カップヌードル 三代目謎肉祭 食べてみました!
カップ麺

「マゼニボジャンキー」食べてみました!明星 ふく流らーめん轍(わだち)本店監修の濃厚煮干しまぜそば!

「マゼニボジャンキー」食べてみました!明星 ふく流らーめん轍(わだち)本店監修の濃厚煮干しまぜそば!

2018年9月10日に明星食品から発売された「ふく流らーめん轍本店監修 濃厚煮干しまぜそば マゼニボジャンキー」を食べてみました。

この商品は、大阪の行列の絶えない有名店「ふく流らーめん轍(わだち)本店」の人気メニューである“マゼニボジャンキー”を再現したもので、商品名にあるように濃厚とも言える煮干しの旨味を際立たせた一杯に仕上がった“濃厚煮干しまぜそば マゼニボジャンキー”となっております!

ご覧の通り、この「ふく流らーめん轍本店」は、ミシュランガイド京都・大阪2018に掲載されたとのことで、その実力は確かなものと思われます!

他にも、“限定らーめん”として、これまでも様々なオリジナリティあふれる一杯を提供しているとのことで、今注目のラーメン店のひとつのようですね!

また、こちらには濃厚に仕上がった昆布の旨味を利かせた醤油ダレに、煮干し粉末が加わったことによって、さらに煮干しの旨味が際立った味わいを想像させる仕上がりイメージが確認できますね!

そして、この極太な麺もまた、濃厚なタレにも負けじと強い食べ応えを表現したと思われる一杯のようです!

実際に食べてみましたが、煮干しの旨味に加え、昆布の旨味が濃厚な醤油ダレと非常にバランス良く仕上がり、単純に力強い旨味だけでなく、旨味が凝縮されたことで、何とも満足度の高い濃厚煮干しまぜそばとなっていました!

では、今回はこの「ふく流らーめん轍本店監修 濃厚煮干しまぜそば マゼニボジャンキー」についてレビューしてみたいと思います。

ふく流らーめん轍本店監修 濃厚煮干しまぜそば マゼニボジャンキーについて

今回ご紹介するカップ麺は、大阪の人気行列店「ふく流らーめん轍本店」の人気メニュー“マゼニボジャンキー”を再現したもので、濃厚な醤油ダレによって煮干しの旨味が引き立つ味わいが特徴的な“濃厚煮干しまぜそば マゼニボジャンキー”となっています。

ご覧のように、パッケージには、この「ふく流らーめん轍(わだち)本店」についての簡単な紹介が記載され、こちらによると男性だけでなく、女性にも人気の行列店のようです!

さらに、今回の“マゼニボジャンキー”の味わいは、煮干しの旨味に訴求した濃厚な醤油ダレが香ばしく仕上がっているとのことで、ミシュランガイド掲載店ということもあって、何とも気になる一杯のようですね!

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り781kcalとなっております。(塩分は6.2g)

塩分も高めとなっていますが、カロリーの方はかなりの食べ応えを感じさせる高い数値となっているようです!
ちなみに1食167g、麺の量は130gの大盛り仕様となっています!

では原材料も見てみます。

タレには、豚脂やしょうゆをはじめ…

  • にぼしエキス
  • 背脂
  • 香味油
  • 香味調味料
  • ポークエキス
  • 香辛料
  • 昆布エキス

といった、煮干しの旨味を引き立てるかのように背脂や昆布の旨味を利かせ、濃厚な醤油ダレがクセになる旨味が凝縮された味わいを想像させる材料が並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体ソース、あとのせかやくといった2つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り非常に強い食べ応えと弾力、そしてコシを想像させる極太麺となっているようです!

その極太麺の裏には、具材としてキャベツがすでに入っています!

調理してみた

では、熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りをして、先ほどの液体ソースを入れたところがこちら!

この液体ソースは、すでに濃厚な味わいを想像させる濃い目のものとなっていて、さらっとしたタレではありますが、豚脂や背脂が含まれていると思われるので、調理中はしっかりとフタの上で温めておきましょう。

しかし、この時点ではまだ煮干しに際立った風味は確認できないようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り、タレはさらっとしてはいますが、豚脂をはじめとする旨味が含まれているようで、煮干しの旨味を味わい深く引き立てる濃厚なタレがすんなりと極太麺に馴染んでいきます!

そして、最後に“あとのせかやく”をふりかけて完成です!

ちなみに、この“あとのせかやく”には、

  • にぼしエキス
  • 玉ねぎ
  • にぼし粉末
  • ねぎ
  • 香辛料

が入っているようです!

ここで一気に煮干しの旨味が表現された風味が香りますが、昆布の旨味を利かせた濃厚醤油ダレが煮干しの旨味を引き立てるかのようにバランス良く仕上がっています!

食べてみた感想

一口食べてみると…想像していた煮干しの味わいではありますが、それ以外にも豚脂による厚み、そして昆布の旨味を利かせた濃厚な醤油ダレによって煮干しの味わいを引き立てているため、単純に煮干しだけを味濃く表現したソースではなく、非常に手の込んだ繊細にも感じられる美味しさが表現されています!

そのため、口当たりのパンチは非常に強く、その後からは、しっかりと煮干しの旨味を引き立てる豚脂や昆布の旨味がじんわりと伝わってきます!

麺について

麺は、ご覧のように、もちっとした食感・弾力が特徴的な極太麺となっていて、130gの大盛り仕様ということもあって、何とも強い食べ応えを感じさせます!

そんな極太麺には、煮干しの旨味を引き立てた濃厚醤油ダレがよく絡み、一口ずつに煮干しの旨味が濃厚に仕上がった味わいが口に広がり、ほんのりと香ばしい風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが入っているんですが、こちらは今回の麺の量からするとやや少なめには感じられますが…ほどよく食感の感じる具材として、今回の一杯に良いアクセントをプラスしているようです!

しかし、こちらの具材にも煮干し粉末がよく絡んでいるため、食感とともに煮干しの旨味が感じられますね!

そして、この“あとのせかやく”といった煮干し粉末やねぎ・たまねぎなどを一緒に絡めて食べてみると…濃厚に仕上がった煮干しの旨味をより存分に楽しむことができます!

タレについて

タレは、煮干しの旨味を際立たせるかのように、豚脂や背脂が厚み・コクを感じさせる仕上がりとなっていて、さらにこの濃厚な醤油ダレには、昆布の旨味なんかも含まれていることで、いくつもの旨味が凝縮されたパンチの強いタレが表現されています!

そのため、煮干しのダシならではの締まりのある味わいには、豚の旨みによって食べ応えのある脂っこさがバランス良く仕上がっています!

まとめ

今回は「ふく流らーめん轍(わだち)本店監修 濃厚煮干しまぜそば マゼニボジャンキー」を食べてみましたが、単純に煮干しを濃厚に利かせただけではなく…豚脂や背脂、昆布の旨味などによって煮干しの旨味をふんだんに引き立てたことで、深みのある煮干しの旨味を楽しむことができる一杯となっていました!

また、この“マゼニボジャンキー”という店名で専門店をオープンさせたほどの人気メニューのようですから…実店舗の味わいもまた気になるところです。。

煮干しの旨味を存分に楽しめる非常に濃厚な仕上がりは満足度も高いのではないでしょうか?
気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です