モッチッチ

焼うどんモッチッチ だし醤油味!シリーズ史上初となる“焼うどん”を再現した出汁の風味香る一杯

焼うどんモッチッチ だし醤油味

焼うどんモッチッチ だし醤油味」を食べてみました。(2022年8月29日発売・エースコック

この商品は、鰹出汁の旨味をしっかり利かせ、隠し味にオイスターソースを加えた出汁醤油ダレならではの旨味溢れる味わいを“モッチッチ”流にアレンジ・再現、別添されている“ふりかけ”の鰹節と唐辛子でアクセントを付け、そこにシリーズらしいモチモチの食感の“真空仕立て麺”(シリーズ史上初となる“うどん”)と絶妙にマッチし、臨場感の高い“焼うどん”が気軽に楽しめる一杯、“焼うどんモッチッチ だし醤油味”となっております。(値段:税別214円)

ご覧の通り、今回の“モッチッチ”は“焼うどん”といった和風出汁香る定番料理を“焼そばモッチッチ”でアレンジ・再現した一杯となっており、“ソース焼そば”とはまたひと味違った味わいが表現され、和風醤油ダレで味付けを施したことでじんわりと染み渡るかのような美味しさが特徴的で、そもそもこのシリーズは女性層をターゲットとしているせいか味付けに関してはやや控え目となっており、スタイリッシュにカップ麺が楽しめる一杯が最大の売りであり、パッケージもどこか可愛らしい雰囲気を感じさせる配色やフォントが使用されています!

焼うどんモッチッチ だし醤油味 パッケージ

また、こちら容器側面には…鰹出汁の旨味を利かせ、隠し味にオイスターソースを加え、別添されている“ふりかけ”の鰹節と唐辛子でアクセントを付けた出汁醤油ダレがモチモチとした“うどん”にしっかりと絡み、各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・人参・“ねぎ”が使用されているようです!

これは…見るからに和風出汁香る“焼うどん”ならではの旨味溢れる味わいが予想され、やみつき感のある出汁醤油ダレが気軽に楽しめる一杯ということで、定番とも言えるテイストに期待できそうです!そして別添されている“ふりかけ”には鰹節と唐辛子のパウダーが含まれているため、メリハリの付いたフレーバーということもあって女性だけでなく幅広い層からの評判も良いんじゃないでしょうか?
※この“もちもち真空仕立て麺”は、麺の密度を高めることによって新食感を表現しているとのこと。

そして実際の“焼うどん”の多くにもこういった和風出汁を加えているものが多いため、お好みによっては鰹節や後引く辛さを引き立てる唐辛子などを加えてやみつき感のある味わいをさらに際立たせてみても良いかもしれません!ただ…別添されている“ふりかけ”にも唐辛子といったほどよい辛さが使用されていますから、全体の旨味としては申し分なく、気軽に“焼うどん”ならではの味わいが楽しめることに間違いなさそうです!

他にも特徴として…麺は“モッチッチ”シリーズならではの密度感の高い“真空仕立て麺”による生麺のようなモチモチとした食感に仕上がり、鰹出汁の旨味を利かせ、隠し味にオイスターソース、別添されている“ふりかけ”の鰹節や唐辛子を加えた出汁醤油ダレがシリーズ史上初となる“うどん”に絡み、じんわりと染み渡る和風出汁の利いた味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ベースとなるタレに関しては出汁感が若干弱いものの…別添されている“ふりかけ”の鰹節が食欲そそる旨味・風味を際立たせ、全体をしっかりと混ぜ合わせることによって安定感のある味わいが楽しめるテイストではありますが、やはり女性層をターゲットにしているシリーズらしくタレの濃さが若干物足りなく、確かに後引く旨味とピリッとしたアクセントががクセになる“焼うどん”となっているものの…どうしても実際に焼いているわけではありませんので“うどん”の食感・香ばしさといった点において好みがはっきりと分かれるフレーバーと言え、和風出汁香る“焼うどん”を“モッチッチ”流にアレンジしたことで落ち着いた雰囲気の和風出汁香る一杯となっていました!
これは特に、出汁の旨味を活かした“焼うどん”が好みの方はもちろん、鰹出汁の旨味を利かせ、隠し味にオイスターソース、別添されている“ふりかけ”の鰹節や唐辛子を加えたことで味わい深いタレに仕上がり、そこにモチモチとしたシリーズ史上初の“真空仕立て麺”による“うどん”がよく絡み、場所を選ばすオシャレにカップ麺を楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの“手づくり”のようなモチモチとした食感が特徴的な“モッチッチ”シリーズの新フレーバーとして登場した鰹出汁を利かせ、隠し味にオイスターソース、別添されている“ふりかけ”の鰹節や唐辛子を加えた出汁香るタレが特徴的な史上初となる“焼うどん”をアレンジした風味豊かな一杯、「焼うどんモッチッチ だし醤油味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

