ、さらに揚げ玉や混合削り節などを加えたことで臨場感の高い“たこ焼”らしい味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は全国展開する“たこ焼”の人気チェーン“築地銀だこ”の定番メニュー“ぜったいうまい!! たこ焼”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現、まさに“たこ焼”を食べているかのような“焼そば”がしっかりと楽しめる一杯、「築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば

今回ご紹介するカップ麺は、国内最大の“たこ焼”チェーン“築地銀だこ”の定番メニュー“ぜったいうまい!! たこ焼”の味わいを同店監修によって明星食品とともに共同開発しカップ麺に再現したもので、ウスターソースをベースに果実や野菜、そして鰹やタコの旨味をバランス良く合わせ、さらに別添されている“ふりかけ”を加えることによってパリッとした食感をイメージさせる揚げ玉、“たこ焼”をイメージさせる鰹節や紅生姜、アオサなどが風味を引き立て、ほどよく味付けされた中太麺が絡む臨場感の高い一杯、“築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば”となっています。
※売っている場所:今回はセイコーマートで購入

ご覧の通りパッケージには赤を基調に“築地銀だこ”の力強いロゴが大きく配置され、その背景には“たこ焼”を“焼そば”にアレンジ・再現した濃厚な焼そばソースが噛み応えのある中太麺にしっかりと絡み、別添されている“ふりかけ”による臨場感の高い仕上がりイメージが掲載されおり、旨味・風味ともに“たこ焼”を食べているかのような味わいがよーく伝わってきますね!

築地銀だこ(つきじぎんだこ)監修 たこ焼味焼そば パッケージ

ちなみにここ“築地銀だこ”の創業は1997年(平成9年)、創業者である“佐瀬 守男”氏が群馬県新田郡の総合スーパー“アピタ笠懸店”にテナントとしてオープンさせたのがはじまり。

その後1998年(平成10年)に東京都中野区に路面店を開店、素材に拘った味が次第に人気を呼び、直営店やFC展開によって店舗数を増やし、2022年に創業25周年を迎え、国内外500店舗以上も店舗展開を行っています!

そして、“銀だこ”の特徴と言えば…コレステロールゼロの油“銀だこオイル”で仕上げることで“外はパリッと、中はトロッと”した食感が特徴となっていて、“たこ焼”と言えば“銀だこ”と思っている方も多いのではないでしょうか?

他にもこちらには今回の商品について簡単な説明書きが記載されていて、これによると…“創業25周年を迎えた「築地銀だこ」と共同開発をした記念商品です。築地銀だこの「ぜったいうまい!! たこ焼」は、“皮はパリッと、中はトロッと、たこはプリッと”した食感で老若男女問わず愛される逸品です。”とのことで、勢い良く頬張ると火傷するほどの熱々な生地が閉じ込められた仕上がりは確かに幅広い層に好まれる味ですからね!恐らく今回“焼そば”にアレンジ・再現された一杯も申し分のない美味しさが堪能できるに違いありません!

それでは、今回の“築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば”がどれほどウスターソースをベースに果実や野菜、鰹やタコの旨味を利かせた“たこ焼”ならではの味わいに仕上がっているのか?別添された“ふりかけ”を加えることによってパリパリとした“銀だこ”特有の食感、鰹節や紅生姜、アオサによる風味豊かな香りとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもほどよく味付けが施された食べ応え抜群な中太フライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り484kcalとなっております。(塩分は4.9g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ではありますが、レギュラーサイズということもあって割と低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり112g、麺の量は90gとのこと。

そしてこのカロリーと食塩の数値を見てみると…ウスターソースをベースに様々な材料を合わせたことによって“たこ焼”の味わいを再現しているとのことで、動物系の脂っこさといった感じは一切なく、素材の旨味を存分に活かした臨場感の高い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、糖類や植物油脂をはじめ…

  • ソース
  • 食塩
  • 魚介エキス
  • 醸造酢
  • リンゴピューレ
  • トマトペースト
  • 香味調味料
  • マンゴーチャツネ
  • ローストオニオンペースト
  • 香辛料

といった、ウスターソースをベースに果実や野菜、鰹やタコの旨味をバランス良く合わせ、別添されている“ふりかけ”を加えることによって食感の良い“銀だこ”ならではのパリパリ感を演出する揚げ玉、そして鰹節や紅生姜、アオサといった“たこ焼”には欠かせない風味を引き立て、まるで“たこ焼”を食べているかのような味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…植物油脂や食塩、ソースなどの材料が確認でき、ほどよく味付けが施されていることが確認できます!

