カップ麺

【ヤバそば】麺屋武蔵×かんだやぶそば “前代未麺!ヤバそば” 名店同士の異色のコラボカップ麺

麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば

麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」を食べてみました。(2019年11月19日発売・エースコック/ローソン限定)

この商品は、東京都新宿区に本店を構えるラーメンの名店“麺屋武蔵”と、東京都千代田区の創業130年を超える老舗の名店蕎麦屋“かんだやぶそば”との異色のコラボということで…まさにラーメンと蕎麦といった前代未聞の一杯が両店監修によって作られた創作カップ麺の登場です!

それも…まろやかな豚骨の旨味をベースに香ばしい風味の食欲そそる黒マー油が香り立ち、ごまラー油のアクセントやコク深い味わいの中にも“蕎麦つゆ”ならではの魚介出汁をバランス良く利かせ、歯切れの良い風味豊かな蕎麦と楽しむ他に類を見ない異色のコラボカップ麺、“麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば”となっております。(税抜き248円)

ご覧の通り、パッケージには今回の商品名“前代未麺!ヤバそば”といった文字が非常に印象的で、コラボらしく配色がはっきりと2色に分けられて“麺屋武蔵”と“かんだやぶそば”それぞれのロゴが並び、“麺屋武蔵”に見立てたイラストデザインが“かんだやぶそば”の方にも掲載されていますね!

そしてその背景には…豚骨の旨味にマー油を合わせたスープに風味豊かな蕎麦が絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付鶏だんご・ねぎ・唐辛子が使用されているようです!

麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば パッケージ

ちなみに使用されている唐辛子には…柚子七味を使用しているようで、爽やかな風味とピリッとした辛さなんかもひとつのポイントとなり、非常に手の込んだ一杯であることが伝わってきます!

一方こちらには、今回の商品“前代未未麺!ヤバそば”についての簡単な説明文が記載されていて、こちらによると…“蕎麦と豚骨ベースのスープに黒マー油を合わせて作った創作そば”と記載されているように、今回のコラボ商品は“前代未聞”もとい“前代未麺”ということで、全く新しい蕎麦が楽しめる“創作蕎麦”とのこと!

また、こちらにはしっかりと“そば粉”が練り込まれていることが確認できる風味豊かなすすり心地の良さそうな蕎麦といった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、スープ表面に浮かぶ黒マー油ならではの食欲そそる香りが乳化感のあるスープと相性良く馴染み、蕎麦として考えてみるとガッツリ系とも言える存在感のある味わいがしっかりと楽しめそうです!

さらにこちらには、今回のコラボとなった両店の簡単な説明文が記載されていて、こちらによると…“麺屋武蔵”は、“1996年の創業以来、各店舗で独自メニュー展開や期間限定メニュー、企業コラボなど積極的に展開しラーメン界の第一線を走り続ける人気店。”とのことで、こちらは東京を中心に各店舗テーマが異なる味わいを提供する人気店のようで、一方で“かんだやぶそば”は、“東京・神田”にある明治13年(1880年)創業の老舗そば屋。”とのことで、130年以上も続く歴史ある蕎麦屋として変わる事のない味と技を提供し続ける人気店とのことで、名店中の名店同士がさりげなくコラボされた一杯であることがわかりますね!これはまさに“前代未麺”!!

他にも特徴として…麺にはしっかりと“そば粉”やヤマイモパウダーなどが使用されていて、風味豊かな香りと歯切れの良いしっかりとしたコシなんかも表現された蕎麦に仕上がり、それによって豚骨ベースに魚介出汁や黒マー油が香るコラボならではの珍しい組み合わせによる味わいがクセになるラーメンと蕎麦の異色のコラボが楽しめる一杯というわけです!