焼うどんモッチッチ だし醤油味

今回ご紹介するカップ麺は、“手づくり”のようなモチモチとした食感やスタイリッシュな容器が特徴的な“モッチッチ”シリーズの新商品ということで、鰹出汁をしっかりと利かせ、隠し味にオイスターソース、別添されている“ふりかけ”の鰹節や唐辛子を加えたことでシリーズ史上初となる“焼うどん”を“モッチッチ”流にアレンジ、出汁風味香るタレがもっちりとした“うどん”に絡む安定感のある味わいがじっくりと楽しめる風味豊かな一杯、“焼うどんモッチッチ だし醤油味”となっています。
※売っている場所:今回はヨドバシの通販で購入

ご覧の通りパッケージは落ち着いた黄色を基調に女性層がターゲットというだけあって、で濃いめ、後引く旨味がクセになる“焼うどん”が再現されているとは思えないほどスタイリッシュでありながらも可愛らしさを表現したデザインがあしらわれ、今回は定番グルメとして定着しつつある“ヤンニョム”の味わいを“焼そば”にアレンジした旨辛な一杯、“韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ”も同時発売されています!

ちなみにこの“モッチッチ”シリーズと言えば…エースコック独自の市場調査によるアンケート結果を元に女性をターゲットに開発されたもので、以下のような項目が特徴のシリーズです!

  • 持ちやすく・スタイリッシュなパッケージ
  • 熱が逃げにくい口の狭い容器
  • 生麺のようなもっちりとした食感の麺

そしてこちらにも“ホカホカ長続き ボックス型容器”と記載されているように、このシリーズは上記の通り持ちやすさが考慮されており、それによって最後まで熱々のまま楽しめるとのこと!(実際には容器の口が狭いせいで非常に混ぜにくく…後半にもなると普通に冷めています。。)

また、エースコックの独自技術“真空仕立て麺”によってモチモチ感やコシのある弾力など…まるで“手づくり”の味わいを表現したシリーズということで登場した第1弾となる“焼そばモッチッチ(2017年6月19日発売)”をはじめ…“塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし(2017年9月25日発売)”や“五目中華焼そばモッチッチ オイスターソース仕立て(2018年6月4日発売)”、さらに“たらこ味焼そばモッチッチ だし塩仕立て(2018年11月19日発売)”や“塩レモン焼そばモッチッチ 瀬戸内レモン仕立て(2019年6月3日発売/2021年6月7日リニューアル発売)”などバラエティに富み、女性に支持を得られそうなフレーバーが定期的に発売されてきました!

そんなシリーズ発売5周年を迎える中、2022年8月29日には“焼そばモッチッチ”のリニューアル、そして“塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし(2017年9月25日発売/2022年3月28日リニューアル発売)”の終売に伴い新たに登場する“韓国旨辛焼そばモッチッチ ヤンニョムだれ”と“焼うどんモッチッチ だし醤油味”を盛り上げようということで、今回セブン-イレブン限定で“焼そばモッチッチ 台湾まぜそば”と“焼そばモッチッチ 汁なし担々麺”が2022年8月23日にされています!(この2商品に関してはセブン-イレブン限定ではありますが、エースコックのロゴが入っているため、PB商品ではなく“留型”と呼ばれる商品となっています。)

それでは、今回の“焼うどんモッチッチ だし醤油味”がどれほど鰹節の旨味や隠し味にオイスターソースを加えたじんわりと染み渡る出汁醤油ダレに仕上がっているのか?別添されている“ふりかけ”の鰹節や唐辛子による旨味やピリッとしたアクセントとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもモチモチとした食感に仕上がった“モッチッチ”シリーズ史上初となる“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り415kcalとなっております。(塩分は3.6g)

カロリーは、“焼うどん”を再現したフレーバー・汁なしカップ麺の割に女性をターゲットとしているからでしょうか?1食当たりの量が少ないわけでもなく低めな数値のようで、塩分も同じく低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり97g、麺の量は85gとのこと。

また、このカロリーと塩分の数値を見てみると…鰹の旨味や隠し味のオイスターソースを利かせたじんわりと染み渡る出汁醤油ダレに別添されている“ふりかけ”の鰹節や唐辛子を加えることによって物足りなさを感じさせない味わい深いテイストを表現、まさに素材の旨味を存分に活かした和風醤油ダレとなっており、モチモチとした食感とともにカロリーもそこまで高くないとくれば…この辺りを気にしている女性層にもうまくマッチしているとも言えるでしょう!

