一平ちゃん

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 にんにく塩だれ味!ガーリックをガツンと加えた“にんにく”三昧の一杯

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 にんにく塩だれ味
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 にんにく塩だれ味」を食べてみました。(2022年10月24日発売・明星食品

この商品は、豚の旨味に“にんにく”をしっかりと利かせた塩味の焼そばソースに別添されている卵黄アップの特製マヨ・“かやく”に含まれるガーリックチップを合わせたことで、濃厚ながらも後味すっきりとしたやみつき感のあるテイストがボリューム感たっぷりと楽しめる一杯、“一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 にんにく塩だれ味”となっております。(値段:税別265円)

ご覧の通りパッケージには“パンチの効いたにんにくと黒こしょうがクセになる!”と記載されているように、塩味の“焼そば”と言えば割とあっさりとしたテイストをイメージするんですが…今回は豚の旨味に“にんにく”をしっかりと利かせたガッツリ系のテイストとなっており、さらにガーリックチップや黒胡椒が加わったことでパンチのある味わいがたっぷりと楽しめる仕上がりで、“塩だれ”と言えば通年発売されている“一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味(2021年3月1日発売リニューアル発売)”も大変人気ですから…恐らく今回も間違いない美味しさが楽しめるものと思われます!

そもそも“塩焼そば”に“にんにく”の旨味やガーリックチップ、さらに卵黄アップの特製マヨと言えば王道とも言える“にんにく三昧”のフレーバーですし、こってり感のある豚の旨味やガーリック・ブラックペッパーとの相性も抜群ですからね!後味の良いやみつき感のある味わいが表現されているに違いありません!

一方こちらには…“後がけガーリックチップ入り”と記載され、その背景には豚の旨味に“にんにく”をガッツリと利かせたことでパンチのある味わいを際立たせた焼そばソースがシリーズらしい中太麺に絡み、さらに後がけ仕様のカリカリ食感のガーリックチップやブラックペッパー、卵黄アップの特製マヨなどを加えたことによる仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…フライドガーリック・キャベツ・ねぎ・香辛料が使用されているようです!

また、上記のように今回使用されている“一平ちゃん夜店の焼そば”には欠かせない特製マヨには…プレーンな仕様ではありますが、卵黄をアップさせた“コク旨マヨ”となっており、これがまた後味さっぱりとした“塩焼そば”をコク深く濃厚な味わいへと引き立てるわけですね!しかし全体のバランスを考慮しているんでしょうか?“にんにく”三昧の一杯という割にガーリックマヨではない点が個人的には好印象といったところ!

これは…こってりとした豚ならではの旨味に“にんにく”をしっかりと利かせたコクのある塩ダレ、さらにカリカリ食感のガーリックチップやブラックペッパーを加えたやみつき感のあるテイストと来れば幅広い層に好まれるフレーバーに間違いありませんし、濃厚なソースの旨味が特徴的なシリーズとしては“にんにく”に際立った間違いない一杯とも言えるでしょう!

他にも特徴として…麺はシリーズお馴染みの歯切れの良いコシを表現した中太麺となっていて、すすり心地も非常に良く、それによって後味すっきりとしているのにも関わらず豚の旨味や“にんにく”をしっかりと利かせたパンチのある“塩だれ味”に別添されているカリカリ食感のガーリックチップやブラックペッパーによってメリハリのある味わいに仕上がり、最後まで飽きの来ない“にんにく塩だれ味”がボリューム感たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

