カップ麺

ご当地×御出汁 仙台牛粉末仕立て 塩ラーメン!仙台牛の旨味を利かせた後味すっきり風味豊かな一杯

ご当地×御出汁 仙台牛粉末仕立て 塩ラーメン

ご当地×御出汁 仙台牛粉末仕立て 塩ラーメン」を食べてみました。(2022年3月7日発売・サンヨー食品食品)

この商品は、全国トップレベルのブランド牛“仙台牛”の粉末を使用し、ビーフや野菜の旨味、そしてキリッとした塩ダレと合わせたことによって後味すっきりとした牛テールスープ風の塩ラーメンを表現したもので、あっさりとした塩スープに胡椒を利かせ、ビーフの旨味が感じられる塩味のスープに仕立て上げ、素材の旨味を活かした風味豊かな一杯、“ご当地×御出汁 仙台牛粉末仕立て 塩ラーメン”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通りパッケージは白を基調に“ご当地×御出汁”や“みちのく銘品 仙台牛”といった今回のシリーズ名やメインとなるブランド名などが記載されており、シンプルながらも品質の高い食材・食品を扱う旨味・風味を活かしたコンセプトが伝わってきますね!(この“ご当地×御出汁”がシリーズ化するかどうか定かではありません。)

ご当地×御出汁 仙台牛粉末仕立て 塩ラーメン パッケージ

また、こちら容器側面には…“スープ中に仙台牛の粉末を使用したビーフ調味料を使用しています。”と記載されているように、今回の一杯には仙台牛の粉末を実際に使用したことで、旨味が一段と際立って楽しめる“塩らーめん”が表現され、あっさりとしたテイストながらも塩味らしいキレの良さとビーフの旨味を利かせた品のある味わいをイメージさせます!

一方こちらには…“牛テールスープ風塩味”と記載され、その背景には仙台牛を粉末に使用し、ビーフや野菜の旨味、キレの良い“かえし(塩ダレ)”とバランス良く合わせたことであっさりとした中にもコク深いビーフの旨味・風味が楽しめる塩スープに各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…鶏・豚味付肉そぼろ、味付卵、ねぎ、ピーマンが使用されているようです!

このように、今回の一杯はまさに仙台牛の旨味が味の決め手となるようで、みちのく銘品・仙台牛を使用した塩スープの美味しさはもちろん、黒毛和種である“仙台牛”といったブランド拘りの旨味を利かせたシンプルながらも贅沢な味わいは非常に気になるところではないでしょうか?

他にも特徴として…麺は厚みもあり若干幅広な中太麺が採用されていて、それによってビーフや野菜の旨味をベースにみちのく銘品・仙台牛や塩ダレをバランス良く合わせた牛テール風の塩スープに仕立て上げ、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせないビーフの旨味を存分に活かした風味豊かな味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“仙台牛粉末仕立て 塩ラーメン”というだけあって、非常にシンプルな塩ラーメンなんですが、ビーフや野菜の旨味がコクを下支えし、さらにみちのく銘品・仙台牛を粉末に使用したことで風味豊かな旨味が思ったよりしっかりと表現されており、キリッとしたシャープな飲み口が印象的で、丁寧に仕上げたメリハリのある味わいが心地良く、品の良い落ち着いた“塩ラーメン”と言うんでしょうか?食べ進めていくに連れて具材に使用された各種野菜からも良い旨味が滲み出し、シンプルな塩スープとともに弾力のある中太麺が楽しめる幅広い層に好まれそうな一杯となっていました!
これは特に、牛出汁を利かせた塩ラーメンが好みの方はもちろん、ビーフや野菜をベースにキリッとした塩ダレやみちのく銘品・仙台牛を使用したコク深い出汁の旨味を利かせた後味の良い塩スープをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は全国トップレベルのブランド牛“仙台牛”を粉末に使用し、ビーフや野菜をベースに塩ダレとバランス良く合わせたことでシンプルながらもコク深い素材の旨味を存分に活かした塩スープにもっちりとした中太麺が絶妙にマッチした味わい深い風味豊かな一杯、「ご当地×御出汁 仙台牛粉末仕立て 塩ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ご当地×御出汁 仙台牛粉末仕立て 塩ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、“ご当地×御出汁”といったご当地の出汁をコンセプトにした新商品で、みちのく銘品・仙台牛を粉末に使用し、ビーフや野菜の旨味をベースに塩ダレをバランス良く合わせたことであっさりとした牛テールスープ風の塩ラーメンに仕立て上げ、シンプルながらもコクもあり、なんと言っても仙台牛の旨味を存分に活かしたことで物足りなさは一切なく、後味すっきりとした風味豊かな一杯、“ご当地×御出汁 仙台牛粉末仕立て 塩ラーメン”となっています。

