エースコック

ロカボデリ リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質オフ!低糖質ながらも本格感のある味わい

ロカボデリ リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質オフ

ロカボデリ リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質オフ」を食べてみました。(2019年2月19日発売/9月16日リニューアル発売・エースコック)

この商品は、“めんがつなぐ、おいしい低糖質”をテーマにエースコックから新たな低糖質カップ麺シリーズ“ロカボデリ”としての一杯が登場です!

それも…“長崎ちゃんぽん”でお馴染み「リンガーハット」との共同開発によってエースコックの独自技術である低糖質麺と専門店ならではの本格感のある美味しいスープが楽しめる一杯として、チキンやポークをベースに魚介の旨味を利かせたちゃんぽんスープを表現し、さらにアクセントとして香味野菜や香ばしいオニオンラー油の風味が後味の良さを引き立てる本格的な味わいを糖質オフで楽しむことができる“ロカボデリ リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質オフ”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通り、パッケージには今回の特徴である“糖質30%オフ”といった文字が大きく記載され、国産野菜にこだわった“リンガーハット”らしい野菜がたっぷりと使用された“長崎ちゃんぽん”といった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・人参・かまぼこ・もやしが使用されているようです!

ロカボデリ リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質オフ パッケージ

また、こちらには新ブランドである“ロカボデリ(Locabo is Delicious)”のロゴに加え、“おいしく楽しく適正糖質”でお馴染み“ロカボ”のロゴなんかも一緒に記載されていますね!“山田悟医師推奨”といった文字にも信頼のおける健康感ある一杯ということが伝わってきます!

これによると…今回の一杯には糖質33.7g、カロリー290kcal、さらに食物繊維も11.1gも含まれているようで、単純に低糖質・低カロリーにこだわった商品ではなく、しっかりとした美味しさなんかも楽しめる仕上がりとなっているようですね!
※以前は糖質30.2g、カロリー272kcal、食物繊維10.5gと、麺量が14%増量となったことで、この辺りの内訳も変更となっています。

ちなみにダイエット中でもおすすめの低カロリー・糖質控え目なカップ麺については、ぜひこちらの記事もご覧ください!

ダイエット中にもおすすめのカップ麺を一挙ご紹介します!【随時更新】ダイエット中のカップ麺はちょっと…と気にしていませんか? そもそもカップ麺だからダイエット中はダメというわけではなく、最近では糖質...

そして、こちらには“糖質30%オフ”と記載されているんですが、こちらはエースコック独自技術の低糖質麺によって実現されているようで、今回のパッケージによると…中華スタイル即席カップ麺(非油揚げ麺)との比較とのこと。

このように今回の一杯は、麺量14%増量したことで食べ応え・満足度もアップしながらも、低糖質・低カロリーも実現、さらに食物繊維をも摂取できるとのことで、ロカボの考えである“おいしく楽しく適正糖質”にふさわしい仕上がりのようです!

他にも特徴として、エースコックの独自技術・新開発による低糖質麺が使用されたことで糖質を抑えられているとのことですが、“リンガーハット”の“長崎ちゃんぽん”らしいもっちりとした弾力とコシが表現された太麺に仕上がり、それによって本格感のあるスープとともに全く物足りなさを感じさせない味わいが楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“エースコック独自技術による糖質が抑えられた太麺によって糖質・カロリーが抑えられているため、スープはリンガーハット”らしいキレのある後味すっきりとした豚骨の旨味を利かせた満足度の高い仕上がりとなり、まさに本格感のある一杯を糖質オフで楽しむことができる味わいが表現されていました!
これは特に、糖質に気にすることなく食べ応えのある太麺と“リンガーハット”ならではのスープを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの本格感のある味わいを糖質オフで楽しむことができる一杯「ロカボデリ リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質オフ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ロカボデリ リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質オフ

今回ご紹介するカップ麺は、エースコックとお馴染み“リンガーハット”の共同開発によって登場した新ブランド“ロカボデリ”から登場した一杯で、エースコックの新開発による低糖質麺と人気外食チェーン店ならではの本格感のある味わいを糖質オフで楽しむことができる“ロカボデリ リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質オフ”となっています。

ちなみにこの“ロカボデリ”シリーズは2019年2月19日に“ロカボデリ CoCo壱番屋監修カレーラーメン 糖質オフ”とともに新登場となっていて、同年9月16日には麺の量を14%増量して2品ともリニューアル発売されています!(その分カロリーなども若干変更されています!)

ご覧の通り、パッケージにもしっかりと“麺増量!”、“2019年2月発売品対比14%増”と記載されているのが確認できますね!(以前は1食当たり80g・麺量50gだったのに対し、今回は1食当たり85g・麺量57gへと変更されています。)

また、“リンガーハット”実店舗について詳しくはこちらの記事もご覧ください!