原材料について

では原材料も見てみます。

タレには、植物油脂や“しょうゆ”をはじめ…

  • 食塩
  • 豚脂
  • 魚介調味料
  • しょうゆ加工品
  • オイスターソース
  • 醸造酢
  • コンブエキス
  • 香味油

といった、鰹の旨味をしっかりと利かせ、隠し味にオイスターソース、別添されている“ふりかけ”の鰹節や唐辛子が加わったことで出汁醤油ダレに仕立て上げ、じんわりと染み渡るかのような魚介出汁やキリッとした醤油の口当たり、唐辛子をバランス良く利かせたことで“焼うどん”ならではの和風テイストの味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…同時発売された“ヤンニョムだれ”と仕様がほぼ同等となっており、独自技術を活かして太さを調整し、“うどん”のようなもっちり感を再現しているようですね!(“焼そば”と“うどん”は太さ以外にも全く異なるような気もするんですが…)

JANコード4901071222338
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白)、たれ(植物油脂、しょうゆ、発酵調味料、食塩、砂糖、豚脂、魚介調味料、しょうゆ加工品、オイスターエキス、醸造酢、コンブエキス、香味油、全卵粉)、かやく(キャベツ、人参、ねぎ)、ふりかけ(カツオブシパウダー、唐辛子)/加工でん粉、炭酸塩(Ca、Na、K)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酒精、乳化剤、ソルビット、リン酸塩(K、Na)、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、(一部に小麦・卵・乳成分・さば・大豆を含む)

栄養成分表示 [1食 (97g) 当たり]
熱量415kcal
たん白質7.3g
脂質15.7g
炭水化物61.1g
食塩相当量3.6g
カルシウム230mg

引用元:焼うどんモッチッチ だし醤油味|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“真空仕立て麺”によるモチモチとした食感が特徴的な“うどん”や具材などがすでに入っていて、他には…調味たれ、“ふりかけ”といった2種類の調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に“調味たれ”に関しては…鰹の旨味やオイスターソースをバランス良く合わせた出汁醤油ダレらしく非常にサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

そして、具材には…

  • キャベツ
  • 人参
  • ねぎ

が入っています。

今回は“焼うどん”といった出汁を利かせた醤油ダレをイメージした一杯ということもあって染み渡る出汁の旨味が表現され、シンプルながらも個人的に肉類の具材は使用してほしかったところではありますね。。ただ…別添されている“調味たれ”を加えて、別添されている“ふりかけ”とともにしっかりと全体を混ぜ合わせることによって染み渡る出汁醤油ダレの美味しさが際立った濃いめの味わいに期待できそうです!

また、麺はご覧の通りエースコックの独自技術“真空仕立て麺”によってシリーズ史上初となるもっちりとした“うどん”が採用され、思ったより幅は狭く…もちっとした弾力を思わせるような通常見かけるカップ麺の麺とはまた若干仕様が異なる生麺のような“てづくり感”のあるフライ麺が採用されているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:460ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

しっかりと湯戻りしたことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはモチモチ感が増し、シリーズらしい弾力のある食感が楽しむことができ、まだ別添されている“調味たれ”や“ふりかけ”を加える前の状態ではありますが、鰹の旨味や隠し味のオイスターソース、鰹節や唐辛子による旨味やアクセントが加わったことで出汁香る風味豊かな醤油ダレに仕上がり、最後まで飽きることのない安定感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“調味たれ”を注いでいきます!
ちなみにこちらには鰹の旨味や隠し味のオイスターソース、魚介の旨味などが凝縮された醤油ダレとなっていて、“焼うどん”らしい染み渡る魚介出汁を引き立て、定番とも言える仕上がりで、最後まで飽きることのない安定感があり、この時点だと魚介の風味はそこまで強くありません!