ご覧の通りフタの方にも容器側面と同じく“ご当地×御出汁”、“みちのく銘品 仙台牛”といったコンセプトや使用されているブランド名が記載され、この落ち着いた雰囲気からも出汁の旨味を丁寧に利かせた品のある“塩ラーメン”であることが想像できます!

一方こちらには、今回の“ご当地×御出汁 仙台牛粉末仕立て 塩ラーメン”に関する簡単な説明書きが記載されていて、これによると…“宮城・仙台牛のうまみを味わえる牛テールスープ風塩ラーメン”とのことで、旨味が強い仙台牛を粉末に使用したことで素材の旨味を存分に活かした安定感のある味わいのようですね!
※仙台牛は昭和6年から牛の改良が行われ、A5またはB5に評価された最高ランクの牛肉です。

ちなみに今回は鹿児島・指宿鰹節の粉末を使用し、すっきりとしたテイストながらも味わい深い和風テイストの醤油ラーメンを表現した一杯、“ご当地×御出汁 指宿鰹節粉末仕立て 醤油ラーメン”も同時発売されています!

また、最近で言うと…“久世福商店”とコラボした“久世福商店監修「野菜だし」で仕上げた 塩らーめん”や“久世福商店監修「毎日だし」で仕上げた きつねうどん”が2021年2月15日に発売(2022年1月31日再発売)されているように、今回の“ご当地×御出汁”というシリーズ名のようにも感じられる文言は今回限りかもしれません。

それでは、今回の“ご当地×御出汁 仙台牛粉末仕立て 塩ラーメン”がどれほどビーフや野菜をベースに塩ダレを利かせたシンプルながらも安定感のある牛テール風の塩スープに仕上がっているのか?みちのく銘品・仙台牛を粉末に使用したコク深い旨味や風味豊かな香りとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもサンヨー食品らしい弾力のある丸刃の中太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り278kcal(めん・かやく240kcal / スープ38kcal)となっております。(塩分は4.4g)

カロリーは、レギュラーサイズで若干少なめなボリューム、そして仙台牛の旨味を存分に活かした“塩スープ”ということもあって非常に低い数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり64g、麺の量は50gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと38kcalと極端に低すぎるわけでもありませんので、コク深い仙台牛の旨味だけでなくビーフや野菜の旨味をベースした深みのある仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩やビーフエキスをはじめ…

  • ビーフ調味料
  • でん粉
  • 野菜エキス
  • チキン調味料
  • 香辛料
  • にんにく調味料
  • ポーク調味料

といった、ビーフや野菜の旨味をベースにキレの良い塩ダレや仙台牛を粉末に使用したことでシンプルながらも物足りなさを感じさせない深みのあるコクをバランス良く合わせ、後味すっきりとした安定感のある塩スープといった最後まで飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901734045663
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、粉末卵)、スープ(食塩、デキストリン、砂糖、ビーフエキス、ビーフ調味料、たん白加水分解物、でん粉、野菜エキス、チキン調味料、酵母エキス、香辛料、にんにく調味料、ポーク調味料)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、味付卵、ねぎ、ピーマン)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、トレハロース、カラメル色素、香料、増粘多糖類、かんすい、微粒二酸化ケイ素、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、ビタミンB1、カロチン色素、酸味料、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (64g) 当たり]
熱量278kcal
たんぱく質7.0g
脂質11.1g
炭水化物37.6g
食塩相当量4.4g
めん・かやく: 1.4g
スープ: 3.0g
カルシウム224mg

引用元:ご当地×御出汁 仙台牛粉末仕立て 塩ラーメン | サンヨー食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、具材には…

  • 鶏・豚味付肉そぼろ
  • 味付卵
  • ねぎ
  • ピーマン

が入っています。

ご覧の通り具材にはシンプルな“塩ラーメン”にぴったりな具材が豊富に取り揃えられているようで、透明度の高い塩スープに華やかさをプラスする赤ピーマンが使用され、塩スープの美味しさを引き立てる“鶏・豚味付肉そぼろ”なんかも使用されている辺りが印象的といったところ!