JANコード4902881410342
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、ソース)、ソース(糖類、植物油脂、ソース、食塩、魚介エキス、醸造酢、リンゴピューレ、たん白加水分解物、トマトペースト、香味調味料、マンゴーチャツネ、ローストオニオンペースト、香辛料)、ふりかけ(揚げ玉、香味調味料、混合削りぶし(かつおのふし、いわしの煮干し、さばのふし)、紅しょうが、アオサ)、かやく(キャベツ)/加工デンプン、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、炭酸カルシウム、増粘剤(加工デンプン)、かんすい、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、甘味料(スクラロース)、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・さば・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (112g) 当たり]
熱量484kcal
たんぱく質7.6g
脂質19.6g
炭水化物69.3g
食塩相当量4.9g
ビタミンB10.29mg
ビタミンB20.35mg
カルシウム162mg

引用元:明星 築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体ソース、“ふりかけ”といった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に液体ソースは触ってみた感じだとそこまでドロッとした状態ではないものの…様々な旨味成分がたっぷりと使用されているようでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通りほどよい“ちぢれ”を付けた中太フライ麺が採用されており、見るからにもっちりとした弾力と噛み応えのある強いコシを併せ持ち、湯戻りする以前からすでに食べ応え抜群な食感に期待できそうです!

そんな中太麺の裏側には…今回唯一使用されている具材のキャベツがすでに入っています。

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:550ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの中太麺がさらに太さを増し、もっちりとした食感はもちろん、弾力のある強いコシが加わり、まだ別添されている液体ソースや“ふりけか”を加える前の状態ではありますが、果実や野菜の旨味を活かしたソースに鰹節や紅生姜、アオサによって“たこ焼”を食べているかのような味わいがたっぷりと楽しめる風味豊かな一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体ソースを加えていきます!
すると…果実や野菜など様々な旨味が凝縮されたウスターソースをベースとした濃いめのソースがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

そしてこの液体ソースは、量も多く重みもあることから…すぐに容器底へと沈んでいき、“たこ焼”ならではの香ばしさやほんのりとした酸味などが香り立ち、この状態ですでに食欲を掻き立てていきます。。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
すると…ご覧の通り使用されている液体ソースの量は多く、若干トロッとした状態ではありますが、決して粘度の高い仕様ではありませんので、思いのほかすんなりと中太麺に馴染んでいきます!

そして液体ソースが全体に馴染んだら最後に“ふりかけ”を加えて完成となります!
ちなみにこの“ふりかけ”には…

  • 揚げ玉
  • 鰹節
  • イワシの煮干し
  • 鯖の節
  • 紅生姜
  • アオサ

が含まれています!

特に揚げ玉は“銀だこ”の仕上げで使用する“銀だこオイル”によるパリパリ感を演出しているようで、他にも鰹節や紅生姜、アオサといった風味豊かな香りを引き立てる節系の材料などがふんだんに使用されているようです!

こうして完成となるわけですが、具材は基本キャベツのみではありながらも…この“ふりかけ”によってまるで“たこ焼”を食べているかのような仕上がりとなり、風味だけでもかなり再現性高く感じられますね!ソースも様々な材料を組み合わせて“たこ焼ソース”の濃厚とも言える味わいを再現し、なんと言ってもアオサによる磯の風味やほどよい香ばしさが食欲を掻き立て、レギュラーサイズなりに食欲をがっつりと満たしてくれる…そんな存在感のある一杯といったところ!

また、最後に加えた“ふりかけ”に含まれる鰹節の風味は、他にもイワシの煮干し・鯖の節が使用されたことで香りが非常に良く、フライ麺特有の香ばしさ・揚げ玉の香ばしさが臨場感を際立たせ、風味としてはまさに“たこ焼”そのものです!

この辺りに関しては冒頭でもお伝えした通り“焼そばソース”と“たこ焼ソース”自体そもそも似通った点がありますから、期待していた通りの仕上がりではありますが…この“ふりかけ”に含まれる様々な材料がクオリティ高く再現しているようで、思ったより手の込んだ仕様は非常に好印象と言えるのではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…これは間違いないですね!ソースに関してもちゃんと“焼そば”ではなくしっかりと“たこ焼”ならではのソースとなっていて、ほどよい酸味や果実・野菜の旨味、鰹やタコの旨味が感じられ、しかもそのバランスも絶妙で濃厚ながらも染み渡るかのような鰹節などの旨味・風味が全体をうまく調和しているようです!しかも個人的にレギュラーサイズといったボリューム感がまたちょうど良く感じられます!

そのため、ウスターソースをベースにしたソースには物足りなさといった感じが一切なく、濃厚とも言える仕上がりなんですが、決して脂っこいわけでもなく旨味が凝縮された厚みのある味わいとなっていて、別添されている“ふりかけ”による“たこ焼”には欠かせない鰹節や紅生姜、アオサなどが本格感を際立たせ、旨味・風味ともに満足度の高い仕上がりとなっているようです!

また、“皮はパリッと・中はトロッと”した食感を表現した揚げ玉にも“たこ焼”の風味をイメージした粉末をまぶしているため、香ばしさや食感だけでなく、旨味としても全体の美味しさを引き立て、誰もが好む安定感のあるフレーバーと言えるでしょう!ただ、実店舗でもマヨネーズ(からしマヨネーズのどちらか)が別途もらえるので、お好みによってはマヨネーズを部分的に少し加えてみても良いかもしれませんね!