実際に食べてみて…

しっかりと乳化されたコク深くまろやかなスープには、魚介出汁が隠し味のように利き、さらに黒マー油ならではの香ばしく食欲そそる風味や“にんにく”の旨味がクセになる味わいを表現し、そこに蕎麦特有のすすり心地抜群・コシの強い食感が相性良くマッチしていて、ほんのり柚子が香る上品な一杯はまさに想像以上に美味しい手の込んだ“創作蕎麦”となっていました!
これは特に、コク深い豚骨の旨味に黒マー油を加えた風味豊かなスープをすすり心地抜群な蕎麦に合わせた前代未聞の創作蕎麦を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はラーメン・蕎麦それぞれ名店と呼ぶにふさわしい店舗同士による異色のコラボカップ麺、「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば

今回ご紹介するカップ麺は、東京都新宿区の人気ラーメン店“麺屋武蔵”と、東京都千代田区の老舗人気蕎麦屋とのジャンルの枠を超えてのコラボによって実現されたもので、豚骨の旨味をベースに魚介出汁や黒マー油を加え、爽やかな柚子がほんのりと香り立つことで、風味豊かな食欲そそる他には類を見ない創作蕎麦に仕上がった一杯、“麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば”となっています。

ご覧の通り、パッケージのフタにも全くジャンルの異なる異色のコラボを示すかのように赤(麺屋武蔵)と緑(かんだやぶそば)といったコントラストの高い色使いがあしらわれ、それぞれの良さを引き立てる“前代未麺!ヤバそば”の名にふさわしいこれまでにない味わいが楽しめそうなデザインが非常に印象的といったところ!!

ちなみに、“麺屋武蔵”と言えば…以前ご紹介した“麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺(2018年12月4日発売)”や、2018年5月22日に同時発売された“麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺”や“麺屋武蔵監修 ら~麺スープ 濃厚醤油味”など、すでにローソン限定品として商品化されているため、ご存知の方も多いかと思われます!

一方“かんだやぶそば”とは…東京都千代田区にある1880年(明治13年)創業の歴史ある名店中の名店・老舗蕎麦屋で、現在は四代目の“堀田 康彦”氏がその味を引き継ぎ、高級感漂う雰囲気の中で旬の食材とともに風味豊かな蕎麦が楽しめるとあって、今回商品名にもあるようにまさしくラーメンと蕎麦との“前代未麺”のコラボ商品が登場となったわけですね!

また、ローソンが商品展開する全国の名店とのコラボによってカップ麺にその味を再現した“ローソン名店シリーズ”について詳しくは、ぜひこちらの記事もご覧ください!(※今回の“前代未麺!ヤバそば”は、ローソン限定商品ではありますが、この“ローソン名店シリーズ”ではありません。)

「ローソン」カップ麺 “名店シリーズ” あの名店の味が気軽に楽しめる!!【随時更新】
“ローソン名店シリーズ” カップ麺!あの名店の味が気軽に楽しめる!!【随時更新】「“ローソン名店シリーズ”」をご存知ですか? この“ローソン名店シリーズ”とは、全国の名店と呼ぶにふさわしいラーメン店とのコラボに...

それでは、今回の“麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば”がどれほど豚骨や黒マー油などの旨味を凝縮させた仕上がりとなっているのか?さらにスープに利かせた魚介や柚子の風味などとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもコシのある食感の良い蕎麦との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り407kcal(めん・かやく323kcal / スープ84kcal)となっております。(塩分は6.4g)

カロリーは、豚骨ベースのまろやかな旨味が表現されているにもかかわらず蕎麦ということもあって、やや低めな数値のようですが、一方で塩分は若干高めな数値といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり93g、麺の量は70gとのこと。

ただ、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで84kcalと割と高めな数値となっているため、コク深い濃厚とも言える豚骨の旨味がしっかりと表現されていることには間違いなさそうです!!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや植物油脂をはじめ…

  • 魚介風味調味料
  • 動物油脂
  • 香味油
  • 乳化油脂
  • 香辛料
  • チーズ加工品
  • オニオンパウダー
  • ポークコラーゲン
  • ゆずパウダー

といった、コク深くまろやかな豚骨の旨味を全面に表現したスープに、魚介や柚子の風味がさりげなく旨味を引き立て、さらに黒マー油による豚骨との相性抜群な旨味が食欲そそる蕎麦とは思えないほどの旨味溢れる味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目には…しっかりと“そば粉”やヤマイモパウダーといった材料が確認でき、すすり心地の良い風味豊かな蕎麦が楽しめそうな組み合わせとなっています!(“前代未麺”とは…またよく考えたものです。。)