そして麺は、サンヨー食品でよく見かける丸刃仕様の中太麺が採用されており、まだ湯戻りする以前の状態ではありますが…見るからにもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた滑らかな食感に仕上がり、コスト面を考慮した量産型の仕様となっています!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:320ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで、先ほどまでの中太麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力が加わったことで、麺量50gながらも思いのほか食欲も満たしてくれそうなボリューム感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…ビーフや野菜の旨味をベースに仙台牛の風味豊かな旨味が溶け込んだ透明感の高い塩スープに仕上がり、動物系の旨味によるコクやメリハリを加えるキレの良い塩ダレがバランス良く融合したことによって丁寧かつ品のある美味しさが表現され、あっさりとした中にも味わい深いテイストのようですね!

また、具材に使用された味付豚肉からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて深みも増していく…そんな仙台牛の旨味を引き立てる“塩ラーメン”ならではの飽きの来ない美味しさが品良く仕上がり、今回のメインとなる牛出汁が繊細な味わいを引き立て、シンプルながらも物足りなさを感じさせない一杯は、まさに万人受けするかのような幅広い層に好まれるテイストといったところではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…仙台牛の旨味や風味を引き立てるかのようにビーフや野菜の旨味がバランス良く溶け込み、淡麗系とも言える透明感の高い塩スープには繊細な旨味を際立たせる牛出汁が絶妙にマッチしたことで物足りなさといった印象は全くなく、キリッとしたシャープな飲み口と臭みのない仙台牛の旨味を丁寧に合わせ、後味すっきりと感じさせるメリハリのある一杯といったところ!

ただ…仙台牛の旨味を利かせたコク深いテイストに関しては上品過ぎるせいか若干控え目にも感じられ、万人受けするかのような安定感のある塩スープに仕上がり、どことなく優しい口当たりにも感じられるかもしれませんので、相性の良いペッパー系の香辛料を加えてピリッとしたアクセントを利かせても良いかもしれません!

これらを考慮すると…まず物足りなさは一切なく仙台牛の旨味を利かせた飲み口すっきりとした牛テール風の塩ラーメンに仕上がり、食べ進めていくに連れて具材に使用された“鶏・豚味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出し、全体の美味しさとしては申し分ないものの…あくまで仙台牛の旨味を活かした塩ラーメンなので、強いて言えば特徴がないテイストと思われる方も多いのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり若干幅広な丸刃の中太麺が採用されており、つるっと滑らかな食感はもちろん、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備えた食べ応えのある仕上がりとなっています!

そんな中太麺には…仙台牛の旨味を引き立てるビーフや野菜の旨味をバランス良く利かせたことで、あっさりとした中にもじんわりと染み渡る品の良い塩スープがよく絡み、一口ずつに牛出汁ならではのコク深い旨味などが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香り立つ牛テール風の香りが後味良く抜けていきます!…というか仙台牛を含めた旨味がバランス良く利いているんですが…やはり牛出汁の旨味・風味が非常に優しいテイストとなっているせいか落ちついた雰囲気で、シンプルに仕上げた“塩ラーメン”ですから万人受けすることに間違いないでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、“鶏・豚味付肉そぼろ”が使用されていて、“肉そぼろ”という割にサイズは大きめで、使用されている数に関しても申し分なく、じっくりと味わってみると…ほどよく味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出す仕上がり具合となっていたため、スープとしっかりと馴染ませながら食べ進め、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が楽しめるかと思われます!