リンガーハットに行ってきました!たっぷりの野菜が楽しめる“ちゃんぽん”ならここ!
「リンガーハット」行ってきました!たっぷりの野菜が楽しめる“長崎ちゃんぽん”!“長崎ちゃんぽん”でお馴染み「リンガーハット」に行ってきました! この“リンガーハット”は、国産にこだわった新鮮な野菜をはじめとす...

この“リンガーハット”では、2019年3月1日から糖質を約30%カットした「低糖質ちゃんぽんめん」なんかも導入しているとのことですし、そもそも国産野菜にこだわりの強いお店でもありますから、今回のような低糖質のカップ麺はまさに“美味しさと安全”を謳う“リンガーハット”らしい一杯とも言えるでしょう!

それでは、今回の“ロカボデリ リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質オフ”が低糖質な仕上がりによってどういった味わいとなっているのか?“リンガーハット”らしいチキンやポークを利かせたすっきりとした“ちゃんぽんスープ”と新開発された低糖質麺との相性・バランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り290kcal(めん・かやく205kcal / スープ85kcal)となっております。(塩分は5.9g)

カロリーは、今回使用されている低糖質麺によってかなり低めの数値のようですが、塩分に関しては平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり85g、麺の量は57gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは85kcalとそこまで低い数値ではないようですので、低糖質・低カロリーは麺で実現し、スープの方はしっかりと楽しめる味わいが表現されているものと思われます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや動物油脂をはじめ…

  • 香味油
  • チキンエキス
  • 香辛料
  • しょうゆ
  • 乳化油脂
  • 魚介エキス

といった、“リンガーハット”ならではのキレのあるすっきりとした味わいにチキンやポーク、そして魚介の旨味をバランス良く利かせた乳化感のある仕上がりを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071211721
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、植物性たん白、植物油脂、食塩、しょうゆ、たん白加水分解物、大豆食物繊維、ジンジャーパウダー、卵白粉)、スープ(ポークエキス、動物油脂、香味油、食塩、チキンエキス、たん白加水分解物、発酵調味料、香辛料、しょうゆ、乳化油脂、魚介エキス)、かやく(キャベツ、人参、かまぼこ、もやし)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、酒精、ソルビット、香料、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、カラメル色素、クチナシ色素、甘味料(カンゾウ)、酸味料、香辛料抽出物、紅麹色素、(一部に小麦・卵・乳成分・いか・大豆・鶏肉・豚肉・ごまを含む)

栄養成分表示 [1食 (85g) 当たり]
熱量290kcal
たん白質9.5g
脂質10.5g
炭水化物
(糖質/食物繊維)
44.8g
(33.7g/11.1g)
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
5.9g
(1.7g/4.2g)

引用元:ロカボデリ リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質オフ|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、液体スープといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料など2パックとなっていて、特に液体スープは触った感じだと若干さらっとした状態ではありましたが、チキンやポークといった油分も含まれているため、調理中にはフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、具材には“リンガーハット”のこだわりである国産野菜を100%使用しているようですね!“リンガーハット”と言えば野菜もたっぷりと使用した“長崎ちゃんぽん”が特に人気ですから…これはしっかりとした食べ応えもありつつヘルシーな一杯とも言えるのではないでしょうか?

さらに麺はご覧の通り、やや幅広な食べ応えのある太麺といったところでしょうか?ノンフライ麺ならではのしっかりとしたコシを思わせる仕様ではありますが、今回エースコックの新技術による低糖質麺でもありますから、どことなく独特な舌ざわりを思わせる特徴的な麺となっているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • キャベツ
  • 人参
  • かまぼこ
  • もやし

が入っています。

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
※お湯を入れる目安となる線は思ったよりも下の方にあるので注意です!

そして出来上がりがこちら!
ほどよくお湯を吸い、先ほどまでの麺にほどよい弾力が加わり、太麺仕様ということもあって、しっかりとした食べ応えを感じさせる一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
すると…調理中にしっかりと温めておいたおかげで、チキンやポークなどの脂は旨味としてさらっとした状態でスープにしっかりと溶け込み、豚骨の臭みもなく、旨味が凝縮されているかのような濃い目の色となっているのが印象的といったところ!

また、液体スープはさらっとした状態ではありましたが、ご覧の通り濃厚感もあり、“リンガーハット”の看板メニュー“長崎ちゃんぽん”らしいコク深い味わいを想像させます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…スープはやはりさらっとした状態ではありますが、乳化感の強い白濁とした仕上がりとなり、これを見る限り…低糖質とは全く思えないのはもちろん、思っていた以上に実店舗らしい臨場感溢れる一杯となっているようですね!使用されている野菜もたっぷりです!

このポークを利かせた“ちゃんぽんスープ”と、たっぷり使用された野菜との相性って良いんですよね!