そして、この“調味たれ”を加えると…非常にサラッとした状態ということもあってすぐに容器底へと沈んでいき、やはり特別クセのある風味などはありません!そのため、女性層を中心に幅広く好まれる一杯であることに間違いなく、味の濃さに関してもターゲットが女性層ですから…塩気や濃厚感はほどほどに、後味の良い出汁醤油ダレのバランスは思ったより良いようですね!(個人的に“焼うどん”と言えば“とろみ”が付くほど濃い目のタレに鰹節が盛り付けられた濃厚な印象がありますから…)

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り“モッチッチ”シリーズの容器は空気が触れる面積を少なくした小さめの口によって熱が冷めにくいんですが、それによって若干混ぜにくさといった感じはあるんですよね。。

ただ、粘度のある“調味たれ”というわけでもありませんので、案外すんなりとモチモチとした麺にもコク深い醤油ダレが馴染んでいきます!(控え目に言って…なので混ぜにくさは否めません。。)

そして上記の“調味たれ”が全体に馴染んだら最後に鰹節や唐辛子を含む“ふりかけ”を加えて完成となります!こちらには粒子の細かな鰹節と唐辛子が入っていて、これを加えることによって一気に鰹節ならではの染み渡る旨味・風味が広がっていきます!

こうして完成となるわけですが…やはり別添されている“ふりかけ”を加えることによって食欲そそる鰹出汁の風味が心地良く、そもそもベースとなるタレにも鰹の旨味をしっかりと利かせ、隠し味にオイスターソースなどが加わっていますから、定番とも言える出汁醤油ダレが再現され、最後まで飽きの来ない染み渡るかのような味わいが史上初となる“うどん”とともにじっくりと楽しめそうです!

また、なんと言っても“ふりかけ”に使用された鰹節や唐辛子が良い味とアクセントを際立たせ、実際いただく際はこれらをしっかりと混ぜ合わせて食べ進めていくわけですが、ベースとなるタレにも旨味が利いていますし、この粉末を全体に馴染ませると“うどん”がパサついた状態となってしまうかもしれませんので、部分的に味わってみて様子を見ながら馴染ませていくと良いでしょう!そしてモチモチとしたシリーズならでは“手づくり”のような食感の初となる“うどん”と魚介出汁が凝縮された出汁醤油ダレがバランス良く融合し、“焼うどん”ならではの風味豊かな味わいがしっかりと楽しめるとあって女性だけでなく幅広い層の方にとっても満足のいく一杯といったところではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…鰹の旨味をしっかりと利かせ、隠し味のオイスターソースや別添されている“ふりかけ”の鰹節や唐辛子がバランス良く合わさったことで染み渡るかのような出汁醤油ダレが想像以上に美味しく感じられるものの…やはり実際に“うどん”を焼いて調理しているわけではありませんので香ばしさが物足りなく、そこに唐辛子のピリッとした辛みがちょうど良いアクセントとなったことで安定感もあるんですが、今ひとつ何か足りないといった印象が強く、女性層をターゲットにしているからでしょうか?味付けも濃いめというよりも控え目といったところで万人受けしそうな一杯ではあります!

ただ、やはり個人的にはもう少し濃い目の方が好みですし、出汁の旨味を引き立てる豚脂がかなり弱いため、落ち着いた雰囲気の“焼うどん”といったところで、旨味に関しては申し分ないんですが…お好みによっては出汁醤油や鰹節などを別途追加すると劇的に美味しくなることと思われますので、まずはデフォルトで味わってみて味を調整してみても良いでしょう!

そして、肝心の醤油ダレに関しては上記の通り豚脂による脂・油分が弱いため、魚介出汁が利いたキリッとしたテイストが際立ち、全体的に物足りなさはありませんが、食べ進めていくに連れて“うどん”が若干パサついた印象となってしまいます。。これはやはり魚介出汁を引き立てる動物系の脂・油分にもよるもので、女性層をターゲットにしているせいか良い意味での脂っこさがないんですよね…

通常だと豚肉を豊富に使用したことで良い脂がコクを引き立て、じんわりと染み渡る出汁醤油ダレが量も多くドロッとした状態でたっぷりと“うどん”に絡んでいるはずなんですが、今回の“焼うどんモッチッチ だし醤油味”に関してはタレが容器底に残ることなく麺にしっかりとコーティングされて吸ってしまっているため、やはり豚脂の脂・油分が若干控え目となっているようですね!とは言え、この軽やかなテイストが“モッチッチ”シリーズらしさでもあり、もちろん薄味というわけでもありませんから、想像以上に満足度も高く楽しめるのではないでしょうか?

麺について

麺は、アンケート結果から生まれたモチモチ感やほどよいコシを兼ね備えた生麺さながらの食感が“真空仕立て麺”によって表現されていて、シリーズ史上初となるもっちりとした弾力の“うどん”となっています!