また、こちらの赤ピーマンは、やや小さめにカットされており、じっくりと味わってみると…素材本来の苦味などがしっかりと感じられ、今回のスープを損なうこともなく彩りの良い具材としてちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

さらに、こちらの味付卵は、使用されている数はかなり少なめで味付けもそれほど感じられませんでしたので、上記の赤ピーマンと同じく彩りの良さをプラスする具材としてさり気なく添えられています!

他にもこちら“ねぎ”が使用されており、やや小さくカットされたことでシャキシャキ感こそありませんが、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の“塩ラーメン”の美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りビーフや野菜の旨味をベースに塩ダレや全国トップレベルのブランド牛“仙台牛”の粉末をバランス良く合わせたことで、コク深く風味豊かな牛テール風の塩ラーメンに仕立て上げ、後味すっきりとしたキレと牛出汁のコク、そして仙台牛の粉末が合わさったことで一瞬特徴のないテイストにも感じられるかもしれませんが…これはこれで非常に丁寧な味わいで、まさにあっさりとした中にも素材の旨味を存分に活かした塩スープを表現し、誰もが好む安定感のある味わいとなっています!…というかレギュラーサイズで若干少なめというボリューム感がまた良いですね!(夜食にもぴったりです。)

そして、実際に味わってみるとわかると思うんですが、今回の“ご当地×御出汁 仙台牛分末仕立て 塩ラーメン”のスープは平凡と言えば平凡です。ただ、素材の旨味を活かしたことで物足りなさは一切なく、個人的にはもう少し牛ならではの特徴を前面に押し出しても良かったのでは?と思いますが、全体的に品良くまとめられた塩スープという点が印象強く、安定感のある一杯ということもあって万人受けしそうな一杯といったところ!

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された“鶏・豚味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出していき、仙台牛の旨味をより一層際立たせるかのように深みが増していき、シンプルながらも後味すっきりとした塩スープを引き立て、それと同時に満足度も増していく…そんな素材の旨味を存分に活かした仕上がりで、何度食べても飽きない味わいであることに間違いありません!

そのため、容器底からしっかりと混ぜながら食べ進めていくと各種素材の旨味はもちろん、仙台牛の粉末や香辛料などもスープによく馴染んでいき、深みのある美味しさがじんわりと染み渡っていくものの…やはり上記の通り安定感のある比較的落ち着いた雰囲気の仕上がりとなっているので、お好みによっては調理時に使用する熱湯を若干少なめにして濃いめな味わいとして楽しんでみても良いでしょうし、もう少しペッパー系の香辛料を加えても良いかと思われます。

このように、今回の“ご当地×御出汁 仙台牛粉末仕立て 塩ラーメン”は、ビーフや野菜の旨味をベースに全国トップレベルのブランド牛“仙台牛”の粉末を加え、キリッとした塩タレとバランス良く合わさったことでシンプルながらも後味さっぱりとした牛テール風の塩ラーメンを表現、そこに丸刃の中太麺が絡むことで若干少なめながらも小腹を満たしてくれる安定感のある仕上がりとなっていたため、お好みによっては塩スープと相性の良いペッパー系の香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ご当地×御出汁 仙台牛粉末仕立て 塩ラーメン」を食べてみて、“ご当地×御出汁”といったシリーズ化するかどうか定かではありませんが、ご当地の出汁をうまく活かした新商品としてビーフや野菜の旨味をベースに臭み・脂っこさのない仙台牛を粉末に使用したことでシンプルながらも深みのある風味豊かな牛テール風の塩スープに仕上げ、具材の鶏・豚味付肉そぼろ、味付卵、ねぎ、ピーマンからも旨味を引き立て、キリッとした口当たりとコク深く風味豊かな美味しさが物足りなさを感じさせない最後まで飽きの来ない一杯となっていました!

また、今回の一杯は仙台牛の旨味をしっかりと利かせてはいるものの、牛特有の変なクセなどは一切なく、誰もが好む安定感のあるテイストで個人的に正直そこまで期待していなかったんですが…思いのほかビーフや野菜の旨味とのバランスが非常に良く、あっさりとした中にもコクのある素材本来の美味しさが十分に堪能できる何度食べても飽きの来ない仕上がり具合となっており、仙台牛の風味豊かな味わいが気軽に堪能できる塩スープでしたので、幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!