後味すっきりとした塩ダレながらも豚の旨味を利かせたことによってコクがあり、“にんにく”に関してはそこまで強烈なものではなく食欲そそるバランスの良い利かせ具合が心地良く、そこに別添されているカリカリ食感のガーリックチップやブラックペッパーを加えることによって“にんにく三昧”といったパンチのある口当たりが際立ち、卵黄アップの特製マヨが良い意味でのこってり感をプラス、そしてなんと言っても130gもの麺量によってガツンと食欲を満たしてくれる食べ応え抜群な一杯となっていました!
これは特に、“にんにく”をガツンと利かせたパンチのある“塩焼そば”が好みの方はもちろん、豚の旨味にしっかりと“にんにく”を利かせ、後がけ仕様のガーリックチップや卵黄アップの特製マヨがバランス良くマッチしたことで、最後まで飽きの来ないメリハリのある味わいをボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”の新フレーバーとして登場となった豚の旨味に“にんにく”をガツンと利かせ、後がけ仕様・カリカリ食感のガーリックチップやブラックペッパー、さらに卵黄をアップさせた特製マヨをバランス良く合わせたパンチの地良い“にんにく”三昧の一杯、「一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 にんにく塩だれ味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 にんにく塩だれ味

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズの新商品ということで、豚の旨味に“にんにく”をしっかりと利かせた塩ダレに後がけ仕様のガーリックチップやブラックペッパーを加え、さらに卵黄アップの特使マヨを合わせたことでキレとコクのある後味の良いテイストに仕立て上げ、すすり心地抜群な中太麺によって食欲そそるガーリックの味がたっぷりと楽しめるボリューム感抜群な一杯、“一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 にんにく塩だれ味”となっています。
※売っている場所:今回はローソンで購入

ご覧の通りパッケージには今回の商品名である“にんにく塩だれ味”といった文字が大きく記載され、後味すっきりとした塩味に“にんにく”や特製マヨを加えたことによってメリハリのある濃厚なテイストに仕立て上げ、さらにカリカリ食感のガーリックチップやブラックペッパーがちょうど良いアクセントになった最後まで飽きの来ない大盛り仕様の一杯であることが想像できます!

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 にんにく塩だれ味 パッケージ

また、濃厚なソースをモチーフとした“明星 一平ちゃん夜店の焼そば”は1995年に発売され、第2のフレーバーとして“塩だれ味”が2006年に発売、さらに第3のフレーバーとして“明太子味”が2012年に発売されているように、“塩だれ”・“明太子”ともに割と歴史ある一杯として根強いリピーターの方も多く、そんな人気の“塩だれ味”に“にんにく”の旨味をガツンを加えたパンチのあるフレーバーは間違いない一杯と言えるのではないでしょうか?

さらに…ご存知の通り“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズは、この他にも数多くのフレーバーが発売されており、個人的にもついつい気になっては実食・レビューをまとめているので、ぜひ下記ページも参考にしてみてください!

参考:「一平ちゃん」シリーズ一覧

それでは、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 にんにく塩だれ味”がどれほど豚の旨味に食欲そそる“にんにく”をしっかりと利かせたパンチのある塩ダレに仕上がっているのか?後がけ仕様・カリカリ食感のガーリックチップやブラックペッパーによるアクセント、そしてシリーズとしては欠かせないコクを引き立てる特製マヨとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもすすり心地抜群な中太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り729kcalとなっております。(塩分は6.6g)

カロリーは、大盛り仕様・汁なしカップ麺(カップ焼そば)ということもあって“塩だれ味”ながらもかなり高めな数値のようで、塩分も同じくやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり164g、麺の量は130gとのこと。

また、このカロリーと塩分の数値を見る限り…今回の“にんにく塩だれ味”に関しては大盛り仕様としての商品で、豚の旨味に食欲そそる“にんにく”をガツンと利かせたことで、変な脂っこさといった感じは一切なく、塩味らしくキレの良い口当たりが印象的で、最後まで飽きの来ない旨味溢れるテイストを表現、ちょうど良い“つまみ”にもなりそうな仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、マヨネーズや“しょうゆ”をはじめ…

  • 豚脂
  • 食塩
  • 香味油
  • ポークエキス
  • 香味調味料
  • 香辛料

といった、豚の旨味に“にんにく”をしっかりと利かせた塩ダレに仕立て上げ、さらに後がけ仕様のガーリックチップやブラックペッパーを加えることによってパンチのある口当たりが際立ち、さらに卵黄をアップさせた特性マヨが良い意味でのこってり感を引き立て、やみつき感のあるメリハリの付いた塩味の焼そばソースが印象的で、コク深くも塩味ならではのキリッとした口当たりが絶妙にマッチした旨味溢れる味わいを想像させる材料が並びます。

また、若干気にはなっていたんですが…通年発売されている人気フレーバー“一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味”と比較してみると、なんとほぼ同等の仕様となっており、やはりあの定番とも言える味わいに“にんにく”をガツンと加えたアレンジ商品とも言えるフレーバーのようです!

