蒙古タンメン中本 辛旨焼そば 食べてみました!
カップスープ

麺屋武蔵監修 ら~麺スープ 濃厚醤油味 食べてみました!魚介系・動物系の旨みを利かせた香り高い一杯!

麺屋武蔵監修 ら~麺スープ 濃厚醤油味 食べてみました!魚介系・動物系の旨みを利かせた香り高い一杯!

2018年5月22日にエースコックから発売された「麺屋武蔵監修 ら~麺スープ 濃厚醤油味」を食べてみました。

この商品は、東京・新宿区に本店を置く人気ラーメン店「麺屋武蔵」監修の元、商品化されたカップスープということで、今回は魚介系・動物系による濃厚ダブルスープに仕上がった麺抜きタイプの“ら〜麺スープ 濃厚醤油味”となっております!

ちなみに、麺ありタイプとしては、先日ご紹介した「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら〜麺」も同時発売されています!(同じくローソン先行発売となっています。)

ご覧の通り、パッケージには“麺抜き”と記載されているように、今回はラーメンスープだけを楽しめる一杯のようですね!

f:id:yuki53:20180526205946j:plain

その特徴としては、こちらにも記載されているように、魚介系の旨味を強く表現した味わいに、動物系の旨味によって厚みを感じさせる濃厚にも感じられる香り高いダブルスープとなっているようです!

f:id:yuki53:20180526205947j:plain

実際に食べてみましたが、煮干しや鰹といった魚介の旨みを際立たせた醤油スープが美味しく仕上がり、非常にすっきりと感じさせる味わいがたまらない一杯となっていました!

では、今回はこの「麺屋武蔵監修 ら~麺スープ 濃厚醤油味」についてレビューしてみたいと思います。

麺屋武蔵監修 ら~麺スープ 濃厚醤油味について

今回ご紹介するカップスープは、東京の人気ラーメン店「麺屋武蔵」監修の元、商品化された濃厚ダブルスープが特徴的な“ら〜麺スープ 濃厚醤油味”となっています。

ご覧の通り、パッケージには麺屋武蔵の簡単な説明や、“ポークやチキン、煮干やかつお”といった今回の一杯の特徴なんかが記載されています!

これによると「麺屋武蔵」は、1996年の創業以来、様々な独自メニューを積極的に展開している人気ラーメン店とのこと。

また、今回の一杯は、鰹節と鶏だしの旨みを利かせた“節鶏(ふしちょう)”とはまた若干異なる仕上がりとなっているようですね!

f:id:yuki53:20180526205950j:plain

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り76kcalとなっております。(塩分は3.6g)

さすがカップスープというだけあって、内容量も少ないので当然ではありますが、全体のカロリーはかなり低めとなっているようです!

f:id:yuki53:20180526205949j:plain

では原材料も見てみます。

スープには、しょうゆや香味油をはじめ…

  • チキンエキス
  • ポークエキス
  • にぼしエキス
  • かつおエキス調味料
  • 玉ねぎエキス
  • 昆布エキス

といった、動物系・魚介系の旨みがふんだんに含まれた味わい深いダブルスープを想像させる材料が並びます。

f:id:yuki53:20180526205948j:plain

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り具の袋、液体スープといった2つの調味料などが入っています。カップスープということもあって、非常にシンプルな内容となっていますね!

f:id:yuki53:20180526205951j:plain

調理してみた

ではまず、具の袋と液体スープを入れてみます。

かやくには、

  • 豚肉加工品
  • 味付メンマ
  • ねぎ
  • ゆず皮

が入っています。

f:id:yuki53:20180526205952j:plain

続いて熱湯を注ぎフタをして3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

魚介系の風味が香る、醤油ベースのあっさりとした印象の出来上がりです。

f:id:yuki53:20180526205953j:plain

では、よーくかき混ぜてみましょう。

ほどよく動物系の旨みが脂となってスープの表面に浮き、魚介系の旨みを引き立てていることを想像させる仕上がりとなっているようです!

f:id:yuki53:20180526205954j:plain

食べてみた感想

一口食べてみると…魚介系の旨みがふんだんに利いた、キレのある醤油味が口当たりに感じられ、その後にはじんわりと染み渡る味わい深さが表現されています!

しかし、個人的には思っていたほど動物系の旨みによる厚みは感じられないようにも思われましたので、意外とすっきりとした飲みやすい一杯ではないでしょうか?

また、後味にはほんのりと柚子の香りが爽やかに香り、今回もまたスープを飲む手が止まらなくなるような味わいとなっていました!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのメンマが入っているんですが、こちらはやや柔らかめな仕上がりとなっているものの、ほどよい食感を感じる具材となっていて、麺抜きの一杯には嬉しい具材となっています!

f:id:yuki53:20180526205955j:plain

また、こちらの豚肉は、しっかりと肉質を感じる噛み応えのある具材となっていて、どちらかというと若干甘めにも感じられる肉の旨みが表現されていますね!

こちらは、魚介系の旨みが際立った醤油スープと対照的とも言える味付けとなっていて、互いに旨みを引き立てるかのように美味しい具材となっています。

f:id:yuki53:20180526205956j:plain

そして、こちらの“ねぎ”は、大きめなサイズでゴロゴロと入っているんですが、キレの強い醤油スープに素材本来の苦みや甘みをプラスしているようにも感じられる相性抜群な具材となっていますね!

f:id:yuki53:20180526205957j:plain

さらに、こちらの小さめにカットされた柚子の皮によって、スープの後味にはすっきりとした爽やかな風味が香るさりげなくもポイントとなる具材がまた拘りを感じます!

f:id:yuki53:20180526205958j:plain

スープについて

スープは、煮干しや鰹といった魚介系の旨みが強めに利いた醤油味がベースとなり、チキンやポークの旨みによって、ほどよく味わい深く仕上がっています!

そして、先ほどもお伝えした通り、そこまで動物系の旨みは強めには利いていないようにも思われますので、非常にすっきりとしたゴクゴクいけちゃう美味い一杯が表現されています!

f:id:yuki53:20180526210000j:plain

ご覧のように、スープは非常にさらっとした仕上がりとなっていますが、一口目からコク深くも感じられる魚介系の旨みがよく出ていることが伝わってきます。

f:id:yuki53:20180526205959j:plain

まとめ

今回は「麺屋武蔵監修 ら~麺スープ 濃厚醤油味」を食べてみましたが、煮干しや鰹の旨みが存分に味わえる醤油味のキレがすっきりとした印象の一杯となっていて、チキンやポークがその旨みを美味しく引き立てた、何とも旨みが凝縮された印象の一杯でした!

そして、何と言っても魚介の旨みに加えて、柚子の皮による後味の良い爽やかな風味が全く飽きさせないバランスの良い仕上がりとなっていました!

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です