個人的にも“リンガーハット”は何度か実店舗でも人気メニューである“長崎ちゃんぽん”を味わってみたことがありますが、今回のカップ麺には野菜の旨味・食感によって、チキンやポーク、さらに魚介の旨味を合わせた深みのある実店舗らしいスープの美味しさを引き立てた味わいをうまく表現しているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…やはり低糖質麺によって低糖質・低カロリーを実現しているとのことで、チキンやポークをベースとした“ちゃんぽんスープ”は“リンガーハット”実店舗さながらの美味しさが表現されていますね!これは満足度もかなり高いのではないでしょうか?

そして、特徴としてさらっとした仕上がりのため、比較的あっさりめにも感じられるかもしれませんが、チキンやポーク、魚介の旨味がしっかりと利かせた“ちゃんぽんスープ”が表現されているため、想像以上にコクもあり深みなんかもしっかりと感じられます!

また、こういった“リンガーハット”のスープには、香味野菜の旨味やオニオンを利かせたラー油の香ばしい風味がぴったりで、具材からの旨味はもちろん、スープからも野菜の旨味が旨味を引き立て、風味豊かなスープがついつい止まらなくなります。。

麺について

麺は、ご覧の通り新技術による太いノンフライ仕様の低糖質麺によって糖質が大幅に抑えられ、それと同時にカロリーも低めとなっていますが、しっかりとした強いコシが楽しめます!!

こういった低糖質を表現した麺には、よく食物繊維を練り込んだものが多く、食感がどうしてもボソボソとした状態となってしまうんですが…今回の低糖質麺は非常にクオリティが高く、しっかりとした歯切れの良さや強いコシが心地良い仕上がりとなっています!

そんな麺には、“長崎ちゃんぽん”らしい後味すっきりとしたチキンやポークを利かせたスープがよく絡み、一口ずつに野菜も合わせた旨味溢れる味わいが口いっぱいに広がっていき、オニオンラー油の風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちら“リンガーハット”らしい“かまぼこ”が入っていて、味付け自体はそこまで感じられませんが…ヘルシーさを表現するには欠かせない具材として彩り良く添えられています!

また、こちらのキャベツはほどよいシャキシャキ感なんかも表現された仕上がり具合となっていて、国産野菜にこだわった“リンガーハット”らしさを感じさせ、使用されている量もやや多めとなっています!

さらに、こちらの人参は若干細かくカットされた状態ではありましたが、じっくりと味わってみると…素材本来の味わいが感じられる仕上がりとなり、他の野菜とともに“ちゃんぽんスープ”の美味しさを引き立て、こちらもまた“長崎ちゃんんぽん”には欠かせない具材となっています!

他にもこちらの“もやし”なんかも使用されていて、こちらはキャベツなどと同じくシャキシャキ感が新鮮さすら感じさせる食感の良い具材となっていて、今回の一杯にちょうど良いアクセントが加えられているようです!

スープについて

スープは、チキンやポークの旨味がベースとなったことで、キレのあるすっきりとした味わいにもかかわらずほどよいコク深さが表現されていて、香ばしく風味豊かなオニオンラー油が加わったことによってメリハリ付いた本格感のある飽きの来ない仕上がりとなっています!

そして、見て分かるように動物系の旨味を利かせてはいるものの…脂っこさといった感じは一切なく、魚介の旨味が絶妙に利いているため、この後味の“さっぱり感”はクセになりますね!

また、“リンガーハット”の“長崎ちゃんぽん”は、こういった軽やかな味わいが人気というわけではなく、しっかりと野菜や動物系の素材からの旨味を最大限に活かした染みるような美味しさかと思われ、そういった人気の秘訣とも言える味わいがうまく表現されているようです!

これは…歯切れの良い強いコシや食べ応えのある太麺だけでなく、スープまでもが美味しく仕上がっているため、箸とスープが止まりませんね。。

このように、今回の“ロカボデリ リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質オフ”は、新開発の低糖質麺によって低糖質・低カロリーを実現し、決して物足りなさを感じさせない強いコシと歯切れの良さが太麺に表現され、その分スープの美味しさがクオリティ高く仕上がったことによって全体の美味しさは全く低糖質を思わせない一杯となっていたため、お好みによってはさらにラー油やお酢などを追加してみても良いでしょう!

まとめ

今回「ロカボデリ リンガーハットの長崎ちゃんぽん 糖質オフ」を食べてみて、チキンやポークをベースに魚介の旨味を合わせたバランスの良い“長崎ちゃんぽん”らしいスープに仕上がり、キレの良さや香ばしいオニオンラー油によって最後まで飽きの来ない味わいが新開発の太いノンフライ仕様の低糖質麺と相性良く馴染み、非常に満足度の高い仕上がりとなっていました!

また、2019年2月に登場した新シリーズということで今後の商品展開も気になるところでしたが…今回は麺14%増量といったリニューアル発売でしたので、また次回新たなフレーバーに期待したいと思います!

そして、新開発による低糖質麺によって糖質が抑えられ、スープの方はしっかりと旨味が凝縮された美味しい仕上がりとなっていたため、糖質が気になる…という方にも満足のいく一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!