麺について

麺は、ご覧の通り角刃の中太麺が採用され、若干幅広で“ちぢれ”を付けたことでソースとの絡みも非常に良く、もっちりとした弾力と噛み応え抜群な強いコシを兼ね備えた仕上がりとなっています!

そんな中太麺には、ウスターソースをベースに果実や野菜、さらに鰹やタコの旨味をバランス良く合わせたやみつき感のあるソースがよく絡み、一口ずつに様々な旨味やほどよい酸味、コクのある味わいなどが口いっぱいに広がっていき、“たこ焼”ならではの鰹節の風味や磯の香り、香ばしさなどが後味良く抜けていきます!…というかこの仕上がりは“ふりかけ”が雰囲気ある味わいを臨場感高く再現しているようで、まさに老若男女問わず幅広い層に好まれる一杯に間違いありません!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの揚げ玉が入っていて、サクサクとした食感が心地良く、単純な揚げ玉というわけではなくしっかりと味付けが施されたことで、香ばしさや食感の他にも旨味としてソースの美味しさを引き立て、まさに“銀だこオイル”仕上げによるパリッとした食感をイメージさせる相性抜群な具材となっています!

また、こちらのキャベツは割と大きめにカットされたものが多めに使用されていて、シャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯に対してちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちら“ふりかけ”に含まれる鰹節や紅生姜、アオサなどがたっぷりと使用され、ピリッとした辛みや染み渡る旨味、食欲そそる風味などが際立ち、これらをしっかりと混ぜ合わせながら味わうと、より一層“たこ焼”を食べているかのような感覚で“焼そば”を楽しむことができ、個人的には特に揚げ玉の食感・旨味が非常に好印象でしたね!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りウスターソースをベースに果実や野菜、鰹やタコの旨味をバランス良く利かせたことによって“たこ焼ソース”特有の美味しさを再現し、少し甘めでまろやかさもあり、ほどよい酸味が利いていて全体としては“焼そばソース”とは異なる“たこ焼”でお馴染みの味わいとなっています!この仕上がりは“銀だこ”が監修しただけあって申し分ありません!

そして、色味からもわかるようにコク深く濃いめなテイストに仕上がってはいるんですが、決して動物系の脂・油分などが使用されているわけではありませんので、最後まで飽きることもなく、ソースには鰹やタコの旨味なんかも凝縮されていますから、じんわりと染み渡るかのような美味しさが存分に楽しめることでしょう!

また、別添されている“ふりかけ”に関しても全体をしっかりと混ぜ合わせていただくと“たこ焼”ならではの美味しさが際立って感じられるため、旨味が凝縮されたソースとともによく馴染ませながら食べ進めていくと良いかと思われます!ただ、肝心のマヨネーズだけは別添されていないので、お好みに合わせて別途加えてみてください!

他にも“たこ焼”自体様々なトッピングが相性良くマッチしますから、“ねぎ”やチーズ、明太子などを加えてみてもぴったりだと思います!この辺を考慮すると…今回再現されたメニューは“銀だこ”の鉄板メニュー“ぜったいうまい!! たこ焼”ですから、様々な具材と合わせて味わってみても良いかもしれませんね!(せめてマヨネーズだけでも試しておけば良かったと思ったのは食べ終えた後でした。。)

このように、今回の“築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば”は、国内最大の“たこ焼”チェーン“築地銀だこ”の定番メニュー“ぜったいうまい!! たこ焼”を“焼そば”にアレンジ・再現したことで、ウスターソースをベースに様々な旨味を凝縮したことで甘みのあるまろやかな味わいが心地良く、さらに別添されている“ふりかけ”を加えることによって味付けされた揚げ玉や“たこ焼”には欠かせない鰹節や紅生姜、アオサが食欲を掻き立て、“皮はパリッと・中はトロッと・たこはプリッとした食感”を“焼そば”として気軽に楽しめる風味豊かな仕上がりとなっていたため、お好みによっては“たこ焼”と相性の良いマヨネーズをはじめ様々な具材などを追加して味わってみても良いでしょう!

まとめ

今回「築地銀だこ監修 たこ焼味焼そば」を食べてみて、“たこ焼”と言えば“銀だこ”というほど認知度の高い人気チェーン“築地銀だこ”の創業25周年を記念して登場した一杯には…ウスターソースをベースに果実や野菜、鰹やタコなどの旨味をバランス良く融合したことで“たこ焼ソース”ならではの甘みのある味わいを再現、さらに別添されている“ふりかけ”を加えることによって食感の良い揚げ玉、そして“たこ焼”には欠かせない鰹節や紅生姜、アオサなどが臨場感の高い味わいや風味を引き立て、まさに“たこ焼”を食べているかのような美味しさがクセになる最後まで飽きの来ない風味豊かな仕上がりとなっていました!

やはり“たこ焼”といったテイストは“焼そば”との相性も非常に良く間違いないですね!実に様々な材料を使用したソースには酸味や旨味・甘みが絶妙なバランスで馴染んでいましたから…嫌いな人はいないのでは?というほど定番の味わいが“焼そば”として楽しめる満足度の高い一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!