原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)そば粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、ヤマイモパウダー、卵白粉)、スープ(ポークエキス、植物油脂、魚介調味料、食塩、しょうゆ、動物油脂、香味油、乳化油脂、粉末しょうゆ、香辛料、たん白加水分解物、チーズ加工品、酵母エキス、オニオンパウダー、ポークコラーゲン、ゆずパウダー、全卵粉)、かやく(味付鶏だんご、ねぎ、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、リン酸三ナトリウム、酒精、香料、フラボノイド色素、増粘多糖類、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、微粒二酸化ケイ素、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1(一部に小麦・そば・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉・やまいも・ゼラチン・ごまを含む)

栄養成分表示 [1食 (102g) 当たり]
熱量456kcal
めん・かやく: 405kcal
スープ: 51kcal
たんぱく質12.4g
脂質17.4g
炭水化物62.4g
食塩相当量7.1g
めん・かやく: 2.8g
スープ: 4.3g
ビタミンB10.17mg
ビタミンB20.35mg
カルシウム180mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、“液体スープ”と記載された調味料がひとつ入っていて、風味が移らないためか…フタの上には“柚子七味”が別添されています。

そして、こちらが今回使用されている調味料など2パックとなっていて、柚子七味はともかく、液体スープは触ってみた感じだと…豚骨ベースということもあって割とドロッとした状態のようでしたので、量的にはそこまで多くはありませんが、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、具材には…

  • 味付鶏だんご
  • ねぎ

が入っています。

大きくカットされた“ねぎ”はもちろん、しっかりと旨味が滲み出す“味付鶏だんご”なんかも印象的なシンプルな具材が使用されているようです!

さらに…こちら粉末スープでちょっと確認することはできませんが…しっかりと“そば粉”が練り込まれていることが伝わって来る“そば殻”の粒々が確認できる風味豊かな蕎麦(油揚げ麺)が採用されています!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:440ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの具材がふっくらとした仕上がりとなり、蕎麦の方にもほどよい弾力が加わり、食感の良い強いコシが際立つ食べ応えのある前代未聞の“創作蕎麦”…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
すると…やはり豚骨ベースとのことで、調理中にしっかりと温めておいたにもかかわらず…ややドロッとした状態となっていて蕎麦の概念を覆す濃厚な味わいをイメージさせますね!!

ご覧の通り、豚の旨味は目に見えるわけではなくすでにスープにしっかりと溶け込んでいるようで、なによりこの濃い目の色からもわかるように濃厚感際立つ黒マー油ならではの食欲そそる風味が広がっていきます!!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染み、最後に彩りの良い柚子七味を加えて完成となります!

こうして完成となるわけですが…見るからに蕎麦とは思えない乳化感のある白濁としたコク深い濃厚な味わいに仕上がり、さらにスープ表面に広がる黒マー油が食欲そそる香ばしさや旨味を際立たせたインパクトある一杯となっています!

また、風味としては…コク深い食欲そそる黒マー油だけでなく魚介や爽やかな柚子の風味がわずかながらもほんのりと香り立ち、サイズの大きな具材が惜しげもなく使用され、さらに彩りと風味を際立たせる柚子七味によって色鮮やかなコントラストを表現しているようにも感じられます!

また、この柚子七味の他にも“ごまラー油”が利いているとのことでしたので、ちょうど良い辛みとしてのアクセントが味に締まりを加えるメリハリの付いた仕上がりとなっているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…これはちょっと。。予想以上に美味しい仕上がりとなっていますね!まず蕎麦という概念を忘れてしまった方が良いかも?というほど豚骨の旨味がまろやかさを表現し、この乳化感による濃厚さはあるものの…醤油ならではのキレの良い口当たりによって非常にバランスの良い味わいとなっています!

そして、この黒マー油は強烈に利いているというよりも上品さを表現するかのようにバランス良く香り立ち、さらに豚骨の旨味を引き立てる“にんにく”の利かせ具合がまた絶妙といったところ!!