そんな“うどん”には…鰹の旨味を利かせ、隠し味のオイスターソース、別添されている“ふりかけ”の鰹節や唐辛子などをバランス良く合わせた出汁醤油ダレがよく絡み、一口ずつに具材にじんわりと染み渡るかのような魚介出汁ならではの旨味が口いっぱいに広がっていき、ふんわりと香り立つ鰹節の風味などが後味良く抜けていきます!…というかこの“焼うどん”を再現したキレの良い出汁醤油ダレは濃いめではありますが、こってり感や良い意味での脂っこさが加わっていないため、非常にライトなテイストとも言えるでしょう!

そして、この“ふりかけ”に含まれる鰹節や唐辛子の粉末をちょっと多めに付けて味わってみると…ピリッとした辛みや染み渡る旨味が際立って感じられ、全体がこれくらいしっかりといた味付けだったら満足度も高かったんですが…部分的に味の違いを楽しみながら少しずつ馴染ませていっても良いでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが入っていて、若干小さめにカットされたことでシャキシャキ感こそそこまでありませんが…今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

また、こちらの人参は、かなり小ぶりながらも…じっくりと味わってみると、素材本来の味わいなんかもしっかりと感じられ、今回の一杯に彩りの良さとして華やかさをプラスしているように感じられます!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、小さめにカットされたことでシャキシャキ感はありませんが、ちょうど良い薬味となったことで出汁染みる醤油ダレの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通り鰹の旨味をしっかりと利かせ、隠し味のオイスターソース、別添されている“ふりかけ”の鰹節や唐辛子をバランス良く合わせたことによって、じんわりと染み渡るかのような“焼うどん”ならではの出汁醤油ダレを表現、特に細かく粉末状となった鰹節によって旨味が際立ち、こってり感こそないものの…それなりに楽しめる味付けであり、まさに女性層をターゲットにした割とあっさり系の味わいがバランス良く融合した飽きの来ない仕上がりとなっています!

そして、気になる唐辛子の辛さに関しては、強い辛さというよりもちょうど良いアクセント程度で、食欲そそるピリッとした辛さが心地良く、メリハリの付いた出汁醤油ダレを引き立て、全体をしっかりと混ぜながら食べ進めることで満足度も高く、食欲そそる鰹節の旨味・風味なんかも好印象といったところ!(若干控え目ではありますが…)

他にも原材料には豚脂や醸造酢といった材料が記載されていましたが、どちらも直接的に感じられるような利かせ方ではなく、あくまで隠し味程度に加えられていたため、個人的にベースとなる味わいをもう少し濃い目に強調してほしかったですね。。

このように、今回の“焼うどんモッチッチ だし醤油味”は鰹の旨味をしっかりと利かせ、隠し味のオイスターソース、別添されている“ふりかけ”の鰹節や唐辛子をバランス良く合わせたことで出汁染みる醤油ダレに仕立て上げ、そこにシリーズ史上初となる“うどん”が絶妙にマッチしたことで“焼うどん”ならではの味わいを“モッチッチ”流にアレンジ・再現、特に別添されている“ふりかけ”の鰹節と唐辛子が粒子の細かい仕様となっていたため全体にも馴染みやすく、“うどん”に関してもモチモチとした弾力のあるシリーズらしい食感が楽しめる仕上がりとなっていたため、お好みによっては“焼うどん”と相性抜群な鰹節や紅生姜などを別途加えてみても良いでしょう!

まとめ

今回「焼うどんモッチッチ だし醤油味」を食べてみて、シリーズ史上初となる“焼うどん”を“モッチッチ”流にアレンジ・再現、鰹の旨味をしっかりと利かせ、隠し味のオイスターソース、別添されている“ふりかけ”の鰹節や唐辛子をバランス良く合わせたことで出汁染みる醤油ダレに仕立て上げ、そこにもっちりとした“うどん”が絶妙にマッチしたことで“焼うどん”ならではの味わいを表現するも…実際に焼いているわけではありませんので調理感や香ばしさといった点において若干物足りなさを感じさせるフレーバーで、シリーズのコンセプト通り女性層をターゲットにしているせいか味付けも若干控え目となっていたため…染み渡る出汁の旨味がライトに楽しめる仕上がりとなっていました!

また、今回の“焼うどんモッチッチ だし醤油味”はシリーズらしく汁なしタイプの一杯ということで、いつもの“焼そば”とはひと味違ったテイストながらもクセになる出汁の美味しさが心地良く、ガツンとした味付けというわけではありませんでしたが…想像以上に評価も高いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!