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 にんにく塩だれ味
一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味
JANコード4902881454551
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、ソース)、ソース(マヨネーズ、しょうゆ、糖類、豚脂、食塩、香味油、ポークエキス、たん白加水分解物、香味調味料、香辛料)、かやく(フライドガーリック、キャベツ、ねぎ、香辛料)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、炭酸カルシウム、香料、酒精、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、カラメル色素、カロチノイド色素、香辛料抽出物、乳化剤、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・ごま・大豆・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (164g) 当たり]
熱量729kcal
たんぱく質14.0g
脂質32.5g
炭水化物95.1g
食塩相当量6.6g
ビタミンB10.31mg
ビタミンB20.34mg
カルシウム198mg

引用元:明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 にんにく塩だれ味 | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体ソース、あとのせかやく、特製マヨといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に液体ソースは豚の旨味を含んでいるものの割とサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。
※特製マヨは温めないでください。

また、麺はご覧の通りシリーズお馴染みの丸刃の中太・フライ仕様となっていて、すすり心地の良さによって豚の旨味に“にんにく”を利かせた食欲そそる風味が香り立ち、歯切れの良い強いコシなんかも兼ね備えた麺が採用されているようです!

そんな中太麺の裏側には、具材として使用されているキャベツがすでに入っていて、若干物足りなさを感じさせるかもしれませんが…今回のフレーバーには後がけ仕様のガーリックチップやブラックペッパー、特製マヨが別添されていますから、恐らく物足りなさといった感じはないものと思われます!

調理してみた

熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:770ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

しっかりと湯戻りしたことによって先ほどまでの麺がひとまわりふっくらとした仕上がりとなり、ほどよい弾力や歯切れの良いコシが加わり、まだ液体ソースや“あとのせかやく”などを加える前の状態ではありますが、臭みのない豚の旨味に食欲そそる“にんにく”をガツンと利かせ、カリカリ食感のガーリックチップやブラックペッパーが加わることによってやみつき感のある美味しさがボリューム感たっぷりと楽しめる満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体ソースを加えていきます!
すると…豚の旨味が加わっているものの、思ったよりサラッとした状態となっており、量は若干多めでしたので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

そして上記の液体ソースは量も多く割とサラッとした状態でしたので、すぐに容器底へと沈んでいき、見た目としてはそこまで変化がなく、同じく“にんにく”の風味もこの時点ではそこまで強くはないようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り豚の旨味をたっぷりと利かせているとは言え、非常にサラッとした塩ダレとなっていますので、すんなりと中太麺にも馴染んでいきます!ただ、今回は麺量130gの大盛り仕様ですから…その辺りに関しては若干の混ぜにくさはありますね。。

そして液体ソースが全体に馴染んだら…先ほどの特製マヨを加えていきます!
今回の特製マヨは卵黄をアップさせたことでコク深い仕様となっていますので、良い意味でのこってり感や厚みのある旨味がさらに際立って楽しめそうです!

さらに最後に先ほどの“あとのせかやく”を加えて完成となります!
ちなみにこの“あとのせかやく”には…ガーリックチップ・ブラックペッパー・“ねぎ”が入っていて、やはり“にんにく”の風味は強烈なものではなく、旨味として凝縮されているようですね!全体のバランスはかなり良いかと思われます!

こうして完成となるわけですが…具材に使用されているのはキャベツのみですが、“あとのせかやく”としてカリカリ食感のガーリックチップやブラックペッパーが豊富に使用されていますから、卵黄をアップさせた特性マヨとともに食欲そそる旨味を際立たせ、見た目としても全く物足りなさを感じさせません!