さらに、黒マー油ならではの香ばしい風味はもちろん、ほんのりと蕎麦らしさを感じさせる魚介の風味なども香り、わずかながらも爽やかな柚子の風味が最後まで飽きの来ない後味の良さを引き立てているように感じられます!これはまさに“前代未麺!ヤバそば”といった商品名にふさわしい“創作蕎麦”となっているようですね!

麺について

麺は、ご覧の通りやや細めで“そば殻”を含んだ色の濃い風味豊かな蕎麦となっていて、すすり心地も非常に良く、蕎麦ならではの歯切れの良いコシがしっかりと表現されています!

そんな蕎麦には、豚骨ベースに黒マー油や“ごまラー油”を加えたキレの良さとまろやかさが互いに旨味を引き立てる絶妙な仕上がりとなったスープがよく絡み、一口ずつにコク深い旨味が凝縮された味わいが口いっぱいに広がっていき、黒マー油の香ばしさやほんのりとした柚子の香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“味付鶏だんご”が入っていて、じっくりと噛んで味わってみると…食感は非常に柔らかく、ホロホロと崩れていくような仕上がりとなり、それと同時に施された味付けや旨味がじゅわっと滲み出る美味しい具材となっているため、ぜひ風味豊かな蕎麦・スープと一緒に絡めて食べてみると、より一層旨味が増して楽しめるかと思われます!

さらに、こちらの大きめにカットされた“ねぎ”は、シャキシャキとした食感やちょうど良い薬味にもなり、今回の豚骨ベースのスープを引き立てるのはもちろん、この食感が今回の一杯にちょうど良いアクセントをプラスしているようにも感じられます!

そして、これら具材を一緒に蕎麦と絡めて食べてみると…コク深くまろやかな豚骨ベースのスープがさらに引き立ち、香ばしい風味とともに満足度の高い味わいをじっくりと楽しめるでしょう!

スープについて

スープは、見るからに“蕎麦つゆ”とは思えないほどの濃厚感を思わせ、まず乳化感のある豚骨をベースに黒マー油による香ばしく旨味引き立つ味わいに仕上がり、醤油などのキレの良さによって脂っこさといった印象は全くなく、飲み飽きることのないクセになる味わいを表現しています!

さらにこの黒マー油以外にも“ごまラー油”や柚子七味が利いているため、ちょうど良いメリハリ付いたピリッとした辛みが心地良いアクセントとなり、香ばしさや魚介の風味、さらに爽やかな柚子の香りが印象的な“創作蕎麦”が想像以上に美味しく楽しめるでしょう!

ちなみにこの“ごまラー油”と柚子七味による辛さは、あくまで豚骨のまろやかさを際立たせるかのようにピリッとしたアクセントに利いているため、辛い…といった印象というよりも手の込んだ仕上がり・絶妙なバランスとしてスープを引き立てているように感じられます!

また、豚骨ベースとは言え、ドロッとした濃厚なスープというわけでもなく、旨味が凝縮された厚みのある仕上がりで、旨味・辛みがバランス良くマッチしたことで、ついスープが止まらなくなる…という方も多いのではないでしょうか?

このように、今回の“麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば”は、名店と呼ぶにふさわしいラーメン・蕎麦といったジャンルの垣根を越えた前代未聞のコラボによって、コク深くまろやかな豚骨ベースのスープに黒マー油・ごまラー油、さらに柚子七味を加えることによって風味豊かな“創作蕎麦”となっていたため、お好みによってはさらに七味など香辛料を加えてキリッとした味わいに際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」を食べてみて、豚骨ベースに黒マー油を利かせた蕎麦って一体。。と仕上がりのイメージが一切不明な一杯でしたが、実際食べてみると、豚骨の旨味に相性の良い黒マー油がマッチし、さらに魚介や柚子の風味がほんのりと香る蕎麦の概念を覆すとも言える味わいとなり、名店中の名店同士のコラボはこれまでに類を見ない相性の良い“創作蕎麦”となっていました!

この豚骨ベースに黒マー油を利かせた風味豊かな一杯には、飽きの来ない旨味がしっかりと詰め込まれ、濃厚過ぎず…むしろ後味すっきりとした味わいとなっていたため幅広い層に好まれる仕上がりと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

ABOUT ME
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています! 詳しいプロフィールはこちら