また、中でもカリカリ食感のガーリックチップは中太麺や特製マヨと一緒に絡めていただくと、より一層“にんにく”の旨味や風味豊かな香ばしさが口いっぱいに広がっていき、同時に満足度も増していく…そんなボリューム感もありつつも申し分のない美味しさがたっぷりと楽しめそうで、一気に全体を混ぜるのではなく、少しずつ味の違いを堪能しつつ馴染ませていくと良いでしょう!

食べてみた感想

一口食べてみると…豚の旨味に関しては確かにしっかりと利いているんですが、決して脂っこさ・“くどさ”といった感じは一切なく、濃厚こってりというよりもキレ・後味の良い塩味の焼そばソースにほどよい厚みやコクを際立たせ、後味すっきりとした味わいに食欲そそる“にんにく”がバランス良く利いたことでインパクト抜群というよりもやみつき感のある美味しい仕上がりとなっています!

また、ブラックペッパーを加えたことでキリッとした口当たりがさらに際立ち、豚の旨味によるコクと合わせてちょうど良いメリハリとなり、大盛り仕様の一杯ではありますが、最後まで飽きの来ないやみつき感のあるテイストが印象的で、“にんにく”の旨味が丁寧に融合したことによって、ついつい箸が止まらなくなりますね。。これは美味いです!

というのも…豚の旨味がしっかりと下支えしたことで物足りなさといった感じが一切なく、塩気といい“にんにく”といい全体のバランスが良いせいか、後引く旨味・香辛料が心地良く、キレの良い塩ダレとしては申し分のない仕上がり具合で、そこに卵黄をアップした特性マヨが濃厚感を引き立て、食べ応えのある味わいを後押ししているようにも感じられます!

そのため、極端に言うと…こってり感とキレの良さがバランス良く融合したかのようなテイストで、豚の旨味に“にんにく”を利かせた塩ダレにガーリックチップやブラックペッパー、特製マヨが絶妙にマッチしたことによって定番の“一平ちゃん夜店の焼そば 豚旨塩だれ味”をブラッシュアップさせたような幅広い層に好まれる納得の仕上がりと言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしい歯切れも良くほどよいコシを併せ持った中太麺が採用され、すすった際に感じられる“にんにく”やブラックペッパーなどの風味が心地良く、それによってフライ麺特有の香ばしさだけでなく食欲そそる香りなんかも楽しめる仕上がりとなっています!

そんな中太麺には…豚の旨味に“にんにく”をしっかりと利かせ、後がけ仕様のガーリックチップやブラックペッパーを加えたことでやみつき感のある旨味がたまらない塩味の焼そばソースがよく絡み、一口ずつに臭みのない豚の旨味や相性抜群な“にんにく”などの味わいが口いっぱいに広がっていき、ガーリックチップによる風味やフライ麺ならではの香ばしさが後味良く抜けていきます!…というかこの仕上がりは間違いないですね!特に“にんにく”の利かせ具合が丁寧で、単純に“にんにく”を強烈に利かせているわけではなく、全体のバランスがしっかりと考慮されていて、まさに良い“つまみ”ですね…笑

そして、卵黄をアップしたという特製マヨをちょっと付けて味わってみると…これはこれでコク深さやマヨネーズならではの酸味などが加わったことで塩ダレの旨味に厚みが際立ち、余計に箸が進みます。。やはり最初は部分的に味の違いをじっくりと楽しみつつ、徐々に全体を馴染ませていくと良さそうです!

トッピングについて

トッピングにはまず…後がけ仕様のガーリックチップが入っていて、仕上がり自体はカリカリとした食感となっていて、もちろん“にんにく”の旨味を引き立てる相性抜群な具材でしたので、単品で味わうというよりも麺や特製マヨ、ブラックペッパーなどと一緒に絡めていただくと、より一層やみつき感のある美味しさが際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのキャベツは若干小さめにカットされ、ほどよいシャキシャキ感を残した仕上がり具合となっていて、彩りも非常に良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

そして、こちらのブラックペッパーは…さり気なくピリッとしたアクセントをプラスし、今回の“にんにく塩だれ味”にちょうど良いメリハリを引き立て、ボリューム感のある一杯にも関わらず最後まで全く飽きさせません!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、かなり小ぶりで“あとのせかやく”に含まれていたせいか…シャキシャキ感は一切ないものの、ほどよい薬味になったことで今回の“にんにく塩だれ味”の美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

塩ダレについて

塩ダレは、先ほどもお伝えした通り豚の旨味に“にんにく”をしっかりと利かせたことによってパンチのあるテイストに仕上げ、まず豚の旨味に関しては決して脂っこさや“くどさ”といった感じはなく、ちょうど良い脂・油分として今回の塩ダレを下支えし、さらにこのオイリー感によって最後まで麺がパサつくこともなく臨場感の高い味わいが楽しめるかと思われます!そして、“にんにく”は強烈に利いているわけではなく、食欲そそる旨味としてバランス良くタレに溶け込み、クセになる美味しさを表現しているようです!

そして、別添されている“あとのせかやく”のカリカリ食感のガーリックチップやブラックペッパーが馴染んだことでやみつき感のある美味しさが際立つのと同時にちょうど良いメリハリが付き、そもそも塩ダレということもありますが…豚の旨味や特製マヨによるコクとのバランスが心地良く感じられ、後味さっぱりとしたテイストに仕上がり、大盛り仕様のボリューム感たっぷりな一杯にも関わらず最後まで全く飽きが来ません!

そのため、比較的あっさりとしたテイストをイメージさせる“塩焼そば”ではありますが、豚脂やポークエキスといった豚の旨味が凝縮されているため、決して物足りなさといった感じはなく、ちょうど良いコクとキレの良さがバランス良く融合し、なんと言っても“にんにく”の旨味がやみつき感のある美味しさを引き立て、塩気に関してもちょうど良いため、“つまみ”にもぴったりな味わいといったところで、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

このように、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 にんにく塩だれ味”は、豚の旨味に食欲そそる“にんにく”をしっかりと利かせたことでやみつき感のある“にんにく塩だれ味”に仕上がり、別添されている“あとのせかやく”を加えることでカリカリ食感のガーリックチップやブラックペッパーの香ばしい旨味やメリハリを付けるアクセントが心地良く、卵黄をアップした特性マヨとも絶妙にマッチし、コク深くもクセになる“にんにく”が引き立ち、“にんにく”臭が強烈というよりも素材本来の美味しさを存分に活かした丁寧なテイストで、“くどさ”のない後味さっぱりとしたフレーバーとなっていたため、お好みによっては“塩焼そば”と相性の良い“おろしにんにく”やペッパー系の香辛料などをさらにちょい足ししてみても良いでしょう!(デフォルトだと若干“にんにく”が弱く感じられるかもしれませんので、ちょっと足してちょうど良いかもしれません。)

まとめ

今回「一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 にんにく塩だれ味」を食べてみて、豚の旨味に“にんにく”をしっかりと利かせたコク深くもパンチのある“塩だれ味”を表現した一杯には…カリカリ食感のガーリックチップやブラックペッパー、さらに卵黄をアップさせた特性マヨなどを合わせたことでバランスの良いやみつき感のある美味しさに仕上がり、“にんにく”×塩ダレといった王道とも言える後味すっきりとした味わいが心地良く、あっさりとした塩味に豚の旨味や特製マヨが良い意味でのこってり感・コクをプラスし、ブラックペッパーが全体の旨味を引き締めることで最後まで飽きの来ない塩ダレとなっていましたので、最初は部分的に味の違いなどを楽しみ、徐々に全体を馴染ませていくと今回の“にんにく塩だれ味”が存分に楽しめる満足度の高い一杯となっていました!

やはり“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズ第2のフレーバーとして人気の“豚旨塩だれ味”から派生させたかのような一杯は間違いありませんね!しかも“にんにく”を加えたやみつき感のあるテイストですから、メリハリも付いて安定感があり、臭みのない豚の旨味をしっかりと利かせたコク深い一杯は誰もが好む好評のテイストと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です